無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 真心ブラザーズ新春ライブ『燃えよ!ドラゴン桜(井)』   

a0023085_15272167.jpg

1/14(土)。
もはや恒例となっている、真心ブラザーズの新春中野サンプラザ公演に行ってきました。
本人たちも「真心ライヴ初心者にはキツイ内容かも……」とおっしゃるほど、まさに「新年会!」なライヴ。
あー、新年から笑いすぎてお腹痛い!!
なんて言いながらも、キメるところはきっちりキメてくれる兄さんたちに、まんまと泣かされてきました。
だから、真心、大好きなのよ(笑)。




会場に入ると、昭和な感じの音楽が流れてました。
ホネホネロックとか!すごい選曲……絶対、桜井チョイスだよねー、と友人と同意。
舞台上を見ると、桜の花びら柄の見たことないギターが。。
これ、絶対桜井さんのD.I.Y.だよねー、と友人と同意……そして後にやっぱりお手製だったことが判明(ハンズセキチュー大好き!と、桜井談)。


18時ちょうどぐらいに開演。
メンバー登場。
バンドはいつものMB'sです。
去年は2人きりのツアーだったので、10人編成は昨年の中野以来かも。
YO-KINGさん、今日は白シャツでさわやか系ですねー。
スニーカーはちょっと派手目なナイキだったかな?(水戸で履いてたのと一緒だったと思う)。
メンバー登場するも……ギターがひとり足りないまま、FLYING BABYが始まってしまった!
何か仕込みをしているに違いない……と思いながらも、この曲が1曲目なんて珍しい!そしてなんていい曲!とドキドキしちゃいました。
そして、あー、やっぱり私、MB's好きだわー、って喜びがこみ上げてきました。
曲がほぼ終わりかけた頃、舞台上手に、間違えて出てきちゃったかのように現れた黄色いジャンプスーツの人影!
ブルース・リーの死亡遊戯の、あの黄色いジャンプスーツの桜井さん登場!!
わー、スニーカーまで黄色だ!
そして舞台に置いてあった桜吹雪ギターを持ち、激しいギターソロ!
気づけば、スタンドマイクも黄色!!芸が細かすぎて伝わらない(笑)。
もうー、最初からこれ?面白すぎる!!

桜井さん、「察しのいい皆さんは、タイトルを見ただけで嫌な予感はしていたと思いますが、正直、本日のライヴは、真心ライヴ初心者にはキビシイ内容になるかと……はっきり言って、ライヴというか、新年会です!」と高々と宣言(笑)。
そうそう、それを待っていた!!
ちなみに、タイトルはもちろん、YO-KING先輩がつけたそうです。
ねじ込むよねー、桜井を(笑)。

そして2曲目……だというのに、早速大ネタ、MC SAKU光臨。
「MB'sというバンドがいながら、カラオケでお送りします。皆さん、HEYx3などで培った“あてぶり”の技術を惜しげもなく披露してください」と言って、MC Sakuの今夜はラップでパーティを。
わー、マウンテンホーンズ、本気だー(笑)。
コーラス、土岐ちゃんの声が入ってるけど、ようこさんが歌ってるー!
若干、かわいい感じに歌ってるー(笑)。
(土岐ちゃん、観に来てたみたいですね……光栄、だったらしい。。)
そしてやっぱり、MC ICHIRO!!
相変わらずの全力ラップ(?)、何言ってるか全く聴き取れないし、声がひっくり返りすぎ!
最後は恒例、ご当地ラップも(何て言ってたっけかなー?)。
ヤバイ、まだ2曲目なのに、笑いすぎてヘトヘト。。。

ここで桜井さん、「普通の曲もやりたいので」と言って、お着替えタイム。
大阪では引っ込んで普段着に着替えて出てきたんだけど、それもどうなの?と反省し、今回ではステージ上で生着替えです。
アドリブで、YO-KINGさんに背中のジッパーを下げてもらう桜井さん……なんか照れてるYO-KING……それを見守るお客さんもなんか照れくさい……て、なんだこれ!?(笑)。
黄色いジャンプスーツの下に、ボーダーTシャツ(楳図かずお風)に黒いパンツを普通に着ていた桜井さん……どんだけ細いのよ(^^;

