無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 YATSUI FESTIVAL! 2013(その1)DJやついいちろうwith神谷明~キケチャレ&スモボ&いとうせいこう編   

6/22(土)。
YATSUI FESTIVAL! 2013に行ってきました。

昨年に続き2度目の開催となったYATSUI FESTIVAL!。
会場は昨年の5会場から9会場へ、出演アーティストはなんと142組!!と、相当な勢いでパワーアップ。
けど、規模が大きくなったとしても、エレキコミックやっつんと出演者の方たちとの交流が見える、あったかさがあふれるフェスです。
好きな人が好きな人って、興味がわくし、好きになることも多くないですか?
やっつんが好きな人たちならば間違いない!って思えるような、やっつんの人望と人柄があらわれた、とても魅力的なフェスでした。

そもそも、エレ片のラジオとポッドキャスト(計3時間ほど)を毎週欠かさず聴き、コントライヴに行き、昨年のフェスも、DJやついのリリースパーティも行ってる私にとって、エレ片が出る!っていうだけでも観に行くわけですよ。
しかも、大好きなNONA REEVESは、郷太くんはエレ片と深く関わっているし、オッケンさんと小松さんは、堂島バンドでもレキシバンドでも活躍しちゃうし、もちろんSMALL BOYSだって堂島くんもレキシも大好きだし……。
もう、タイムテーブル被りまくって泣く泣く諦める状態って、なんて幸せな悩みなの!?
楽しくないはずがない!とは思っていたけど、予想を遙かに超えて、1日中ずーーーっと、ずーーーっと楽しかった!!
最高のフェスでした!!
a0023085_22444013.jpg
1日お世話になったタイムテーブル。
しかし、出演者が多すぎてフォントが極小のため、暗い室内では見えない、っていう困ったことに(笑)。
奥に見えてるのは、汗でヨレヨレになってしまったリストバンド。


11時リストバンド交換開始、12時半開場と同時に開演だったので、昨年の感じから言ってもまぁ11時半くらいに着けばいいかな?と思っていたけど、かなり甘かった!!
いつものように出がけにうだうだしてたので、会場に着いた12時頃には、グッズ販売の列は坂の上まで!
O-EASTの入場列は路地を巡り巡って武道具店の前まで伸び、再び坂を下りて蛇行し、ラブホのおばちゃんに「店の前に並ばないで!」と怒られたりしながらようやく会場に入れる、といった状態でした。
ちゃんと早く来れば良かった。。

O-EASTに入ると、DJやついいちろうのプレイが始まっていました。
やっつん、定番の孔明の衣装で既に汗だく。
やっつんが「あと10時間あるんだよ?大丈夫?」と心配するほど、既に大盛り上りの会場。
私も、入っただけで汗だくです(^^;
その熱気に乗せられ、早くもB'zのULTRA SOULまで繰り出されていました。
途中、先日出演したTV番組『ロック兄弟』のMC、田中美里ちゃんの飛び入りも!

「グッズで“おひとりさま缶バッチ”っていうのを作ったんだけど、買った人ー?結構いるな(笑)。買ってないけどひとりで来た人ー?おおおー、いるねぇ(笑)。じゃあカップルで来た人ー?少ねっ!6人くらいしかいない(笑)。じゃあ、みんなにモテキが来るように!!」と、フジファブリック夜明けのBEAT!!
アガる!!
さらに、「お前らに足りないのはこれだ!来年、出演をお待ちしています」と、モー娘。LOVEマシーン(笑)。
もちろん「イェイイェイイェイイェイ!」「ウォウウォウウォウウォウ」の大合唱!
ちなみに、このフェスに出演してたお笑いの方たち、結構この話題でネタやってました……TVではできない、ライヴならではのネタですね。。


必要以上に会場が暖まったところで、神谷明さんが登場!
「YATSUI FESTIVAL! 2013」開会を高らかに宣言して、さらに大盛り上り。
神谷さん、出し惜しみなんて一切せず、キン肉マンとか!ケンシロウとか!やってくれちゃいました!感激~♪
アニソンメドレーは、年代的にちょっと上のものが多かったけど、やっぱりキン肉マンは歌っちゃうよね(笑)←キン消し世代。
サービス精神いっぱいの神谷さん、最後は「モッコリ楽しんでね~」って、冴羽 獠までやってくれちゃって!
感激しっぱなしでした。
カッコイイなぁ、神谷さん!!


続いて登場したのはSMALL BOYS
白パーカー&白パンツに、「SMALL」ロゴTシャツ、「BOY」ロゴの白キャップという、いつもの衣装の2人。
知らない人は「なんだこれは!?」と戸惑ったかもしれないけれど、さすがキャリアが長いオッサンアイドル、Anthem SBからEarth ☆ Peaceで、お客さんの心を鷲掴み!
「ち・きゅう」コールでメチャ盛り上がってました!
さすが、他会場でいろんなライヴが繰り広げられている中、ここを選んでいるお客さん、楽しみ方を分かってらっしゃる(笑)。
こぅくんの全力感とか!ニッシがやたらと手を振るとか!
いつもどおりではあるけど、さすが「アイドル枠」でのご出演、アイドルっぽさ全開で全力投球♪
それにしても、2人とも歌が上手すぎるぞ!!


