無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 YATSUI FESTIVAL 2012(その1)オープン~レキシ編   

2/18(土)。
エレキコミックやついいちろう主催のフェスYATSUI FESTIVAL 2012に行ってきました。
会場は、O-EAST、O-WEST、O-nest、O-Crest、duoの渋谷のライヴハウス5店舗同時開催!
個人の名前をつけたフェスで、こんな規模でやっちゃうなんて凄いです!
私はチケットの先行発売で買ってしまったのですが(会社が近いので昼休みに店頭に買いに行きました)、その時発表されていた出演者は“私的には超豪華!”な出演者だったんですけど、最終的には総勢約85組(約250名!)、音楽、お笑い、アイドル、DJ、トークショーと、ジャンルレスな、一般的にも“超豪華”な出演者が揃う、ものすごい規模のフェスになってました。
ホント、やっつん、すごいなぁ。
愛されてるなぁ。

TBSラジオ「JUNKサタデーエレ片のコント太郎」(←わたくしヘビィリスナーです)でも、数週間前から、エレ片3人と作家陣がやる「出し物」について盛り上がってました。
そして番組発のユニット「危険日チャレンジガールズ!」、コント発ユニット(なのか?)「シトラスラベンダー」も出演と、エレ片3人はあっちこっちで大活躍の予定だったんですが……。
フェス前々日の深夜、やっつんのツイッターで知った「片桐仁インフルエンザのため出演キャンセル」の情報。
えええーっ!と驚くと同時に、いかにも仁さんらしい最悪のタイミングで、思わず笑ってしまいました(^^;
ある意味、さすがです!

フェス前日は、会社のプリンターでタイムテーブルを印刷し、同僚に見せるも「全然刺さらないですね!」とサラッと流されたことにも負けず、昼休みにニヤニヤしながら「あーもう、前半観たいのかぶりすぎ!」とブツブツ独り言を言う危ない人になるくらい、楽しみでたまりませんでした(笑)。




そして当日。
早起きすればいいのに、やっぱりちょっと遅くなってしまい、12時ちょっと前に会場着。
いやぁ、途中まで本気で通勤するのと同じ道のり(かつ、会社の前を通過)だったので、来る時のテンションは異様に低かったです(笑)。
先に着いていた妹と合流、リストバンドを交換し、すでに階段下までのびたO-EASTの列に並びました。
結局は、係員さんが列の整理を途中であきらめたのか、どどどっと階段に押し寄せちゃってましたけどね(^^;
荷物を外のロッカーに預けて並ぼうとしたんだけど、寒過ぎて断念……冬はこういうのがめんどくさいですよね。。。
a0023085_21343315.jpg


12時半開場。
O-EASTでは、サブステージで松本素生くんのDJが始まってました。
「愛と笑いの夜」というイベントで作った(そして在庫がある)、素生くん、曽我部さん、やっつん、ZAZEN向井さんの顔がプリントされたTシャツを売りに来た!と宣言してました(笑)。

次に登場したのがトゥインクル・コーポレーションの音楽班、オマスガ
「トゥインクルってことは芸人さん?それにしては普通にちゃんと音楽だし……特におもしろくもないよね。」なんて言ってたんですけど、芸人ではなく、ホントに音楽班だったことが判明(^^;
トゥインクル、いろんな人がいるのね。。。
エレ片生放送の生電話にて「やついフェス出たいです!」と直訴したら「いいよ!」とOK貰って出演できた、と言ってて、「ああー、あの人たちか!」とやっと納得。


そしてやっつんが三国志の馬超の衣装で登場、メインステージが開幕です!

