無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 レキシ『レキシでも金』   

5/2(水)。
レキシのワンマンライヴ@リキッドルームに行ってきました。
連休はざまの平日、しかも大降りの雨の中、「満員御礼」の張り紙が出ていました。
池ちゃん人気、ハンパない!!
そのため、整理番号順に並ぶのも大混雑!ドリンクカウンターも大行列!
いつもは関係者席になることが多い奥のスペースも、一般開放されてました。
ドリンク取り損ねたままその段差ありスペースに陣取ってしまい、喉がカラッカラに乾いてしまった私たち……それほど大声で笑い続けてしまったのです。
想定内ですけど……想定以上に楽しかった!!




15分押しで、ライヴスタート。

本日の【レキシバンドメンバー】
  • Ba:ヒロ出島(山口寛雄)
  • Gt:健介さん格さん(奥田健介 from NONA REEVES)
  • Piano&Cho:元気出せ!遣唐使(渡和久 from 風味堂)
  • Dr.:蹴鞠chang(玉田豊夢)
(from レキシオフィシャルサイト

池ちゃんは正装(羽織袴)、バンドメンバーは黒のはてぃ姿。
1曲目のGood bye ちょんまげから、長い長い!!!
おそらく、1曲で15分くらいやってました……想定内です(笑)。
池ちゃんも「今日、アンコール含めて12~13曲しかやらないから!」と宣言……想定済みです(^^;
そして1曲目からメンバー紹介。
蹴鞠chang
「(ソロでスティックを回すと)そんなの初めて観た!いきものがかりに行ってから変わった……」
ヒロ出島
「本日から“マジデジマ”(回文)に改名」
元気出せ!遣唐使
「(被っていたストローハットに)夏先取り?ピアノとか言って、ホントはこっち(中央)で歌う人ですからね、こっち(お金のジェスチャー)が……」
健介さん格さん
「(NONA REEVESの)ヴォーカルの人がマイケルで稼いでる」
……なんて紹介が繰り広げられ、ギターのオッケンさん、中央に出てきてのソロ!
池ちゃんと向かい合って膝をつき、まるで雨乞いの儀式!?
もう、1曲目から笑いすぎだー!!

続いて妹子なぅ
ポップで切なくてちょっと笑えて、大好きな曲。
知ってはいたけど……このバンド、凄まじくカッコよくて、改めて感動してしまいました(^^;
あと池ちゃん、歌上手くなったよねぇ。。。

早くもスペシャルゲストシャカッチ登場!
キラッキラの仮面舞踏会用のマスク?みたいなのを着用、それ以外は、ちょっと高い位置に抱えたギターとか、ド派手なパンツとか、フツーにノーマルなタカシくん(笑)。
昔から、池ちゃんとシャカッチの絡みは、ホントただのイチャイチャですよねぇ。
ほのぼの。
シャカッチ登場なら当然、Let's 忍者!!
途中の演出でスモークがたかれ、本気で煙でシャカッチが見えなくなって笑った!!!
そして、「強引」というワードに反応し、鍵盤に手を置いて準備をする遣唐使を「びくつきすぎ!」といじりつつ、何度も「強引」以外のワードで引っ張りつつ、ペリーダンシング!!
かーっこいいー!!
シャカッチのこういうギター、大好き!!アコギよりこっちのほうが、私は断然好き!!
まさにバタ犬っぽいなー……なんて思っていたら、「あれやっちゃう?」とFUNKYウーロン茶のフレーズを弾き出す池ちゃん!!!
わーん、感涙☆
無条件に飛び跳ねてしまう私は、すっかりしっかりバタ犬が沁みついているオールドファン。。

シャカッチがはけて「次はだれかなーって思ってるでしょ?でも出てこないよ、俺が歌う!」と言って、ほととぎす
バンドでやるのは初めてだそうで、珍しく「いっぱい笑うために、いっぱい泣くよ、っていう曲です」なんて説明してたっけ。
そのせいか、歌詞がしっかり届いてきて「あれ?こんなにいい曲だったっけ?」なんて思ったり。
遣唐使との歌の掛け合いが、優しく語りかけてくるみたいでした。

どげんか遷都物語はここだったっけ?
ホント、レキシの曲はいい曲ばっかりなのよ!!
なのにこんなに笑いっぱなしって(^^;


