無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 NONA REEVES x 和田唱『SUNKING ON THE BLOCK LIVE!!!』   

三連休最後の2/13(日)。
NONA REEVES x 和田唱(TRICERATOPS)『SUNKING 1st Anniversary SUNKING ON THE BLOCK LIVE!!!』に行ってきました。
NONA REEVES西寺郷太さんの弟さんがやってらっしゃるSUNKINGというバーの1周年記念ライヴってことですが、ノーナと和田くんの2マンなんて、なんて豪華なんでしょう♪
ということで、チケット400枚ソールドアウト、会場の渋谷WWWは超満員でした。

a0023085_23505171.jpg
a0023085_23505595.jpg
渋谷WWW、初めて行ったんですが、元映画館の構造をフルに生かして作られたのか、階段状の段差があってすごく見やすかったです。
「女の子にも優しい」とは郷太くん談(笑)。
「あ、あの人はトライセラのファンだな、と分るwww」って郷太くんが言ってたくらい、ステージからも一人一人の顔がよく見えるらしいです。
天井も高くて、ホールで立ち見してるような感覚だったな。
なので普通のライヴハウスとはちょっと違う感覚で、じっくり観てきた、っていう印象です。
一瞬、マリオネットの舞台を観ているような錯覚を覚えてしまった。
……たぶん、今回は後ろのほうで観てたからかもしれませんが。
あ、あとコインロッカーと物販とドリンクの並び位置のせいか、帰りがものすごい混雑してました。。


まず最初に、主催者:阿楠さんのごあいさつ。
しゃべりがめちゃくちゃ郷太くんに似てて、笑ってしまった(^^;
兄弟ってどうしても似ちゃうものなのね~。
ライヴイベントをやろう、ってことになった時、ノーナは呼ばないとうるさい人(兄)がいるから当然として、もう一組、仲良しとはいえ和田くんを呼ぶことにした時は緊張したとか。
でも「どんなスケジュールだろうと、阿楠のためならギター1本持って駆け付ける」と和田くんは快諾してくれたらしいです。
カッコイイなー!


ライヴはそんなカッコイイ和田くんの弾き語りからスタート。
スーツで登場の和田くん。
うわ、めちゃくちゃ細い!
そして、めちゃくちゃギターがうまい!!
歌ももちろんうまい!!
かなり昔、イベントでトライセラを何度か観たことあったけど、その時とは全然違う印象。
そもそも、弾き語りの印象もなかったしね。
だけど、「アコギってこんな音したんだなぁ」なんて思うほど美しい音色で、思いっきり和田唱節で歌ってる姿は、カッコイイ以外の何物でもなかったです。
顔の表情も豊かすぎるでしょ(笑)。
マイケル・ジャクソン、フランク・シナトラ、エルビス・プレスリーと立て続けに「アメリカで3本の指に入る」人のカバーをやって、次にやりたいのは「俺の歌」っていうのには、グッときたね(笑)。
それにしても、あのねBabyをギター1本であそこまでやれちゃうなんて!
最高でしたー!
松たか子さんに提供した曲(たぶん惑星)も、和田くんが歌うと和田くんの曲にしか聞こえない。
こういうバラードも、いいねぇ。

郷太くんを呼び込んで2人で歌ったHuman Nature、しびれました。
息もぴったり、声質もぴったり。
サビでどっちがどっちパートを歌ってるのか分んないくらい、声が溶け合っててキレイでした。
ちょっと意外な発見。
「マイケルといえば」で思い浮かぶ2人だけあって、ホントに気持ち良さそうに歌ってるのが伝わってきて、私まで気分良かったです。


和田くんが弾き語りだったので、転換が早い早い(笑)。
次はNONA REEVES。
今日のメンバーは、ノーナx3、冨田さん、シゲ、松井くんの6人。
真城さんがいないので、小松さんがコーラスしまくり、大活躍でした。
オッケンさんは珍しくベレー帽をかぶってました……かわいい(笑)。

曲はいきなりREVOLUTIONA-haHey, Everybody!……ってスゴイね!
一気に盛り上がりがハンパないことに!
A-haのシゲのベース、イントロがたまんないんだよな。
Hey, Everybody!のあの変な高揚感は、麻薬かなんかなのかしら。
……あ、もう曲順分んないや(^^;
Stillは郷太くんが気持ち良さそうに歌うから、自分も思いっきり歌いたくなってしまった。
まぁ、あんなにうまく歌えるはずがないので、がっかりするに違いないんだけど。
Do_It_Againで、何度でもやり直しはできるんだよね、と自分に言い聞かせ、ENJOYEE!(YOUR LIFETIME)では「このバージョン好き!カッコイイ!」とときめいて。
松井くんのコンガに惚れぼれです♪
AUGUSTでは小松さん、ボーカルでも大活躍。
アコギがなくてオッケンさんのエレキで歌うバージョンもいいんだよね。
MAGICALの多幸感には、いつでも泣けるわよ!
こんなライヴに行って、こんな曲を聴けること、こんな曲に出会えたことは、私にとってホントにマジカル。
LOVE ALIVEは問答無用で楽しくて。
小松さんと松井くんはソロ共演、カッコイイなぁ~。
シゲは「口ロロCD発売」と郷太くんに紹介され、ニヤリ。
冨田さんの鍵盤はいつでもステキ。
郷太くんに「次のノーナのアルバムのプロデューサー」と紹介されてました。
冨田さんがプロデューサーなら、間違いないでしょ!
そしてオッケンさんは、郷太くんに「ベレー帽!」と声かけられて笑っちゃってましたねー。

本編最後は「ジャクソン兄弟のことを歌ったノーナの曲」HIPPOPOTAMUS
「サビは簡単なので、一緒に歌って!」とサビの歌詞を歌唱指導する郷太くん。
そして客席はそれに応えて大合唱。
真城さんパートは小松さん!
立ち上がって、アイドル風(?)に、萌え声で歌ってました(笑)。


アンコール。
ノーナに和田くんも加わって、全員でセッション!
「さっきは流麗な(笑)曲をやったけど、こんな曲もいいかと……なめらかな犯罪者、みたいな……」と郷太くん。
直訳ですね(笑)。
で、Smooth Criminalですよ!
カッコよすぎですよ!!
もう、何回聴いても、ホントにカッコよすぎ!!
郷太くんと和田くんがサビで一緒に歌ってるところとか!
和田くんとオッケンさんのツインギターで、同じアクションしてるところとか!
ギターソロとか!
シゲのベースとか!
……感想が「カッコイイ」だらけなんですが、すみません、ホントにカッコよかったんです(^^;
そういや最後、〆るところで、小松さんがタイミングを計ってる時の顔がものすごいことになってたな(笑)。
あー、また聴きたい。またやってほしい!

そして最後に、全員でDJ!DJ!~とどかぬ想い~
和田くんもガッツリ歌って、後半ではギターソロも!
和田節炸裂なのに、歌声が妙にハマってた!
松井くんはコンガを鼓のように肩に担いでたよ~。
あー、めちゃめちゃ楽しかった~♪


和田くんとノーナの相性がめちゃくちゃ良くて、セッションした3曲、音源が欲しいくらいです。
仲良しなのに、なかなかタイミングが合わなくて初共演だったという2組。
また観たい!絶対観たい!
そしてトライセラとの共演も観てみたい!
夢が広がった夜でした。
あーーー、やっぱりノーナのライヴは最高だ!!
[PR]

by kazumi7311 | 2011-02-14 00:06 | Live Report

<< 堂島孝平『VIVAP』2011... ▲UP 真心ブラザーズ『中野区にから~... >>