無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 エレ片コントライブ『コントの人5』東京振替公演   

a0023085_004293.jpg
エレ片コントライブ『コントの人5』東京振替公演、11/20(日)14時~に行ってきました。
3月の震災直後、計画停電区域に含まれているため公演が難しい……ということで、8か月も延期になっていたこの公演。
「ずいぶん先だなぁ」と思ってたし、チケットは既に若干黄ばんで印字が薄くなってきていたけれど、なんだかんだであっという間の8か月。
……とはいえ、私は待ち切れずに、3月の時点で中止にならなかった名古屋公演を観に行ってしまってるんですけどね(^^;
ということで、8か月の時を経て、同じコントを観ることになったんですけど、イイ感じで忘れてたので、新鮮な気持ちで楽しめました(笑)。

場所は、吉祥寺 前進座劇場。
a0023085_005444.jpg
やっと来れたね。
行ってから思い出したんだけど、ここ、大昔、今はなきジョビジョバの公演を観に来たことある劇場な気がする。。
今回、前進座劇場から駅までの道を散策(っていうか、異常なテンションで感動しながら歩く)っていう幕間の映像があるんですけど、やっとここに来れた!っていう感動がありましよ。
帰り道ではもちろん、散策スポットを巡っていきました……まぁ、スポットっていうか、ただの普通の道路ですけど(^^;

入場の列に並んでいる時、前には白髪のおばあちゃん、後ろには小学生の男の子がいて、客層の幅広さにびっくり!
だって、本編で今立扮するママが「あんな下ネタばっかりの、見ちゃダメ」って言ってるくらい、下ネタだらけのコントですよ?
小学生には教育的にどうなの?
おばあちゃんの笑いのツボはそこなの?
と、他人事ながら心配にもなりました……でも、エレ片が幅広く愛されてるのはいいことだ!

ロビーにはいろんな方からのお花があったけど、ひときわ目立っていたのが、小林賢太郎からの巨大な花!※やっつんブログの写真参照。
他はよく見るタイプの生花だったんだけど、彼からだけ、今時パチンコ屋の開店祝いでも見ないわー、って感じの造花!
花、じゃなくて、カテゴリーは花輪なのか!?
エレ片への愛を感じました(笑)。

客席に入ると、BGMで岡村ちゃんが「へぽたいやー」って歌ってました。
ラジオリスナーにはたまらんね♪
BGMはやついパワープッシュ的な感じだったかな?
どこかで聴いたことある曲が流れてました。andymoriのユートピアとか。。朧げだなぁ(^^;


14時開演。
チケットは完売してるはずなのに、1列目に空席がある!
やっつん、目ざとく見つけて「テンション上がる~」って……。
早速、「めくるめく卑屈の世界」だ!
客いじりも手慣れてきたな~(笑)。

コントの内容は基本、8か月前と同じだけど、ちょいちょい違うところも。
以前観た名古屋は初日だったけど、回を重ねて、キュッと締まって洗練されてきたのかなー、っていう印象。
もちろん、悪ノリも洗練されてました(笑)。
あれ?仁さん、そこでブリーフにはなってなかったよね!?って場面とか……。
「ここまで来ちゃったか……KKに怒られる、怒られる!」とやっつんが突っ込んでたけど、やらせてんのはやっつんだろうな(^^;

モテ部コントでは、「エロあり!」としてハリウッド版忠臣蔵ネタなんかも。
これ、マジだったんだ!
あーでもこれ、ニュースソース、3月ってことは、名古屋でも言ってたのかな?記憶にないわ。。
OLと女子しかいない店の代表は「アフタヌーンティ」でした。
確かに、男同志はあんまり見たことないな。。
ユニクロの「佐藤可士和」のくだり、あまり分ってない人、多かったみたいです。。
誰?誰?って声があちこちから聞こえてきました。
今立の肩パンチ、仁さん痛そうだったなー。
仁さんが興奮してしゃべり倒す場面、やっつんに全体重を任せていたらしく、「ハンパない!」って言われてました。
ものすごい全力でやってるよねー。

