無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ユニコーンツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...   

(ネタバレしてます。これからライヴに行かれる方はご注意を。)

a0023085_074528.jpg
ユニコーン@武道館2日目に行ってきました。
やー。
やーーー。
やーーーーー。
もう「最高!!!」としか言いようがないです!!!
こんなバンド、ほかにはいないよ。
笑いすぎて泣いて、いい曲すぎて泣いて、長年のいろんな気持ちがどーっと押し寄せてきて泣いて。
結局泣いてばっかりになってますけど、最高にハッピーな時間でした。
開演前、BGMでフラカンの深夜高速が流れてたけど、ホント、「生きてて良かった」って思いました。
生きてる時間が長くなるってのも、いいもんだ(笑)。

今日のチケット、モバイルサイトの先行で取ったので、かなり前から確保してたんだけど、届いたのはつい10日ほど前。
でも届いてびっくり、スペシャル仕様のチケットでした。
a0023085_073923.jpg
これだけでもテンション上がる!!

仕事をとっとと切り上げて九段下へ。
武道館の敷地に入ると、いつものようにツアートラックが止まってて、その先には物販のテント。
「結構空いてるな」と思いきや、フェス並みにでっかい物販ブースでした。
グッズ充実してるし、それなりにお金持ってる世代の客層だからねぇ、これくらいしないとさばけないのか(笑)。
会場内でも、売り子さんがグッズのフラッグを売りまわってました。
さすが、抜かりなし(笑)。




席を間違えたりしてるうちに(スミマセン・・・)、あっという間に開演時間。
おおおー!オープニングの映像がテンション上げる上げる!!
映像が終わると、いつの間にかメンバーがステージにいた!
ものすごい歓声!!
昨日から始まったアリーナ編で、もろもろリニューアルされたそうです。
衣装は民生さん曰く「水のトラブル110番的な」つなぎでした。
衣装も何パターンかあるんだろうな。


曲は『Z』『ZII』からが中心。
ライジングボールから始まったのは、ちょっと意外。
ひたちなかで聴いて、それ以前と聴こえ方が全く違ってしまった『Z』。
久しぶりに、自分でもびっくりするくらい、どっぷり浸かってましたねー、1枚のアルバムに。
聴けば聴くほど「いい曲だなぁ」と実感しちゃって、エンドレスで聴いてる状態に。。。
そして、どんなにふざけた曲でも、ちゃんとカッコイイところがすごい!
テッシー曲のカッコ良さ、ハンパないです。
昨日は、初回盤に付いてるDVDを3時間見続け、珍しく予習はバッチリ状態。
(これから観に行く人は、DVDを観といたほうがより楽しめるかも!)
だけどやっぱり、どんなに音源聴いても、どんなに映像観ても、実際のライヴはそれをはるかに超えちゃってました!!

とにかく、いちいち、どれもこれも楽しくて。
趣向を凝らした演出に腹かかえて涙流して笑ってました。
一例を挙げると……
  • 海賊=黒ひげ危機一髪って(笑)。
  • テッシー、宙に浮かんで脚広げて、そんなところで歌うのは反則だよ。せっかくのカッコイイ曲も、印象薄くなっちゃうじゃないか!
  • わー、わー!EBIちゃんも!エビフライ! そうか、やってみたかったのか……でも痛くて大変だったんだね(笑)。
  • 運動会の季節だもんね……おっちゃんたち、3人4脚で移動?踊りながら?メダカの格好……体張って頑張ってるなー!!民生さんに「もっと早く出てこれないのか?移動だけで3分もかかってる」と言われてました(^^;
  • しっとりバラードなのに、何その手作り感あふれる楽器と「エンヤトット」の掛け声……いいの?それで!?