「昨年のツアーで、YO-KINGさんからお借りして各地で歌い倒してきたあの曲をお返ししようかと。返還式です」と桜井さん。
わー、BABY BABY BABY、久々のYO-KINGバージョン!!
男・桜井の熱演ももちろん大好きだったけど、なんか落ち着くわー(笑)。
桜井さんが歌うと笑う準備しかできてなかったけど、やっぱいい曲だわー。
そうだった、そうだった。

「毎年、新年に中野でやるってことは、リリースがない時にやってるってことで……今日もリリースとは関係なく、まんべんなく、久々にやるような曲もやります。中堅以上の特権だよね。」とYO-KINGさん。
そういえば最近聴いてなかったな、とか、2人ではやらないよねー、とかいう曲をたくさん聴けてうれしかったです。
JUMPもその1つ。
首藤さんのアルトサックス、どんどん音の深みが増してる気がする……。
YO-KINGさん、前のほうで気持ち良く歌ってて、ハープ忘れて慌てて取りに行く、っていう一幕もあったけど、何事もなかったかの様に、普通に進行してたな(だって珍しくないから。。。)。

ENDLESS SUMMER NUDEも意外と久々な気がする。
2人バージョンのサマーヌードも大好きになったんだけど、一郎くんのベースのイントロが始まると、ワクワクせずにはいられない!

そしてここから、ホーンズが抜けて(ヒデローくんはパーカッションになって)、バラードコーナー。
これがめちゃめちゃ良かった!!
笑いが多い新年会だけど、こんなの放り込んでくるんだもん、ずるいよな。
この愛は始まってもいない旅の夢I'm in Loveの3曲。
歌い終えた後、YO-KINGさんが「いやー、歌上手いなー。昔は照れくさくて、ラブソングをわざとぶっきらぼうに歌ったりしてたんだけど、気持ちを込めて歌えるようになったんだよねー。上手くなったでしょ?こんな風に上手く歌えるようにしてくれてありがとう!」なんて言ってましたけど……わー、まんまと!まんまとはまった!!!
特に、I'm in Loveの「やっと僕ら出会えたーのさ、そうだよー、そうだろー」のところで、キュンとしちゃったじゃないか!!
最近やたらと「君」っていう歌詞が出てくると、会場を指さしてるなー、って思ってたんだけど、そういう気持ちの変化のあらわれだったのかなー?
いやしかし、ホント参った(笑)。

ここで、仕込みのために桜井さん退場。
YO-KING名義の初アルバムの中からいつかのうみで繋ぎます。
この曲、イントロ聴くだけで「わぁぁ」ってなる。
1999年春の空気感が迫ってくる。
今のYO-KINGさんの歌で聴くと、さらになんか、涙腺に来るよね。。。

そして宴会の準備が整って、50円玉登場!
MC SAKU、MC ICHIRO、MC KOSHIの3人組ラップグループ(?)。
MC KOSHI、段ボール&アルミホイル製だと思われるでっかい50円玉を首から下げています。
カンペらしいんだけど、裏返っちゃってて、完全に出落ち、失敗してる(^^;
「MB'sからも派生ユニットが出てくるとは……渡り廊下走り隊みたいな?」と、ウルセーこと言ってましたね、桜井さん。。
まずは、昨年も披露した持ち歌炎の後半戦
ベースとギターがMCにまわるので、ベース:YO-KING、ギター:ようこさん、そしてドラムはビバさんっていうバンドに。
いやしかし、何度でも言うけど、ようこさんのギター抱えた姿がカッコイイのなんのって!!
佇まいが最高!!
ラッパーはまぁ置いといて(?)、バンド的には最高にカッコよかったな~(笑)。
ラッパー陣、頑張ってるんだけど何かが間違えてる感じが、とてもいいですねー。
MC ICHIROの声のひっくり返り具合が尋常じゃなかったり、MC KOSHIのまるで能や狂言のすり足のように、肩の位置を変えずに動き回る姿が鮮烈だったり……これはホント、真心初心者にはキツイかも(笑)。
もちろん、お腹痛くて立ってるのもやっとなほど、笑い続けてしまいました!

