無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 NONA REEVES presents WAW 2012 -We Are the World-   

10/10(水)。
NONA REEVES主催のイベント、『NONA REEVES presents WAW 2012 -We Are the World-』@Shibuya O-WESTに行ってきました。
久々のWAWは、前回(正しくは前々回ですね。。)開催時のゲストGREAT3との2マン。
片寄さんは「前回出演してから9年半活動休止したので、また呼ばれたってことは、また休むことになるかも」と言い、郷太くんは「GREAT3が休んでたから、このイベントも休んでいた」と言い……。
「廃れかけたイベント」(by郷太)が復活するにはもってこいのゲストですね。

19時半開演だったので、19時開場だとばかり思い込んで「開場に余裕で間に合う!」と喜んでいたら、なんと18時半開場でした……。
なんか残念(^^;
GREAT3ファンの方も多かったからか、いつもよりも大人な方もちらほら。
男性率も高かった気がします。


10分押しで、19時40分スタート。
まずはGREAT3。
片寄さん、白根さん、そして再始動後加入したヤンくん。
ヤンくん、ベース始めて半年って、なんだそりゃ!?
「出たての頃のジョージハリスンみたい」って郷太くん言ってたけど、雰囲気あってかっこいいんだー。
絵になるって、こういうこと!?
口下手らしいんだけど、喋ると可愛いし、何よりベース弾きながらニコニコしてて、それがもうたまらん(笑)。
その3人に、サポートは、鍵盤が堀江博久さん、ギターが長田進さんのベテランチーム。
「休んでる間に大出世」と言われた堀江さんは、いつの間にあんなに白髪になったんだ!?
でもそれもかっこいい(先生!って呼ばれてたね)。
長田さんのギターは、しばらく聞かない間に、とんでもないことになってた!!
「味がある」とか「色っぽい」とか、言葉を重ねても表現するのは無理!
とにかくいい音。
長田さんそのもの、っていう感じがしました。
まさにスーパーギタリスト!!
ベース始めて半年のヤンくんと、超ベテラン勢が一緒に演奏してるバンドっていうのも、フレッシュだー。

片寄さんは、かっこいい人生をずっと歩いて来た「かっこいい」の貫禄がにじみ出てた(笑)。
GREAT3、前のイベントでも見逃していたので、バンドとしてちゃんと観るのは意外にも初めて。
「今作ってるアルバムからもやりたかったけど、時間がなくて準備できなかったから、昔のをやります」と、懐かしい曲をたくさんやってくれました。
Oh Babyとか、Fool & the GangとかDISCOMANとかLittle Jの嘆きとか、やってくれたよねー?(タイトルが合ってる自信がない……)
もっとオシャレ路線な音なのかと思いきや、かなりロック。
ドラムの白根さん、パワーヒッターだねー!
そこにまさに「ロック」な長田さんのギターが乗れば、そりゃ当然か。
片寄さんの歌が艶っぽいので、湿気がある濃密な雰囲気になるのも、また大人っぽくてかっこいいんだー。
ノーナは歌詞的にも、こうはならないんだよね。カラッとしてる。
夏に配信でリリースしたシングルレイディもやってくれたんだけど、これがまためちゃめちゃカッコよくて!!
このメンバーで作った11月に出るアルバム、これがまた最高らしいので、ワクワクしながら待ちます♪
夏フェスには出たけど、ライヴハウスでやるのは再始動後初!
片寄さん、「楽しい!」を連発してました。
観てるお客さん、全員楽しかったに違いない、濃密で楽しいライヴでした。


対バンイベント、2マンは特に、どちらもたっぷり観れるのですごく良いんですけど、やっぱりセットチェンジが長く感じちゃうんだよねぇ。
先週はサブステージがあったり、堂島くんとの2マンはほぼセットチェンジの必要がなかったり……最近そういうのなかったしね。。
でも前回前々回?)のWAWも、ここWEST(改装前だけど……)でそこそこの待ち時間があった記憶が……組み立てるの見てるの、楽しくはあるんだけど、30分はちと長いかな(^^;


21時10分頃、バック・トゥ・ザ・フューチャーのテーマに乗せて、NONA REEVES登場。
先週と同じく、ベースがスッティのノーナ7でした。
(ノーナ3、冨田さん、真城さん、いーちゃん、スッティ)

【セットリスト】
01 THE POWER OF LOVE
02 REVOLUTION
03 I WANT U BACK
04 重ねた唇
05 Just The Way You Are w/片寄明人
06 DAYDREAM PARK
07 Hey, Everybody!
08 DJ!DJ! ~ とどかぬ想い ~
09 LOVE ALIVE
10 NEW SOUL

【EC】
01 AUGUST


登場した瞬間から、とにかくご機嫌なのが手に取るように分かるメンバーたち。
あんまり“笑顔”っていう笑顔を見たことがないオッケンさんも、たくさん笑ってました。
郷太くんは、いつも以上にしゃべりまくり&シャウトしまくりだし。
「明日はレコーディングだけど、ギター録音の日だから!」と、最後には声がひっくり返るほどシャウトしまくってました。
楽しくて楽しくてたまらないのが伝わってきて、私も楽しかった!

