無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 DJやついいちろう『PLATINUM DISCリリースパーティ』   

a0023085_23104550.jpg
10/3(水)。
DJやついいちろうPLATINUM DISCリリースパーティ@Shibuya O-EASTに行ってきました。
出演はこんな豪華な方々!
  • DJやついいちろう
  • NONA REEVES
  • 曽我部恵一BAND
  • SCOOBIE DO
  • Negicco
  • THE ポッシボー
  • エレ片
  • 危険日チャレンジガールズ!
  • HIDEBU & DJ UEVA
  • ヤリーパコパコ&ヒデキーパミュパミュ
  • シトラスラベンダー
エレ片以降はメンバーかぶりまくってます(^^;

10月から職場が変わり、平日夜なんてどうなることやら……と思いつつ、「危険日チャレンジガールズ!feat. Negiccoの新曲が聴けるよ!ノーナも出るよ!」と、郷太くん本人からツイッター上でプッシュされ、行けるかどうか全く分からない状況でもチケットを押さえてしまった私。
だけど、天は私を見放さなかった!(笑)
なんと今度の会社、水曜日はノー残業デーだって言うじゃない!
……ということで、雨の中、ちょっと前までの通勤経路を辿り、前の会社の目の前を通って、O-EASTに向かったのでした。
やっぱりまだ、こっちの方が安心感がある(^^;


ラジオでもポッドキャストでも、途中から「エレ片フェス」って明言しちゃってたとおり、エレ片チーム(エレキコミック&ラーメンズ片桐仁、作家のゴウ&川尻、エレキマネージャー上田)が大活躍!
「18時の開場からDJ始めて、開演までミュージカル?演劇?をやる」とポッドキャストで言ってたとおり、私が着いた18時45分頃には、サブステージで演劇が佳境を迎えていました(^^;
既にお客さん後ろまでびっしりで、場内大爆笑!
2階でのんびり観ようかな、と思ったら、2階はシャッターが降りてて、関係者席のみになってました……やっぱりチケット、「即完」じゃなかったからな(^^;

その壮大な演劇は、内容的には基本、ポッドキャストで繰り広げられたお話どおり。
DJをしていたやっつんが、クサイ国のクッサクッサー大王(川尻)の呪い?で4枚のMix CDに封印され世界にばらまかれてしまい、勇者イマダチが救出の旅に出る。
×××クッサー(ゴウ)やブラッククッサー(片桐)との戦いを経て仲間になり、協力してクッサクッサー大王に勝って、やっつんの救出に成功。
……したかに見えたが、再びCDが会場内(狭いっ)にばらまかれ、イマダチの旅は続くのであった。。。

舞台装置も衣装もない状態で、役者の演技力だけで勝負する、脚本・演出のやっつんが言うところの「つかこうへい的演出」まで実現!
まず出てくると、自分の衣装の説明をする、っていう本末転倒なことになってました(笑)。
ラジオの原ディレクターも×××クッサー女王役で声の出演を果たしていましたよ。

ここまでで開演前(^^;
ちょっとしか観れなかったのが悔やまれる……カンカンカンって口で言いながら見えない剣で戦ってたり、ゴウさんがクサ団子(お腰につけたくさい団子……まさかの桃太郎オマージュの話なのです。。)をエロく食べるのを観ての悲鳴とか、(会場入ったばかりで)音だけしか聞けなかったんだよなぁ。
しかし、開演前でこの充実度!すごいぞ!!


メインステージ、トップバッターは、出演が直前に発表になったSCOOBIE DO
久しぶりだー!!!
シュウくん、相変わらず煽る煽る!
モビーのアフロが真ん丸だ!

