無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 クレイジーケンバンド『NAKAYOSHI 2011』   

ちょっと時間が経ってしまったけど、覚え書きとして。。

a0023085_22392.jpg
11/23(水・祝)、クレイジーケンバンドのライヴ@中野サンプラザに行ってきました。
今までイベントなどでは観たことあったんですけど、ワンマンは今回が初めて。
何でチケット取ったのかもよく分からないんだけど、何となく行きたくなって、気づいたらチケットを手にしていました(^^;
そして「あれー?このツアーって何かのリリースツアーだっけ!?最新のアルバムって何だっけ!?」ぐらいの浅~い知識で、さらに前日久々に朝までコースで飲んでしまい……気合いが全然入っていない感じでライヴに臨んでしまったのでした。。
でも!それでも!!!
めちゃめちゃカッコよくて、めちゃめちゃ楽しいライヴでした!!!

  • 会場に着いて最初に思ったこと、それは「年齢層、高いな~!!」。
    30代の私たちが若く感じるくらい、周りは人生のベテラン風の方々が多いこと多いこと。
    男性の割合も多かったですねー。
    剣さんに男性が憧れる……ていうのは、何となく分かる気がする。
    そして、駐車場にはメンバーのものと思しき車が停まっていて、それを写真に収めているファンの方も。
    今まで観に行ったライヴとは違う光景が広がっていて、ちょっとしたカルチャーショックを受けました。
    大人の集まりだ!!

  • ロビーには、こんなバルーンアートも!
    a0023085_22134926.jpg
    「イイネ!」の指の部分は、グッズとして売ってたのかな?
    客席で「イイネ!」バルーンを掲げている人たちがたくさんいましたよ。
    この日発売のシングル「ワイルドで行こう!!」のCDももちろん販売されていて、購入特典でクリアファイルがプレゼントされていました!
    最近、CDのおまけはクリアファイルが多いなぁ……でもこのデザインだったら、カッコいいからフツーに使えるなぁ(いいなー)。
    あ、オフィシャルサイトで確認したら、楽屋にご招待企画もやってたんだー!!スゴイ!!

  • ライヴはホントに!!カッコよかったー!!!
    何と言っても、演奏がめちゃくちゃカッコイイ!!
    剣さんの渋いソウルフルな歌声はもちろんだけど、バンドメンバーみんながいい音鳴らしてるんだ。
    そして、バンドメンバー13人の音が重なると、「はぁぁ」っていううっとりしたため息が漏れそうなほど、ステキな空間が広がるんですよ。
    2階席だったので、ステージと1階席を見下ろすような感じで観てたんですけど、スピーカーから音が出てるっていうよりも、ホール自体が鳴ってるような感覚でした。
    あと、左右に首を振る動き、とか、ボーカル3人のちょっとした振り付け、とかが気持ちよく合ってて、楽しいやらかわいいやら(笑)。

  • 全体的に、大人の色気が放たれまくりの演奏だったんだけど、特に、ホーンセクションの3人がセクシーだったなぁ。
    なんであんなに、音が色っぽいんだろう。
    息遣いが感じられるからかなぁ?
    タイトル忘れちゃったんだけど、フルート2本でハモってメロディを奏でていた曲も、すごく良かった。
    生の楽器って、いいなぁ、あったかいなぁ、って思いました。
    あとは、小野瀬さんのギター!
    (私がよく聞く人たちがクセがありすぎるのかもしれないけれど)素直に、ストレートに、いい音だなー、って思いました。
    ソロコーナーでは、ウチの母がいたら一緒に歌うだろうな!っていう京都の恋のメロディも。
    ベンチャーズか!
    CKBって歌謡曲の香りもするので、なんか納得。

  • 巨大な障子に、古都風(京都野郎という新曲の後に「京都っぽいけど、実は地元の風景」と説明してくれました)の影絵が映し出されているセットがまた、このショウを盛り上げていました。
    控えめだけど、ベストマッチ。
    ホント、楽しませてくれる工夫が随所にあって、まさに「エンターテインメントショウ」。
    剣さんも、渋く歌ってるのに、下ネタ&グッズで笑わせてくれたり。
    長年愛用の回転台(テレビ台をリメイク)に乗って手動で回されてみたり。
    何かと言えばすぐに銅鑼が鳴ったり……こんなに銅鑼を多用するバンド、初めて観た!
    あと「腰とかにきますからね、2~3日後に。だからラクな姿勢で、自由に楽しんで!」と、やたらとファンの体を気遣う剣さんも印象的でした。
    ドラムの廣石さんを「組長!」と呼び、スポットライトが当たるたびに「おおおおぉ」という畏れ多さを演出するSEが流される、というくだりを何度繰り返したことか(笑)。
    ファンとのコミュニケーションだね、これは。

