無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 曽我部恵一presents『HMV渋谷 おつかれサマーフェス!』   

曽我部恵一presents『HMV渋谷 おつかれサマーフェス!』に行ってきました!

仕事も忙しくないし、こんな時こそ仮病使って早退?なんてつぶやいてたんだけど、ちゃんと定時まで働いてから駆けつけました。
(余談ですが、ちゃんと働いてたおかげで、会社に撮影に来てた超新塾のネタと、おかもとまりの鳥居みゆきと松野明美モノマネが見れてラッキーだったんだけどね……今日はお得な1日だ!)
駅はゆかた人口が多くて、「そっか、今日は神宮の花火大会だ!」なんて、そこでやっと思い出しました。
私にとっては、HMV渋谷 > 花火大会 なので、完全に忘れてました(^^;

仕事を終えて、店に着いたのが18時半すぎ。
すでに1FではDJで超盛り上がり!
そんな人ごみをかき分け、2Fに到着。
カジくんの声が聞こえる~でも姿は見えない~(泣)……てくらい、満員のお客さんでした。
ギター&ヴォーカル+フルート+パーカッション、という変則アコースティックセット。
懐かしい曲(ラ・ブーム~だってマイ・ブーム・イズ・ミー)や、デトロイトメタルシティの時にここでインストアをやった、という話から甘い恋人とか、大盤振る舞い。
HMV渋谷の思い出話(渋谷系との出会い、スウェーデンでのレコーディングにつながるきっかけ、餅つきして、神輿でタワレコまで練り歩いた……などなど)もしてました。
思い入れがあるお店がなくなるのって、やっぱり寂しいもんですよね。
モニターで確認したところ、カジくんは短パン着用、ギター抱えて跳んでた!
カジくん、年取んないねぇ。

次はトークセッション。
最初はボソボソしゃべってて聞き取りづらかったんだけど、だんだんガソリン(という名のビール)が燃え始め、最終的には「楽しい!今日は朝まで踊り明かそう!」という結論(?)に至る、という(^^;
でも、「HMV渋谷の閉店は、消費としての渋谷の終焉の象徴」っていう話は、納得してしまいました。
あと「いつもはCDの棚が置いてあるところをどけてステージと客席を作ってる、っていうのは、教室の机といすをどけてやってる学園祭みたい。だから楽しい」っていう話にも共感。
音が悪かったり、観にくかったり、天井に万引き防止の鏡がぶら下がってたり……この手作り感がなんともいい感じなんだよね。
まぁ出演者は超豪華だったりするのだけれど。

徐々に人が増え始めた20時前、NORTHERN BRIGHTのライヴ。
壁際に寄りかかりながら聴いていたんだけど、音の振動が体にビリビリ伝わってきて、気持ちよかったな。
たった3曲だったけど、なんだか高校の学園祭を思い出して、ニヤニヤしてしまいました。

続いて、沖井さんのソロプロジェクト、FROG。
ジャズっぽいアレンジのえらくカッコいい曲と、やっぱりえらくカッコいい、NORTHERN BRIGHT新井さんヴォーカル曲と。
もっと内にこもった感じなのかなー、と勝手にイメージしてたけど、結構(かなり?)好みな感じでうれしい誤算でした。

ホフ・ディランの時には、息苦しくなるくらいギュウギュウになってしまい、頼みの綱のモニターすら見えなくなってしまった……。
ベイビーはベージュ系のTシャツ、雄飛くんは黒(紺)系のシャツを着ていることは、かろうじて分かったかな。
とにかくね、曲よりもMCばかりが思い出される、っていう(笑)。
MCもさすがの息の合いっぷりで、いつまででも聞いていたい感じでした。
2人だけで登場し、遠距離恋愛は続く恋はいつも幻のようにデイドリームビリーバーと、名曲をギターと鍵盤で。
その間に「青森の『夏の魔物』っていうフェスに片道10時間かけて行くけど、持ち時間は今日と同じ20分!」とか、「渡辺くんの部屋は(今話題の)清水健太郎が元住んでた部屋」とか、「HMVからラジオの生放送をやったとき、放送する予定がなかったトーク部分が流れてしまったことに焦ったADが音声をブチッと切ってしまい、放送事故になった」とか、「神宮の花火も観たいけど、晴茂くんが出るサニーデイ観たい!……晴茂くん、今日が人生の花火みたいなもんだし」とか……いったいいつの間にこんなにしゃべったんだろうか?(笑)
ベイビーはブログ用に写真まで撮ってるし!
挙句、デビュー曲スマイルで雄飛くんが間違えまくり、「もうだめだ、だから飲むんじゃなかった」と言い始め、ベイビーが「じゃあまずコード練習から!」と「A~Dマイナー~」とか歌いながら練習し始め、最終的には4回目くらいでうまくいったのかしら?(笑)
後で登場したNONA REEVES郷太くんに「何回歌うっちゅーねん!」と突っ込まれてたわ。