O-EAST最初はレキシ
タイムテーブル見て爆笑したんですけど、他のアーティストの誰よりも長い1時間がレキシのおじちゃんに与えられています。
けど絶対足りないでしょ、いつもの感じで行くと……と誰もが思い、そしてそれは予定調和的に現実に(笑)。
この日のメンバーは以下の方々(全員はてぃ着用)。
  • ギター:健介さん格さん
  • キーボード:未婚の父上
  • ベース:高度成長期
  • ドラム:おののこまつ
池ちゃんのブログより。)
つまり、ドラム、ベース、ギターの3人は、次の堂島くんバンド、ドラム&ギターはその次のNONA REEVESまで出ずっぱり。
転換の時間節約だと思うけど、もうこれ、私的にはウハウハな並びです(笑)。
レキシ~ノーナまでの約2時間半で、このフェスのチケット代払っても全然惜しくない(というか、それでもむしろ安い!)くらいです!

1曲目はキラキラ武士
早速、ゲストの馬超(やっつん)登場!
「兜がアイロンみたい」と池ちゃんにかぶりものを持たれ、そこから「これがウチのだんじりやー!」とカーネーションネタで二人遊び(^^;
やっつんも、マイクのコードをウッドベースに見立てて弾いてみたり(斬新!)、池ちゃんの鍵盤に触ってみたり、ちょこちょこいたずらしてました。
そしてやっぱり、1曲が長ーい!!(笑)
「昨日、やっつんから、2時間半レキシやっちゃってください!っていう電話が来て……」という池ちゃんに、「tkさんの出番が12時くらいになっちゃうから!」とやっつんが注意してました。。
いやしかし、それにしてもこのバンド、またまたカッコいいなぁ。
小松さんがレキシで叩いてるのは初めて観たけど、なんかね、どっしりしててカッコいい音でした。
ずーっとにやけてたのも印象的(笑)。

やっつんはけて2曲目はLet's 忍者
池ちゃん、こんなに歌上手かったっけー?と、今回も思ってしまった。
3曲目は、ゲストのマウス小僧JIROKICHI(堂島孝平)が、シャカッチから貰ったという“ほっかむり”姿で登場。
堂島くんに「2曲で30分だよ!」と言われ、さすがに呆然とするレキシのおじちゃん、、、「いらないくだりが多すぎる!」と指摘され、「ちょっとツイートしてもいい?」とステージ上でツイートしてました(^^;
ハートが強すぎる!(笑)
曲はもちろん妹子なぅ
2人のハーモニーも相性いいんだ。

マウス小僧がはけて、足軽先生(いとうせいこう)と、東インド貿易会社マン、略してひいんまん(グローバー義和)が登場。
先生にも「早くやれ!俺は次はWESTに行かなくちゃならないんだ」と怒られてたけど……もうやりたい放題!
馬超も再登場、着替えたいのに待ってたらしいです。
グーローバーに「後ろで一人、動くたびにガッチャガチャいってた」と言われてましたね。
曲は、生で聴くとグローバーの声がなんか切なくて、グッときちゃった。
先生が入るとピリッと締まるしね(精神的なものか?)。
ギターのオッケンさんの横に行き、池ちゃんが大きなアフロを振り乱しながらエアギター!
だけどオッケンさん全く笑わず、めっちゃ燃えたソロを弾き倒してたのが印象的でした……ロックスターか?(笑)。
いやそれにしても「高床式~鼠返し」のくだりのくどさったら!
「沢口靖子~リッツ!」「劇団四季~キャッツ!」って……楽しいですけども!!大歓迎ですけども!!

音楽のライヴで初めて「巻け」というカンペを出されたという池ちゃん。
曲中にグローバーに耳打ちし、グローバーが全メンバーに何やら伝達……どうやら1曲削って、この曲で終わろう、ということだったらしいです。
4曲で1時間!!!
さすがでございます……あと1曲、何だったんだろうなぁ(笑)。


ヤバイ。ここまで書いて予定外に長くなっちゃった!
さっくり記録だけ残そうと思ったのに……。
レキシのおじちゃんのせいだわ、絶対!!


ということで、その2に続く。
[PR]

by kazumi7311 | 2012-02-19 22:09 | Live Report

<< YATSUI FESTIVAL... ▲UP 在日ファンク/NONA REE... >>