無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 NONA REEVES『ノーナとHiPPY CHRiSTMAS 2012』   

12/23(日・祝)。
毎年恒例のクリスマスライヴ『ノーナとHiPPY CHRiSTMAS 2012』@渋谷CLUB QUATTROに行ってきました。

このイベント、毎年クアトロでやり続けてなんと14回目!
そして私は2003年から参加してるので、なんと10周年(笑)!
10回目だというのに、やっぱり特別なこのライヴ。
リリースされたばかりの昨年のライヴDVD『HiPPY CHRiSTMAS/LiVE THiRTEEN』観てドキドキし、数日前から緊張し始める始末。
というのも、今年のノーナ、イベントは数多くあったけど、ワンマンは春のビルボード以来、そしてスタンディングのフルライヴは今年最初で最後!!
ヒッピーってだけでも特別なのに、そんな状況でテンションがおかしくならないはずがない!!
そんなに楽しみにしていたはずなのに、休みなのをいいことに、のんびりし過ぎて開場ギリギリに到着……そういう派です(^^;
いやー、それにしても、連休2日目の渋谷なんて、来るもんじゃないね!
人、多すぎ(泣)。

大きすぎる期待を胸に臨んだ今年のヒッピー。
そんな期待に応えてくれるのはもちろん、予想をはるかに超えて、ものすごかったです!!!
いやもうなんか、楽しいとか、感動とか、そういうレベルを超えてしまって、幸せすぎて泣きそうだったとしか言いようがない。
とにかく多幸感が満ち溢れてるライヴでした。




18時5分頃、開演。
今回もメンバーは、お馴染みノーナ7です。
  • NONA REEVES(西寺郷太・小松シゲル・奥田健介)
  • 冨田謙[Key]
  • 真城めぐみ[Cho/HICKSVILLE]
  • 村田シゲ[B/□□□・Cubismo Grafico Five]
  • 松井泉[Pa]

真城さんはシックなワンピ(ショートの赤髪がキュート!)、冨田さんは黒x白のギンガムシャツ、シゲは黒っぽいシャツ、いーちゃんは白地にカラフルな柄シャツ(バドミントンのユニフォームにありがちなカラフルな柄でした)、オッケンさんは赤x黒チェックシャツにロールアップデニム、郷太くんは赤x白x黒チェックシャツに黒ジャケットにデニム。
おや、ノーナは赤x黒系チェックシャツでお揃いなのか?と思いきや、小松さんひとり紺?黒?のシャツでした。。
オッケンさんは襟に、郷太くんはジャケットの胸に、今回のグッズの缶バッチつけてた(可愛かったな~)。

セットリストはこんな感じ。
01. HiPPY CHRiSTMAS
02. NNRブレイクダウン~サニーに捧ぐ~
03. GIMME GIMME
04. YOU ARE THE 'NO.NINE' OF MY LIFE
05. WARNER MUSIC
06. UNDERGROUND
07. STAY WITH ME
08. A-ha
09. I WANT U BACK
10. 重ねた唇
11. プリズマティック・レイディ~哀しみで目もくらみ~
12. JULIA
13. You Get What You Give
14. WHAT HAVE I DONE TO DESERVE THIS?
15. Weee Like It!(新曲)
16. LOVE TOGETHER
17. ENJOYEE!(YOUR LIFETIME)
18. NEW SOUL
19. THE GIRLSICK
EC
01. LAST CHRISTMAS
02. 休もう、ONCE MORE(新曲)
03. AUGUST

改めて並べてみると、22曲もやってくれてたのか!
体感的には「えええー、もう終わり!?早すぎない!?」っていう感じでした。
恒例の01で始まり、02、03で早速大盛り上り。
どのアルバムからもまんべんなくやる、と告知されてたとおり、04~07が90's、08~12が「もし解散するならメロウでマッチョな中・後期」の2000年代以降の曲、というようなコーナー分けがされてました。

90'sコーナーは、懐かしいやら可愛いやら楽しいやら!
久しぶりのYOU ARE THE 'NO.NINE' OF MY LIFEめっちゃ嬉しかったな~。
渋谷チェルシーホテルでの再発記念ライヴの情景が、今でもはっきり思い浮かんでしまう。
UNDERGROUNDの小松さんとのハーモニーも大好き。
CDより格段に響きが美しくなっている気がするよ。。。

