無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 YATSUI FESTIVAL! 2013(その3)andymori~TRF~DJやついいちろう~フィナーレ編   

その2から続きます。
やついフェス、そろそろ佳境に差し掛かっております。

O-EAST、メインステージのレキシが終わると、すかさずサブステージではお笑いコーナー第2部開始。
レキシでかなり消耗してしまったので、少し後ろに下がり、のんびり観ることに。
ここでは、三拍子、アナログタロウ、アルコ&ピース、どぶろっく、マシンガンズが登場。
アナログタロウのどうでもいい情報を教えてくれる80年代の歌番組の曲紹介、おもしろかったなぁ。
斉藤由貴はそんなにシマリスを飼いたかったのか!(笑)
去年は声だけしか聴けなかったどぶろっく、今年はガッツリ観ることができて嬉しかった。
人の想像力(妄想力)って、果てしないもんなんだな(笑)。


続いて、メインステージには、解散を発表しているandymoriが登場。
客電点いたまま演奏してるー!と思ったら、チューニングでした(^^;
まるまる1曲歌ってしまう人たち、初めて観たかも。。

andymori、私はやっつんがいなかったら出会ってなかったかもしれないバンドです。
やっつん主催のイベント(2011年の七夕ナイト)で1度ライヴを観て以来、2度目のライヴ。
会場の熱気がすごかった!フロアはまさにもみくちゃになってました。
素直なメロディが心に響きます。
クラブナイトは、やっつんたちがやってた週末Dinerのことを歌った曲だと知ると、響きがまた違ってくるような気がする。
いつもどおりおしゃべりしてる感じそのままなMCも、彼らっぽい。
ボーカル壮平くん、ハマカーンがとても気に入ったようでした(笑)。

andymori、(多分最後になっちゃうと思うけど)ライヴ観れて良かったな。
曲の短さも相まって、たくさんの曲を心に刻めたし。
それにひきかえ、レキシのおじちゃんは4曲……(^^;


続いて、お笑いステージ最後の、第3部。
Hi-Hi、アメリカザリガニ、ユリオカ超特Q、X-GUNのベテラン勢ぞろいブロック!
めちゃ笑った!!
このEASTのお笑いステージは第1部からずっと歌ネタが多くて、どの芸人さんも歌うまいなー!ってびっくりしてたんだけど、このブロックはアメリカザリガニが印象的でした。
声の高低差を生かすと、こんなことになるのか!!めちゃオモシロイ!!
ウケてたな~。
あとユリオカ超特Qが「三谷幸喜」に激似でびっくりした!!
カツラをかぶっただけなのに!!
そして、舞台袖ではやらないと言っていたというモノマネに敢えて挑んだ、X-GUN西尾さんのチャレンジ精神に敬礼!

お笑いステージ、大トリはエレキコミック!!
えええと、NHK BSプレミアムの撮影(7/20放送予定だそうです!)入ってるんですけど……なぜにヤリーのネタを!?
なぜに完全ド下ネタを!?
だっつん、カメラマンさんに「テープもったいないんで、止めちゃっていいですよ」って言ってました。
トリがまさかのオールカット!?……最高すぎる!!!


メインステージには、やっつんのDJセットの前に、新たにDJセットが登場。
長い金髪が観えるぞ……本物のDJ KOOだ!!
本物のTRFだ!!!
ミラーボールも回り、大音量でガンガンに盛り上げたところで、キタ!BOY MEETS GIRL!!
そしてYU-KIが登場、歌い始めた!!!
本物だーーー!!
YU-KIさん、「もっといけるでしょ?」とクールに上から目線であおる、あおる!
こういうお姉さまタイプ、新鮮だわー。
EZ DO DANCEでフロアの熱気は上がりに上がり、そしてsurvival dAnce ~no no cry more~で最高潮!!
地面が揺れた!!空間が歪んだ!!
体力が限界に来ていたと思ってたのに、ジャンプ出来ちゃう自分が不思議。
酸素が薄くて、観てる景色がストップモーションになってました。
この曲はDJやついの十八番ですからね!
やっつんが呼び込まれ、夢の共演が実現していました。

ものすごい熱気を残したまま、あっという間にTRF終了。
KOOさん、フロアのみんなの大満足の笑顔を写真におさめていってくれましたよ。


そして興奮気味のDJやついのプレイ。
が、しかし!時間が押しているので、いきなり湘南乃風睡蓮花でタオルまわして大盛り上がり!
DJやつい、新しいアルバムのジャケで着てる衣装だったんだけど、可愛いよね~これ!

