無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 『マゴーソニック2013』~オラ、モンパチが観てぇ!~   

9/21(土)。
真心ブラザーズの対バンツアー『マゴーソニック2013』、大阪公演に行ってきました。
対バンゲストは、サブタイトル「~オラ、モンパチが観てぇ!~」どおり、モンゴル800
a0023085_1443137.jpg

普段は遠征をしない私ですが、どうしても東京公演に行くことが難しく……三連休だし、大阪ならちょうどいいかな?久しぶりに学生時代の友人にも会いに行こうかな?と、若干の言い訳をしながら、大阪プチ旅行に行ってきました。
とはいえ、全く土地勘がない難波の街。
地下鉄の改札を出ていきなり曲がる方向を間違え、地下街をさまよったりしていました(^^;
たどり着けてよかった。。。

会場のなんばHatchがある港町リバープレイス、川を船が通っていったり、広
場ではビール祭り(?)が行われていたりと、なかなか賑わっていました。
a0023085_14431778.jpg
外のスペースで開場を待ったのですが、昼間はびっくりするほど暑かったのに、夕方、涼しくなって秋風が吹いて、外にいる時間がとても気持ちよかったな。

開場前に久しぶりにお会いするお友だちと合流。
見知らぬ会場で、とても心強かったです(笑)。





開演前、真心2人が登場してご挨拶。
司会者のように、モンゴル800を呼び込んで去っていきました。

モンゴル800
モンゴル800、フェスでは何度か観たことがあったけど、こんなに間近でガッツリ観るのは初めて。
大昔、真心がトリだった夏のイベントで、オープニングアクトとして出演していたモンパチを観たのが最初だったけど、だいぶ(いろんな意味で)貫禄ついたよね。
正直、モッシュとか凄そうだな、とか、客層どんなかな?と不安な部分もあったのですが、かなり平和な感じで観れてホッとしました(^^;

そんな感じなので、タイトルが一致する曲は少なかったんだけど、小さな恋のうたや、神様は、一緒に歌っちゃってました。
ヒット曲あるのって、強いなー。
そしてモンパチの良いところは、キャッチーなメロディで、一度聴けばすぐ口ずさめるところ。
初めて聴いた曲でも、体を揺らしながら、楽しく聴けるのは、強いです。
さすがに本編最後のあなたにでは、キヨサク側にいたファンの方々がドドドーっと前に押し寄せ、後ろにがらんと空洞ができちゃってました。
うん、気持ちは分かるよ!
前に立ってたモンパチファンと思われる女子が「今日は押されなくていいねー」って話してたので、今回は真心ファンとモンパチファンがサンドイッチ状態だったからモッシュが起きなかっただけで、いつもはもっとすごいんだろうな、と想像。
エネルギー、すごいな!!!

それにひきかえMCは、沖縄ののんびりした雰囲気もあり、グダグダキュート系。
優しい人柄がにじみ出てます。
大阪城ホール公演が決定した彼ら、ためて告知しようとしてたのに、お客さんに先に言われてしまい、「大阪、ヤジが多い」なんて文句言ってました。
東京だと、割と黙って待ってそうだけどねー、大阪はせっかちなのかしら?
いいな、楽しいな。

余談ですが、超今更気づいたんですけど……ベースボーカルなのね、キヨサクって(←ヤバイ)。


真心ブラザーズ
メンバーは、真心2人に、ビバさん(ドラム)、一郎くん(ベース)、HAKASE-SUN(鍵盤)の5人編成でした。
YO-KINGさん、王道真心ジャパンツアーのTシャツ(中野限定色の茶色)を着てる!
グッズTシャツ着てるの、珍しい!!!
あと、珍しくシェイカー持ってたなぁ、この日。
桜井さんはカモフラ柄のポロシャツを着ていて、案の定、「バッタがとまってるよ!」なんて、YO-KINGさんにいじられてました。

セトリはこんな感じ。

01 突風
02 マイ・リズム
03 日曜日
04 流れ星
05 潮騒のメモリー
06 Sound Of Love
07 消えない絵
08 ENDLESS SUMMER NUDE
09 拝啓、ジョン・レノン

王道でも邪道でもなく、隠れた名曲セレクション!?
渋い!!!
突風から始まるなんて!!!
4人編成でロックアレンジな突風、カッコよすぎるぞー!
マイ・リズムも4人で。
こっちも渋い!!!
私が一時期、いちばん好きだった曲だったなぁ……なんて、なぜ思い出してたんだろう!?