とにかくもう、暑くてダメだー、と思っていたところ、うちわが配られるというサプライズ。
気が利いています♪
そして、NONA REEVESの登場。
郷太くんは虫垂炎から復帰後初ライヴ♪
ますます会場が暑くなったよ!
今日はメンバーはノーナ3人+シゲ(B)+トミタさん(Key)。
もうトミタさんの鍵盤!久しぶりに聴いたけど、めちゃくちゃカッコよかったよー。
曲はDJ! DJ!NEW SOULHey, Everybody!HIPPOPOTAMUS、そしてスペシャルゲスト堂島孝平を呼び込んでI LOVE YOUR SOUL
NEW SOULでは珍しく「テンポ速いよー」と言われてたな、コマツさん。
オッケンさんはいい感じにぶっ壊れた感じが、なんともカッコよかったです(笑)。
曲を知らない人も多いだろうイベントでHIPPOPOTAMUSがあれだけ合唱になったのは、なんか嬉しいな。
音楽に対する気持ちを歌った曲だったからかな?
あ、いつもは真城さんが歌う「long time ago~♪」っていう部分、今日はコマツさんがまさかの裏声で披露!!
堂島くんはI LOVE YOUR SOUL2番を歌ったんだけど、改めて、郷太くんは声が高い(音域広い)と実感。
MCはホフに較べると格段に少なく、でもHMV渋谷への思い入れは十分伝わってきました。
あー、ビルボードが楽しみ!!

最後はサニーデイ・サービス
おおーーー!晴茂くん、おかえりー!!!
恋におちたら恋人たちNOW、そしてコーヒーと恋愛だったかな?
ソカバンでもソロでもなく、サニーデイの音が鳴ってるよ!
NOWなんて、懐かしいなぁ。
私が一番初めに借りたアルバムが『サニーデイ・サービス』で、この頃初めてライヴに行ったんじゃないかなー?
渋公で、曽我部さんが怒ってステージ袖に帰っちゃった、っていう衝撃のライヴ(^^;
コーヒーと恋愛の笛(?)も、相変わらず。
いろんなことを思い出しちゃった。

そして、全編終了。
「アンコールはないから」と言ってた曽我部さん、再度登場して「入場規制で入れなかった人たちのために、俺たち1曲やるから……帰って!」と。
ノーナの前くらいには、あまりの混雑で入場規制がかかってしまい、店の前には入りたくても入れない会社帰りの人たちがあふれていたそうです。
私も「ふらーっと寄って、ゆるーく観て帰ろう」なんて気持ちで立ち寄ったんだけど、予想外の大混雑にびっくりしました。
告知はあんまりされてなかったけど、ツイッターではいろんな人が情報流してたし、タイムテーブル見ただけで「絶対行きたい!何で平日?昼間観れないじゃん!」と思った人も多いのは確実だもんね。
それにしても、予想をはるかに超えた人の波でした。
「この人たちがみんなCD買えば、店がなくなることもなかったのに……」という会話はあちこちから聞こえてきたよ(^^;
ここでできる最後のイベントだからこそ、ここに思い入れがある人が観に来ているんだろうと考えたからこそ、曽我部さんは全員に楽しい思い出を作りたかったんだろうな。
ツイッター情報によると、最後の曲は若者たちだったみたいですね。

私が帰る頃、1FではまだSUGIURUMNのDJで大盛り上がりでした。
いいイベントだったなぁ。
このイベントの思い出とともに、HMV渋谷のことを忘れることはないと思います。
おつかれさまでした!

あ、ちなみに、ホフ・ディランのベイビーは「跡地でCDを手売りする」と言ってたっけ(笑)。


*************************

HMVのサイトに、この日のレポートがアップされてました。
http://www.hmv.co.jp/news/article/1008250025/
改めて、ステキな1日だったなぁ、と実感。

*************************
[PR]

by kazumi7311 | 2010-08-19 23:44 | Live Report

<< NONA REEVES 201... ▲UP ROCK IN JAPAN F... >>