【セットリスト】
1 トラウマティック・ガール
2 おんな
3 ミラクルズ
4 TIGHTEN UP
5 Back On
6 夕焼けのメロディー

シュウくんが「DJやついいちろうPLATINUM DISCに入ってるTIGHTEN UP」って言ってて、そうだ、これはエレ片フェスじゃなかった!と思い出した、っていう。。。
「ミュージシャンじゃないのに4枚も出してる」とも言ってたな。
とにかく煽って煽って、踊らせて躍らせて、あっという間に会場の温度が上がった!
さすがスクービー。
Back Onでフロント3人がクルクル廻るのも、やっぱカッコいいや。
短い時間だったけど、完全にテンションが上がりきった状態になってしまいました。
はー、楽しい!!


メインステージが転換中の繋ぎとして、サブステージでは演劇の続きが行われていきます。

「7時過ぎに来た人に説明すると~」と勇者イマダチがあらすじを説明してくれてたんだけど、だんだんめんどくさくなってきて投げやりになっていくのも、見所のひとつでした(笑)。
まず登場したのが、HIDEBU & DJ UEVA。
あれだけ「つかこうへい的演出」だったのに、「出演者」としてクレジットされている人たちは、しっかり衣装を着てなりきっています。
UEVA(エレキコミックマネージャー)、前に観たときよりも更に、いろんなものをこじらせてる感じでした(^^;
HIDEBU(片桐仁)はなぜか、カープの帽子を被ってた。
一応、HIDEBUとUEVAのフリースタイルラップ対決、ってことだったんだけど、何故か「お父さん」についてのリリック対決に。
HIDEBU、小6の頃に飲み屋にパパを迎えに行った時の悲しい話を披露していました。。。
そしてなぜか、1枚目のCDをもらってしまうイマダチ。。。


次はアイドル、THE ポッシボー
今回の出演者の中で唯一、全く予備知識がないアイドルちゃん。
衣装から覗くお腹の腹筋がすごくキレイで見とれてしまったよ(笑)。
元気いっぱい、かつ、ポジティブ、かつ、キレキレのダンス、かつ、舞台慣れしてんなー!!
19歳とは思えないほど、しっかりしてるわぁ。
ファンの方々も大勢いらしていたみたいで、コール&レスポンスも完璧。
この日は、メンバーの橋本愛奈さんの20歳の誕生日だったそうで、やっつんがバースデーケーキを持って登場。
その時、サイリウムを付けてお祝いしてください!と、有志の方たちが入口でお客さんにサイリウムを配ってました(そして帰りに回収もしてました)。
すごいね、こういうの!
初めて、ファンの熱い思いを身近に感じた気がしました。
彼女たち、ツイッターとブログをやっていることをめっちゃ強調していて、その後登場する曽我部さんが「ツイッターもブログもやってるので!」と真似っこしていました(笑)。


サブステージ、続いては、ヤリーパコパコ&ヒデキーパミュパミュ。
ヤリー(やっつん)のライヴを、彼女の大ファンのヒデキー(ゴウ)と、通りがかりのイマダチが観ている、という設定。
もちろん、ヒデキーは「ゴウゴウ、オレ、ゴウ」と言いながら登場(^^;
ヤリーは、エレキの発表会の時のネタをやってました。
○○に見えちゃう……もう、伏字ばかり、下ネタばかりだよ(笑)。
そしてヤリーが胸に入れていたので汗だくになってしまった2枚目のCDを、イマダチゲット。


メインステージ、続いては曽我部恵一BAND

【セットリスト】
1 キラキラ!
2 トーキョー・ストーリー
3 ロックンロール
4 テレフォン・ラブ w/ やついいちろう
5 青春狂走曲 w/ やついいちろう
6 魔法のバスに乗って
7 STARS

ソカバンも、やついフェス以来かな?
めちゃくちゃ良かった!!!
熱くなって、歌ったり叫んだり飛び跳ねたり。
トーキョー・ストーリーで思いっきり叫んだり。
テレフォン・ラブで大声で歌ったり。
ロックンロールで曽我部さんが太鼓(っていうか、ドラム?パーカッション?)叩いてて、そのグルーヴ感もとても心地よかった。
魔法のバスに乗ってが胸にしみたり。
ソカバンって刹那感があって、それがなんか愛おしくなっちゃうんだよな。
ヤリーも参加してる写真が曽我部さんのサイトに載ってるー!!
そして曽我部さん、アイドルに負けじと(?)ライヴ終わりに物販に立ったのでした。