1曲目のTHE POWER OF LOVE
冨田さんの「ズンチャンズチャンズチャンチャズンチャ」っていう鍵盤(→謎?)が強調されてて、アナログ感あって好きな感じ。
REVOLUTIONからのI WANT U BACKで、脳内麻薬が噴出してるのを感じてしまった。
クラックラして、ふわっふわして、お腹の下から楽しいっていう気持ちが湧き出していて、爆発しそうだった!!
久々の重ねた唇、これを持ってくるあたり、大人仕様なイベントってことかな。


片寄さんを呼び込んでの、Just The Way You Are
1996年に渋谷公会堂で行われた「トリプル・トリッパー」というイベントで、GREAT3、PLAGUES、THEATRE BROOKがセッションしてるのを、郷太くんは客席で観ていたという、思い出の曲だそうです。
PLAGUESは他の組だったから歌ってないよ、とツイッターで深沼さんが言ってたけど。。)
「当時この曲は(ダサさ方面で)ヤバかったけど、今、ヒューイルイス1曲目にやってるんだもんなー」と片寄さんに言われた郷太くん。
「ノーナは何でも早いんです!」と答えてました(笑)。

郷太くん、真城さんと片寄さんの間で歌うのも伝説になっちゃう、って言ってたけど、2人の呼吸はまさに阿吽の呼吸。
雰囲気あるんだよなー。
そこに郷太くんが加わると、どんどん話に花が咲いちゃって、ずーっと聞いてても飽きない感じでした。
「お馴染みのあの話する?」と、片寄さんが語ったのは、高校生の時の、真城さんとの出会い。
真城さんが【手裏剣柄】のスパッツを履いてるのが気になって声をかけた片寄さん。
真城さんに「千鳥格子柄よ!」とバシっと叩かれて、それから仲良くなったとか。。
……なんか私でも聞いたことがあるような、ホントに有名な話だわー(笑)。

あと、「Chocolat&Akitoの片寄さんは怖くないけど、GREAT3の片寄さんは怖い。電話で誘うとき、手が震えた」という郷太くん。
真城さんも「GREAT3再始動してからは、ツイッターでも話しかけないようにしてる」とか(笑)。
「サンボマスターの子たちに会った時も、ブルブル震えられちゃったんだよねー」という片寄さん。
やっぱオーラが違うんだろうか!?……なんとなく、分かるような気がしなくもないけどね。

もちろん、曲も良かったです♪
片寄さんと郷太くんの歌は全然違うけど、重なるとすごくいい感じ。
メンバーを見回して、頭を下げたり頷いたりする片寄さんに、嬉しそうな笑顔を向けるメンバー。
真城さんと片寄さんのハーモニーも、こりゃまた絶妙。
片寄さんがはけてから、「ヤンくん来なかったな……片寄しか来なかった」と残念そうな真城さんが可愛いかったです(笑)。


ここからはノンストップダンスタイム!!!
DAYDREAM PARKHey, Everybody!だけでも、顔が歪むほど笑いながら踊って頭クラクラなのに、先週のやついリリパと同じくDJ!DJ!がサビ前に「チャチャチャチャチャチャチャッ」っていうラテン調のフレーズが入って、サビで爆発する準備をさせてくれるバージョン。
これ、めっちゃアガるわー!
で、LOVE ALIVEになだれ込んだら、息もできないほどの高揚感!!
郷太くん、「恋人たち……タッチタッチタッチ」では、オッケンさんの肩にタッチしてました(^^;
「エクスペンダルズ!最強の傭兵部隊ーー!」とメンバー紹介。
冨田さんに「もっと!もっと!」と、いつもより長いソロを要求。
「これがグルーヴやー!!!」って、シャウトする郷太くん……最高のグルーヴやー!!!

そして最後は、これも久々、NEW SOUL
この光景を忘れなければ大丈夫。
拳を掲げて、みんなの祈りが大きな力になる。
そんなことを恥ずかしげもなく言いたくなっちゃうこの曲。
めちゃくちゃ楽しすぎて、また泣いちゃいそうでした。


アンコール。
「ノーナTシャツ、ショコラさんに可愛いっていわれましたー!」と、グッズの宣伝に余念がない郷太くん。
夏フェス限定だったバッグも追加生産したそうで、これまた可愛いんだけど……袋ばっかり集めても仕方ないので我慢です。。
あと、ファンクラブ向けCD「フロクリ11」も発売すると言ってたけど……私、届いてないんだよな。。
お問い合わせしてもスルーされ続けちゃってるし……と、若干ブルーな気持ちになってしまった(^^;

そして最後の曲、AUGUST
今日もまた、小松さんの甘い声が~(笑)。
オッケンさん、最後のギターソロで飛んでた!!!
それを観れただけでも、このライヴの充実度が分かる気がしました。
やってる方も、心底楽しかったんだろうなー。
そんなライヴ、心底楽しくないはずがないじゃないか!!!


ということで、めちゃくちゃ楽しかったです。
GREAT3も、もっとちゃんと聴こう!
歳を重ねて、昔よりももっとずっと好きになる予感がします。

ノーナもニューアルバムのレコーディング中。
ホントに、ホントに待ちわびているんです!
期待して待っているので、早く……とはもう今さら言わないので、最高のモノ、よろしくお願いします!!!
12月のヒッピーで、聴けたら嬉しいなぁ。

そしてまた、次のWAWにも期待!!!
[PR]

by kazumi7311 | 2012-10-10 23:45 | Live Report

<< 簡単ピアス ▲UP DJやついいちろう『PLATI... >>