無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 NONA REEVES『ノーナとHiPPY CHRiSTMAS 2011』   

a0023085_22292263.jpg
12/22(木)。
毎年恒例のクリスマスライヴ『ノーナとHiPPY CHRiSTMAS』@渋谷CLUB QUATTROに行ってきました。

毎年のことながら、やっぱり気合いが入ってしまうこのライヴ。
今年も「健康診断に行ってきますー」という理由で会社を休み、遅刻という大失態を回避して臨みましたよ(笑)。
特に今回は、オープニングアクトがSMALL BOYS、ゲストにライムスター宇多丸さん、という豪華版。
ワクワクせずにはいられない!
そしてやっぱり「ノーナ最高!」と言わずにはいれない、今年最高!?のライヴでした。

本日のメンバー(ノーナ7)
  • NONA REEVES(西寺郷太・小松シゲル・奥田健介)
  • 冨田謙[Key]
  • 真城めぐみ[Cho/HICKSVILLE]
  • 村田シゲ[B/□□□・Cubismo Grafico Five]
  • 松井泉[Pa/exbonobos]

ゲスト
  • 宇多丸[RHYMESTER]

オープニングアクト
  • SMALL BOYS (西寺ニッシ郷太+堂島こぅくん孝平)




まずは、オープニングアクトのSMALL BOYS登場!
会場には(お客さんのサイリウムで)電飾エリアが登場、おっさんアイドルを温かく迎えます(笑)。
いつもの野太い声で「今日はノーナ兄さんの前座を務めます」と、ごあいさつ。
でも普通のトークになると、あっという間にキャラ崩壊してました。。
ガシっと力強い握手をするのもスモボのトレードマーク?
まずは新曲GRADUATION MYSTERY
先日の初披露の時より、歌詞覚えてたし、ハモってたし、いろいろ進化してました(笑)。
スモボ用にお立ち台が用意され、それに乗って歌ってましたねー。
そしてなぜか、こぅくんの踊りがキレキレ!
SMAPで言うと、中居くんみたいな踊りだった!!
曲終わりは(そんなに踊ってないだろうニッシも)、息が上がってる演出でした。。
2曲目は手売りだけで1,000枚売り上げ、今日の在庫で最後だったという、デビュー曲COSMIC ACTION
いつもの金ジャケ&赤ジャケのポケットにCDを入れていて、引っかかっちゃってなかなか取り出せない2人がかわいかった(笑)。
お客さんに背中を向けて立っていて、自分が歌う時に振り返るのは、もう定番化してるけど、やっぱり盛り上がるー!
こぅくん、ジャケットを半脱ぎしたり、なぜか自分のパートで黒ブチ眼鏡をかけたり、もうやりたい放題。
(そういや前回はそんなことしてなかった気がするな……疲労してた!?)
もちろん、ウインク風振り付けでドヤ顔&モー娘。風キメもあり!
最高でした!!
しかし、やっぱりカラオケで歌うなら、バンドの音に耳が慣れる前がいいよね……なんて思ってしまった(^^;


そしてノーナ兄さんの出番です。
まずはメンバー登場。
小松さんが1週間の間に髪切ってる!そして長そでだ!
オッケンさんが、ピンクシャツに黒ネクタイ、グレーのニューバランスのスニーカーって、可愛い!
両端のシゲ&冨田さんが、黒ブチメガネ&ハットでまるで兄弟!
真城さんの髪がかわいいかわいい♪
松井くんはピンクのウインドブレーカー?絶対汗だくじゃね?
……なんてファッションチェック(笑)。
白に黒襟のジャケットを着た郷太くん登場、いつものように曲はHiPPY CHRiSTMASからスタート。
始まったー!!待ってたー!!

今回の選曲はほぼ100%小松さんが担当(「去年もやってたよー」と反論してたけど。。)したそうで、最近あまり聴いてなかった曲もたくさん聴けて大満足!!
「3x3」度が高かったかな?
今年っぽいところでは「Choice」からJive Talkin'Don't Talk About It
最近、昨年のヒッピーのライヴ盤を聴いていたのでちょっと忘れてたけど、わはは!そうだそうだ、こんな人たちだった!……て、訳もなくテンションあがったなー(笑)。
カッコよすぎる!

郷太くんアコギ持ってのI HEARD THE SOUNDに続いて、オッケンボーカルのN.e.g.a.t.i.v.e.B.o.y!!
歌ってる感じも、ギター弾いてる感じも、なんか新鮮!
すごい楽しそうだった。
メンバー全員がニヤニヤしながら見守ってる感じも、とても良かった!!
そして次に、小松さんが短く「じゃ、歌う!」(だっけ?)って言って狛犬の詩!!
否応なく盛り上がる!!
甘い声なので、しっとり聴かせてくれるのももちろんいいんだけど、この曲のパーティ感は他にはあんまりない気がするし、とっても好きです。
奥田・小松ボーカル曲が立て続けに聴けるなんて、いいセットリスト!!

