無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 真心ブラザーズ『真心道中歌栗毛』@水戸VOICE   

(ネタバレしてますので、ご注意を。。。)
a0023085_17482658.jpg
10/7(金)、真心ブラザーズ2人きりのアコースティックツアー、『真心道中歌栗毛』の水戸公演に行ってきました。
写真、ぼけてるなぁ。。。

茨城県出身の私。
「金曜日に休みを取ってー、そのまま連休に帰省するのがいいんじゃなーい?」とひとりニヤニヤしながら休みを取り、大きなキャリーバック(中身はほぼ空だけど、帰りには米を貰って詰める予定)を持って、茨城に帰ってきました(笑)。
茨城出身……とはいえ、実は水戸って数えるほどしか行ったことがないんですよね。。。
学校は土浦・つくば方面、ちょっと遠出して買い物するなら柏や都内……っていう環境だったため、水戸方面に行くことはあまりなく。。。
小学生の時に、そろばんの大会で武道館に行った、とか、高校の時にスケートしに行ったとか、そんな思い出くらいしかないんです。
ということで、1人で見知らぬ土地に降り立つような気分だったのですが、会社帰りの妹が「一緒に車で行くー?」と誘ってくれたので、TX研究学園駅から車で水戸に向かったのでした。
車でライヴに行くのって、いつもとは違うから、それだけでもワクワクするー。
むかーし昔、真心のライヴを宇都宮まで観に行って、餃子食べて帰ってきたことを思い出すわー(笑)。

今回の会場、水戸VOICEは、以前は映画館だったそうです(そういうところ、最近多いねー)。
40年以上前に、(水戸VOICEのある)大工町近くにあった高校に通っていた父親によると、そこは昔から映画館で、大きな映画の看板がいつもかかっていたそうです。
1本裏道に入ると、割烹やらスナックやらが集まる「夜の街」。
だいぶ寂しくはなってきたと思われるけど、今でも夜の街の風情は変わらず、でした。
車で通り過ぎるだけでは分からない探検ができて、面白い!

さすがに当時のままではないと思うけど、建物もなかなかに年季が入ってましたねぇ。
中は映画館の面影を残す巨大なスクリーン、大きくて高めのステージ、立派なPAセット、たくさんの客席……このツアーではかなりこじんまりとした会場でアットホームにやってきた真心の2人、これにはちょっとビックリしたそうです。
そしてステージ上には存在感があるDJセット……壁に貼ってある他のイベントのフライヤーは思いっきりB-BOY的な方々がいっぱいで……「こんなド・フォークでいいんですかね?」と桜井さんは恐縮するも……「え?それフリ?」とYO-KINGさん(笑)。
あながちフリじゃないと言い切れないところが、桜井さんのすごさだな(^^;




ライヴは「トイレ休憩」をはさんで2部構成。
基本的な構成は、初日の草月ホールから変わってないっぽかったですが、ダラダラ加減というか、2人のイチャイチャ加減というかは、どんどん洗練(?)されていってる気がしました(笑)。
桜井さん、「ダラダラやります」って宣言しちゃったし!
YO-KINGさんも、しょっぱなのMCから沈黙が長いし……沈黙が長くても全然平気なんだよねー、この方は(笑)。
そして、使うハープ間違えてセットして、吹いてみて「あ、間違えた!」でストップして……桜井さんに「あなた、それ、1度や2度じゃないからね!」と笑われるYO-KINGさん。
「YO-KINGさんが緊張したところ、見たことない」という桜井さんに、
「緊張……しないね。リラックスしすぎ、と言われることはあるけど。だって必要以上の力は出ないもん。その日、機嫌よくできればいいや、って」
とのお答え。
本気で憧れるわー、YO-KINGさん!!!
そんなYO-KINGさん、何でもよく分かっている桜井さんに「接しやすいー!!」と(先日のキングオブコント2011での)ロバートのネタを連発していました……今、大好きらしい(笑)。
ちなみに去年の優勝者キングオブコメディは「オレが育てた」そうですよー(ホントはイベントに出てもらったことがあっただけらしい。。。)


第1部は、懐かしめのフォークな曲が多かったかな?
うみ荒川土手から始まり、間にサンドウィッチを挟みつつ、ブルースを2曲軽はずみ
ブルース2曲については「背伸びして作っといて良かったー(笑)。今ちょうどいい」とのことでした。
逆に「スピードとか、今は絶対出てこない」そうです(笑)。

そして桜井さんの僕は喜劇王Sound of Love
僕は喜劇王めっちゃ好き!シアワセー♪
今までの地方の会場に比べれば大きい会場だったようですが、普段よりはめちゃくちゃ小さい会場。
息遣いも、ちょっとしたしぐさも全部感じ取れるくらいの近さで演奏してくれてるんですよ!
なんて贅沢……と思いつつ、情感こめて歌い上げる桜井さんの顔をまじまじと見つめ、「この人の顔って、なんて漫画にしやすいんだろう」なんて考えていましたwww(←失礼!)