鶴の恩返しはもう、何といっても、片桐のランジェリー姿!!
スケスケ素材の下にうっすら見える腹が大変なことに!!
悲鳴上がってましたよ、あの姿。。。

出山コントは、途中でやっつんが「メリハリ!」って叱ってたけど、ファミレスでのただの雑談を延々観ているような感じ(笑)。
でもこれって、いつものラジオの感じじゃない!?
「らしいよ」のコーナーの、いつものファミレスの状況そのまんまじゃん!!
ラジオが生で再現されてるみたいで、うれしかったです(笑)。
8か月の時を経て、「戦場カメラマン」のモノマネが絶妙な古さ加減に熟成されたなぁ。
それにしても、ホントにウザいよねー、出山!
ひとりでトゥイッティアに囁いててよ(笑)。

虹朗もねー、春太くんが生まれてだいぶ経つと、懐かしくさえ感じるね。。
しかし、いつ観ても、やっつんの女装はかわいい!!!

シトラスラベンダー、略して「トラスベンダー」って、強そうだ!
片桐扮する「かっちゃん」は、aikoの曲(によく似た曲)を、2曲メドレー状態で熱唱してたけど……やっぱブスだね、セーラー服姿(^^;

最後はいつもの、あだち充的青春コント。
仁さんのイチゴ柄のパンツ……仁さんのパンツ、今回はもうお腹いっぱい(笑)。
あーそれにしても、今立さんはなんてこの役が似合うんだろう!!!
あの学生服の裾の長さも絶妙です……ザ・標準服!!
やっつんは、「毛玉にゃ」っていうセリフしか覚えてない(^^;


幕間の映像、観るのは2回目だったけど、やっぱり涙流して笑ってしまった!
うろ覚えのスガシカオを歌う片桐仁の歌声にのせて、彼の「おっぱい」への異常な執着がただひたすら気持ち悪い、おっぱいパン制作ドキュメント、「パイフェッショナル 乳房の流儀」(だっけ?)。
この映像を観て、グッズのおっぱいパンを買うと、写真を撮るのも恥ずかしいような気分になります。。
いや、買いましたけども!
a0023085_01437.jpg
このツヤがねぇ……こだわりみたいなんですけどねぇ……なんか生々しいので、袋に入ったまま撮影。
そして小さく掲載(笑)。
基本、おいしいんだけど、カレーソースにイチゴ味は、あんまり合わない気がしたよ(^^;

エレ片3人が50m走、走り高跳び、50mハードルで競った「エレ片スポーツ大賞」はもう!!!
仁さんのジョイナースタイル……からの、ズボンが脱げないくだりとか、メガネメガネのくだりとか、最高!!
大会委員長なのに、ロケ当日遅刻してきたために、強制参加させられてしまった作家のゴウさん。
ハードルとかもう、最高!!
笑いすぎて、苦しかった!!
そんな中、全種目すべて1位だったやっつんが、とてもカッコよく見えてしまった!!!
(映像と比べると、8か月でだいぶ痩せてたなー)
……だからと言って、エレキコミック やついいちろうと行く香港4日間!!には行きませんけど……10万て、高すぎるわ!!

コント全体が、「めくるめく卑屈の世界=エレ片のコント太郎の世界」に誘われ、体験し、戻ってくるという構成になっていた今回。
プロローグとエピローグでは、おなじみのあのオープニングが流れたんだけど、ラジオリスナーとしては、毎週家で聴いているラジオを、たくさんの人と一緒に聴いてるような気がして、なんだかちょっと嬉しかったです。
しかも目の前で、生で、エレ片の世界が展開されていく!!
ポッドキャスト聴きはじめて5~6年、今では本放送も録音してまで聴くようになってしまった、ヘビーリスナーの私。※しかし、妹は昔のポッドキャストを聴き返す、私よりもツワモノ(笑)。
ラジオが入口で、ライヴまで来るようになっちゃったけど、出会えて良かったわー♪
どんなに下ネタばかりでも!
どんなにくだらなくても!
体よじって笑い転げることができるなんて、素晴らしいことだもんね。

ということで、来年もエレ片と一緒♪
a0023085_011535.jpg
3月の「コントの人6」も楽しみだ!!
[PR]

by kazumi7311 | 2011-11-20 23:40 | Live Report

<< クレイジーケンバンド『NAKA... ▲UP あったかルームシューズ >>