無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 地球三兄弟ツアー2013「ここほれ三兄弟」@渋谷区文化総合センター大和田さくらホール   

2/28(木)。
地球三兄弟ツアー2013「ここほれ三兄弟」、ツアーファイナルに行ってきました。
場所は渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール
a0023085_203138.jpg
セルリアンの真裏のゴージャスなホール、真心弾き語り以来2度目です。
この日は急に暖かくなって、会社帰りに駆けつけたら、かなりアツアツになってしまいました。
「さくら」ホールですからね、春を呼んでくれたのかしらん(^^;

ツアーファイナルは、3人だけのアコースティックライヴ。
ステージ上も、お客さんも、椅子に座ってくつろいで楽しみます。
さくらホール、天井は高いし、音響も良いし、椅子もふっかふかだし、とても良いホールだと思うんだけど、椅子の背が若干高いんだよね。
ふかふか椅子に深く腰掛けてくつろいでしまうと、椅子の背が視界に入って、ステージ上に見えない場所が出てきちゃう。
男性には良いかもしれないけど、チビッ子女子にはもう少し低いとありがたいんだよなぁ。



19時ちょっと過ぎに開演。
「YMCA」でメンバー登場、そのままアースが「Y・M・C・A」の人文字を強要(笑)。
めっちゃ盛り上がってる!

この日の衣装は三人三様。
念願の、Oしゃんのオーバーオール姿が見れた!
スパさんは、ダンガリーシャツ&チノパン&テンガロン。
なんか新鮮!帽子かぶり慣れてない感じもとても良いです。
アースは、スーツに蝶タイ。
「一人だけ統一感がない」と言われ、「いやいや、このホールには合ってるから!」と反論してました。


ライヴは、すっごい汗からスタート。
セットリストは、バンドの時とほぼ同じ(順番もほぼ同じ)でした。
違った点は、
・カヴァー曲(Purple Haze、I Saw Her Standing There)がなかった
・アースが野ばら(奥田民生)を歌った
・Oしゃんが歌う真心カヴァーは空にまいあがれ
傷だらけのローラは終盤たかまりの間に(やらないと思った!)
ってくらい。
持ち曲少ないから、アコースティックだからって変えても意味ないっちゃーないですもんね。


「今日、やる必要あったんですかね?DiverCityで終わりで良かったんじゃないですかね?」と、のっけからボヤキが止まらないOしゃん(^^;
「なんか静かじゃない?ホールにのまれてるの?」とか、「サポートメンバーもいなくなって……予算、使い切っちゃったんじゃない?」とか。
いやいや、予算使い切ったとしても、照明も派手だし、アースはやはり1段高いところに座っているし、お立ち台も健在だし。
舞台は立派だよ?(真心の時はなーんにもなかったもんな……)。
そしてなにより、背後には「the Three Earth's Bros」の看板も光ってるし!
その看板は「アースが買い取って、自宅の屋根に取り付ける」そうで、「新幹線みたいに、トイレに入ると“the Earth”のところが点灯する」そうです……全部スパさんが言ってたことですが(笑)。

ホント、スパさん、めっちゃ自由だったんだよなー。
言いたいことを全部口に出しちゃってるみたいな状態で、後にリーダー・アースに「うるさーい!」と叱られることに。
あ、Oしゃんも叱られてたか(笑)。
あとスパさんは「いくらなんでも、行儀が悪すぎる!」と、アースに2度ほど、座り方を注意されていました。
座ってると疲れてきちゃうんだよね……じっとしていられない幼児か!?
とにかくもう、楽しくてたまんない、っていう気持ちが溢れ出てしまっているようでした。

そうそう、黒ラベル(缶の中身は麦茶、プルタブを開ける音はSEらしい)をグビグビ飲みながら、ボヤキまくるオーバーオールにテンガロンのOしゃんは、まるで「なぎら健壱」のようだとアースに指摘されてました。
確かに、そっくり!
テンガロンも、どうにも麦わら帽子みたいに見えちゃうんだよなぁ……やっぱり牧場主感漂ってる?

前回のドッキリが堪えたのか、「今日は誰も来てないよね?」と疑心暗鬼になっていたアースは、かなり遠い会話からも「本人登場」に怯えていました。。。
「アースは、たまにぶりっ子で、鼻にかかった声でレポーター風に話す時がある」と言うOしゃん。
あーそれ、あれだ!ってなんとなく分かるわー(この話題の後、普通にアースが喋ってる時に、その声を確認して、ざわつく客席……)。
「可愛く見られたい、という思いは否定できない」というアース。
「アースは“コンプレックス”があるからね」と言うスパさん。
「あー、今のとこ、奥野(真哉)くんいたら、絶対“BE MY BABY BE MY BABY”って出してたよ!」というOしゃん。
「え?え?まさかご本人登場とかないよね?脳天にシンバルキックとかないよね?もしそんなことになったら、“ふざけてすみません!”と全力で謝るしかないよー」と、怯えまくるアースでした。