2000年代以降の曲は、そりゃーもうカッコよさが半端じゃなくて!!!
マッチョ系なA-haは、オッケンさんギターばかりをガン見ですよ(笑)。
かーっこいいー!裏で鳴らしてるあの音が耳から離れないー!!
ヤバイ、今も顔がにやける(^^;
I WANT U BACKでは、髪が短くなったいーちゃん、それはヅラなのか?っていうくらい髪を揺らし、ヘドバンしながら叩いているのが印象的でした。
しかし、いーちゃんの楽器、こんなに種類があるのか!って改めてビックリ。
あんなに豪快にノリながら、繊細に楽器を使い分けるいーちゃん、素敵です。
重ねた唇からプリズマティック・レイディのメロウパートは、もう!!
プリズマティック・レイディ、久々に聴いてもやっぱり大好き。
トミタさん!!大好きです(笑)。
そして、昨年のDVDを観て私の中で株が急上昇のJULIA
リリースされたばかりの時は、他の派手目な曲に隠れてあまり引っかからなかったんですけど、このひんやりした感触、カッコイイーーー!!!
大人のノーナ、堪能いたしました。

次は、今年発売されたカヴァーアルバム『Choice II by NONA REEVES』からの2曲。
今年は念願の夏フェスに出演、その思い出の曲にもなっているというYOU GET WHAT YOU GIVE
今年のノーナの1曲、といえば、やはりこの曲だと思う。
カヴァーだけど、限りなくオリジナルに近い感覚のこの曲。
今の日本で、この曲でこれだけ盛り上がってるのはここだけだろうな、なんて思うほど、会場には大合唱が響いてました……私は歌詞はテキトウだったことは内緒ですが(^^;
WHAT HAVE I DONE TO DESERVE THIS?も、真城さんパートとラップのパートが最高にカッコイイ!


ここで、メンバー紹介。
いーちゃんは「ノーナ楽しい、某バンドより楽しい」と生き生きとした表情で答えてましたけど、某バンド名はちょっと出しちゃダメじゃね?(笑)。
「シゲショットが多いとDVDの売上げが伸びる」と紹介されたシゲ、「印税は4%で」と言ってたけど、それだとほぼシゲの独り占めになってしまうようでした。。
オッケンさん、前日は坂本真綾さんのライヴで札幌にいて、最終22時40分発の飛行機に、2分前に着いて乗れた、というスリリングな展開だったそうです。
今日は悪天候で欠航も出てて、もし乗り遅れてたらやばかった、って……ホント、間に合ってくれてありがとう!!!
小松さんは郷太くんに「見えへん人もいるから前に出てきて」と言われ、センターマイクへ。
ここからは盛り上がって、狂っていくような曲をやるからと、何故か狂うお手本を自ら見せてくれることに!
「ワオワオワオ!」と全身で振りをつけながら狂う小松。。。
「カモン!」とお客さんにも同じ狂いっぷりを強要する小松。。。
苦笑いしつつ、思わずやってしまうお客さん。。。
たまに小松さん、こうなるよね……それだけ楽しかったってことでしょうか(笑)。


そんな「狂った」状態で、3月に出る待望のアルバム『POP STATION』からWeee Like It!
郷太くんとLiLiCoさんのラジオのテーマ曲としてもお馴染みのあの曲です。
ノーナのノーナらしさを追求していってゲシュタルト崩壊を起こした曲だそうです(^^;
言いたいことは分かるけど!……「崩壊したらダメじゃん」って小松さんのツッコミ、ごもっとも(笑)。
今回のライヴで言うなら、最近のメロウ&マッチョ路線というよりも、90'sのポップ路線ですよね。
最高にPOPで楽しくて可愛い曲です。

そしてここから本当に「狂った」後半へ。
LOVE TOGETHERも久しぶりで嬉しくて、思いっきり手を振って、ハンドサインして、歌って!
ENJOYEE!(YOUR LIFETIME)の、あの熱狂の渦!!
NEW SOULのあの、ナーナナー♪と拳を上げて歌うだけでも涙がこみ上げてくる感じ、一体何なんだろう?
最後の「静かに歩き出す あの日より遠い 俺たちのステージへ」の前の、あの一瞬の光景で、また胸がいっぱいになるんですよ。。
そして本編最後のTHE GIRLSICK
「39年間で一番喉の調子が良い、一番歌が上手い日」と言ってた郷太くんの美声が響き渡る。
あの熱狂のあとの、静かな熱狂。
やっぱりノーナ、最高だ!!


