無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 真心ブラザーズ『王道真心 ジャパン・ツアー2013』@中野サンプラザ   

5/26(日)。
真心ブラザーズ『王道真心 ジャパン・ツアー2013』のツアーファイナル@中野サンプラザに行ってきました。
a0023085_1411380.jpg
a0023085_1411048.jpg
久しぶりの中野、北口の改札の位置が変わっていたり、駅前の工事が終わって歩道橋ができていたりと、一瞬あれっ?と迷ってしまいました。
友人と現地集合だったのですが、それぞれ、無駄に新しくできた階段を上り、無駄に降りてきたっていう……さすがに長年の付き合い、気が合います(笑)。


4月から、Newシングル消えない絵がアニメ『宇宙兄弟』のOP曲になっているおかげで、真心のCMが毎回流れるのですが、それ観たら急に真心スイッチがオンになってしまった私。
MVでキャッチボールしてるんですけど、YO-KINGさんが笑っている姿にキュンとしてしまったのです(爆)。
そんな訳で、ここ2週間ほど、通勤中も、仕事中も『Keep on traveling』をエンドレスで聴き続け、ライヴのことを想像してはニヤニヤしている状態でした……ベストな仕上がり!(笑)


今回のツアー、私は4月のO-Westでの初日に続き、2度目。
前回は5人編成のMB'sだったけど、ファイナルは10人編成フルバンド!
5人の良さももちろんあるけれど、10人バンドはなにげに久しぶりなこともあって、めちゃくちゃ楽しみにしてました。
時期は少しずれたけれど、毎年恒例、みんな揃っての新年会、って感じもあって、盛り上がること間違いなし!!

そしてこの日はWOWOWの撮影が入っていました!
(OAは7/14(日)23:30~)。
そのため前の方の客席が取り払われ、そこそこ広いスペースが(アシスタントさんがケーブルをさばくような大きくてハイスペックそうな)カメラ2台&無人カメラ1台&スチールカメラマンのために空けられていました。
ということで……全然予想していなかったのに、まさかの前に遮る人影がない状態!!!
同じ列の方々は、自分の席を発見するたびに歓喜の悲鳴をあげていました(私も!!)。
もぅ、心の準備が全然出来てないってば!!
そして、妙に広々としたスペースがあると、近くでかぶりつきで観るよりも、なんだかめっちゃ恥ずかしかったです(^^;
そしてきっと、WOWOWのハイビジョン画面に見切れてるんだろうなぁ、マヌケな顔して……心配。




18時ちょうどぐらいに、まずはオープニングアクトのnicoten登場。
TVKのイベントにもOAで出てましたね。
7月にメジャーデビューが決まったという彼ら、おばちゃんたちは「かわいいねぇ、爽やかだねぇ」っていう、本気でババくさい感想を言い合ってしまいました(^^;
いや、ホント、楽しそうに演奏してて、ドラムの子なんてずーっとニコニコしてて、可愛かったのよー(笑)。
ボーカルの子はめっちゃ緊張していたみたいで、MCもしどろもどろ……それでも「真心先輩と仲良くなりたい!!」と力説してて、真心ファンの心をグッと掴んだんじゃないでしょうか。
演奏もとても上手だった彼ら、爽やか系ロックは激戦区だと思うけど、頑張って欲しいな。
終演後、物販に立ってたのもポイント高かったです。



18時半頃、いよいよ真心ブラザーズ登場。
スター・トレックのテーマにのせて、ステージ後ろの幕がするすると開くと、そこには「MB」の懐かしいロゴマークが!!
わー、セットがあるなんて久しぶり!!!感激!!
MBのロゴの周りに輝く電飾は、今どきLEDではなく豆電球だったとのこと!
アナログ感がまたいい味出してます。

セットリストは多分こんな感じでした。
5人の時と意外とかぶってないのに、この王道感!!

01. 新しい夜明け
02. 空にまいあがれ
03. ENDLESS SUMMER NUDE
04. 愛のオーラ
05. ループスライダー
06. I'm in Love
07. FLY [YO-KING、桜井、一郎、ビバ、小川]
08. 流れ星 [YO-KING、桜井、一郎、ビバ、小川]
09. メトロノーム [桜井(Vo)、YO-KING(エレキG)、一郎、ビバ、小川]
10. それが本当なら [桜井(Vo)、YO-KING(エレキG)、一郎、ビバ、小川]
11. 朝が来た! [YO-KING、桜井、一郎、ビバ、小川、ようこ、ヒデロー(コンガ)]
12. 消えない絵 [YO-KING、桜井、一郎、ビバ、小川]
13. Let’s 感動
14. どか~ん
15. 突風 [YO-KING、桜井、一郎、ビバ、小川、ようこ]
16. 愛
17. BABY BABY BABY
18. JUMP
19. Song of You
20. EVERYBODY SINGIN' LOVE SONG
21. Keep on smiling
【EC】
01. 拝啓、ジョン・レノン
02. RELAX~OPEN~ENJOY