続いてのサブステージは、シトラスラベンダー。
これはエレ片コントの人6のネタだよね?
思いっきり綴りを間違う「サタデーナイト」と、aikoリスペクト曲を披露。
やっぱり、だっつんツッコミはキレキレでした!
そしてここでも、3枚目のCDをゲットする勇者……集めるの、簡単すぎじゃね!?(笑)


メインステージにはNegicco登場。
この日のための新衣装は、白と緑のネギをイメージしたものだそうです。
「こんにちネギネギ」「こんばんネギネギ」と挨拶する2人に対して、kaedeちゃんだけ超フツーのテンションで喋ってるのがまたイイですね(笑)。
会場には、エレ片3人ももらった、あの「ネギライト」が光ってました。
ホントにネギに見える!!!(笑)
それにしても、Negiccoの曲はなんていい曲なんだ!!!
アイドルソングとかそういうジャンル関係なく、ホントにカッコイイ。
私は圧倒的なスタイルしか知らなかったんだけど、もっと聴きたくなっちゃった。
その圧倒的なスタイルでは、ネギを会場に投げ込む3人。
夕飯にしてください……とのことだったけど、渋谷をネギ持って歩くのも、なかなかレアな体験になるわね。
そして、ステージ上の3人に合わせて、ファン同士も肩を組んでのラインダンス!
すごいね、盛りだくさん!!
曲が良いだけじゃなく、こんなにもお楽しみがいっぱいの曲なのか!
Negiccoちゃん、応援したくなっちゃいました。


そしてサブステージも最後のパートに。
再び、「つかこうへい的演出」での寸劇スタート。
……なんだけど、なぜか仲間はずれにされて泣きそうになる仁とか、クッサ大王川尻のスニーカーの臭いを嗅がされ、本気で涙を流す今立とか、脱線に脱線を重ねてるとしか(^^;
最終的には4枚目のCDも手に入り、やっつん救出成功。
メインのセッティングが終わらなかったので、カーテンコールでそれぞれが役について語ったり、ゴウさんのエロい団子の食べ方再演があったりで、最後はもうグッダグダ。
でも、めでたし、めでたし、で、この壮大なお話は終わったのでした。
ホント、壮大だったわー(笑)。


メインステージ、最後はNONA REEVES
ノーナ、6月以来だなんて、私としてはだいぶ空いちゃってました。
そうか!これが足りなかったのか!と気づいた訳です。。
この日のメンバーは、ノーナ7。
今回はベースがシゲじゃなくてスッティ(27歳・丑年)、そして真城さん、冨田さん、松井くんの7人。

【セットリスト】
1 YOU GET WHAT YOU GIVE
2 WHERE IS THE PARTY?
3 DJ!DJ! ~ とどかぬ想い ~ w/DJやついいちろう
4 LOVE ALIVE
5 AUGUST

今回も、コール&レスポンスは郷太くんが丁寧に説明してました。
1曲目がいきなり英語詞のカヴァー曲で、知らない人はちょっとポカンだったかも……なんだけど、どんどんフロアの温度が上がっていくのが分かるようでした。
DJ!DJ!のやっつんは、うろうろしてただけだけど、そうだ、ラジオのDJでもあるんだな!
サビ前で、ラテンっぽいリズムが挿入されていて、なんか新鮮!と思っていたんだけど、これはLOVE ALIVEの前フリだったのかな?
そのLOVE ALIVE、イベントでこんなに持ってくか!?っていうくらい、ものすごい盛り上がってました!
なんか嬉しい気持ちも相まって、本気で「イエス!」ってピースしたい感じ!
最後は、「エレ片の片桐くんのラーメンズの相方の小林賢太郎くんの舞台の~」っていう、近そうな遠そうな説明を経てのAUGUST
どうしても小松さんの甘い歌声に釘付けになってしまうのは、許してください。
短い時間だったけど、めっちゃ充実した時間でした。
ノーナ、補給しました!
そして郷太くんも、曽我部さんに負けじと物販に立ったのでした。