2曲目はなんと、MC3人だけでのフリースタイルラップ!!!
本人たちも怖がってたけど、観てるこっちも怖いわ!!!
MC SAKUは「今日に限って娘の幼稚園のママ友がわざわざチケット取って観に来てくれてる。これから俺は地域で生きていけるのか?だけど娘はFUNKY MONKEY BABYSが大好き」という、悲哀のこもったリリックを。
MC ICHIROは「デニーズ大好き!制服の色が違う店員さんは主任に違いない……だから俺の主任さん」という驚愕のリリックを。
MC KOSHIは、何かうまいこと言おうとして噛んで、先を忘れて……「後で楽屋で泣く!!」
もうね、笑いすぎてぐったり疲れた。。。
特に、一郎くん……お客さん、同じところでみんな崩れ落ちてて、まるで新喜劇みたいで、それも面白かったです。
あー、もう!!


そしてまだまだ宴会は続く。
桜井さん、「BABYx3を返還してしまったので、次は何を拝借しようかと……YO-KINGさんから言われた驚愕の曲が……」
だるい感じー!!
わぁぁぁぁ、まさかのスピードだーーーー!!!
会場からも、キャーっていう悲鳴が!!
全力で歌い、走り、身体を大きく開いてひら~んとジャンプx2!!
「ハチ公が俺の帰りを待ってる~」のところは、座りこんで歌う男・桜井。
その姿を見て「関節柔らかいなぁ」と思ったのは私だけ!?
とにかく、全身全霊で歌う桜井さん……正直、BABYx3のように、笑うポイントはほとんどなかった!
でもこれが1年かけて、どうなってしまうのだろうか……楽しみだ!
歌い終わってから、YO-KINGさんに「左右の目の焦点が合ってない」と指摘されるほど、体力を消耗してしまった桜井さん。
「よりによって、せがれの保育園のマラソン大会で、午前中走ってきた」のだそう……お疲れさまです。。
とはいえ「90年代(若いころ)のスピードだった」とYO-KINGさん、褒めてた(?)ね。
桜井さんは桜井さんで「こんな歌歌ってるのかと……アンタ、ホントすごいよ。」とYO-KINGさんを絶賛て……仲良し(笑)。
ちなみにYO-KINGさんがギター弾いてたんだけど、印象的なあのリフ、小川さんが鍵盤で再現してました……弾いてよ、そこ!


メンバー全員で、新しいアルバム「Keep on traveling」からの1曲Keep on smiling
メンバーそれぞれのソロの見せ場がある、ライヴ映えする、ハッピーな曲でした。
ちなみに新アルバム、先ほどの50円玉炎の後半戦も入ってしまうらしい。
バンドメンバーも先ほどどおりなので、ようこさん呼んでおきながら歌わせないっていうレコーディングだったとか。
それからやっと、朝がきたも入るらしい。
楽しみ過ぎる!!!

そしてここから、さらに怒涛の盛り上がり!
Song of You拝啓、ジョンレノン新しい夜明け!!
Song of Youは歌唱指導付き。
のビバさんのドラムのカッコ良さと言ったら!!
拝啓、ジョンレノンの、泣きそうなほど張りつめた、あの演奏。
新しい夜明けの、体を動かさずにいられないワクワク!!
ホーンズ(特に上石さん。寅蔵さんは便乗せずw)の動き?振りつけ?踊り?が目に入っちゃって、今回も釘付けでした(笑)。
今回、子ども連れのお客さんが多くて、ちっちゃい子たちもノリノリだったんだけど、YO-KINGさん、いちいち指さしたり、手を振ったりしてました。
そんな光景も、すごく良かった。
あの空間がとても居心地がよくて、終わってほしくない気持ちでいっぱいでした。

