無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 NONA REEVES/堂島孝平『Fantastic Academy 2011』   

9/8(木)。
NONA REEVES/堂島孝平『Fantastic Academy 2011』@渋谷クラブクアトロに行ってきました。

前々日の9/6(火)、ユニコーン@武道館に行って大興奮した余韻冷めやらず、当日仕事しながら「あなたのスピード、やばくなーい!?」って思い出してはニヤニヤしてた私。
ヤバい、頭が全然切り替わらない!!!
……なんて思っていたことは、「杞憂」の一言で片付きました。
ノーナと堂島くん、始まったらすぐスイッチ入った(笑)。
そして(自分のことは棚に上げて)「みんな、どうしちゃったの!?」って心配になるくらい、異様な盛り上がりのライヴでした!!
いやー、お客さんの歓声で耳がキーンとなったの、人生初かも(笑)。
きっと私も大声だしてたんだろうなー。
周りの音が大きいと、自分の声って聞こえないからね。。。
じっとしてることなんてムリ!!
楽しすぎました!!!




18時開場、19時開演って、平日はキビシイね。。
18時に仕事を終え、(会社近いので)20分くらいには会場に入ったんだけど、もう後ろのほうしか空いてませんでした。
みんな、早いな(^^;
堂島くんが言ってたように、「ノーナと堂島がやるから観に行かなきゃ、っていうセンスのいい人たち」がいっぱいだ(笑)。


まず登場したのは、オープニングアクト(!)Small Boys
このツアーのために結成された、ニッシ(郷太くん)とこぅくん(堂島くん)のアイドルユニットです(笑)。
ツアー福岡公演後にファンクラブから送られてきたメールに
ご来場される方は、お囃子に合わせて踊る準備と往年のアイドルコンサートばりのペンライト、紙テープ、うちわ等が歓迎される模様です!
とあったため、アイドルの応援に準備万端で臨む人も!!
異様な光景(爆)。
2人の衣装は、5月のノーナ@ビルボードの時のスーツのジャケットを流用。
ニッシは赤、こぅくんは小松さんのを借用してゴールドのジャケット着用で「キラ☆キラ」してました(笑)。
しかし、インしてたTシャツはブルー……なぜにその色!?
ニッシ「こんばんはー、Small Boysです」
こぅくん「僕も、Small Boysです」
と野太い声であいさつしてたけど、なぜにその声!?
K-POP的な!?
私のアイドル感と食い違うわぁ(笑)。
そして、デビュー曲(?)のCOSMIC ACTIONを披露。
アイドルのデビューイベントだもんね、当然、カラオケですよ!!!
……ホント「なぜに!?」なことが多すぎるーーーwwww
後ろのほうだったので、あんまりよく見えなかったんですけど……なにやら踊っていました!
光GENJIオマージュ?で、エアローラースケートしてた!
ニッシは歌い方が吉川晃司風だったり。
こぅくんは、途中でメガネかけてみたり。
思い思いのアイドル的ふるまいを詰め込んでたのかしらん。
曲は、本気モードのアイドルソング!!
イントロ~Aメロとか、あるあるー、って感じ。
80年代風ではあるんだけど、ラップが入って今っぽさもあって。
本人たちも「ブサカワおっさんアイドル」と言ってちょっと軸がぶれてきた感じだけど、正統派アイドルですよ……曲はね。
サビのキャッチーさはさすがです。
それにして、ちゃんと「アイドルコンサート」モードになってるお客さんの懐の深さよ(笑)。
初めて聴いた人がほとんどのはずなのに、ノリ方とか、かけ声(?)とか、ちゃんとアイドル応援モードで完ぺき!
手の振りは、ももクロちゃんよろしく「コ」の字だしね。
楽しかったわー♪♪♪


続いて、堂島くんがお着換えして登場。
柄が印象的すぎるポロシャツのボタンを一番上まで留め、ジャケットを羽織ってました。
のちに、このジャケット、サービスとして(?)客席に投げ込んでみたものの、キャッチしたお客さんに2本指でつままれてしまう、という悲劇を巻き起こすことになるとは!!