アンコール。
もちろん郷太くんは恒例の赤x白ボーダーセーターで登場!なんだけど、あれれ?もうひとりいるぞ!?
オッケンさんも着てる!!!
可愛い!似合ってる!!
今年の大阪ヒッピー、なんと郷太くん、このセーターを忘れたらしく……慌てて心斎橋に買いに走ったそうです。
でも「赤と白」の組み合わせはあまりなくて、やっと見つけたセーターも、ランダムなボーダー。。。
店主のこだわりらしいけど、余計なことすんな!という気持ちだったそうです。
そんな大阪発のセーターを着たオッケンさん、「チクチクしないし、すごく着心地いい!着て帰ろうかな」と言い出し、そして「これ着たら、リハの時より(例の曲を)やりたくなった」とまで言い出した!
「奥田もついにそっち側に!?」と焦る小松さんに、「着てみたら分かるよ」とオッケンさん。
来年からはもしかすると、3人の赤x白ボーダーセーター姿が見れるかも!?
……小松さん(暑がり)にセーターは拷問だ、と郷太くんが言ってましたけどね。

ということで、恒例LAST CHRISTMASを、初詣感覚?節分の豆まき感覚?で聴き、ある意味厄払い(笑)。
そして再び、新アルバムから休もう、ONCE MORE
アルバムタイトル『POP STATION』は、メンバーがTRAINなら、ノーナはSTATION。
色んなところでPOPを奏で、色んな音楽に触れて吸収して、ノーナというSTATIONに戻って奏でるPOP、という意味合いだそうです。
メンバー、曲、お客さん、みんなが集まったSTATIONがノーナの音楽、って素敵だなぁ。
そんなアルバムからの1曲は、3人がそれぞれボーカルを取る、可愛い感じもあるPOPな曲。
ハーモニーも絶妙。
この曲、めっちゃ好きかも!
今回披露してくれた2曲から予想すると、前作『GO』とはだいぶ雰囲気が違う、かなりPOPなアルバムになってるんじゃないかなー。
楽しみで楽しみでたまらないです!!!

そして最後はAUGUST
ダブルアンコールなんていう面倒なことはやめて、続けて演奏したらしい(笑)。
アコギというおもちゃ(?)を持って楽しそうな郷太くん、アコギのネックを使って曲をシメるのにハマったようで、何度も何度も繰り返し、その度に付き合ってしまう小松さん(^^;
オッケンさん、一足先にギター置いちゃってもまだその遊びは続き……仕方がないので最後は手ぶらでジャンプしてシメるオッケンさん(笑)。
そんな感じで、グダっと2012年のヒッピーは終わっていったのでした(^^;

客電点いても、前の方のお客さんは帰らず。
BGMとして流れるCHRISTMAS TIMEを、なんとなく皆で合唱していました。
この合唱までが、今年のヒッピーのような気がします。


毎年のことではありますが、ホントにヒッピーは特別なんです。
何なんだろう、この充実感は!多幸感は!!
能動的に「楽しむぞー!」って感じでもなく、勝手に幸せになってしまう不思議空間。
胸いっぱいになって、幸せな気持ちになって、勝手に涙が出てきちゃう感じ。
あっという間過ぎて、終わって欲しくなかったなぁ。

ステージ上のメンバーが楽しそうで楽しそうで!
ふと見ると、いーちゃんと冨田さんは見つめ合って(?)笑いあい、間に挟まれた小松さんまで笑っていたり。
シゲも真城さんもニッコニコしてたり。
オッケンさんもギター弾きながらニコニコしてたし、珍しく下手まで出て行ってたり、飛んだりのけぞったり!
そんなバンド、観てるだけで楽しいに決まってるよね。

この日は、BSジャパンのMusic Travelという番組で、ノーナの密着のカメラが入ってました。
私の目の前にいたカメラマンさん、郷太くんのMCに吹き出したりしてて、かなり楽しんでいた模様(笑)。
彼はほぼほぼオッケンさんソロショットばかりを撮っていたようだったんだけど、小さな液晶をチラ見するたび、ううーん、ファンが見たいのはそこじゃなくて……と突っ込んでしまいそうになりました(^^;
どんな仕上がりになっているのか、今から楽しみ!!!
ちなみに放送日は2013年1月21日(月)23時~です!!


ということで、私のクリスマスは終了、今年も終了です。
言い過ぎでも何でもなく、この1年、このライヴのために頑張ってこれたんだと思います。
こんな良いライヴにたどり着けて、本当に良い一年でした!
ノーナ最高!!!


a0023085_1765442.jpg
今年のプレゼントは缶バッチ!
ランダムに手渡されたので、私は去年のポスターと同じ柄でした。
ロゴのがよかったなぁ、、、なんて。
ちなみに、グッズの缶バッチセット、終演後は売り切れちゃってて買えず。残念!
そして、バッチの下のフライヤーは、来年3/31(日)にWAW開催決定のお知らせ!!
楽しみすぎる!!!
[PR]

by kazumi7311 | 2012-12-24 14:14 | Live Report

<< エレ片コントライブ『コントの人... ▲UP レキシ『ツアー~今回は遺跡に行... >>