無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 堂島孝平×A.C.E. 2013ツアー「シンクロナイズド・きぜつ・SHOW」@日本橋三井ホール   

3/2(土)。
前日までの春の暖かさとは打って変わって、冬が逆戻りしてきたかのように北風が吹きすさぶ中、『堂島孝平×A.C.E. 2013ツアー「シンクロナイズド・きぜつ・SHOW」-A Crazy Entertainment SHOW 2013-』(長っ!)に行ってきました。
場所は日本橋三井ホール
a0023085_044174.jpg

今働いている場所とは同じエリアに属しているものの、滅多に行くことがない場所、日本橋。
近くには日本銀行、三越のライオンもすぐそばです。
歴史を感じる重厚な石造りの建物を見て、「これって、アレみたいだね。ギリシャ?の……パルテノン神殿的な?」と、アホ丸出しの会話をしながら目指すは、COREDO室町
a0023085_0442114.jpg
その4階が、ホールの入口になっています。

私はこのホールは、真心ブラザーズの弾き語りツアー以来2度目。
前回は地下(地下鉄駅が直結)から入ってしまったので、街の様子はあまり分からなかったのですが、この雰囲気の街の中で、バンドセットのライヴが行われて、しかもそれが壮絶にバカバカしい演出(褒め言葉です)だったりするなんて、最高すぎる!!……と思ってしまいました。
ある意味、勝ち組?(笑)

ホール自体もまだピカピカで、天井も高いし、音の響きがとても良かったです。
若干ステージが低くて、前方の客席には段差がないので、立ち上がってしまうと観づらいのが欠点といえば欠点。
やはりアコースティック仕様なのかしらん?
設備も、トイレがめっちゃ明るくて綺麗でたくさんあるし、ドリンクも、生ビールがエビス(!)だったり、ほかにも種類がたくさんあったりと、至れり尽せりな感じです。
ビール飲みたかったんだけどなぁ……開演まで5分しかなかったから、瓶入りのジーマにしちゃったんだけど、余裕で開演前に飲み終わってた(^^;




17時ちょっと過ぎに開演。
「こんにちはーこんばんはー!」と堂島くんも両方言ってたように、早めの開演だと迷うところですね。
最近、日曜は17時~が多いけど、土曜でも17時って珍しいかもしれないです。

本日のメンバーは、お馴染みA.C.E.。
前回の渋谷と同じです(ゲストはいません)。
その渋谷は「ツアー行ってきますライヴ」ということで、ツアー前の特別編だったのですが、それからツアーで各地を巡り、アルバムの曲たちがどう変わったのかも見どころの一つです。

セットリストは確かこんな感じ。(最後の方が若干自信なし。。)
01. シンクロナイズド・モーニング
02. ベランダでベルリラ
03. ギミラ! ギミラ! ギミラ!
04. メイクはほどほどに
05. 都会のイカロス
06. あのコ猫かいな
07. クリーニング・グルーヴィー
08. センタッキ!
09. 境/界/線
10. マイ・シナモン・ガール
11. ブルーベリー・サンセット
12. 君の髪がなびくのを見ている
13. バスルーム・マーメイド
14. ないてんのわらってんの
15. き、ぜ、つ、し、ちゃ、う
16. ア・ストロボーイ
17. 世界のはじまり

EC
01. 何年たっても(新曲)
02. 6AM
03. キッチン・ダンスホール

あえてアルバム『A.C.E.』『A.C.E.2』からの曲だけ(6AM除く)で構成しているそうです。
このバンドの良いとこ全部詰め込んでる感じですよね。
ホールのせいか、とても多彩な音の響きを感じることができて、大・満・足!