そんな、前回ドッキリが仕込まれた「ガッツだぜ!!」ですが、今回もOしゃんがイントロを弾くたびに、立ち上がり歌いだすアースが観れました!
でもこれ、トータスのモノマネというより、「アースあるある」を歌う曲だったんですね。
どっちかっていうと、「本人登場」だったら、レイザーラモンRGがふさわしかった?
だけどアース本人は元ネタをあまり知らなかったみたいでした。


渚のボーナスでヴァイオリンを持ったアース。
スーツに蝶タイにヴァイオリン……確実に発表会スタイル!!
しかも3歳!とOしゃん(^^;
そんなアースに「なんか弾いて!」と無邪気にリクエストするスパさん(^^;
「何が良いかな」と悩みつつ、何かを弾きだしたアース……でもその曲は一体?
みんなの頭に「?」が浮かんだ時、「これは、西部警察のテーマ」と正解発表。
えええー?なぜにそのチョイス!?
リズムボックスでOしゃんが伴奏を付けると、おおお、なんかそれっぽくなった!
自由すぎる発言、自由すぎる選曲、自由すぎる演奏……素敵すぎる!!
ちなみにアース、押さえる場所の目安の黄色い線がないと、弾けないそうです(^^;


お互いのカヴァー曲では、バンドの時と若干曲が違ったのですが、大好きな野ばらが聴けて、本当によかった。
(民生アルバムの中で、一番聴いてる回数が多いのはFAILBOXかもしれない……)
そりゃーOしゃんの歌唱力には負けるけど、アースが歌ってもすんなり受け入れられちゃったのは、やはり三兄弟だからでしょうか?
Oしゃんが伴奏して、コーラスつけてるっていうのも、レア感たっぷりで良かった!
Oしゃんの空にまいあがれ、何度か聴いてるけど、自分の曲かよ?ってくらい、しっくりきすぎてる(笑)。
Oしゃん&アースのハモリも、何の違和感もない、いつもの感じ?(笑)
「空にまーいあーがーれー」の伸びやかな声!声出過ぎ!
気持ちよさそうだったなー。
そしてこちらは、スパさんがハーモニカで伴奏して、コーラスつけてるっていうのが、レア感たっぷりで良かった!

そんな大満足なカヴァー曲たちだけど、「ドキッ!名曲だらけの大運動会」ってスパさんが言い出し、「ドキッ!真心だらけの大運動会……真心だらけなだけに、誰も騎馬戦で帽子取らないの」ってOしゃんが対抗し……そしてなぜかサザエさんの次週予告の口調がスパさん内で流行し、「ドキッ!フネだらけの大運動会」とか言い出し、もはや意味不明、もはや収拾つかない状態に。
それでこそ三兄弟!
こんなダラダラゆるゆる、期待通りです(笑)。


「15公演、やりきりました!」というアースのナイスショット!傷だらけのローラのパフォーマンス!!
ナイスショット!は予想してました、アコースティックでもやれそうだし。
この日はパターは(飲んでお泊りするために電車で来たのかな?自前の左利き用ではなく)右利き用だったので、スパさん側を向いてたけど、顔を背けて絶対に目を合わせないスパさん(^^;
Oしゃんの「コンッ」っていう合図、乱れ打ちでしたねぇ。
最後だからやり尽くしたのかしら?(笑)

しかし、傷だらけのローラは予想外!
曲順的にも飛ばしてたので、やらないと思い込んでいたら、終盤で姿を消すアース。
「嫌な予感がしますが」なんてスパさんが言っていると、アース登場!
この日もローリーから借用したジャンプスーツを着用、しかも色がゴールドでした!!
一体何着借りたんだろうか。。。
靴はピッカピカのシルバーの厚底スニーカー?
浮いている……明らかに浮いている(笑)。
ギター2本の伴奏にのせて、魂をむき出しにして歌うアース。
お立ち台に色っぽく座ったり、振り返ったりしながら歌うアース。
スモークが焚かれるとものすごい異臭が!
まさか衣装が燃えてる?なんて思ったけど、特に異常はなかったみたい(^^;
しかし、アコギだけの伴奏で歌ってると、スナックの「流し」感がハンパなかった!!
非日常の異物が突然現れたみたいな……。
やーもう、ここまで来ると、あっぱれです。素晴らしい!!