あーもう、既に曲順とかよく分からない。。。。
長すぎるMC中、一番前にいた赤ちゃんが何か喋ったのが曲フリになったり。
無線の調子が悪くて(ここで無意味に「無線LAN」と言葉を発するYO-KINGさん……)雑音が出ちゃってるのを調整するためにステージに登場したローディー・ハラダシゲル(はらだし・げる)氏を一通りいじってみたり。
ゆるーい心地いい空気の中、この日だけにしか起こりえない様々な状況を味方につけて、楽しい歌とおしゃべりの会が続いていきました。


5月の清志郎さんトリビュートで歌ったという2曲のうち、ファンからの贈りものをカバー。
「センパイ、どえらい曲作りますね!」と2人も言ってたけど、ホント、どえらい歌詞だった!!!
真心が歌う清志郎さんは、とっても自然に聴こえるなぁ。

この日いちばんグッときちゃったのがFLYING BABY
泣きました……さっきまで大笑いしてたのに!
何気ない曲なんだけど、すっと入り込んできて涙腺を刺激するんだよなぁ。
ライヴでもあんまり聴けない曲を、目の前で、あの声で、ちょっとたどたどしい手つきで(失礼)アコギ弾きながら歌われちゃったら!!!
完全に気持ちを持ってかれちゃいました(笑)。
これだからもう!!YO-KINGさん!!!


第2部は、新しい曲やフォークじゃないよね?な曲など、盛り上がる曲がいっぱい!
人気が高いというGREAT ADVENTURE FAMILY情熱と衝動なんかも、第2部だったっけ???
情熱と衝動、出たばっかりの時はあまりピンとこなかったんだけど、時を経るにしたがって、ジワジワくるんだよなー。
とても良い曲だと思う!!!

OT顧問と一緒に歌ったマイ・バックページのカップリング
Aメロ:YO-KING、Bメロ:桜井、サビ:OT顧問と分担して作って、それがとても良い曲になったので、奥田顧問がいなくても、真心の曲としてガンガンやっちゃってる……とのことでした(笑)。
とてもいいことだと思います!!!

現時点での最新曲サニーは、リズムボックスとともに。
相変わらず歌いにくそうなYO-KINGさん(笑)。
やっぱりこれは、バンドでやって欲しい曲かな。。。
だけど、なんか好きな曲……「宇宙兄弟」好きだから、物語とは全く関係がないけれど、根っこの部分に感じるものがあるのかしらん?
現在発売中の「宇宙兄弟」のムック本に、インタビューとこの曲の歌詞とイラストが載っている、との宣伝も。
映画版かぁぁぁぁ……キャストがなぁぁぁぁ(笑)。


そして恒例、新曲のコーナー。
毎回1曲ずつを持ち寄って発表してきたので、なんとこの日までに30曲もできたそうです!
そして、一次予選に勝ち残った曲たちを、来週いよいよレコーディングするそうです!!!
待ってました!!!
とりあえず、歌と生ギターでのレコーディングになるそうですが……正直、早くレコーディングしてラクになりたい、と桜井さん(笑)。
でも、家で作った曲をライヴで聴いてもらう、っていういつもとは違う体験を通して、とても良い曲ができた、とのことでした。

この日の水戸からが後半戦、ってことで、新たな曲ではなく、以前披露して好評だった曲を演奏してくれました。
YO-KINGさんは僕のギター、桜井さんは青木橋に陽は落ちて(だったよね。。。)。
「YO-KINGさんはシャウトがいいよねーと(CHABOさんなんかにも)言われるけど、実はウィスパーもいいんだよね!」と桜井さん。
そうそう、そうそう!!!さすがよくご存知で!!!
YO-KINGさんはもちろんドヤ顔で「接しやすーい!」(笑)。
YO-KINGさんソロのとか、真心のhospitalityのイントロ部分みたいなイメージの、まさにウィスパーが優しく包み込むような曲でした。
桜井さんの曲は、家の近くの通りを眺めてしみじみと作った曲だそうですよ。

2人とも「このテイク使えばいいんじゃない?」と出来にご満悦だったけど、「ごめん、ギター間違えちゃった」と2人ともカミングアウト(^^;
……レコーディング、がんばれー!(でもライヴテイクも聴きたいなぁ。。。)


カバーがもう1曲。
吉田拓郎さんの流星
桜井さん曰く「YO-KINGさんは、吉田拓郎本人以外で、世界一、宇宙一、吉田拓郎」だとのこと。
「小・中学生の時から歌ってきたから、年季入ってる」とYO-KINGさん。
そうなのよねー、この流星も、YO-KINGさんが歌うとグッとくるんだよねー。
間近で聴くと、そりゃーもうかっこよくて!!!
「確かなものーなどー」のところとかさー、ぞわぞわしちゃったよ。