特に印象に残っているのが、マイ・シナモン・ガールブルーベリー・サンセット君の髪がなびくのを見ているの、ちょっとメロウな、切なさいっぱいで、優しくて……っていう3曲。
マイ・シナモン・ガールは、堂島くんのアコギで始まり、小松さんのドラムが静かに優しく響く中、鹿島さんのベースが存在感たっぷり。
主張の強いオレンジと緑と紫の照明が降り注ぐんだけど、なんか、夕暮れ時の一人暮らしの部屋(緑とか茶色を基調とした家具が置いてある、ちょっとおしゃれなインテリアの)のような雰囲気を感じてしまった。
だからかもしれないけど、CDから感じる切迫感みたいなものよりも、もっと個人的な話を友だちから聴いているような気分になってしまいました。
照明が暗くなって、天井の控えめなミラーボールが回りだし、続けてブルーベリー・サンセット
オッケンさんが鍵盤を弾いてました(久々!!)。
そして君の髪がなびくのを見ている
周りが暗くなって、堂島くんにのみスポットライト。
ホールの壁に映る影……ドラムを叩く影、ギターを弾く影、ベースを弾く影、コーラスする影、そしてギターを弾きながら歌う影……を見つめて、曲のドラマチックな展開を聴き、うっとり。
良い景色でした。
まぁ、まわりをキョロキョロ見回してたのは、私だけかもしれないですけど(^^;
とにかくこの3曲セットで、胸に染みました。


もちろん、そんなメロウなだけじゃありません!
だって、シンクロナイズド・きぜつ・SHOWですから!!

ギミラ! ギミラ! ギミラ!では、「ワンツースリーフォー」のカウントを、メンバー一人ひとりが担当。
1=堂島、2=小松、3=鹿島、4=奥田のフォーメーションで繰り返してました。
こんな小さなことも、たのしー♪
メイクはほどほどに、最近「She Says NO! NO! NO! NO! NO!」のところが耳に残ってて、気づくと鼻歌歌ってたりするのですが、ライヴで聴いてさらに重症化(^^;
麻美ちゃんの可愛い歌声も大好きです。
都会のイカロスでは、麻美[なんだかかったりーな]→堂島[うんうんうん……]、麻美[どしてもかったりーの]→堂島[うんうんうん……]のやり取り、堂島くんがものすごい食い気味に、突撃しそうな勢いで頷いてて、前回渋谷で観た時よりもかなりパワーアップ!
そして各地で踊ってきたという「あげあげダンス」!
[パンプ・イット・アップ! あげあげ!]の振り付け、もはや完璧にマスターしてしまったよ(笑)。
「今日のお客さん、ほとんどの人がやる気でびっくり!」と堂島くん。
だって、やっちゃったほうが楽しいに決まってるもん(笑)。
楽しみ方をよーく知ってるお客さん、最高ですね!

クリーニング・グルーヴィーでは、これも各地でやってきたという「ルンバラップ」を披露。
堂島くんと小松さんが「ルンバが欲しい」「8万円のルンバが欲しい」「5万円のじゃない」っていう欲望をライミングしていくのですが、その甲斐あって、2/24(堂島くん誕生日の翌々日ですね)の名古屋公演で、スタッフからルンバをプレゼントされたそうです。
良かったねぇ(笑)。
次は25万円の洗濯機が欲しいらしいので、センタッキ!ラップができる日も近い!?
そしてこの曲では、麻美ちゃん、割烹着&三角巾に生着替え(笑)、ハタキでお掃除しています。
途中、なんとステージ上にゴミ袋が登場!
ゴミ袋の中からハーモニカを見つけ演奏し始める堂島くん……ゴミの中から出るのはどうかと思うが、、、音色は最高!堂島ハープ、憂いがあって大好きです!
そしてそして、「客席の頭上を風船が行き交うのは見たことあるけど……ゴミ袋、廻しちゃう!?」と、客席にゴミ袋が投げ込まれた!!
ふわふわしないから、結構投げつけられてる(笑)。
ちゃんと客席最後列まで廻り、ステージまで戻ってきましたよ。
ううーん、日本橋で何やってるんだろう!?
超楽しい!!
あとこの曲は、サビをメンバーが大いに歌い、お客さんも大いに歌います。
それもまた、超楽しい!!