続いて登場したのは、危険日チャレンジガールズ!
おおお、アルバムのジャケ写の衣装&メイクだ!!!(こちらの画像参照
……なんだけど、登場したのはやっりー&だっちーの2人。
「えー、昨夜の#エンダン(公開収録)の後、片桐から電話があり、急に具合が悪くなってしまった、と。昨年インフルエンザで欠席し、今年は風疹にかかったと!彼が言うには『子どもがかかってたらしょうがなくね?』と。」
ええええー!?マジで!?……とどよめく会場。
するとサブステージの幕が上がり「そんなわけないっしょー!」と言いながら、坊主頭の男をはべらせたセクシーJ登場!
ぎゃー、完全に騙された!!
キケチャレ、3人揃うとインパクトがすげー!!迫力すげー!!
セクシーJを見て、所属事務所の社長は「お前、ハリウッド女優みたいだな!」と言ったらしい。
「ハリウッド女優って誰!?広すぎる!!」って言ってたけど、社長が言いたいことはなんとなく分かる気がするよ(^^;
ちなみに、私の隣にいた男子は、ずーっと「セクシーJー!!」って野太い声で叫んでいました……他人の好みは分からない(笑)。

そんな3人の1曲目はWe are 危険日チャレンジガールズ!
おおお、私、ライヴで初めて聴くかも!?
曲はどうかしてるレベルでカッコイイんだけど、歌も振り付けもまさに「危険」でした……特にセクシーJのラップはどうかと思うレベルで「危険」だったよ。。
曲の途中で、TEMPRA KIDZが飛び入り!
何これ、めちゃカッコイイ!!ダンス、キレキレ!!
ちっちゃい子たち、可愛いわぁ♪
だっちーが「締まるわぁ」って言ってたけど、まさに!!
曲のカッコよさを引き立てまくってました!

1曲終えたところで、しゃべりだしてしまった3人。
「落ち着くわー」って(笑)。
でも「ヤバイヤバイ、主催が押すわけにはいかない・・・」と、早速呼び込まれたのはNegiccoちゃん。
やついフェスのイメージカラー、赤・青・白の衣装もめちゃめちゃキュート♪
いやーそれにしても、並んじゃうと、アレですね……キケチャレ(笑)。
だっちー、生で観ても可愛いなぁ、って思ってたんだけどなー(^^;
そして異様にデカイ、キケチャレ……捻挫の恐怖と戦いながらヒールを履いてたらしいです。
頑張ってるなー!

そして曲はもちろん、キケチャレとNegiccoがコラボしたニコらス!
曲名、ニコラス・ケイジじゃないですよ、Negiccoちゃん。。
やっりーが「いろんなところでこの曲をDJでかけても全く盛り上がらないけど、今日はホームだから!」と言ったとおり、ホームならではの熱狂ぶり!
「ニコラス・ケイジ」って叫んで大盛り上りしてるの、世界中でここだけだったろうな(笑)。
最後にはやはり(?)、セクシーJに「泣ーけ!泣ーけ!」コールが(発信元はやっりー)。
エレ片のラジオのエピソードを元に郷太くんが作った曲なので、なぜニコラス・ケイジなのか、なぜ「泣け」なのか、なぜキャンプなのかは、ポッドキャストやDVDで確認してみると楽しいです。


Negiccoが帰っていき、再び登場したSMALL BOYS。
キケチャレの身長が異様にでっかくなってる分、スモボがTシャツのロゴ通り、ホントにsmallでした。
ビッチに挟まれてしまった少年、って感じ!?
そんな“スモチャレ”の、このフェスのために作られた新曲、クラクラッ♡シンデレラ
Twitter上で郷太くんとやっつんの間で話が進み、堂島くんが知らないうちに「コラボで新曲作ります」とラジオで発表、どうなることかと思いきや、ちゃんとできちゃうところがさすがです。
しかも、めちゃカッコイイ!!!
去年、スモボは最後のほうでの登場だったので、最後の盛り上がりを想定して作ってしまった、というニッシ。
確かに、夜っぽい感じではあるね。
スモボ2人がビッチなだっちーに迫られ顔を撫でられる、という演出に、笑った笑った!!
「だっちーの話していい?」がまた使われてた!
ニッシ曰く「キケチャレの曲は、普段は書けない、クソビッチな歌詞が書けて楽しい」そうです(笑)。

そしてここで事件発生!
こぅくんがずっと、だっちーのお尻を触っていたことが発覚!
どうやら一目惚れ!?したらしく、「楽屋で脇毛を剃ってる時から好きでした」と告白(笑)。
本気で照れてるように見えるのがヤバイです。
「ここで堂島って呼んじゃダメ!こぅくんだから!」と、絶対にアイドル設定を崩さないところがまたアヤシイ!?

キケチャレ最後の曲、Funky FUN!!!にはDJラマン(RAM RIDER)も登場。
RAMさんまでも「だっちーが眩しくて」なんて言い出して……モテまくりじゃん、だっちー(笑)。
鉄板で楽しいこの曲、ラップパートには、いとうせいこうさんが登場!
オリジナルのライムを紡いで、あっという間に去っていかれました……。
楽しかった!!!


「やついフェスの予習」と称し、この2週間くらい、キケチャレとスモボばかりを聴いていた私にとって、ここまでだけでも、1日分のチケット代払ってもいいくらいの満足感。
ここでしか観れないコラボ、いくつ観れちゃったんだろう!?
楽しすぎる!!
それなのに、フェスはまだまだ始まったばかりなんて!
恐ろしいフェスだよ、やついフェス!!

その2に続く。
[PR]

by kazumi7311 | 2013-06-23 18:43 | Live Report

<< YATSUI FESTIVAL... ▲UP テンセルリネンブラウス >>