STOP MEを挟んで、JULIAだったかな?
この振り幅もさすがだよなー。
JULIAのアレンジがまた、めっちゃカッコよくて!
CDのスムーズに流れるような感じより、もっとドラムとベースが効いて引っかかりがあるようなイメージでした。
そしてI WANT U BACK!!
ライヴバージョンの、何かが起こりそうな不穏なイントロ、ジャズっぽいリズム、そしてサビの爆発!!
ドキドキしたー、カッコよすぎだよー。
改めて言うことじゃないけど、この人たち、めっちゃウマイ!!

聴かせるバラードコーナー。
DESTINYHISTORYメモリーズ~ひと夏の記憶~
もうね、郷太くんの声がめちゃめちゃ出てて、気持ちいい!!
まさに「聴かせる」歌だった~うっとり。
DESTINYの静かな中の熱さ。
アルバム買った当初は、その良さをよく分かってなかった気がする……ライヴで聴くたび「なんていい曲!」とびっくりする。
あと、渋谷で聴くと、「雨のスペイン坂」っていうフレーズがちょっと嬉しい。
まぁでも、実際には「雨のスペイン坂」なんて、人が多い上に傘をさすなんて……絶対行きたくないんだけどね(笑)。
HISTORYも、一時期は定番で毎回のように聴いていたけど、久しぶりに聴いてもやっぱりいい曲。
郷太くんの歌声の良さが100%出てるし、歌声がストレートに伝わる名曲。
後半の真城さんとのハモりも大好きすぎる!
そしてメモリーズ~ひと夏の記憶~
多幸感とはこのこと!
お客さんの歌が入って完成するこの曲、参加する楽しさとか、響きの美しさとか、もうホント、奇跡みたいな曲だけど、今回はなぜか、
「いつの日か 今、この瞬間さえも ほら Memoriesさ、もう」
っていう歌詞がストンと入ってきちゃって……泣いたわー(^^;
あと冨田さんの鍵盤の響きが、美しすぎる。好きすぎる。

来年のビルボードライブに合わせて制作されるというカバー集「Choice2」。
その中から(?)Step by Step(New Kids On The Block)。
有名な曲なので、私でも知ってたよ。
楽しい!!
妹ちんの横のほうにいた子が「おもしろい曲!おもしろい曲!」と連呼してたそうな。。。
カバーっていうより、もはや持ち歌?……ノーナ、恐ろしい子(笑)。

FESTIVALでさらにグワッと盛り上がってからの、LOVE ALIVEで、宇多丸さん登場!!
なんだこれ?すんごい盛り上がり!!
宇多さんもゴキゲンで、盛り上げる盛り上げる!!
ラップ部分はオリジナルだったけど、あまりにも盛り上がりすぎてて聴きとれなかった(^^;
お客さんも跳ぶ跳ぶ!
私もつられて(滅多にしない)ジャンプジャンプ!→そしてゼェゼェ苦しい(笑)。
イエス!ってピースするのが、なぜこんなに楽しいんだ!?
メンバーもこの盛り上がりにニヤニヤしてたなぁ。
そしてあの場所にいた全員が楽しかったに違いない!!
「久しぶりに一緒にやったけど、やるたびに楽しい!また一緒に曲作ろう!」と言って、去っていった宇多丸さん。
みんなのソロもキレキレだったけど、最終的にはやっぱり宇多さん、全部持って行っちゃったね。。
はーもう、楽しすぎた!!

宇多丸さんがはけても、盛り上がりは続く続く。
Hey, Everybody!の中毒的なループにさらに盛り上がり、I LOVE YOUR SOULで、久しぶりだったのでハンドサイン間違えながら歌って拳を振り上げて。
シゲがめっちゃ歌ってたなー、I LOVE YOUR SOUL
それ見てまた嬉しくなったりして。
久しぶりに聴くNNRブレイクダウン~サニーに捧ぐ~は、なんだか美しくて。
今年解散してしまったNewness、何年か前にコーラスしてたっけなー、なんて思い出したり。
ライヴでもっとたくさん聴きたいなー、この曲。
もっと大事な曲になっていくんじゃないかな、って思う。

そして最後は1989
今年の春のビルボードで聴いてから、この曲も歌詞がしっかり届くようになったんだよなー。
「泣いてないで歩くのさ 泣いてないで歩かなきゃ」
ある意味、とても今年らしい曲かもしれないな。
2番で郷太くんと小松さんがユニゾンで歌うところは、まるで寄り添っているようで、なんかね、心強いんだよな。
とても個人的な歌詞の曲が、いろんな人の心に響くようになるのって、やっぱり曲の力なんだろうな。
今年、この曲をちゃんと聴くことができて、良かった。。


アンコール。
いつものように赤白ボーダーセーターの郷太くん。
メンバーは、物販のTシャツ(ボーダーにロゴ入り)着てたね。
曲は、メンバーに土下座して頼みこんで演奏してもらってる(笑)という、毎年恒例Last Christmas
「今年は4回やったよね」と小松さん言ってたけど、どこでやったんだ?(←大澤誉志幸さんのライヴでやってたらしい)
「何か出すから、出てるから!浴びてって!」と、もはややっぱり縁起もの!
ジョージ・マイケルは最近はサビやファルセット部分は歌ってないことがあるけど、俺はちゃんと歌う!と言ってた郷太くん、これまためちゃめちゃ声が出て伸びて、気持ち良かったなー。
それとは対照的に、メンバーの表情が死んでたのが印象的でした(笑)。
松井くんはマラカス振りながら踊ってたね。オールドスタイルな感じで。。
「肩の荷が下りた」と言って、郷太くんとオッケンさんがガシッとスモボ風握手をしてたな~♪