1曲目の新しい夜明けから、ものすごい盛り上がり!!
歓声が凄い!
熱気が凄い!!
そしてもうね、YO-KINGさんも桜井さんもMB'sの皆さんも、みーんな楽しそうで楽しそうで。
ジャンプして手を叩いて踊って、しょっぱなから王道真心を満喫!


それにしても中野サンプラザ、めっちゃ音がいい!!
どこまでも気持ちよく突き抜けていきつつ美しく響くYO-KINGさんの声。
聞き惚れるとはまさにこのこと!
ホーンズは感動で震えるくらいかっこよかった!!
思いっきり鳴らしてる迫力もあり、広い空間を振動させて伝わる優しい響きもあり、激しさもあるし渋さもあるし、かっこよすぎです!!
だけど変な振り付けは健在の4人……素敵すぎる(笑)。


3曲終わってのMCで「ありがとうございましたー、最後の曲です」というボケをかますも「もはや、えーっ、とも言われないね(笑)」と桜井さんに突っ込まれるYO-KINGさん(^^;
本日もご機嫌ですね。
そして改めて「あと2時間、お世話になりますぅ」とご挨拶するYO-KINGさん。
「“お世話になります”とか、ライヴでは滅多に聞かない言葉だよねー、いいね」と気に入ってしまった2人。
ループスライダーI'm in Loveといった桜井曲たちに「名曲だねぇ」と言うYO-KINGさんに、「恐れ入りますぅ」と返す桜井さん。
その後もこのビジネス用語ブームは続き、チャンスがあれば「恐れ入ります」や「お世話になります」なんて言葉をぶっ込む2人でした。
……翌日、会社で耳にして、笑いをこらえるのに必死だったのは、私だけではないはず!!


WOWOWの撮影について、「ハイビジョンってどうなのよ?どこまで高解像度なのよ?オープニングアクトのnicotenは20歳そこそこでツルッツルの顔だから良いけれど」と不安を口にする桜井さん。
「埴輪みたいな目がバレちゃうね!」と嬉しそうに突っ込むYO-KINGさん。
確かに、ハイビジョンって見えなくていいものまで見えちゃうもんなぁ。。
撮影現場を間近に見ることができた私ですが、無人カメラの動きがおもしろすぎて、ついつい見とれてしまう瞬間が(^^;
誰かが前に出てくると、スーっとかなりのスピードで左右に動いて、目的の人物の前でピタッと止まり、見上げてズーム。
かっこよかった~(笑)。


今回、とても印象的だったのは、スタンドマイクで手ぶらで歌うYO-KINGさん!
手振りをつけつつ、ちょっと体を斜めにして歌う姿は新しかった!
でも、手持ち無沙汰なのか、いつの間にかマイクを持って動き回り始めちゃうんだけどね。
ライヴが始まってすぐは、なんだか照れくさくて、あえて遠くのホーンズを見たりしていた私。
途中から「こんなチャンスは滅多にないはず!」と思い直し、歌うYO-KINGさんをじっと見つめる、という試練(!?)を自分に課してみました。
するとどうでしょう!
まっすぐ見つめていると、ステージとの距離感も相まって、私だけに歌ってくれているかのように錯覚するほど、夢の世界に入り込んでしまったのでした(爆)。
愛のオーラ、やばかったわぁ(笑)。
結局、真心にいさんたちはアイドルなのよね。私にとっては。いつまでたっても。
トキメキが止まらないもん(笑)。

続くループスライダーってめちゃ久しぶりだ!
相変わらず音程が不安定なのも、懐かしい感じがしました(笑)。
I'm in Loveは、去年、妹が結婚式で使っていて、その時の光景を思い出してました……そして隣では、感極まる妹が。
やっぱ名曲ですよねぇ。
その流れで「恐れ入りますぅ」ブームがやってくるわけですが(笑)。