日曜日からは5人編成で。
HAKASE-SUNの音色がレゲエにピッタリなのはもちろん、レゲエを叩くビバさんが最高でした!!
力強いのに軽くてサクサクしてる印象のドラムなので、重たくモタっとしてないところがいいんです。
ビバさんっぽいフィルも最高!
気持ちいい!

流れ星では、手ぶらでスタンドマイクで歌うYO-KINGさんに釘付けでした(笑)。
最近、スタンドマイクで、(手持ち無沙汰なのか)微妙に振りをつけながら歌う姿を見かけるようになってきたけど、これって……萌え死にしろってこと!?(笑)
可愛すぎるのよ。。。
それにしてもこの曲、年を経るごとに、味わい深くなってきていて、胸を震わせます。

ステージからいなくなってしまったYO-KINGさん。
すると、、、絶対やるとは思ってたけど!あまちゃんの衣装で登場!
んんん!?2人出てきた!?
キヨサクもあまちゃんの衣装で登場。
まさかの、オッサン潮騒のメモリーズ!!
キヨサク、衣装があまりにもパツンパツンで前が締まらず、ハッピ着てるみたいに。。。
「俺のハチマキだけ“北の海”って書いてあるように見えた」って、何その被害妄想(笑)。

潮騒のメモリーに行く前に、運び込まれた小さなトランポリン。
バンドがあまちゃんのテーマ曲を奏でると、YO-KINGさん、アキちゃん風に跳んだ!ポーズ決めた!
可愛い(笑)。
キヨサクは……トランポリンの体重制限のため、跳ぶこと叶わず。
見てみたかったけどねー(笑)。
そしてようやく2人の歌へ。
会場入りしたキヨサクを捕まえてムチャぶりしたそうですが、キヨサク、本番までの間に動画を観ながら振付けを覚えたそうです。
エライ!真面目!
そしてYO-KINGさんに、「先輩風吹かせてるねー」と桜井さん。
その結果、アキちゃんよりユイちゃん(キヨサク)のほうがちゃんと振付けを覚えていて、途中からリードしてもらっちゃってたそうです。
さすが!
フルコーラスで歌ったのですが、2番に入るときの「まだやるの!?」っていう会場の微妙な空気を振り切って、最後まで歌い通した2人に敬礼!
いやー、もう、笑った!笑った!!
桜井さんがこういうことやってももう驚かないけど、YO-KINGさんがやると、ちょっと新鮮なのが笑える。
「これは事件だね」と、桜井さん。
「となりで目が合うと、目がキラッキラしてて、まつげバッサバサで、可愛かったー」と、YO-KINGさん。
ハイ、伝説1つ、目撃してしまいました。

「この後ではとてもやりづらいのですが、1曲歌います」と、桜井さんボーカルのSound Of Love
メトロノームじゃなくて、こっちをチョイスしてるところが嬉しい。
アルバム聴いてたころの、車で口ずさんでいた時のウキウキ感が蘇ったなぁ。
YO-KINGさんはエレキギターを持って、ギターソロで前に!
うわぁ、「なまり」健在!!
YO-KINGさんの音だー!!
あのたどたどしい手つきといい、ギター弾いてるのもイイのよね~。

「宇宙兄弟の曲やりまーす!」と、消えない絵
この突き抜けた感じ!
会場の高い天井を思わず見上げてしまう。

「この夏、話題騒然だったこの曲!山Pありがとう!」と、ENDLESS SUMMER NUDE
今年は何度も聴いてきたし、それなりに許容できたけど、やっぱさぁ、本家がイチバンですよ!

