無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 真心ブラザーズ『真心道中歌栗毛 東京追加最終公演』   

a0023085_14161961.jpg
12/2(金)。
真心ブラザーズ2人きりの弾き語りツアー「真心道中歌栗毛」の、東京追加最終公演に行ってきました!

場所は日本橋三井ホール
三越本店の向いに昨年できたCOREDO室町の4F~がホールになってます。
MCで、真心お2人も「銀座なら行くけど、日本橋は来ないねー」とおっしゃってましたけど、私も、日本橋には用事ないのでほとんど来ないんだよねー。
でも、日本橋でやると知った時から「江戸の粋とか、桜井さん好きそう!」と、違和感は感じませんでした。
ホールはまるで結婚式場のようなエントランス&ロビー。
ドリンク代があることをすっかり忘れ、万札を出して渋滞を作ったのは私です……スミマセン。。。
こういうホールでドリンク付くのって、珍しい気がするなぁ。
ドリンクカウンターはめっちゃ混雑してて、慣れてなさそうな印象でしたけど、いいと思います。

開演5分前くらいに、やっと自分の席に。
分かってはいたんだけど……今回の席、スーパーミラクルな場所でして……YO-KINGさんの目の前!!
実際に行ってみると、近すぎちゃってもう……周りに「ちょっと落ち着け!?」と諌められる始末。。
でも、譜面台が遮ってくれたおかげで、何とか直視することができましたよ(笑)。
むしろ桜井さんを観るベストポジションだったかも!?
ステージが結構高め、横長な感じなので、観やすいんじゃないかなー、このホール。
ただ、座って観てると首が痛くなってきて……贅沢な首痛ですね、すみません(^^;

この公演、なんとMC込みで!!DVD化されるようです。
なので私の隣にはカメラがどーん!
私の前に跪くかのように、カメラマンさんがうろうろ。
「変な声で笑ったらマズイ」「ひとりツッコミはやめよう」とか、最初は気にしてたんだけど、そのうちすっかり忘れていつもどおり……DVD大丈夫かなぁ。。




客電が落ち、開演。
でも、ステージ上手に現れたのは、三味線を持った着物姿の女性。
おお!これが!!
桜井さんがハマって6~7年になる義太夫かー!!
激しく打ち鳴らす感じなのかと想像していたけれど、静かな中にも分厚い音が響いてて、情緒があって、渋くて、カッコよかったなぁ。
鶴澤寛也さん、凛とした雰囲気がステキでした。
動画も思わずじっくり観ちゃった。。。


ライトがステージ中央を照らすと2人が座っていて、何事もなかったかのようにうみが始まり、続いて荒川土手
そしてさっそくMC(笑)。
三味線の演奏は、桜井さんが「日本橋だし、盛り上がるかも!」とノリで言ったらスタッフ大乗り気になってしまい、引くに引けず、(あまり親交がない)鶴澤寛也さんに電話したらOKいただいた、とのこと。
桜井さん、「すごいでしょ!?引きずられて「うみ」がねっとりしちゃった」と言ってました(笑)。
その他にも、
  • 33公演(くらい)地方を回ってきて、お酒が出る場所だと、2次会くらいのテンションでお客さんが迎えてくれて、おーい、待って待って、置いてかないでー、っていう場所もあった
  • エアギターの人が結構多くて、自分より先にガッとキメポーズされてると、照れくさい
  • 業界用語を普通に使ってたりして、オヤジになったなぁ
  • 真っ赤なブルゾン(?)を着ていたYO-KINGさんが「先に言っときますけど、還暦じゃありません!」発言
  • 桜井さん、今日も「土偶のような目」で笑ってます……とYO-KINGさん
……などなど、たった2曲しかやってないのに、このボリューム(^^;
「このライヴ、(長くなって)ヤバイ予感がしますよ……」とYO-KINGさん言ってたけど、それ、もう覚悟できてますから!(笑)
いつものことですから!!