2組目のスペシャルゲスト、MC四天王(Bose from スチャダラパー)MC末裔(ANI from スチャダラパー)登場。
何だこれ?漫才か!?ってくらい、ツッコミ:MC四天王、ボケ:MC末裔&池ちゃんっていう綺麗な構図が……Bose、安心できる!!(笑)。
ていうか、ANIが自由すぎる!!(笑)。
そうだレキシーランド行こうを録った時は、実演することは想定せずに、再現不可能な感じで音を重ねてしまったりしたらしく……なんとPCで音出します宣言!こんな素晴らしいバンドがいるのに、半分カラオケ!
「まぁ、スチャはいつもカラオケみたいなもんですけど」って、いや、そうだけど(笑)。
あと、掛け合いのラップの歌詞が不安……てことで、池ちゃん特製カンペ登場!
スケッチブックをめくると「悲しいとき~」って……ネタ考えてきたんかい!?(笑)
MC四天王に「このままMCゲストで帰ってもいいんだよ?」と言われるほど長いやり取りののち、やっと曲スタート!!
盛り上がったーーー!!!
掛け声部分も、池ちゃんカンペ(ちゃんと歌詞も書いてありました)大活躍で大盛り上がり!
おおぐろまき=ららら、って分かりにくいけどな(爆)。

2人がはけ、「ここからは他力本願!」と宣言する池ちゃん(^^;
ずっとゲストが男子だったので、この辺で女子を……とあおりにあおって……登場したのは、柔ちゃんスタイルのやっつん!!
こんなことになってました!!
池ちゃんがアー写で着てたやつだと思われます。
あ、当日も楽屋で袖を通したのかな?(笑)。
ちなみに、「レキシでも金」というツアータイトル、当初は「谷でも金、レキシでも金」だったらしいのですが、谷さんサイドにバレたら怒られそうってことで外したところ、訳が分からないタイトルになってしまったので、あわててアー写で分かりやすくした、という経緯だそうです(^^;
「まさかあのお方が?」とあおりにあおったところに出てこなくてはいけないやっつん、「地獄じゃないですか!」と……確かに(^^;
しかも「楽屋に行ったらこの衣装だけ渡され、あとはよろしく、と言われた」そうです……ヒドイ、池ちゃん。。
仕方がないので、動画サイトで必死に技を勉強して、大外刈りの動きはマスターしたって、やっつん、偉すぎる!!
そんなやっつん、改め「やついちゃん」と一緒にやるのは、きらきら武士
やついちゃん、ちょこちょこ技を決め、「はいっ」「てぃっ」っていう短い返事をし、小沢一郎先生へのメッセージを伝え……挙句「うるさい!」と叱られ、大活躍でした!!
池ちゃん鍵盤ソロでは、鍵盤を支えてあげてました!
めっちゃ余談ですが、やついちゃんが曲に合わせて踊りながら手を左右に大きく振るしぐさ(よくDJでもやってます)が好きです(笑)。

やついちゃんがはけると、今度は足軽先生(いとうせいこう)を呼び込み、なぜか「いとうちゃん」と呼びかけてめんどくさがられる池ちゃん(^^;
「先生、っていうより親」だそうで、完全に甘えちゃってる……。
シャカッチも呼び込まれ(なぜか首からカメラさげて観光客風)、歴史ブランニューデイで先生の授業が始まるかと思いきや、「下剋上だ」と入ってきた、足軽先生の愛弟子:MC四天王。
「上が現役でやってるから、下がつかえてる」そうです(^^;
白はてぃに帽子でペアルックみたいだし、背格好もちょうど同じくらいだし、そっくりだねー、並んでると。
そんな3人を迎え、先生が「横揺れさせちゃうよー」と始まった歴史ブランニューデイ
CDと全然違う!!ホントに横揺れだー!!気持ちいいわー!!
なんすかね?音楽の種類はよく分かんないんだけど、ボサノバじゃなくて、カリプソじゃなくて……うーん、なんか南米っぽいというか、ビーチ感がある感じでした(謎)。
そんななか、池ちゃんとシャカッチは2人声と動きを揃えて「イヤーン」とかやってて……かわいかったです♪
そして「下剋上」のはずが、「やっぱり合うよねー」と気持ち良くなってしまった師弟2人。
何この茶番(笑)。

そして、本編最後の狩りから稲作へ
MC末裔とやついちゃんも呼び込まれ、全員で……なんだけど、予想はしてたが長い!!!
稲穂マン4号(3号はなぜか永久欠番)のMC末裔もグッダグダで、MC四天王に「20年以上ラップしてんのに、コール&レスポンス下手!」とダメだしされたり。
ツッコミが2人(先生&四天王)がいるせいか、安心しきって暴走する池ちゃん。。。
あまりにも長いので、途中でやついちゃんに「ここ2人(やついちゃん&末裔)、帰っていいですかねー?」と言われたり。
もーホント、やりたい放題!
キャッツとかリッツとかジャスコとか、なんでもあり!!
でもそれも、みーんなひっくるめて、めちゃくちゃ楽しかった!!
笑いすぎて、腹筋鍛えられた!!!
そんな楽しすぎるひとときのお写真
最後は、SEに合わせて、全員で右手を挙げてからの、大きなお辞儀をして、去って行かれました。
池ちゃん「アンコールでね」と言い残して(笑)。