真心最後は拝啓、ジョン・レノン
前に出てきて、自分の目の前で歌ってるYO-KINGさん。
素敵っぷりがハンパない!!
この日は異様にときめいたんだよねー(笑)。
はぁ、かっこよすぎるわー。
私の、不動のNo.1です、ハイ。


自分のライヴが終わったのに、ステージに残ってMCする真心2人。
「コヤブソニックみたいでしょ?」なんて言いながら、転換の時間を繋ぎます。
さすがホスト!


第3部 セッション
「後輩のバンドに乗っかるの、だーいすき!!」という桜井さんの言葉通り、第3部は、モンパチの間に真心が挟まれた状態で、セッションです。
なぜか、メンバー同士の間隔がめちゃ狭かったね(笑)。

セッション、曲はこの3曲。
01 どか~ん
02 ターコイズ
03 What a wonderful world

2組が揃い、やはり話題は先ほどの事件、潮騒のメモリーズに。
「アキちゃんとユイちゃんが、袖で振り付けの反省をしてたのを見て、これは2回目もあるのか?、と。」と煽る桜井さん。
前日の名古屋公演では、レキシ:池ちゃんがそりゃーもうノリノリでやっていたそうで、「ということは、21日福岡のスカパラは???」という話に。
「もし福岡で、オレがひとりで天野春子バージョン(もしくは、一郎くんの鈴鹿ひろ美バージョン)で歌ってたら……察してください。スカパラNGだったんだな、と。」と言うYO-KINGさん。
すると、「もしスカパラNGだったら、俺、それだけのために行きますよ!」と立候補するキヨサク!
男気あるのか、先輩を立ててるのか、それとも楽しくなっちゃったのか(笑)。
「じゃあ、福岡は池ちゃんも一緒で」「増殖してくのか!じゃあ地元へ帰ろうも歌わないと」なんて、話は尽きないのでした。


※ちなみに、福岡公演では……
スカパラNGは出ずに、「ユイちゃん」は大森はじめ氏が担当したそうです。
しかも、白いハーフパンツは自前の用意周到さ。
はじめちゃん、黙ってれば男前なのにね……最高すぎるわー!!
細くて可愛くて、背中合わせになって歌うのも、アイドル感あったそうですよ。


曲は、まずはどか~んで大盛り上り!
次のターコイズでは、「ほとんどやったことがない」という、キヨサクによるコール&レスポンス。
沖縄弁で、「はいさい」→「はいさい」、What's Upという意味の「ちゃ~がんじゅ~」→「ちゃ~がんじゅ~」とひとしきり盛り上げる。
YO-KINGさんも、もう貫禄たっぷりなコール&レスポンスを披露。
当然のように「こういうの、桜井さんが得意だから」と桜井さんに振りますよねー。
なぜか英語っぽい発音でやってのける桜井さん、「イラっとしちゃった?」と一応ご機嫌伺いをするところが、いつまで経っても後輩でございます(笑)。
再びキヨサクに戻ってくると、次のステップ、「まごころ」→「ブラザーズ」に入ろうとするも、「あれ?違うなぁ」と何度もやり直す……マイペース!
そして今度こそは!と思いきや、また「違うなぁ」でストップ。
YO-KINGさん、見事な大阪的コケ方でコケておりました(笑)。
何とか「まごころ」→「ブラザーズ」、「モンゴル」→「800」が成功すると、左右の人差し指をクロスしてお客さんに目配せするキヨサク。
みんなの頭に「?」が浮かんでいたけれど、いち早くYO-KINGが意味を察知、「まごころ」→「800」というコール&レスポンスが成功したのでした。
……曲に入る前に、「1曲分くらいコール&レスポンスで時間を使ったよね」とYO-KINGさんに突っ込まれるキヨサクでした。。。
天然だなー(笑)。