ここでだっけ?やたらと力を込めて「審美眼」の話をしてたのって。
「NONA REEVES~?誰~?知らないー」って、学校や職場で言われても(ノーナファンあるある)、大事なのは審美眼。
バンドが解散したり、活動休止したり、死んじゃったりしてから評価されても、活動中のライヴはもう観ることができない。
だからしっかり、ライヴを観といて!
この音楽が、後世に残ると自負してやってるから!
……ていうことを、なんか「やっさん」混じりつつ(いーちゃんが郷太マネしつつ)熱く語っておりました。

そのテンションのままボブ行っちゃったから、なぜか「タイ米」のコール&レスポンスがしつこいほどに繰り広げられることに(笑)。
いや、この曲、タイ米だけどさー、いい曲なんだよ?
そんなに「タイ米」をフューチャーしなくても良くないかい?
……と、思った人、多数いたと思うよ。。
真城さん、途中から爆笑しちゃって、歌えてなかったし。。。

でもこうなると、突っ走っちゃうのが郷太くん。。
最後の曲なのに、曲紹介が「クリスマス タイ米」って……(笑)。
クリスマス・タイムをしっかり最後に聴けるなんて、意外に珍しいことのような気がするのに!
呆れて小松さんが郷太くんのしつこい「タイ米ー!」コールをぶったぎって、カウント出してたよ(ありがちな光景)。
2011年もラストデイズ。
ちょっと言いにくそうだったけど、2011年の締めくくりにぴったりの曲だったな……なぜかタイ米しか心に残ってないけど(笑)。

最後は宇多丸さん、堂島くんも登場して、ごあいさつ。
堂島くんが黒ブチメガネに巨大なベレー帽姿だったんだけど、あれは突っ込まなくていいものだったのか!?もしや私服!?
「2月にやついフェスとか、在日ファンクとの対バンとかあるんでー!」と告知した郷太くんに、
「宣伝が適当すぎる!!あんなに時間あったのに!」と突っ込むシゲ(笑)。
それを受けて「2月にいろいろ出ます!」と締めくくった郷太くん、さすがです。

これで終わりでしょー?とは思ったけれど、なかなかお客さん帰らず。
時計を見たら既に10時20分!
こりゃもうないでしょ……と、外に出たけど、あの最後のほうの締まらない感じ、もう1回出てきてもいいんじゃね?と思ってしまう気持ちも分からなくもなかったかな。
なんせ「タイ米」だから(笑)。


という訳で、今年もホントにいいライヴでした。
最高だった!!
演奏はもちろん、メンバーもめちゃくちゃ楽しそうで、ニコニコ笑ってたり、一緒に歌ってたり、松井くんは汗を滴らせた髪の毛を歌舞伎の見得のように振りまわしてたり……ものすごく楽しい雰囲気が伝わってきました。
楽しかった!!

……なんですけど、個人的にはとてもくだらない葛藤と闘ってたんですよね。。
1時間前から場所をキープして「今年はよく観える!」とワクワクしながら開演を待っていたところ、開演10分前になって、背の高い人が友だちに呼ばれて目の前に入ってきてしまって……。
スタンディングなんだからしょうがない、誰も責められない、まったく何も見えないこともない、隣の方が不憫に思って「前に来ますか?」と声をかけてくださったりして申し訳ないし、何より、最高のライヴなのに、テンション下がっちゃもったいない!!
……と思って楽しんだんですけどね。
楽しんだんですけど、視界が遮られるたびに、あーもしこの人が来なかったら!と思う自分がいて、いやいやそんな邪念を持ってるのがもったいない、こんなに最高のライヴなのに!
……ていう葛藤(笑)。
自分と闘いながら、最高のライヴを体験してました。
さすが天中殺!←もうすぐ終わる。
もうね、ある意味、忘れられないヒッピーになりました(笑)。
あー、こんな不毛な闘いをしないくらい、余裕のある大人になりたい。
そして背が高くなりたい(笑)。


ということで、私のライヴも今年は終了。
たくさんの感動と、たくさんの笑いと、いろいろな思いを、ありがとう!!
来年もいっぱい、いっぱい、ライヴの現場に立ち会いたい!
だって、いなくなってからでは遅いんだからね。


【今年のプレゼント】
昨年に引き続き、ポスターでした。
去年のの上に重ねることにしたよ(保管場所がないため……)
昨年のドヤ顔に比べると、気恥かしさはないかしら。。
ピンクのジャケは、Columbia/Tokuma Yearsのかしらん?
a0023085_2229269.jpg

[PR]

by kazumi7311 | 2011-12-23 22:32 | Live Report

<< 真心ブラザーズ新春ライブ『燃え... ▲UP 堂島孝平『2011「HARD ... >>