無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 エレ片コントライブ『コントの人6』@吉祥寺前進座劇場   

3/18(日)。
年に1回のお楽しみ、エレ片コントライブ『コントの人6』昼公演に行ってきました。
a0023085_0182840.jpg
a0023085_0254463.jpg

昨年の『コントの人5』は震災後の計画停電の影響で11月に延期になり、それを待てずに名古屋まで観に行き11月にも改めて観ているので、なんか全然久しぶりな感じはしなかったですけどね。
さらに2月に『やついフェス』があったりしたので、チケットの売れ行きが芳しくなかったようで。。。
もはや「ポテンション」(テンションとポテンシャルを組み合わせた造語。いつ頃からか、チケットが余っている日=ポテンションが高い、という隠喩が定着してしまった)がどうの、というレベルではなかったようで、「修学旅行生が団体で来てもOK」な日もあったらしいけど……最終的には全公演完売だったようです。
直前に発表されたアフタートークで、西寺郷太大槻ケンヂサイトウ "JxJx" ジュン、やついこぶし(犬)(!!)なんていうおいしいメンバーを揃えたり、エレキマネージャー上田氏と片桐さんが激辛ペヤング(通称レッド、赤いフェラーリ)の2倍を食べるだけという、「レッドショー」があったりで、かなり伸びたんじゃないかしら?とは思います。
私も、生こぶしを観に行こうかと思ったくらいだもん(笑)。
私が行った日曜昼公演は、もともとポテンションが低かったため、何もなかったのが残念です。。




アフタートークがなくても、レッドショーがなくても、思う存分笑ってきましたよ!
今回は全体的に、サービス精神たっぷりな印象でした。
テーマ曲が、長年おなじみだった小宮山雄飛くんのものから、JxJx作の新しい曲になったこともあってか、新鮮な感覚で観れるコントが多かったような気がします。
出山とか、シトラスラベンダーとか、おなじみのキャラが出てこなかったからかな?
最初のコントの、ちょっとシュールな感じとか、新鮮だったなー。
全体の構成が(一応)謎解きになっている作り、好きです。
あと、セットが立派だった!すごい!!

でもまぁ、安心できる「くだらなさ」は健在で、さらに磨きがかかってる感じでしたよ。
やっつんのヅラのバリエーションも楽しかった(笑)。
ソフトスーツにセカンドバッグを持った、ガラの悪い人役のヅラが、なんかもう、いるだけで笑えた!!!
オールバックだけど、襟足だけ長い、みたいな。

あとは、仁さんの顔面の威力に圧倒された!!
進と仁子のコントでの、悪魔に取り付かれたような笑い……夢に出てきたら絶対うなされる!!
その時のパンチラ(赤)も、夢に出てきたらうなされる!!

そんな中では、やはり「エレ片のトシちゃん」こと、今立はかっこよく見えちゃうよねー(^^;
スパンコールまみれの真っ赤なスーツに身を包み、エセタップダンス&トランペットを披露してキメポーズをしても、なんとなく受け入れられちゃうしねー。
カーテンコールで披露された、仁さんが演じる「アッツアツのフライパンの上(byやっつん。この表現でおなか痛くなった!)」で跳ねてるようなタップダンスに較べると、さすがトシちゃん(爆)。

あと、「エレ片のコント太郎」のリスナーにはうれしいネタがいろんなところにあって、ニンマリ。
「HIPHOPに替えよう!」にちなんでの、仁さんによる開演前のラップ調のアナウンスとか。
「突然レッツゴー!」の今立の名フレーズ「レッツゴー!」とか。
「違う違う、そうじゃ、そうじゃない」のフレーズとか。
仁さんが愛犬モモちゃんの首を噛んだ話とか。
……嬉しすぎて過剰反応してしまった(笑)。

幕間の映像も、小島小鳥写真集「未来ちゃん」オマージュの撮りおろし、すでに懐かしくなってた昨年8月開催の「パンツ見たいなぁ選手権」の様子、そしてやっつんの愛犬「やついこぶし」のデビューなど、盛りだくさんでした。
こぶし、あの首まわりのぷにゅぷにゅ感がたまらんね!
そして、ちゃんと「分かってる」役者っぷり!
今後も「やついパパさん」を困らせながら、奔放に大きくなっていく姿を見ていたいな~♪

エンディングの銀杏ボーイズ峯田くんの『「きらきらいいにおい」の歌』は、そのままで、さすが、分かってるね!なんて思ってたら、最後にサプライズが!!
仁さんが新人アイドル役のコントで出てきた曲が、まさかの実演!!
歌詞は「どんだけバスに乗るのが面倒なんだよ!?」って曲だったけど、間近で歌って踊ってくれるだけでも、キャーキャーものでした(笑)。


ネタがどうとか、ここのこの感じがどうとか、細かいことはまぁ、いいかなーと思います。
正直、オチとかあんまり覚えてないし(^^;
覚えているのは、あの空間にいて、何百人ものお客さんと一緒に、声を出して笑ったこと!
家でDVDで観ても面白いけど、生でたくさんの人と一緒に観るのは、その何倍も面白いと思う!!
何も難しいことを考えず、ただただみんなで笑えるのって、とても幸せだと思います。
そういうことに一生懸命なところに、エレ片の心意気を感じたりもしました。

今回、一番早い先行でチケットを取ったためか、とんでもなく良い席が取れてしまい、うれし恥ずかし状態でした。
3人が女装してるコントでは、だっつんはキュロットだったので良かったんだけど、スカートが揺れるたびに「やちこ」(←妹が自分と同じ名前で変にドギマギしてたw)と仁子のパンチラが……。
あとは最後のコントのお約束、進と仁子のチューを間近に観ることになってしまい、視線をどこに向けたら良いやら……私、人のチューをこんなに間近で見たの、初めてかも!?
唾飛ばしまくってしゃべってるので、こっちに飛んでくるんじゃないか、と心配したり。
背中を叩く強さがハンパなくて、こりゃ本気だ!と思ったり。
かぶりつき席を堪能してきました!
ただ、映像観るときは、首がしんどいので、プラネタリウムばりに席が倒れたら嬉しかったです(^^;


今年のエレ片はこれで終わりだけど、7月にはエレキコミック発表会が!!
仁さんがいる・いないで、だいぶ雰囲気変わるけど、これもぜひとも笑いに行かねば!!

ちなみに、前進座劇場、来年1月で閉館することが決まっているそうです。
異常なテンションで駅までの道を辿る3人に思いを馳せながら、この劇場に来ることもなくなるのかと思うとちょっとさびしいですね。。。
a0023085_026250.jpg


【お土産】
今回は、オリジナルマグネット付箋を買ってみました。
似てるのか似てないのか定かではない似顔絵ですけど、付箋部分のイラストがかわいい♪
もったいなくて使えないけど。。。
あと、最後に舞った紙吹雪、1つだけ拾ってきました(笑)。
ちゃんと桜吹雪だー!
a0023085_0262733.jpg



【余談】
終演後、新宿タカノのショートケーキ食べました。
鉄板のウマさ!!!
a0023085_026312.jpg

[PR]

by kazumi7311 | 2012-03-21 00:06 | Live Report

<< ドルマンスリーブカットソー ▲UP YATSUI FESTIVAL... >>