無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 堂島孝平『VIVAP』2011「VIVID!」ツアー(最終日)   

2/27(日)。
堂島くんのライヴに行ってきました!
今年初!

会場のラフォーレミュージアム六本木は、最寄駅が六本木一丁目駅という、なかなか行く機会がない場所。
オフィス街というか、閑静な住宅街というか……休日の夕方、静かすぎる町並みを抜けて、いきなり会場が現れる、という感じ。
駅から会場までの道のりも分かりにくいよ。。
堂島くん自身も迷ったそうで、事前に道案内ツイートをしてくれたおかげで、たどり着くことができましたwww
会場の建物自体も閑散としていて、その部屋のみに人が集まっている感じ。
「ここでライヴやるのか!?」と不思議な気分になりました(^^;


ライヴは定刻ちょっとすぎにスタート。
スーツにハット姿の堂島くんが一人で現れ、冬の名曲冬が飛び散ったを弾き語り。
途中からメンバーが加わり、なぜか超高速で演奏……なぜだ!?www

今回のメンバーはこんな感じ。
堂島孝平:Vocal+Guitar / 坂東慧:Drums[T-SQUARE] / 鹿島達也:Bass / 渡辺シュンスケ:Keyboard / 八橋義幸:Guitar / 田浦健:Tenor Sax[勝手にしやがれ] / 真城めぐみ:Vocal[HICKSVILLE]
オフィシャルブログより。

この前のVIVAP!ツアーとほぼ同じですね。
田浦さんのサックスがぴったりの曲がこんなにたくさん!
リズム隊はかなり男くさい感じだったな。
真城さんの歌声と、幸せな気分になっちゃう笑い声は最高です。
シュンちゃんの鍵盤、キラキラしてたなぁ。
そして八橋さんの、あの俺様なギターにはやはり釘付けですわwww


今回はちょっと手短に、ライヴ中に感じだことをいくつか。

  • 恋はふたりでの前半ジャズverがかっこよかった!
    まさかこの曲をこのアレンジで!?とびっくり。
    ジャズなんだけど、POPでキュートな曲がハマって、曲の新しい魅力を感じました。
    この曲、いい曲だ!

  • 久々に聴いた気がするメロディアス
    この曲が生まれたばかりの頃のライヴでは、たくさんの勇気を詰め込んで歌ってるような印象があったんだけど、今回はどっしりと大きく根を張った強い音楽に包み込まれているような印象。
    たぶん、リズム隊の音やアレンジがそんな気分にさせたのかもしれないけれど。
    いろんなことをくぐりぬけてきた、大人の音のような気がしました。

  • 「うっとりさせちゃってすみません」と堂島くん本人が言ってましたが(^^;……Edelweissがとてもよかったです。
    明け方のほの明かりのようなオレンジ色の照明の中で、せつせつと紡がれる音。
    「今」の堂島くんが歌う、最強のバラードだと思う。
    ぶれない強さを感じるんだよなぁ。

  • 35歳になった堂島くんが歌う25才
    時が経って、私にとって響きが変わってきたな、なんて思いました。
    焦燥感とか不安とかを越えて、エンターテイメントになったような。
    この曲ってとても便利で、25才の自分、この曲を初めて聴いた時の自分を、ライヴで聴くたびに思い出せる。
    ついつい歴史を振り返り、今の自分と比較してみたくなる。
    そういう意味で、この曲で描かれるような気持ちに寄り添うというよりも、エンターテイメントになってきてるのかもしれないです。
    いやでも、何度聴いてもカッコイイよー!

  • ベンジャミン、空を睨むで思わず泣きそうになってしまった……危ない、危ない(^^;
    むしろ盛り上がるほうの曲なんだけどね。
    前半の、音が詰まってない、スペースがある感じがとても好きなんです。

  • アルバム『VIVAP』からの曲が中心だったんだけど、このアルバム、いい曲いっぱいだー!と改めて思いました。
    スロウダンス光のロンド
    UP ON THE CITYは「ここにいる人の1/3は(今日の)東京マラソン走ってきたんでしょ?ぴったりな曲だよ」とのこと(^^;
    ライヴで盛り上がるためだけにあるようなCLAP AND SHOUTとか!
    そうそう、堂島くんのライヴはこうだった!と覚醒しました(笑)。
    楽しいの!!
    本編最後の6AMも、楽しいしカッコイイし、ライヴ最高ー!って感じです(笑)。

  • 久々に聴いたてんでバラバラも恐ろしくカッコよかった!
    アルバム『smiles』、聴き返すたびにカッコ良さが増す恐ろしいアルバムだよ。

  • 新曲もやってくれました。
    ベルリラは鼓笛隊にいる、アレのことらしい。
    グロッケン。
    周りで「あー」と言いながら叩くジェスチャーしてる人、多数(笑)。
    これもカッコよかったなー。
    すごいポップなんだけど、筋が通ってるというか、強い、っていうか。
    また聴きたいです。

  • 「結構いっぱいしゃべっちゃった」と本人も言ってたけど、メンバー紹介で脱線しつつ、楽しい話がいっぱい飛び出しましたww
    八橋さんが(堂島くんを踏み台にして)、正月のKinki Kids東京ドームのギターを弾いてた話とか。
    5階席から八橋さんのシールドさばきを見て、本人だと確信したという堂島くん……愛ですねwww
    シュンちゃんは(堂島くんを踏み台にして)佐野元春さんのバンドで活躍中……という話から、佐野さんのキュートな伝説の話へ(「ネットで絶対書かないで!」と言われたので、以下自粛www)。

  • アンコールの瞳の奥の小宇宙の前には、ちょっと真面目なお話も。
    CDが売れないというご時世だけど、音楽は、CDだろうと配信だろうと媒体はなんであれ、電気を通して結局は心に届くもの。
    心に届くように音楽を作り、心に届くようにライヴをやる、それだけ。
    ……っていうお話。
    そうそう、そうなんだよね。
    音楽だけじゃなく、普遍的に言えることだと思う。
    媒体はどんどん便利になっていくけれど、基本は何も変わらない。
    こういう気持ちを持って音楽をやってる人の音楽は、やっぱり伝わるんだよね。
    私もweb屋の端くれとして、そういう気持ちを忘れたくないな、なんて思いました。



ということで、堂島くんのライヴ、今回も幸せな時間でした。
なんかね、あとから思い出して、「ああー、良かったな」と思ったりしてます。
その幸せな時間をまた味わうべく、終演後販売されてた5/6(金)のチケット、買ってしまいました(^^;
今から楽しみだー!
[PR]

by kazumi7311 | 2011-02-27 23:51 | Live Report

<< インタックワンピ(その4) ▲UP NONA REEVES x 和... >>