YO-KINGさん、おもむろに立ち上がってのー、サマーヌード!!!
直立不動からの、深々とお辞儀……で、歌いだした(笑)。
ステージ上を左へ右へ、行った先々で深々とお辞儀してから歌ってました。
のど自慢!?
サマーヌードだと、エンドレス~のほうが好き、とずっと思ってたんだけど、その真逆のアコギバージョンもすごく好きかも(^^;
YO-KINGさんの声の強さにやられる。。。

で、今度は……男・桜井が立ち上がった!!!
椅子やスタンドを片付け、広くスペースを作って……BABY BABY BABY!!!
もはや男・桜井の持ち歌!持ちネタ!
アキレス腱伸ばして、作ったスペースに助走をつけて走りこんで……ジャンプ!!!
ヤバイ、それだけでもおかしすぎる!!!
伴奏中のYO-KINGさんも、笑い転げて手が止まる(笑)。
「何度観ても面白い!!!」と、3回くらいジャンプさせられてました(^^;
そこからも、熱唱、熱唱、大熱唱は続く……そして大爆笑は続く、続く、続く。
涙が出た!!笑いすぎて苦しい!!
一生懸命歌えば歌うほど、ジャンプすればするほど、なんでこんなに面白いんだろう!?
客席の爆笑は止まることはなく、曲が終わってからゼェゼェハァハァしてる声が聞こえてくるって、ハンパない!
桜井、恐るべし。。。
YO-KINGさんが「パブリックイメージでは、オレがダメな人で、桜井が真っ当な人間でオレを諌める……的なイメージだけど、逆だからね!ここにいる皆さんは知ってると思うけど。。。」って言ってたけど、ハイ、その通りですよねー♪
携帯なくしたり、財布なくした話とか聞くと、「頑張れ桜井!」って応援したくなっちゃう。
YO-KINGさんは全然忘れ物もしないそうなので、ホント、真逆の2人。
だからこそ、22年も続けてこれたのね、きっと。

会場が沸騰したところで、「お尻もそろそろ痛いんじゃないですかー?」と立つことを促され……「冠婚葬祭でスベリ知らず!(YO-KING)」のどか~ん!!!
どか~んはここでもスベリ知らず!!(笑)
続けて最後に「水戸の待ちごと空にまいあがれーーーー!!」。
楽しすぎた!!!


アンコール。
そのまま着席する人もなく、熱いアンコールの拍手が鳴り続けました。
熱いぞ、水戸!
登場した2人。
「次はバンドで来ます、その時はまた遊びましょう!」と言って、最後の曲RELAX~OPEN~ENJOYをリズムボックスとともに。
ずっと支えてきてくれたこの曲だけど、またより一層深く染みこみました。
はー、楽しかった~!!


帰りの車の中でも、今日のライヴのことをずーっと話して、余韻に浸ってました。
地方公演ならではのアットホームな雰囲気も良かった!とか。
YO-KINGさんが口の端をクッと上げて高音だす顔が好きだ、とか。
妹は「桜井さんが3Dで迫ってくるみたいだった!」と大興奮!とか。
YO-KINGさんが1部で着てたブルゾン、赤かったねー!ワードローブ!……で、スニーカーはオレンジ色のナイキってすごい!とか。
「桜井さんのスニーカーもナイキだったねー。チェック柄がかわいかった!」という妹に、「あれ、初日にもはいてたよー」、とか。
やっぱり桜井さん、ギター上手い!指がギターになじんでる!とか。
VOICE、アルコール飲料は100円アップなんて……嫌ねぇ、とか。
「お、2年前に真心が来た時のライトハウス、あれだよー。すぐ裏が駐車場だから便利!」、とか。
ライヴ帰りが車って、いろいろ気が散らなくていいね!とか。
今年はニイサンたち、たくさん観れてうれしい!とか。
それにしても2人とも、近くで見ると、細いねー!YO-KINGさん、白いし!!腰とか何あの細さ!!!

……なーんて話してたのに、最終的には「お腹空いたね」(笑)。
茨城県民としては、ファミレスならココスな訳で……。
夜中にココスでドリグラ食べました(笑)。
a0023085_15165586.jpg
昔よく食べたんだよねー。
懐かしいけど……今はグラタン部分がペンネアラビアータなのね。
それでも懐かしい味に大満足(笑)。
そして真夜中のファミレスで、真心談義は続いたのでした。。。
楽しかった~、水戸!!
[PR]

by kazumi7311 | 2011-10-08 15:17 | Live Report

<< あったかルームシューズ ▲UP 2泊3日北海道の旅(その3) >>