本編の演奏が終わると、横から紅白の幕がスルスルっと出てきて、ステージを隠してしまいました。
わー、まだ仕込みが!!
しばらくすると、初心に帰って(?)、「燃えよ!ドラゴン」のあの曲が!
同時に、紅白幕に、明らかに機材を身につけたことが分かる、男・桜井のシルエットが!
幕が開くと、一昨年の風船マシンを装着した桜井さんがセンターに。
「外で着れるもんなら着てみろ!だけど自分でこの前ゴルフで着ちゃった……」という桜井イラストのグッズのTシャツに、「一昨年あたり、この企画とは一切関係なく購入した」という黄色いパンツ姿。
曲がノーメル賞ブギだからか、頭の風船には「健康第一」と書かれています。
これがめちゃくちゃ重いらしく、翌日、首に来るんだそう。
なのに大阪より大きい160cmという、風船太郎が使ってそうな大きさを選んでしまうところが、桜井さんらしいよね。。
YO-KINGさんの「ワン、ツー、スリー!」の合図で、針で突いて風船破裂!
風船の中に仕込まれていた桜吹雪とともに、倒れこむ桜井さん。
大げさに見えるけど、マジなんだそうです……お疲れさまでした!!

そして次はEVERYBODY SINGIN' LOVE SONGで、会場が一体になる!
楽しすぎる!!

ダブルアンコール。
唐突に「ゲーテは言いました。人間の最大の罪は、不機嫌である、と……最後の曲です。」と、YO-KINGさん。
みんな置いてけぼりにされて、しばし「???」状態だったのを察してか、「いや、機嫌っていうのは伝染するから……機嫌よく生きてると、周りも機嫌よくなるし。今日は皆さんの機嫌が良かったので、僕もご機嫌です!」と解説してくれました。
「機嫌よく」って、いつもYO-KINGさん言ってたけど、ゲーテの言葉だったのか。。。
この日、YO-KINGさんは「自分ひとりが幸せになっちゃ悪いなー、って思うかもしれないけど、桜井さんが今より幸せになったとしても、俺はその4倍くらい幸せになってるから大丈夫」みたいなことも言ってました。
自分勝手なことを言ってるようでいて、そういうわけでもなんだよね。
私が上手く説明できないんだけど、YO-KINGさんが言いたいことは分かる。
私は、この人の言うことや考え方に、ものすごく影響を受けて生きてるってことは自覚してるんですけど、私の今の状況なんか知らないはずなのに、いつも現状を打開するようなヒントを与えてくれるんだよなー。
そんな言葉の後に、RELAX~OPEN~ENJOY
YO-KINGさんのあの声で、(上手くなった)歌を聴かされちゃうと、もう、泣けってことでしょ?
節目、節目で、ずっとこの曲に、この歌に、助けられてきた気がします。
今回も、やっぱり助けられてしまった。


あっという間の2時間半。
途中からずっと「終わってほしくない!!ずっとここにいたい!!」って思い続けてしまいました。
こんなの久しぶり。
ゆるゆるしてるし、笑えるけど、きっちりキメるところはキメてくれる兄さんたち。
会場が広くて、天井も高くて、自分のスペースが確保されてたこともあると思うけど、ギュッと硬く縮んでたスポンジが、水をたっぷり含んでふっくら大きく広がっていくような、そんな開放感と充実感を強く感じたライヴでした。
身体の中に真心の音楽が満ち満ちて、エネルギーがつま先まで入っていく実感。
そして、ここに来れば絶対に裏切られない、という安心感。
やっぱりここは、私のホームなんだなー、っていう思いを強くした、新年初ライヴでした。

今年も、3月にアルバムとDVD、そしてツアーと、楽しいことがいっぱいありそうな予感。
楽しみすぎる!!!

あ、あと、毎度お二人を見て思うんですけど……今年こそ、痩せるぞ!!(笑)。

-------------------------------------------
【追記】
RO69のレポには写真も!
思い出すわ~♪
[PR]

by kazumi7311 | 2012-01-15 15:14 | Live Report

<< 手編みのソックス ▲UP NONA REEVES『ノーナ... >>