FLYからは、人数減って3人~6人編成で。
この変幻自在さも、MB'sならではですね。

昔、YO-KINGさんがラジオで「30代男性は流れ星が好きな人が多い」みたいなことを言っていたのだけれど、最近、私もグッとくるんですよ、流れ星
いや、私はおばちゃんなんですけれども(^^;
今回、アルバム『夢の日々~SERIOUS&JOY~』からの曲が多いような印象があったんだけど、やっと“活動休止前のアルバムの曲”っていうちょっとウエットなイメージを払拭できてきたような気がします。
だから、ちゃんと沁みるようになってきたのかもしれないなぁ。

中野サンプラザといえば、ここ数年はいつも「新年会の出し物」を披露していた桜井さん。
下からせり上がってきたり、大道具のクレーンに乗り込んだり、紙吹雪を散らしたり、頭上に風船をのせたりと、当日会場入りしてからの準備がかなり大変だったそうです(そりゃそうだよね)。
今回は「王道真心」ということで、何の仕掛けを仕込むことなく、風船に書くご当地ネタを考えることもなく、なんて余裕があるんだ!?と思ったそうですよ。
そしてメトロノームでは「ラップ以外で歌うのは久しぶり」なんて言ってましたね……いつもお疲れさまです(^^;
メトロノームを聴くと、今でも98年の初夏を思い出します。
アルバムを買った原宿の風景とか、洗車してる時に「いけない、もうこんな時間だ行かなくちゃ」と口ずさんだこととか。
なんだかとても暖かい気持ちになります。

それが本当ならは、ドラム:YO-KING、ボーカル&ギター:桜井さん、ベース:一郎くんの3ピースで。

ビバさんのドラムセットに向かうYO-KINGさん、「えー現場のYO-KINGです。」とビバさんのいない間に、持ち物チェック。
本日もビバさんのウエストポーチはパンパンだったそうですよ!
YO-KINGさんが物色していると、なぜかステージ上に地味なグレーの、三つ折タイプの折りたたみ傘が!
なぜ!?
そして20年来使っている水筒も発見!
中身は不明(「ビバ汁」と言ってたな……)で、成分を分析した後に、物販で売るそうですよ(嘘!)。
そして、桜井さんによると、楽屋からステージへの道すがら、ビバさんが携帯電話を首から下げていたそうな……携帯持ってステージ出るの!?

そんなビバさん、名古屋名物「味噌煮込みうどん」が大好きだそうです。
名古屋公演で「味噌煮込みうどん」を食べないと、分かりやすくドラムが荒れるらしい(笑)。
今回も、ライヴ翌日、朝早くから山本屋本店の行列に並んでいたビバさん。
それを発見した出遅れた桜井さん、連れとして入れてもらい、無事一緒に食べて帰ってきたそうです。
(その時の様子が、こちらのTwitterだそうです)。

ビバさん情報だけで5分!
名古屋公演では、良い話になりそうでならない、中身のない会話で終演が遅くなり、遠方から来たお客さんが公共の交通機関で帰れなくなってしまった、という苦情が7件ほど届いたそうです。
どんだけ喋ったんだ!?

そしてようやく曲へ。
YO-KINGさん、なんて楽しそうに叩くんだろう!!
あんなに体を揺らしながら叩く人、ほかに見たことない!
あんなにためて叩く人、ほかに見たことない!!
桜井さんはエレキギターだったので、意外とロックなアレンジでした。
一郎くん、ものすごい形相でロックな演奏してたしね……YO-KINGさんとの差が激しい!
そんなアレンジと、YO-KINGさんの心のままに繰り出される「ため」の効いたリズムが相性良くて、かっこよかったです。

「ちゃんといじらないと、分かりやすく置いといたのにー、って怒られちゃうから」と言ってたYO-KINGさん、次の曲で再び登場したビバさんに、good!のサインをもらってました。


ここから2曲はテレビシリーズ。
朝が来た!で紅白を狙うらしい真心ブラザーズ(笑)。
紅白というよりも、そのあとの「さだまさし」枠を狙っているのが桜井さん!
目の付け所が違う!!いつもついつい見ちゃうけれども!!
なぜか、さださんのカッコよさについて、あの境地に至るまでにはどんなに大変かについて、熱弁を振るう桜井さん。
いつか実現したらいいね……爆笑しちゃうだろうけど。

そしてNHKといえば、大人気の『あまちゃん』!!
YO-KINGさん、大好きなことはよーく分かりましたってば!
この日も、
「じぇ!じぇ!」はもちろん、
「サングラスの下はちゃんと白目だから!」というカミングアウト(!?)ありーの、
「あらゆるコネを使って、出演できないか探ってるから、最終回あたりに出ちゃうかも!?でもきっと、2~3歩歩いて“どか~んと1発”っていうセリフ言うだけでも、手と足が一緒に出ちゃうんだろうなぁ」という妄想ありーの、
KINGの「あまちゃん愛」が溢れ出していました(笑)。
最終回あたり、期待して待ってます(爆)。