ライヴの構成は、いつもどおり、トイレ休憩をはさんだ2部構成。
セットリストは、ほぼほぼ水戸の時と同じだったかなー?
あ、でも3曲目の朝がきたは、水戸ではやってなかったかな。

水戸の時にはいなかった、「ラブらいラブとし」というキャラも登場!
ラブソングを歌うときは「ラブらい」、YO-KINGさんの曲を歌うときは「男・桜井」と、名前が変わるらしいです(笑)。
そんなラブらいさん、Sound of Loveを熱唱!
私的には、その前の僕は喜劇王のほうがLOVE要素高い気もするけど、Sweet感も含めて「ラブらい」なのかしら(笑)。
YO-KINGさん、小声で「リメンバーラブ」とか呟いて、「そんな言葉ないか」なんて言ってたっけ。

第1部の私のクライマックスは、流星からのFLYING BABY!!
浮かれてふわっふわした状態で座ってたのが、はっと目が覚めたような、現実に引き戻されたような。。
夢の世界に連れて行ってくれる、というより、ここにあるものが信じられる強さをくれるような、そんな歌でした。
YO-KINGさんの歌、強いなぁ。
泣けるわー。
あんなにクダラナイMCしてるのに、このギャップは反則でしょ(笑)。


第2部。
中央に椅子があるってことは……ゲストだ!!
民生さんと一緒に出したマイ・バックページのカップリングの話をしてる、ってことは!?
みんなが期待してたのに、「奥田さんはスケジュール的に無理ってことでー」で、テンション下降(^^;
「でも、東京スペシャルなのでー、スペシャルなゲストをー」って……ハードル上げすぎじゃね!?出にくくね!?とみんなが思ったんじゃないかというのも、束の間。
「松たか子ー!!」で大熱狂!!
キャー、松さん、きれー!!顔ちっちゃー!!
女優さん間近で観たの、初めてだよー。
5月のJAPAN JAMでご一緒した縁で声をかけたら、快諾してくれたそうです。
YO-KINGさん、「松さん、こう見えて一番男らしい」を連発してたな(笑)。
「ラブらい」にとても興味をひかれたらしい松さん、「ラブとし」と、えぇ声で呼んであげてました。
もちろん、ラブらいさんのニヤケっぷりはハンパなかった(笑)。
で、松さんの歌声を初めて生で聴いたんだけど……凄い!!YO-KINGさんに負けずに声が通ってる!!
真心2人をまとめて引っ張っていっちゃってるような……かっこいいわぁ。
もう1曲、500マイルは、やさしさと、包み込むようなあったかさと、ちょっと切ない要素が入ったりしてて、すごい良かった。
松さん、ステキだー!!!

しかし、最初は「奥田さんがいないところで、すごい盛り上がった!って報告しよう。DVD渡そう」とかはしゃいでたのに、「ホントはスケジュール空いてたらどうしよ。。。」と弱気になってる桜井さんがかわいかったなー。


新曲コーナー。
YO-KINGさんは初日の草月ホールで披露したあめんぼを。
桜井さん曰く、「ロックンロールの歴史60年の中で、一番軽い曲」のサビ、「あめんぼスイスイスーイ 沈まない」には衝撃を受けたそうです。。
確かに衝撃的……YO-KINGさんならではの曲ですよね。。。
初日の時は、まさかのリハなしぶっつけ演奏だったけど、今回はちゃんと間奏に桜井さんのギターソロもあって、進化(?)が見えました。

桜井さんは、この期に及んで、さらに新曲を作ってしまったそうで、今日来る電車の中でも歌詞を書いていたそう。
タイトルは未定だそうです。
そんな曲を、DVDを撮ってる時に出すのも勇気いるなぁ、と言ってました。
なんかよく分からない例えをしてた桜井さん、「レコーディングしてたら、もっとこんな曲がアルバムにあるといいな、ってこと?」とYO-KINGさんにさっくりまとめられてしまう一幕も。
その新曲、青春ロック的な匂いがして、これ、歌うのはYO-KINGさんのほうが合うかも!?なんて思いました。

サマーヌードは、YO-KINGさん直立不動で深々とお辞儀をして歌いだすスタイルで!
立ちあがられると、さらに近いー!!遮るものがないー!!
白いピンスポの光の下で、手前にYO-KINGさん、座ってギターを弾く桜井さん……なんかとてつもなく印象的で、きっとこの光景を一生忘れずに生きていくんだろうなぁ、覚えておきたいなぁ、と思いました。
いやしかし、サマーヌードのアコースティックver、どんどん良くなってきてる気がする!
音源化されてないはずだから、DVD、ますます楽しみだー!