そんな大爆笑の演出なんだけど、大人が本気でふざけてるから、いちいちクオリティがハンパない。
オープニングの映像とか。
いろんな仕掛けが満載の海賊船をイメージしたセットとか。
もちろん、曲も音も。
何なのこの、完璧なまでのエンターテイメント!!
かと思えば、手作り感溢れる小道具や、おじちゃんたちが体張って頑張る姿だったり、いい曲ぶち壊す絶妙なチーム感だったり。
完璧なのに、ちゃんと「ほつれ」を用意してるあたり、アイドルとしても完璧じゃないですか!!
もうホント、全力で楽しませにかかられたら、そりゃーもう、楽しまずにいられるはずがない!!
それに、「疲れた」なんて言いながら、舞台にいるおじちゃんたちが、めちゃくちゃ楽しそうなんですよ。
そんな姿を観てるだけでも、幸せな気分になります。
あと、お客さんのいい感じの雰囲気も、居心地良かったな。
阿部ちゃんに「よっちゃーん!」って声がかかるのもいいなぁ、なんて思ってました。


最新アルバムの曲の間に、たまに懐かしい曲をポーンと放り込んでくるんだけど、その選曲がまたニクイんですよ。
フェスと違って、決して有名じゃない曲でもOKだ、ってのを分ってるところが、さすがです。

ハヴァナイスデーとかパパは金持ちとか、君達は天使とか!!
懐かしくて悶絶(爆)。
ヒゲとボインは、イントロ入る前に阿部ちゃんがちょっと音出しちゃって、「バレてないよねー」と言いつつ、全員でアメリカンなごまかしポーズを取ってました(笑)。
そして何といっても!!
まさかのMaybe Blue!!!
心臓止まるかと思いました。
正気じゃいられなくて、ずっと叫んでました(笑)。
なんか分んないけど、泣いてました(笑)。
中学時代がフラッシュバック!
高校時代がフラッシュバック!
大学時代がフラッシュバック!
社会人になって、車通勤のあの頃がフラッシュバック!
こう考えると、私はずっと、ユニコーンとともに生きてきた、ってことなんだな。


もちろん、いっぱい聴き込んだ新しい曲たちも、グッと来ざるを得ないです。
デジタルスープの歌詞、いいよねぇ。
オレンジジュースのカッコ良さ、ハンパないっす!!
とにかくね、阿部ちゃんの曲を民生さんが歌って、2人がハモったりしてたら、私は倒れそうなんです、好きすぎて(笑)。
フェスでは近くて熱がってた炎の演出、今回は2階席で。
何回観ても興奮しちゃうなー、この演出。
川西さんとEBIちゃんの「甲殻類」が大活躍のさらばビッチも、かっこいいんだー。
前に出てきてラップして、戻ってすぐにドラム叩いたりベース弾いたり……おじちゃんたち小走り(笑)。
民生さんも、ドラム(パーカッション)やったり、鍵盤ひいたり、もちろんWAO!ではカホーン担当だったり、ギター弾いたり、ハンドマイクで動き回ったり!……忙しそうでした。
阿部ちゃんも、鍵盤もギターもセンターマイクも、だし。
テッシーは「センターを勝ち取った」ため、いろんなところでギター弾いたり、まさかのあの曲でしゃべりまくったり、大忙し。
とにかくみんな、大忙しでした。
芸達者だなぁ。
本編最後はHELLO
力強い!!!

アンコール。
まさかの「テッシーのしゃべりが炸裂のあの曲」が再現!!
おおー、テッシーへの質問はここで使われるのか!
ファーストキス、しゃべっちゃったね、48歳のおじちゃんが(笑)。
そして、阿部ちゃんセンターでSAMURAI 5!!
グッズの旗はここで使うのね。
あなたのスピード」→「ヤバくなーい!?」を言うために行ったと言っても過言ではない私、大満足です(笑)。
しかし、このフレーズ、まさか標語のパクリだったとは。。。
そして「なんてった?」の後の「コーナー」がくどいくどい(笑)。
最高です!!

ダブルアンコールは晴天ナリ
いい曲だ。
ホントに。
ずるいよな。


最後はぶたぶたにのせて、セット内を行進してごあいさつ。
夢のような楽しい時間はあっという間だ。
3時間も経ってたなんて!!
こんなに完璧に楽しいライヴ、そうそうないんじゃないか?ってくらい、楽しくて楽しくてたまんなかったです。
ヤバイな、これからもずっと、好きなまんま生きていくんだろうな。
ま、20年も30年も40年も、もう一緒かー(笑)。
[PR]

by kazumi7311 | 2011-09-07 00:09 | Live Report

<< NONA REEVES/堂島孝... ▲UP ROCK IN JAPAN F... >>