無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2012(3日目)その3   

夕暮れのスピッツも観たかったなぁ、と思いながら、クロークで荷物をピックアップ。
SOUND OF FORESTへ。
今年は何日目にするかかなり迷ったんだけど、やっぱり森で真心を観たかった!
トリだしね!
ちょっと張り切って早めに向かったので、まだ森には狼がいました
曲は聴いたことあったけど、狼のかぶり物してるんだ!!
フロア(?)はもう大騒ぎ!
異様なほどの盛り上がりでした。
終わった後、野外だというのに熱気がムワムワしてた!!

a0023085_1882767.jpg
気付くと一気に日が暮れ、涼しい風が木々を揺らしてました。
真心ブラザーズ、この日はドラム:ビバさん、ベース:一郎くん、鍵盤:奥野真哉さんとの5人編成。
鍵盤、このところずっと、小川さんじゃないんだね。。。
サウンドチェック、バンドメンバーは本人たちが出てきてて、ビバさんと一郎くんでマイ・リズムっぽい曲をやってたので、今日はそっち方面かなー?と予想してたんだけど……全然違った!!
セットリストは朝が来た!ENDLESS SUMMER NUDE胸を張れアメンボどか~ん明日はどっちだ!空にまいあがれ、アンコールでKeep on smiling
ハッピーで切なくて、夏の思い出にぴったりの曲ばかりじゃないか!
5人でENDLESS~なのは、なんか新鮮でした。
「全力の手の振り、ありがとう」とYO-KINGさんが言ってたけど、私の周りで手を振ってない人いなかった!
フェスだと特に、みーんなで共有できてる感じが嬉しいんだよなー。
新アルバムからの曲も、シンプルなバンドアレンジがぴったり。
どか~んでは、「ロックの妖精」奥野さんがショルダーキーボードを持って舞い降りて大活躍!
明日はどっちだでは、ステージ上でお腹を上にしてひっくり返ってた虫が「負けねーぞー」でクルッと向き直った!っていう嘘みたいな話が(笑)。
そして「フォレストごと空にまいあがれー!」で始まった空にまいあがれ、見上げた空にキラキラ光る星!
木々が風でそよいでゆらゆら揺れて、聴こえるのは「たーいしたことなどなーいのさ」「僕はここにいるよー」
最高です!!

先週のソロライヴで、調子が悪そうだったYO-KING先生の喉も、この日は絶好調!
MCのしょーもなさも絶好調!(笑)。
「狼の中に入ってたの、実は僕です」とまで言いましたよ、ハイ。
「I need you」という言葉から、GO-BANG'Sが思い浮かんでしまった先生に、「あいにきて」「I・NEED・YOU!」のコール&レスポンスやらされました(応えちゃった勇気ある人になってしまった……)。
「この夏でまたひとまわりカッコよくなってしまった」という自己申告も、あながち間違ってないです(笑)。
格子柄のTシャツ、いつもながらハイセンス過ぎて良く分からなかったですけどね。
ちなみに桜井さんは、青いシャツにキャップで、何かの制服のように見えたのは私だけ!?
メンバー紹介も、フェスにしてはたっぷり。
奥野さんのニックネームが「ニゴやん」なのは、演奏の音が濁るからって……それは褒め言葉?
数年前にガリガリ君を食べて口の中から出血、それ以来食べていない、そんなスーパーキーボーディスト!って……素敵です、奥野さん。
一郎くんは「ニートみたいな格好して!」と叱られてました。
「テレビでオリンピック観戦してるおとうさんみたい。五輪ピックは観てる?」と聞かれて、「観てない。つけるとフェンシングとかで……」と、どんどん悪化する発言(^^;
桜井さんに「しゃべらせなければよかった」と後悔させるはめに……さすが一郎くんだ!
ちなみに、フェンシング団体男子、銀メダル取ってたよ!!
四次元ポケットでお馴染み、ビバさんのポシェットからは温湿度計が登場、ステージ上は31℃75%だったそうです。
フェスのトリなのに、なんて自由なんだ!!

アンコール。
ビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンは言いました、「人々を笑顔にするために音楽を作っている」……と、突然良いこと言いだすYO-KINGさん。
オレも一緒だからオレすごい、とか、結局はオレすごい話ではあったんだけどね。
若干ポカンとする会場……そして「桜井さんがおもしろい話で笑わせてくれます!」という無茶振り中の無茶振り!
桜井さん、なぜかカタコトの英語で話し始め……Keep on smilingに着地!!
がんばった!!
この曲、ハッピーで泣けちゃって、最高だった!
ギターのキーが意外と低くて、豪華なホーンズバージョンとも、シンプルにグッとくる弾き語りとも違って、バンドっぽい雰囲気が良かったなー。

「次はシーサイドで13時半とか?みんなもイヤ?見てみなよ、ずっと一緒に歩いてきた人が多いんだからさー」なんてYO-KINGさんが言ってたけど、うん、今後も夕暮れ以降でお願いします(笑)。
というか、夜の森の真心、最高です!!


こうして、あっという間に真心のステージも終了。
あっという間だったけど、これが体験できただけでも、来て良かった!ひたちなか。
そして最後の花火を、ゲートの近くで待ちます。
オレンジ色の大きなレモン型の月も、きれいだったなぁ。



今年の夏、終了。
楽しかった!!!


帰りはやっぱり、GRASSにいるよりゲートに近くて早く終わるLAKEやFORESTが快適。
GRASSだと、退場規制かかるしね。。
バス乗り場までえらい遠回りさせられたけど、それほど待たされた感もなくスムーズでした。
バス乗り場のスタッフのおじさんが大きくため息をついてて「大変ですね」なんて声をかけたり。
一大イベントだもんねぇ、ホントにお疲れさまです。

去年より1時間くらい早く勝田駅に到着。
土浦行きでも帰れるー空いてるーなんて、21時29分の電車に乗ったら、水戸で38分待ち合わせというトラップが!
後から来た上野行きに乗り換えるにしても、座れないし……と、そのままぼんやり乗ってました。
そういや、これ、前も経験したような。。。
ガッツリ観たライヴが少ないせいか、休憩が多かったせいか、割と元気に帰ってこれました。

しかし。
あんなにがんばって塗りたくった日焼け止めも虚しく、顔も腕も明らかに黒くなっている!!
そして、レギンスとスニーカーの隙間には、日焼けのラインがくっきりと!!
ちゃんとここにも塗ってたのに……ショック。。。
レギンスは、脚に張り付いてトイレも大変だし、もうやめよう、そうしよう。
日焼けと乾燥でバリバリしてる顔にまずはパック!……なのに、自分のを持ってくるのを忘れ、母に貰ったのはリフトアップ用(^^;
はぅぅ、これから頑張らなければ!!

負の遺産もありますが(^^;……今年の夏も、楽しかったなー!!!
[PR]

by kazumi7311 | 2012-08-07 15:44 | Live Report

<< ポーチ[pomme]その2 ▲UP ROCK IN JAPAN F... >>