MCでは、メンバーに「どう?何か言いたいことある?」という雑な振りをする堂島くん。
オッケンさんは「日本橋をギターを持って歩いているっていうのが、気分がいい」と言ってました。
日本を牛耳っている機関とかがあって、財閥とかがいる(のは違うと思うよ、堂島くん……)、日本の中枢の土地を、ギターを持って歩いてるというのは、ある意味勝ち組?とのこと。
下北沢とかはこれからライヴの人がたくさん歩いてるけど、確かに日本橋にはいないもんね。
なんか分かる!
そんな流れで、サーモンピンク(っぽい色)のテロテロ系ワンピースを着た麻美ちゃん、「やっぱり綿素材って感じじゃないかな」と思って、この衣装になったそうです。
あー、それもなんとなく分かる!
そんな中、鹿島さんは昨日、下北沢をベースを持って歩いていたそうで……何も悪いことはないじゃないか(笑)。
そして、問題児小松さん、突然「社長島耕作を読んでいる」と。
あの場にいた全員の頭に「なぜ今その話が!?」という疑問が浮かんでいるのが分かったよ(^^;
日本橋=ビジネスの街=島耕作、という思考だったらしい……端折りすぎだよ。。
「島耕作ではどの時代が好きなの?」と尋ねる堂島くんに、「部長!」と即答する小松さん、その理由を詳しく教えてくれました。。
何でも、レコード会社に出向させられ、売れない演歌歌手を再生させて本社に戻るという話だったそうで、音楽業界ってことでシンパシーを感じたそうです。
「東京タワー音頭がヒットしてー、キャラクターグッズのバッチがバカ売れしてー」と、とても楽しそうに教えてくれましたよ(笑)。

バスルーム・マーメイド、ドラムだけのイントロでは、1小節叩くと小松さんが何か言う、という何これドリフ?な展開に。
始まる前に堂島くんにバッサリトークを切られたため、「堂島くんつめたい」って寂しそうに言う小松さん。。
「可愛い」ってめっちゃ言われてた(笑)。
3度目、何も言わないっていう技まで繰り出し、まさに小松劇場でしたー。
この曲ではメンバー紹介を兼ねてのソロがあったのですが、みんな、激しく自己主張するというよりも、静かに熱く燃えているようなソロだったのが印象的でした。
大人の街で、大人な演奏!!


終盤ないてんのわらってんのき、ぜ、つ、し、ちゃ、うはもう大騒ぎ!!
ないてんのわらってんのは、客席をブロック分けしてコール&レスポンス合戦!
後方の席の方たち、めっちゃ声出てた!!!
堂島くんは今回も、マイクを胸ポケットに入れ、ギターを弾きながら歌いまくってました!
き、ぜ、つ、し、ちゃ、うは、グッズの「き、ぜ、つ、し、ちゃ、うタオル」の出番。
前回の渋谷で「タオルを投げるパフォーマンスが残っているかどうかお楽しみに」と言っていたけど、残ってました!
でも投げるタイミングは、最初じゃなくて、最後に変更されてました。
「天井高いから、思いっきり投げていいよ!」と言われても、みんな確実にキャッチできるくらいに手加減してました。
そりゃそうよね(^^;
そういえば、堂島くん、客席にタオル投げ込んでたけど、その行方は如何に?
今回は譲り合われたりしなかったかしらね。

ア・ストロボーイはやっぱり大好き。
この青い感じが青い照明にも映えて、とても伝わってきました。
この一瞬一瞬の愛おしさよ!
世界のはじまりでは、再び、オッケンさんの鍵盤が(2番からはギター)。
ツアーが初披露のこの曲、静かな中にも強い意思を感じる、とてもステキな1曲です。