本日の堂島バンドは、ノーナ小松&奥田、鹿島さんの4人バンド。
オープニングアクトが場を温めたおかげか、1曲目の45℃から、異様な盛り上がり!
「歌うと盛り上がるっていうオートマチックなシステム、いいねー」とご満悦の堂島くん。
歌わずとも、チューニングしてるだけでも盛り上がるし、何なんだこれ(笑)。
調子に乗って、メンバー全員、「ダーッ」と拳を振り上げて、お客さんをあおったりして遊んでましたよ。
でもオッケンさんは、ダーっていうか、やわらかかったですw
そのオッケンさん、例のピンクのハーフパンツ!
夏も終わりだからね、見納めかしら(笑)。

鍵盤のいない4人バンドなので、本日もアグレッシブな演奏!!
激アツです!
オッケンさんのお立ち台回数も、ノーナの時より多かった気がする(笑)。
モーニングスター/シャイニングスターも、ぶっとい音でいい感じ。
涙をとめろも良かった!
25才のトランスする感じは、そりゃーもう!

堂島くんの「俺はノーナより上だよ、新曲作ってきたから!ノーナはどうかなぁ?」の発言に、苦笑いの当のノーナ2人。。
その新曲2曲のうち、1曲は初めて聴いた曲。
『VIVAP』からの路線を引き継いでるような、背筋が通った大人のPOPって感じでした。
好きな感じ!
もう1曲はMiss Mermaid
これ、どんどんキリッとしてかっこよくなってきてる気がする!

「去年の夏に発売された最新アルバム」からは、ベンジャミン、空を睨むCLAP AND SHOUT
ベンジャミンは私にとって最強!!大好き~♪
CLAP AND SHOUTは、盛り上がらないはずがない!!!
この曲でだっけかなー?
堂島くん、ステージから客席横のテーブルに移動!!
わぁ、目の前!!!
熱唱!&なぜか、お客さんが置いていたコーラとカルピスを飲んじゃった!!!
堂島センセイ、流石ですね~(笑)。
この2杯のドリンク、アンコールで登場した時、ちゃんとお返ししてた律儀さも、素敵です。
Lucky SADでは、久々のバック転!綺麗に決まった!!

もー、ひたすら盛り上がった記憶しかないんだよね、堂島くんパート。
すごい大声出して、手を振って。
楽しむことに一生懸命でした。
そりゃーもう、すがすがしいほどに。

最後の曲6AMでは、郷太くんを呼び込んで、2人で熱唱。
郷太くんがハモるのって、新鮮ー!
この曲の堂島くんの歌い方は独特だけど、郷太くんはやっぱり郷太節でした。
あぁ、超楽しい!!


ここで一旦、堂島バンドメンバー退場。
堂島くんと郷太くんが残って、場をつないでます。
「ここで一旦はけるのがいい、ってのが分りました。汗かいてるから」ってことらしいです。
鹿島さん、お疲れさまでした。
ここからは、ノーナパート。
今日のバンドメンバーは、スッティと冨田さんがサポートに入ったノーナ5。
真城さんいないので、必然的に小松コーラスが増えますね(笑)。

先のファンクラブからのメールにもあった「お囃子に合わせて踊る準備」。
それはノーナ1曲目でいきなり必要に!
何年かに1回、唐突なタイミングでやってくるチェンジン祭り!!
まさかこれを堂島くんとセッションとは!!
昔、クアトロライヴ終了後にPVのライヴシーン撮ったのに全部カットになったな、なんて思いだしたりも。
あははー、「決めろ!」「ロックオン!」のキメポーズだけじゃなく、盆踊りしろってね(爆)。
いやもー、アホになるって楽しい!!!

堂島くんがはけて、ガツンとREVOLUTION!!
うひゃー、久々に聴いたけど、イントロだけでも大興奮!!
小松さんーーーー!!!
もう客席も、何が何やらどうなってんの!?ってくらいの盛り上がり。
異常事態ですよ!
最新アルバムからも、ワーナー時代の曲はSTOP MEパーティは何処に?、『Choice』からはJust The Way You Are
やっぱりこのビリー・ジョエル、歌声が圧倒的すぎる!
Tranceも夏といえば、な選曲。
海の家を思い出すなぁ。
郷太くん、アコギ弾いてました。

Hey, Everybody!の、繰り返すたびにトランスしていく感じ、やっぱり最高だわ!!
いつの間にこんなことに!?っていう、我を忘れる感じ、凄いよ!
そしてSmooth Criminalは、もうほんと、壮絶!
ここです、歓声で耳がキーンってなったの(^^;
息切れしてたので、たぶん私も悲鳴に近い声を出し続けていた気がします(笑)。
なんか次元が違うよ、この曲は。。

NARCISSUS<STRIKES BACK !>も久しぶり!
MAGICALでも郷太くん、アコギ弾いてました。
みんなの大合唱。
何この多幸感。
ノーナ最高!!!


