無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 Astro Hall 10th Anniversary「PRIVATE LESSON」   

待ち時間にブログ書いてたとおり、昨日(5/15(土))は原宿アストロホールの10周年記念ライヴに行ってきました。
出演は、NONA REEVES在日ファンク

まずは在日ファンクが登場。
ハマケンとの衝撃の初対面は、2005年9月
その後、なかなかライヴを観る機会がなくて、久々のご対面でした。
在日ファンクとしては初めてだったんだけど……めちゃくちゃ楽しかった!!
期待をはるかに超えて、かなりツボでしたー。
音はホントにかっこいいのに、ハマケンのJBが乗り移ったかのようなダンス、七五三感も否めない衣装(途中、衣装チェンジアリ)、そして何といっても「日本でやる(=在日)ファンク」の名に恥じない歌詞!!
新曲の爆弾怖い姜尚中の悩む力を読んで作ったという、女子高生の会話を頂いた最高傑作の歌詞の曲(世界が明日終わるなら……だっけ?)をはじめ、京都環八道路段ボール肉まん最北端きずと、どれをとってもハズレなし!
そして、後で郷太くんも言ってたけど「最北端!」とか「きず!」とか、いちいち言いたくなる中毒性。。
実際、郷太くん、曲の中に挟み込んでたしね(笑)。
MCでハマケンに「今日のお客さんは大人!笑っていいの?だめなの?っていう空気になることも多いのに、今日のお客さんは完全にあざけってる!」と言われ、「段ボール肉まん」コール&レスポンスで「潔い!」と褒められ、とてもうれしいです♪
RISING SUNに出たい」という夢、叶うといいね。
ROCK IN JAPAN FESでは、日程合えばぜひ観たいなぁ。
あ、MySpaceのPVも必見です。

続いてノーナ。
在日ファンクでかなり盛り上がって、会場の熱もかなり上がってたんだけど、1曲目からその上を行く盛り上がりでした。
何なの最近?
今まで感じたことないような盛り上がりが続いてる気がする……男の人も増えたし、もしかしてノーナ、売れちゃってる?
まぁ、静かに聴いてくれ、と言われても絶対に無理なセットリストだから、ってのが最大の理由かもしれないけれど(^^;
バラードなんて1曲もなくて、最初から最後まで全速力で突っ走った!
もうね、脳みそ揺れたよ、私。
頭蓋骨と脳みその間に音が入ってきて、直接脳みそ持って揺らされてる感じ(笑)。
1曲目のパーティは何処に?で笑いがこみあげ、A-haでドキドキが止まんなかった。
A-haのアレンジ、前に聴いた時より荒っぽくて、オッケンさんのギターにクラックラでした。。
小さめのライヴハウスならではの、なんとも汗臭い感じ。
真城さんがいて、ベースがスッティなのに、なんか意外な感じもしたけれど。
かっこよかったわ~♪
曲は最近のが中心。
ノーナの代表曲と言われてるような曲(LOVE TOGETHERとかDJ! DJ!とか)も、イベントライヴだとしても必要ないんだ、と実感せざるを得ないような勢い。
とにかく笑っちゃうくらい盛り上がる!
DAYDREAM PARKREVOLUTIONHey, Everybody!I WANT U BACKJ5 MEDLEYRHYTHM NIGHTLOVE ALIVE(順不同)。。
こんな曲ばっかりで、心が躍らないはずがない!

アンコールはDo_It_Againで、なぜか郷太くんが「みんなも諦めないで」なんて言葉を残して去って行ったため、お客さんもあきらめずにアンコール(笑)。
予定外にNEW SOULをやってくれました。
あぁ、ニューソウルの景色はなんて美しいんだろう……。

ノーナはMC少なめだったけど、郷太くんMCに真城さんが特大の笑い声を挟み込んでるのがとっても印象的でした(笑)。
夏にはビルボードライブ東京でのワンマンが決定したノーナ。
しっとり大人なステージにも期待大です。
けど今年は海ではやらないのかぁ。
逗子の花火、また一緒に観たかった気もする。
まぁ、巨大な切なさを伴うので、それはそれでいいのかしら。。

とにかく、今回も「ノーナ最高!」なライヴでした。
ホント、好きなんだなぁ私、なんて実感してしまったよ。
ノーナとしての活動が少ないのは残念だけど、halcali聴いて夏を待つことにします。
楽しみ!
[PR]

by kazumi7311 | 2010-05-16 22:16 | Live Report

<< (親)子バッグ ▲UP タイフェスティバル2010 >>