会場左右のスクリーンには、危険日チャレンジガールズ!の紹介VTRが映し出され、いよいよキケチャレ新曲発表のお時間。
最初のコンセプトとはだいぶズレてるよね……みんな忘れてる「ますんく」の存在(笑)。
FUNKY FUN!!!はちらっと流れるだけでも、歌っちゃってる人多かったな……そして何故かサセ丸で起こる笑い(^^;

そしてついに!
危険日チャレンジガールズ!feat. Negiccoのニコらス!初披露!!!
かっこいいぞー!!!
Negiccoちゃんたちのキュートな歌声とダンスに、最高にわちゃわちゃしたパーティ感。
「ニコらス!」「よろしくおねがいします!」って大きな声で叫んだよ!
あと「ニコラス・ケイジ」も(笑)。
最終的には、スクリーンにニコラス・ケイジが映し出され、仁さんに「似てるー」って言う、っていう。。。
そのくだらなさが最高!!
めちゃくちゃエレ片っぽいわー。
1月のリリースが待ち遠しい!!!


最後は、出演者全員でのセッション。
曽我部さんがこの日のために曲を提供してくれ、さらにそれをライヴレコーディングしてリリースしてしまう!っていう、とんでもなくスペシャルな企画。
こんなメンバー、この日限りだし、それにお客さんも一緒に歌えるなんて、ホント、最高だー!!
しかし、主役のやっつんは、なんと11時からの生放送があるなんて……。
時、既に10時すぎ……サビだけちょっと練習して、1発本番で録音スタート。

演奏はソカバン、他の出演者たちは、ヴォーカリストたちはそれぞれソロあり、バンドメンバーたちは、スタンドマイクに向かって歌います。
小松さんとオッケンさんが1つのマイクに向かって歌う姿がちょっと可愛い。
小松さん、オーバーアクション気味に手を振ってる……ノリノリじゃないか(笑)。

同じ空を見上げた~♪ 東京の空を見上げた~♪
このサビのところ、みんなで歌いました。
ひょえー!!なんかすごいの取れちゃったんじゃない!?
ホント、感動的な瞬間だったな。
来てよかった。


なんと、アンコール!
時間が全然ないのに、DJやついいちろう、戻ってきました!!!
1曲だけ、と言って、小室さん公認のアノ曲survival dAnce ~no no cry more~!!!
ちゃんとしゃがんで、復興しましたよ!!!
1階の後ろまで、全員がしゃがんで立ち上がって手を振る光景、壮観でした!!!
楽しすぎ!!!
「なにこれ?」とか言ってる人たちも、どこか楽しそうだったな~。
そういえばこれ、DJやついのイベントなのに、DJしてるの、これ1曲しか聴いてないな(笑)。


サブステージで余興(?)があったので、休憩なしで4時間半!!!
全く飽きずに、ずーっと楽しさが持続する、とんでもないイベントでした!
身体はすごい疲れてるのに、楽しさが上回っちゃってて、もっとずっと観てたい!!!って思いました。
この後すぐ生放送だなんて、やっつん、働きすぎだよ(^^;

最後の最後、なんとやっつんから重大発表!!!
来年2013年6月22日、2回目になる「やついフェス2013」開催決定!!!
さらに規模を拡大し、渋谷の街をジャックするとのこと。
やっつん「次はTMネットワーク呼びたい」って言ってた(笑)。
もう、楽しみでしかない!!!


【追記】
ナタリーのレポには写真がいっぱい!
思い出し笑い……にやにや。ぷぷぷ。
[PR]

by kazumi7311 | 2012-10-05 00:19 | Live Report

<< NONA REEVES pre... ▲UP 3泊4日山陰山陽の旅(エピローグ) >>