そしてやっぱり、男・桜井は、私たちの想像のはるか上を行っていた!!
男・桜井が立ち上がると、ローディー・げる氏により、譜面台、椅子など、邪魔になるものがどんどん持ち去られ……BABY BABY BABY、すごかった!!
新アイテム「タンバリン」を首にかけ、時々シャラーンと鳴らすそのしぐさ、スキップしながら右へ左へ動き回る姿、熱唱のあまり屈みこんだり跳び上がったり……何もかもがパワーアップ!!
愛媛で初めて観たお客さんに「笑いすぎて涙出た!おなか痛い……もうーホントに勘弁して!」と言われたらしいけど、初めてじゃなくても、その状態ですよ!!
涙は出るし、おなか痛いし。。
YO-KINGさん、水戸では笑いすぎてギター止まったりしてたけど、慣れてきたようで、今回は比較的大丈夫でした(^^;
それでも「ギターギター!弾いて弾いて!」と催促されてましたけど。。
そして最後に、男・桜井「おかーさーん!!!」と絶叫!
これには、全員が崩れ落ちた!!
この曲の前のMCで、
  • 福井に来ていたげる氏のお母さんがそっくりだった
  • 広島には桜井さんと髪型と顔が同じ(!)お母さん(せつこ)が来ていて、
    YO-KINGさん「MCでいじっちゃったので楽屋で謝ったら、怒ってたみたいだった」
    桜井さん「いやいや、それ、超天然なので、何言われてたか忘れちゃってぽかんとしてただけだから」
    YO-KINGさん「そういう人好き。あれ?いや、そういうタイプ好き……ん?」
    桜井さん「せつこー!KINGが好きだって!両親にDVD渡そう♪」
なんて話があったので、お母さんに会いたくなっちゃった、らしいです(^^;
もうホント、腹筋が強くなるわー、この曲聴くたび(笑)。

最後は、お客さん立ち上がって、1分半のどか~ん、最後は空にまいあがれ
あー、楽しかった!!!


アンコール。
まずは鶴澤寛也さんを呼び込んで、演奏会のご案内など。
最後に桜井さんが握手を求めるも……気づかれずに去って行かれました(笑)。
手持無沙汰な右手だったな。。

そして再び、松さん登場!
「ちょっとー、桜井さんー!!BABY BABY BABY何ですかあれ?5月には一緒にやったのに、何で呼ばれないのかな、と思ったら……私、いらなかったな、と。十分でした!ずーっと観ていたい感じ」と、松さん。
それに対して桜井さん、「34回やってきたので、もうお腹いっぱいです!」って(笑)。
そんな松さんと一緒に演奏されたのは、前にも一緒にやったという、キャロルのルイジアナ
「松たか子のロックンロール、カッコイイんだ!」とYO-KINGさんが紹介してた通り、うん、カッコよかったー!!
テレビで観る女優としての松さんも好きだったけど、今回、ミュージシャンとしてもホントに好きになっちゃった。
カッコイイ!!
そのうえ、キレイ!!
いやー、目と耳の保養ですね←おっさんか?

そして最後は2人でRELAX~OPEN~ENJOY
「ニコニコパワーで……ていうとバカっぽいけど、来年もまたニコニコパワーで楽しみましょう」みたいなことを言ってたな、YO-KINGさん。


いやーもう。
今回、最初っからフワッフワしてたんですけど、2時間半があっという間に過ぎてしまいました。
「夢だったんだろうか」と心配になるくらい、楽しい時間でした。
今年は、2月の恒例の新年会に始まり、歌栗毛ツアー初日水戸&そして今回、真夏のRIJFと、こんなに真心のライヴに行けた年はなかったんじゃないか?MB's、5人編成、2人きり……と、こんなにいろんな形態で観たことはなかったんじゃないか?と思うくらい、私的にものすごく充実した1年になりました。
いつもくだらないことばかり言ってるし、直接的なメッセージを出すような人たちではないけれど、こういういろんな場所での活動こそが、彼らなりのメッセージなのかもしれないなぁ、なんて思ったりしました。

あと、今回、お知り合いになれた方と再会できてうれしかったです。
またどこかで!
そして何より、いつもお世話になってる友人に大感謝。
いつもありがとう!!

「日本橋」にちなんで、YO-KINGさんが「スタートオブ東海道!」て言ってて、「なんかまた旅が始まりそう……終わりなのに!」って桜井さんは言ってたけど、また来年に向けて、旅の始まりですよね。
来年、また、中野の新年会で会えるのが楽しみでたまらない!!
そして、このツアーを経てできた曲たちのアルバムに、今回のDVD!
「来年も真心としての活動が盛りだくさんになると思います」とYO-KINGさんも言ってたので、楽しみでたまらないです!
腹筋を鍛えておかないと!←そっち?

外に出ると、目の前には風格漂う建物が。
a0023085_14162542.jpg
そして街には、イルミネーションと忘年会帰りの酔っ払い(^^;
東京駅地下のマックは、10時閉店だということを学んで帰ったのでした。。。
腹減ったなー。。。
[PR]

by kazumi7311 | 2011-12-04 14:16 | Live Report

<< 堂島孝平『2011「HARD ... ▲UP クレイジーケンバンド『NAKA... >>