アンコール。
まず1人で出てきた池ちゃん、「(いつもそうなんだけど)みんなトイレに行ってて、その間つなげ」と言われたらしい。
メンバー登場するも、ステージ下手にマイクを持って腰掛け、池ちゃんは遣唐使の鍵盤に座り、弾き語りで歴史と遊ぼう
池ちゃん!
真ん中にいる池ちゃんもいいけど、ガッツリ鍵盤弾いてる姿も観たかったので嬉しい~♪
メンバーがコーラスしてたけど……これがやたら上手い!
遣唐使は本職だけど、他の人たちも侮れないです。

「新曲やります、ってインタビューでも言っちゃったから」と、そのまま新曲やるのかと思いきや、なぜかレット・イット・ビーを弾き語りし始める池ちゃん。
そして、バンドがそれに合わせ始める謎の展開!
最終的には「レキシ~レキシ~新曲かと思えば(だっけ?)パクリ~」で着地(^^;
で、今度はホントに新曲LOVE 弁慶
「牛若!牛若!」ってとこだけ覚えればいいって言う池ちゃん。
ネタもだいぶ切れてきて、大変らしいよ(笑)。
この新曲、今までレキシではなかった感じのロックチューン!
健介さん格さんのギターがめっちゃ映える、疾走感あるあの感じです!(←分かるかよ、これで)
かっこ良かった~♪ 音源化希望!
そして最後は、再びゲスト全員を呼び込んでLOVE レキシ
長い長い3時間超のライヴは、楽しすぎるまま終わっていきました。。。
そして、喉の渇きに耐え切れず、混雑するドリンクカウンターでビールを一杯、ほぼ一気飲み!
とーってもおいしゅうございました(笑)。


終始笑いっぱなしのライヴだったけど、曲が何よりしっかりカッコイイことに、改めて気付かされるライヴでもありました。
「ゲストが出るたび盛り上がる」って若干拗ねてたけど(ていうか、盛り上げないとダメじゃん。。)、池ちゃんの歌だけでワンマンだって、私は全然いいと思う!
それだけ、楽曲も演奏も、カッコよかったんです。
そして、何このバンド!!
かっこいいわー!!!
あんな長い語りとかギャグ?とかが間に入って、いつ次に進むか分かんない状態でずーっと演奏し続けてるだけでもすごいし!
蹴鞠changドラムのライヴはちょこちょこ観る機会があったけれど、こんなにガッツリ気にして観たのは初めてだった気がするのだけれど……ちょっとー、カッコイイね!!
力強いのもいいけど、静かで優しいドラムがツボに入った!
色白でムキっとしてるのは、相変わらずだったけどねー(笑)。
健介さん格さんは、位置的にあんまり観えなかったんだけど(先日ガッツリ観たのでまぁいいか、と)それでも「ぽいなぁ」っていう音が聴こえるたびにニヤニヤしてしまいました。


ホント、楽しすぎる時間でした。
昼からやれば、もっと長くできるのに(笑)。
GWだしさー。
今度、レキシフェスでもやってくれたらいいのになー!

あ、さっきふと、どーでもいいことを思い出したんですけど……
MC四天王にも「お前ら、甘やかしすぎ!」と言われるほど、池ちゃんに優しいお客さんたち。
そんな私たちを、池ちゃん、「バファリンたち」って呼ぶことにしたそうです。
なんか、、、( ̄▽ ̄)


【2012.05.08追記】
RO69に兵庫さんのライヴレポ&写真あり。
忘れてたネタ多数(笑)。
ラスカル飼いたい!

【2012.05.09追記】
ナタリーにもレポが!
MC四天王が歌ったとこと、どげんか遷都物語の位置、記憶違いしてた(^_^;)
まぁ、楽しすぎたので、そんなこともありますよね?ね?
セトリ、載せときます。。。

01. Goodbyeちょんまげ
02. 妹子なぅ
03. どげんか遷都物語
04. Let's忍者
05. ペリーダンシング
06. ほととぎす
07. そうだレキシーランド行こう
08. きらきら武士
09. 歴史ブランニューデイ
10. 狩りから稲作へ
<アンコール>
11. 歴史と遊ぼう
12. LOVE弁慶
13. LOVEレキシ
[PR]

by kazumi7311 | 2012-05-03 12:04 | Live Report

<< ヨークワンピース ▲UP NONA REEVES@Bil... >>