アンコール。
お知らせ系では、NONA REEVES4年ぶりのオリジナルアルバム『POP STATION』(リンク先、音が出ます)がいよいよ3/6に発売になる、という話題に。
……だったんだけど、なぜか郷太くんの話題にすり替わってしまう、という状態(^^;
堂島くん「金髪のあの人」と言って、絶対に固有名詞出さないし。。
そして小松さんが「最近、たまーに小朝に見える」と言い出したため、「俺も最近マチャアキって言われるから、スモボ(Small Boys)は夢のコラボ」と言い出す堂島くん。
そっか、スモボは小朝とマチャアキだったのかー!!
なんか全く違和感ない!むしろ納得!(笑)。

そのほかお知らせとしては、堂島くんは4月からも毎週ライヴがあるので、今日「もっと堂島のスタンダードな曲を聴きたかった」と思った方は、何度も来てればそういうセットリストの日もありますよー、とのことでした。
こういうライヴをたくさんやってても、テレビとか出ないのでなかなか知ってもらえない……なんて話から、以前話していた近所の中華屋さんの話に。
「IT系ですか」と聞かれ「ハイ」と答えてしまったという堂島くん、店員さんと仲良くなってきて、とうとうミュージシャンだとカミングアウト。
よくフェスに出ていた時期だったので、「今日もフェスだったんですよー」なんて話したら、「フェス……聞いたことあります」と返されたそう。
すると次から毎回、「今日もフェス帰りですか?」と声をかけられるようになったらしい。
確かに、積極的に音楽を聴いてライヴに出かけるタイプの人じゃないと、なかなか難しいよねぇ。。
音楽好きと言ってても、聴いてるジャンルが全く違うと、全く会話が噛み合わなかったりするし。
「誰が好き?」と聞かれて答え、「ふーん。しらなーい」って言われるのを繰り返してきた私としては、みんな、もうちょっと売れても良いと思うし、それが当然だと思うんだけどなぁ……なんて思ったのでした。
そしてTwitterによると、この日も、この中華屋へ行ったそうですよ、堂島くん。

曲は、まだレコーディングしていない新曲何年たってもを。
なんかオッケンさん、アルペジオ?繰り返してて、やたらと目が行ってしまった。
む、難しそう(^^;
すごい「バンド感」がある、ミディアムテンポの曲。
いつかレコーディングされることを待ってます!
そして唯一『A.C.E.』『A.C.E.2』以外のアルバムから6AM
跳ねずにいられないウッキウキのこの曲、ハンドクラップの一体感!
最高です!!
そして、小松さんも立ち上がり、メンバーも全員ハンドクラップの中、キッチン・ダンスホール
楽しい!可愛い!!
堂島くんが小松さん、鹿島さん、麻美ちゃんと、順に握手しながら「ありがとう」と言っていくんだけど、最後のオッケンさんだけすかして、オッケンさんコケる、というショートコントも挟み込まれていましたよ(笑)。
オッケンさんがオチなのか……ノーナじゃありえないフォーメーション!
貴重なかわいいやつ、いただきました(笑)。
曲は、2番からメンバーも演奏を重ねていって、最後はみんなで。
うーん、楽しかった!!!


日本橋のホールってことで、ちょっと特別な感じもあったけれど、充実度200%なのはいつもどおり。
楽しかった!!!
照明が映えるステージ、音の美しさが際立つ音響、などなど、ホールならではの良さも堪能できました。
ホント、良いライヴでした!!
19時過ぎに終演だったので、この後ゆっくりご飯を食べに行き、今日のライヴについてアレコレ話したりするのも楽しかったな。
イイですね、開演早いのも。


この日解禁になった情報で、6/22(土)のYATSUI FESTIVAL 2013に出演決定!!
A.C.E.での出演なので、「きっとノーナも出るんじゃない?去年の方式だと、レキシのおじちゃんも出るかもね」とのことでした。
ヤバイ、また先の楽しみが出来ちゃった!!!
[PR]

by kazumi7311 | 2013-03-03 21:58 | Live Report

<< クラシカルコート ▲UP 地球三兄弟ツアー2013「ここ... >>