無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 南波志帆『THE NANBA SHOW 相当衝撃的なスクールポップ!! ~代官山に隠れて~』   

今ごろ大阪はヒッピークリスマスだなぁ、いいなー、早く金曜日にならないかなー。
……なんて思いつつ、先週行った2本のライヴのことを書いておこうと思います。

まずは、12/5(日)。
南波志帆ちゃんの初主催イベント『THE NANBA SHOW 相当衝撃的なスクールポップ!! ~代官山に隠れて~』に行ってきました。
特に行こうと思ってたわけじゃないんだけど、ホットスタッフからのメルマガに5組10名様ご招待、ってあったので、気まぐれに応募してみたら、当選しちゃったのです。
ご招待、スペシャでもやってたみたいですね。
入場の時、結構な人数の「ご招待」のお客さんが並んでましたよ。

中に入ってみると代官山UNITはいい感じに埋まってました。
年齢層が高そうなオジサマファンが多い印象。
親のような気持ちで見守ってるのかしら。。
アイドルというよりも、アーティスト志向の女の子、って感じなのかなぁ。

本日の真冬の学園祭の「実行委員長」、南波志帆ちゃんの開演前の注意事項のアナウンスが校内放送的に流れ、まずはゲストのHALCALIのライヴからスタート。
おおっサンバイザーの上から髪の毛をバサバサ出し、赤x白のボーダーTシャツを着てる木暮さんが、カッコイイギターを弾いてるぞ!
それにしてもHALCALIは可愛いねぇ。キュートだねぇ。
ステージも楽しい!
木暮さんが作ったというフワフワ・ブランニューもライヴ初披露。
振り付けがかわいい浪漫飛行とか、今夜はブギー・バックとか、HALCALIを知らない人でも絶対知ってるような曲があるのは、イベントでは強いよね。
そしてサービス精神だよね。
個人的には真心ブラザーズトリビュートにニヤニヤ。
NONA REEVESと共演したすきすきソングは可愛かったし、郷太くん作のZIG ZAG SATURDAY NIGHTもめっちゃ盛り上がった~♪
イントロからノーナ節!
ストロベリーチップス懐かしかったし、しっとり系のLong Kiss Good Byeも良かった。
1時間ですっかりHALCALI大好きになってしまったわー。
やはりTOKYO GROOVEは必聴だと思われます。

続いてはDJで登場、西寺郷太(NONA REEVES)さん。
DJブース前に突進し踊りまくる人がいる一方、ひんやりと「場つなぎ」として聴いている方もいたりして、不思議な空間になっていました(^^;
DJで盛り上がる経験がある人とない人の温度差なのかなぁ。
途中、自身が大きく載った12/1の読売新聞夕刊を掲げて自己紹介(かなり自慢含)。
ノーナのパーティは何処に?かけて歌ったり、私的には楽しいDJでした。
でもちょっと長かったかなー(^^;

そして最後に、南波志帆ちゃん登場。
バンドは小松シゲル(Dr/NONA REEVES)、渡辺シュンスケ(Key)、岩谷啓士郎(G)、須藤優(B/U&DESIGN)。
久々にシュンちゃんの鍵盤聴いて、やっぱカッコいいわー、とニンマリ。
小松さんのドラムも何気にかなり久しぶりで、やっぱり好きだわー、とニンマリ。
志帆ちゃんもヤノフェスの時より安心して観てられる感じがしました(^^;
新曲オーロラに隠れては、クリスマスを意識したような冬っぽいバラード。
こういう路線も好きだけど、サンダルとかそれでも言えない YOU&Iみたいな曲のほうが、私としては好みかな?
あと、かなり天然キャラの志帆ちゃんを、まわりの大人たちが見守っている構図が、またいいんだよねー。
アンコールで「今日は床屋さんをイメージした衣装で、バーバー南波でお送りしましたー」と言って、くるくる回った志帆ちゃんを、幸せそうにスッティとシュンちゃんがニヤニヤしてるのがよかったです(笑)。

最後は「実行委員長」からのアナウンスで終了。
来年4月のイベントの手書きサイン入りチケット限定50枚をこれから売ります、ってことで、あっという間に物販に列ができてました。
たまたまなんとなく行ったイベントだったけど、かなり楽しめてラッキーでした。
タダだし(笑)。
これからもきっと、南波志帆ちゃんを観る機会があると思うけど、あっという間に大人になっちゃうのかなー。
そういう意味では、どんどん成長してる過程を目撃できるのってスゴイことだ、なんて思うのでした。
わはは。親戚のおばちゃん目線だな!


ちなみに、ナタリーにもライヴレポートが載ってます。
ナタリー - 南波志帆はじめての自主イベント大成功!第2回は“昭和の日”
[PR]

by kazumi7311 | 2010-12-12 18:30 | Live Report

<< YO-KING LIFE WO... ▲UP 10月末から11月の日記 >>