もう1曲のテレビシリーズは、アニメ『宇宙兄弟』の主題歌消えない絵
私、この曲、大好きみたいです!!
発売前なのに、びっくりするくらいメロディも歌詞も覚えていたのは、ひとえに、毎週録画しているアニメの曲を、毎週早送りせずに全部観ているからに違いない。
この素直な疾走感と暖かさがたまんないんだよな。
あとYO-KINGさんの伸びやかな高音が!!


Let’s 感動は、ホーンズが加わっての豪華なアレンジ。
このにぎやかさ、この楽しさ、「王道真心」っぽいなぁ。
これが、まだTHEが付いてた時代の、まだフォーク時代のセカンドアルバム『勝訴』に入っているとは、信じられないですよね(^^;

「完璧な振り付けがある1分半の曲」と紹介されたどか~ん
この曲の振り付けの元祖、小川さんは(ようこさんが大阪公演の時に買ってきたという)ヒゲをつけ、ステージ前方に出てきてお手本ダンス!
いつもはステージからはけてしまうホーンズもようこさんも残って、一緒に激しく踊ってました!
た、楽しい……。
去年のTVKのイベントの時に、南流石さんたちが完璧に踊っててびっくりしたけど、とうとうこの振り付け、オフィシャルになっちゃったね(笑)。
「小川さん、どか~んを完璧に弾けるのに、今まで一度も弾いたことがないんだよね。弾けるのに弾かないの」……って、尊敬します(笑)。

突風の「騒がしいロックアレンジ」が最高にかっこよかった!!
基本は5人の時と同じなんだけど、ようこさんのコーラスが入ることによって、芯が通るというか、ピシッとするというか。
CDが出た時もアホほど聴きまくった曲だけど、今はこっちのアレンジのほうが好きかも!
でも、歌詞の「僕は僕の素晴らしき人生の為に、寝っ転がってテレビを見ている」っていうところがグッときてしまうのは、昔から同じです。


後半は、まさに「王道」の曲を、畳み掛ける!畳み掛ける!畳み掛ける!!
カッコよすぎるじゃないか!楽しすぎるじゃないか!殺す気か!!

とにかく今回はホーンズが!感動して泣いちゃうくらい、かっこよかったです。
ライヴで何度聴いたか分からない、今回が最高だったんじゃないか、と思うくらい、かっこよかったー!!
渋さとか色気とか、そんなものまで感じてしまった……あんなおちゃらけた人たちなのに!
感激して、息吸い込んで、そのまま頭がクラクラし始めるとか……死にますね。
はぁぁ、最高でした!

本編最後はKeep on smiling
みんなで、笑顔で手を叩きながら歌うって、ラストにふさわしいかもしれないですね。
「お疲れさま~!明日からもがんばろう!!」って自然に思っちゃうのは、名曲の証ですよね。


アンコール。
拝啓、ジョン・レノンRELAX~OPEN~ENJOYも、王道中の王道ですよね。
こんなに真心が大好きになったのも、まさに「寝っ転がってテレビを見ている」時に出会ってしまった拝啓、ジョン・レノンがあるからこそ。
出会いから16年経っても未だに熱が冷めないって、なんだか凄いですよね。

RELAX~OPEN~ENJOYの名物(?)、小川さんソロは、小川さんが心ゆくまで演奏されていました。
史上最長だったかも!?
他のメンバーが終わるタイミングを見極めようと顔を見合わせ、ざわついていたのが印象的でした(笑)。
たーっぷり、堪能させていただきました!!



ということで、23曲約2時間半というモリモリのライヴが終了。
結果的にMCも少なめで、曲をこれでもか!これでもか!と畳み掛けるような展開でした。
アンコールでも特に何の告知もなく……夏はイベントで忙しいと思うけど、それ以降の予定が気になるところです。

それにしても、今思い返してみても、最高すぎるライヴだったなー!!
王道真心、かっこよすぎ!!
私が好きになって、私がずっと好きな真心がいました。
そしてきっと、これからもずっと好きなんだろうな、と思った「王道真心ジャパン・ツアー」でした。
[PR]

by kazumi7311 | 2013-05-27 01:42 | Live Report

<< NONA REEVES / T... ▲UP 3泊4日沖縄の旅(その3) >>