このツアーではド・センターのアースに、「センターは慣れた?」とOしゃん。
「全15公演やっても、未だに慣れないです。でもこの格好(ゴールドのジャンプスーツ)でセンターじゃないほうが恥ずかしい!」というアース。
「でもOしゃんが言うには、真心のライヴでは、端っこの方でセンター顔してやってるんだって。俺は一緒にやってるから分かんないんだけど、なんか視線があっちに行ってるなぁって時はある」とスパさん。
「(真心ファンにはお馴染み)ギターを機関銃のようにして撃ちまくる、得意のアレを、1番のAメロからやってる」とOしゃんが指摘してたようです。
Oしゃん、よく見てるよなぁ。大好きなんじゃないの!?
「真心になるな!」っていじけたりしてたしね。
そんな2人の言い分に、アースは「じゃあ次の真心ライヴでは、この人(スパさん)の目の前に立って(得意のアレを)やってるかも!」と言い出して、センター乗っ取り宣言!?
「OTソロライヴでは、このジャンプスーツ着て、客席の最前列でヲタ芸風に踊ってるかも!?」……て、客席のセンターでいいの!?
「そして、ブログ大炎上」というアースに、「もしくはガン無視!」とかぶせるスパさん。
ガン無視の方が嫌だよねぇ……。
「こんなこと言ってると、優秀なスタッフが、ジャンプスーツを用意して待ってるんじゃない?」とOしゃん。
確かにこのスタッフ、やりかねない。
でも観てみたいー(笑)。


アンコールでは、Tシャツ姿の3人。
真心はキャップも着用……ほ、細いな、2人とも。。。
スパさんはホント、帽子イメージないから、とても新鮮でした。
Three Earth Brothers Bluesでのアースのギターがものすごい「古着感」で、鉄くずみたいな渋ーい見た目にびっくり。
スライドで弾いてました。かっこいいー!
ていうか、もうこの3人が渋くてカッコイイ!!

「Oしゃんの超名曲の中から……」と曲紹介し始めたアースに、「超がつく曲なんてあったっけ?」というOしゃん。
「超コーヒー?」「超さすらい?」「惜しい!超・イージュー★ライダー」!!
何このやりとり、めっちゃ楽しい!!
超・イージュー★ライダー、やはり2番はOしゃん歌唱。
当然、めっちゃ盛り上がりました!さすが超!!


ダブルアンコールはもちろん、残ってる唯一の曲アースの休日
ヴァイオリンの肩当てが取れてしまったアース、直そうとしていると、「そんなの前はしてなかったでしょ?」とスパさん。
男気?を見せてアース、肩当てを裏に放り投げた!!
するとスパさん、なぜか舞台裏を海に見立て、飛び込んで取りに行った!!
肩当てを拾って海から上がり、ぽんと肩に手を置いて、アースに手渡すスパさん。
25年一緒にいるけど、この時、初めて肩を叩かれたらしい(笑)。
ずっと座っていたのに、急に動いたため、スパさん、お尻がつったらしいです(^^;
「何この真心コント!?」とちょっと羨ましそうな(?)Oしゃん。
もちろんそのサインを見逃さないアースは、再び肩当てを裏に投げ込んだ!
かなりもたつきながらも、念入りに準備運動して、海に飛び込んだOしゃん!
わー、泳いでる!!(笑)
最後の最後で、こんな面白いもの観れるとは!
文字にしちゃうとアレですが、、、息できないくらい笑いました!声枯れた!!
なんかもう、いいもの観れました!!

そんなコントからの、アースの休日
薄っぺらーい音でお送りします、とアースは言ってたけど、アースのヴァイオリン、Oしゃんのギター、そしてスパさんの口笛が、なんとも良い雰囲気でした。
この薄っぺらさがいいんだと思う!このこじんまりした感じが、この曲には似合います!

最後は3人、手を繋いでお辞儀をしてご挨拶。
オフマイクでアース、「今日は飲みます!」と宣言して、帰っていかれました。
楽しかった!!
地球の最後、見届けました!!


やってる方も観てる方も、スタッフさんたちも、とにかく楽しくて楽しくてたまらない!っていう気持ちがあふれてるようなライヴでした。
楽しかった!楽しかった!楽しかった!
それしか思い浮かばない(笑)。

曲のこと、ほとんど触れてないけど、曲がカッコいいのは当然ですから!
スパさんOしゃん両巨頭の溶け合うコーラスワークとか、逆に、どこまでも突き抜ける強い歌声とか。
そこに優しいアースの歌声が重なると、なんて心地いいんだろう。
アコースティックだからこそ、歌声の相性の良さが際立っていたような気がします。

地球三兄弟の今後の展望について聞かれたアース。
「地球四兄弟とか地球六兄弟とか、人数増やすなら……父さん入れる?」……って、もうそれは兄弟ではないです!
「地球家族だ!乾杯、的な?」というスパさん……それは「家族に乾杯」ですね(^^;
ほっこりしちゃうよ。
人数増やすのはまた別の話としても、今後の展開も気になるところ。
アース、またやりたいって言ってたしな。
真心とも違う、この3人の感じがとてもいいんだよな。
いつかまた、この三兄弟に会えることを、楽しみに待っています。


でも、とりあえず、真心のツアーが決まっていることが嬉しくてたまらない私であります!!!
[PR]

by kazumi7311 | 2013-03-01 23:55 | Live Report

<< 堂島孝平×A.C.E. 201... ▲UP 地球三兄弟ツアー2013「ここ... >>