ここでゲストにIMALUちゃんが登場、もちろん曲はSUSHI PIZZAの名曲マイティDISCO!!
私の隣の男性が「明るいよ」の振付けが完璧だったのにびっくりしたわ~(笑)。

ハッピー注入されまくったところに、今度はヒャダインさん登場!
新曲てんけてんけてん、「てんけてんけてん」の振付けで激しく踊り歌う2人!!
まさに踊り“狂う”とはこのことか!?
それにつられ、フロアも「てんけてんけ」の波!
何これ、めちゃくちゃ楽しい!!!
最初聴いたときはあまりピンとこなかったんだけど、何度も聴くうちに、このループ感にまんまとハマってしまった!!
目を閉じると、このときのやっつん&ヒャダインの踊り狂う姿が浮かんできます、今でも。
しかしこの曲、やってるほうは体力を消耗しまくるらしく、息を切らせたやっつん「フェスとかでは絶対無理!」と言ってました……どうなる?夏フェス!!


そしてフィナーレです。
残っていた出演者の方々がステージに続々と登場。
ワタナベイビーはお子さんが生まれたそうですよ!メデタイ!!
中村一義くん、氷結片手に、相当酔っちゃってご機嫌ですねぇ。
ビッケとカツマーレーは、浴衣着て風情ありすぎ(笑)。
こうやって集まってるのを観ると、「あー、この人も出てたんだ!」「あー、観たかったなぁ」と思う人ばかり!
これでもほんの一部なのにね。
どれだけ魅力的なんだ!?

最後は全員で、曽我部さん作の「やついフェスのサライ的な曲」、月が今夜笑ってるから、ぼくらそっと東京の空を見上げるを。
昨年10月に行われたDJやついいちろう PLATINUM DISCリリースパーティの最後に、出演者全員で歌い、ライヴレコーディングされたこの曲。
現在配信中ですが、この日は、やっつんのCDに封入されている引換券を持ってくると、限定CDとして貰うことができちゃったんですよ。
なんて太っ腹!!!
a0023085_0483810.jpg
8cmCDじゃないよ!まわりがスケルトンになってるんだよ!可愛い~♪

あれー?歌う人たちはたくさんいるけど、楽器がないぞー?カラオケかなー?……と思っていたのですが、やっつんが「演奏は曽我部恵一BAND!」と紹介すると、サブステージの幕が開き、なんとソカバン、サブステージに登場!!
最後まで楽しいサプライズ!

この曲は、ホントに、ホントに、ホントに、名曲。
今日の1日を思い返し、今ここにいる幸せを噛み締め、なんか泣けてきちゃいました。
そして月を見上げるたびに、この日の幸せな時間を思い出すんだろうな。
ベイビーが(知らないくせに)チョロチョロとフレーズを追いかけたりハモったりしてたのも、愛嬌ってことで(笑)。
幸せな気持ちで満ちあふれたO-EAST。
あぁぁ、なんて素敵な夜なんだ!!


そして長いようで、あっという間の1日が終わりました。
なんて!なんて楽しい1日だったんだろうか!!!
とにかくもう、どこにいても、何をしてても楽しくて。
もちろん、孤独なソロ活動かと思っていた私に声をかけてくれた、久しぶりに会えた友人にも、気づくと自然に話をしちゃってたそのお友だちにも、大感謝です♪

楽しすぎて、休憩するのがもったいないほどだったので、最終的には体力が限界を迎えたことは否めない。
飛ばしすぎました。。。
野外のフェスだと、待ってる間に地べたに座ってたり、昼寝だってできるんだけどね。
野外に比べて移動距離は格段に短いけれど、休憩を取りにくいのが難点だったかな。。
近くのお店にご飯休憩にでも行けば良かったんだけど……会場から離れがたい気持ちもあったんだよね。
どこにいても、どこで昼寝してても(笑)音が聴こえる野外フェスとの違いは、そこかもしれませんね。
でもさー、ホント、これでも絞りに絞ったんだよ?無理しないで観てたんだよ?
出演者が充実しすぎるのも問題なんだってば!(笑)。


あぁぁ、なんてステキなフェスだったんだ!!
やっつん、ホントにホントにありがとう!!!
そしてお疲れさまでした!!!
来年のやついフェスも、楽しみに待ってていいよね?
[PR]

by kazumi7311 | 2013-06-25 02:31 | Live Report

<< NONA REEVES 201... ▲UP YATSUI FESTIVAL... >>