アンコールは再び、Small Boysのステージ!
ニッシ&こぅくんのキャラ設定等、なかなか切り替えが難しいみたいですよ(笑)。
片方のキャラぶれると、もう片方がとても不安そうにしてたのが、可愛かったな~。

今度は「新人としては異例の、素晴らしいバンド」(ノーナバンド)を従えてのステージ!
やっぱカラオケじゃ寂しいもんねぇ。
まずは、会場限定発売の『COSMIC ACTION』収録の2曲目、SPARKLING VACATIONを。
この曲、歴史古いですよねー。
私が初めて聴いたのは2003年11月21日NONA REEVES presents WAW5って書いてあります(←ブログって便利ww)。
当時は「エボニー&アイボリー」っていうユニット名でしたねぇ。
この曲、サビをユニゾンで歌うんだけど、ハモんなくても、心地いいんだよねー。
Puffyの声がユニゾンで溶け合ってるのに似てる。
要は声の相性がいいんだろうな。
しかしこの曲、アイドルにしちゃー大人っぽいんじゃない!?

このツアーで一番の思い出は、雨のサービスエリアで「本気のたけし走り」を、誰に頼まれたわけでもないのに延々とやっていたこと……というアイドル2人。
そんな思い出を胸に(?)、わざわざたけし走りで登場しなおす2人。。。
そして今度はバンドでCOSMIC ACTION!!
あれ?カラオケでは伝わりきらなかったカッコよさが(笑)。
1回目より2人の動きがよく見えたんだけど、何この振り付け!!!
いろんなアイドルがいたよ!
一人が歌ってる時に、もう一人が背中向けてるのは、ジャニーズ事務所っぽいw
あれ?エグザイルはなんか失敗してなかった!?
2人しかいないしwww
あー、モー娘。もいたような。。。
でも一番忘れられないのは、ウインク風振り付けで、横向きで背中合わせになって腕で顔隠して……正面向いて腕開いた時の、こぅくんのドヤ顔!!!
今でもはっきりと瞼に浮かぶ(笑)。
そして、人はなぜ、アイドルにはあんなに手を振っちゃうんだろう。。。

最後はFantastic Academy
そうだそうだ、壮大にバカバカシイ曲だった!!
「♪ファン、ファン、ファンタスティック」「♪ア、ア、アカデミー」って、嫌でも覚えるっちゅーの!
ただのアホがいっぱい!
盛り上がりすぎて苦しかった!
大盛り上がりの中、郷太くんがいったんブレイクしての、「小松のドラムが好きーーー」宣言!!!
きゃーーーー!!かっこいいーーー!!
鹿島さんも登場して、黄色いマラカス持って踊り狂ってました。
ちょっと木暮さんを彷彿とさせるわ……。
オッケンさんもお立ち台に上がって弾けまくり!!
最高だーーー!!!


思ったこと。
この人たち、最高だ!!
そして、今まででも経験したことないような、異様な盛り上がりは何だったんだ!?
演奏の音も大きかったけど、それ以上に耳に入ってくる歓声。
みんな、楽しむことに真摯だ。
そして、楽しむことが上手。
だから私も、楽しかったーーーー!

Small Boys、「さっきも2~3コ、オファーがあった」って言ってたので、本格的に活動してくれればいいのに!
「カラオケでOKだし、衣装はジャケットだけ持ってけばOKだし」ってことで、意外と身軽に活動してくれるかも(笑)。
終演後、物販でCD買った人には2人が握手してくれる、ってことで、長蛇の列が出来てました。
さすがアイドル!
(私は開演前に買っちゃったし、握手は今年に入ってしてもらったので、並ばなかったんですけどね。。)

これを書いている今現在(ライヴより1日経過)、既にCOSMIC ACTIONの再生回数が10回を数えています、私。
会社帰り、駅3つ分歩きながらずーっと聴いてたからなー、ニヤつき、口ずさみながらwww
曲だけ聴いてると、完璧にアイドルなんだけどなぁ……やっぱりこぅくんのドヤ顔が頭から離れないんだよなぁ(爆)。
次のSmall Boysのアクションにも期待してます!!
[PR]

by kazumi7311 | 2011-09-09 23:54 | Live Report

<< ヨークワンピース(ブラウスアレンジ) ▲UP ユニコーンツアー2011 ユニ... >>