  • コミュニケーションといえば、リクエストコーナーでは、シンガプーラタオル踊り子の3曲。
    これ、ホントに即興なの!?ってくらい完璧!!
    とにもかくにも、私が大好きなタオルが聴けて大興奮!!
    イントロだけで卒倒しそうでした(笑)。

  • 卒倒しそう……といえば!!
    夜のヴィブラート(だよね?)の途中で、ブルースブラザーズのような衣装の2人組が登場!
    ラップしてるこの声は!!宇多丸さん!?
    てことは……おおお、Dさん!!!
    ライムスターが登場しちゃったよ!!!
    身を乗り出して、キャー、ですよ(笑)。
    このメンツが揃ったらやっぱり、肉体関係
    単体でそれぞれ別々には聴いたことあったけど、初めて観た、この共演!!
    やだもー、カッコよすぎ!!
    Dさん、カッコよすぎ(←そっち!?)。
    途中からはなんと、ラッパーとしてJINさんも登場……おいしいなぁ、それ(笑)。
    剣さんがDJセットの前にいて、JINさんがマイク持ってるって、不思議な光景だな。。
    もうね、舞台上がカッコイイおっさんだらけ!!
    ステキすぎる!!
    客席もめちゃくちゃ盛り上がってました!

  • ベタベタなんですけど、やっぱりタイガー & ドラゴンは、生で聴けて良かったー!!
    惚れぼれするよ!死ぬまでに1度は聴くべき!!
    太陽のモンテカルロはCDで聴くのとは迫力が違った!!
    ホーンズがやっぱりステキ!!
    中古車も盛り上がったなー。
    ツイスト的な振り付けとか、ライヴ映えする!
    いっぱいいっぱいもCMではよく聴いてたけど、こうやってちゃんと聴くのは初めてかも……キャッチーだなーやっぱ。
    ついつい口ずさんじゃうもん。
    金色のテープが噴射されたのは、この曲だっけかな?
    「ロゴが入ってるので、記念に持って帰ってください。エコ&掃除しなくて済むので!」って言ってたけど……2階席までは飛んでこなかった(泣)。
    剣さん自身もすごく好きだと言っていた空っぽの街角も、良かった。
    私も大好きになりました。
    やっぱりねー、ライヴには、CDだけじゃ分からない魅力がいっぱいあるんですよ。
    次に聴くときは、そのライヴの記憶込みで、いろんな音が重なって聴こえるような気もするし。
    豊かな音が聴こえるー。

  • あ、やるときゃやらなきゃダメなのよ。では、子ども&レオタードのおねえさんのダンサーズ登場!
    わお、ステージ上がカオス(笑)。
    さらに、黄色いパンツのおじさん(先生)たちも登場、「やるやらダンサーズ」だそうです。
    どうしても、どうしても、先生の黄色いパンツにばかり目がいっちゃう(^^;
    ダンスに視線を奪われてしまったけれど、この曲もとてもよかった。
    いいこと言ってる!
    「でもやるんだよ」だけでは乗り越えられないこともあるけど、「だからどうした」精神でどーんと構えていこう、みたいなことを剣さんが言っていたけれど、この明るい曲調とダンサーたちと歌詞で、なんか気持ちがほぐれるような気がしました。


クレイジーケンバンド、カッコイイおじさん好きにはたまらん!ってことは知ってたつもりだったけど、ライヴで完全にやられました。。。
生の演奏がどれだけカッコイイかも思い知ったし、ワンマンならではの好き勝手やってる感じも、たまらなくキュートでした。
リクエストコーナーがあることなんかから、ファンを大事にしてることが分かるし、リクエストコーナーが即興でできちゃうくらいのスキルとチームワークがある、ってこともよく分かりました。
ステキだ!!

アンコールその2で、来年2/29(ニンニクの日)にリリースされるアルバムの音源をちょっとずつかけてくれて、途中から生演奏に移行するっていう技をさらっと披露してくれたりして。。。
とにかく、ニンニクの日にCKBのアルバムが出る!ってのは、脳裏に焼きついた(笑)。
このワンマンを体験しちゃったからねー、アルバムが出る楽しみが倍増しちゃいました。
来年も楽しみ!
楽しみが待ってるのって、イイネ!
[PR]

by kazumi7311 | 2011-11-26 21:58 | Live Report

<< 真心ブラザーズ『真心道中歌栗毛... ▲UP エレ片コントライブ『コントの人... >>