コール&レスポンスの印象が強くて、曲がかすみがちなのですが、モンパチ曲を歌うYO-KINGさん、素直でストレートな歌い方がピッタリでした。
ロックバンドの歌、合うよねぇ。
強い声なので、もう、自分の曲かのようでした。
桜井さんのギターソロ、他のバンドの曲で聴くと、上手さが際立つ気がします。
意外とアクは強くなくて、軽やかな感じがする。
ま、顔で弾いちゃってるのはいつも通りですが。

あまり共演しているのを観ていなかったせいか、ちょっと意外だったけど、この2組、かなり仲良しな雰囲気が伝わってきました。

真心ライヴで沖縄に行ったとき、ビバさんがシンバルを忘れてしまい、モンパチのドラムのサトシくんに貸してもらったことがあったそうです。
わざわざ会場まで届けてくれて、しかもなぜか楽屋には、お母さん手作りのサーターアンダギーの差し入れまで!
ええ子や……。

また、モンパチ主催のフェス「What a Wonderful World!! 13」に、真心にいさんたちもそれとなく誘ってはいたものの、スケジュールが合わなくて参加してもらえなかった、と話していました。
ギターのタカシくんは「真心は、全員集合(モンパチ主催のもう一つのイベント、800だョ全員集合!!)向きだな、と、今日確信しました」と言ってました。
以前、YO-KINGさんソロで出演したときは、モンパチ3人が雷様のコスプレをしていて、YO-KINGさんも雷様に!
「あなた、俺の知らないところで、何してるの!?」と、桜井さん苦笑い(笑)。
「俺、モンパチと共演するときは、いつもコスプレしてるな……」と、YO-KINGさん。
「当日、ダメ元でムチャぶりしたんですけど……」と語るキヨサク。
でも大先輩、「大好物でーす!!」と二つ返事だったそうですよ。さすがです。

セッション最後はWhat a wonderful worldのロックカバーで大盛り上り。
YO-KINGさんのカタカナ英語も炸裂しておりました(笑)。

楽しすぎるライヴが終わり、客電点いても拍手は鳴り止まず。
すると、真心2人が再び登場!!
お・も・て・な・し(by クリKING)の心ですね。。。
何やろうか、急に出てきちゃったからなぁ……と言いつつ、桜井さんのエレキギターで朝が来た!
ホントに急に決めたので、YO-KINGさんも「手拍子、どこで入ったらいいか、俺も分かんないや。こうか!」と、お客さんと一緒に手探り状態(^^;
そしてシェイカーを探すも「あった!」と、自分のポケットから引っ張り出すYO-KINGさん。
いつもどおり、自由です。
レアバージョンの朝が来た!、しっかり胸に刻みました。
楽しかった!!!


終演後も熱が冷めやらず。
開演前は「グッズは買わなくていいや」と思っていたはずなのに、何故か帰りには手にしていたというマジックが!
a0023085_14491011.jpg
a0023085_1449135.jpg
前日、レキシののぼりに憧れていたという真心。
本日はOTODAMAで使用したと思われるのぼりを再利用して、ステージ上やロビーにも飾っていました。
a0023085_14432063.jpg
モンパチも出てて良かったよね。
そして清水音泉で良かったよね(笑)。
ステージ中央奥にかかっていた「マゴーソニック2013」という、筆文字のロゴが入った旗も、カッコよかったですよ。
それを差して「2013って入っている、ということはー?」と、お客さんを喜ばせる桜井さん。
こんなに楽しい対バンイベント、来年も絶対やってほしいです!!!

ちなみに、名古屋では、レキシといとうせいこうさんをお迎えしたので、狩りから稲作へではYO-KINGさんの「キャッツ!」ポーズが観れたり、MC SAKUが登場したり、最後はせいこうxレキシx真心で東京ブロンクス!!!を共演したりと、これまた豪華なセッションだったそうです。
レキシネームまで付けてもらったなんて!
YO-KINGさんのレキシネームは「拝啓ジョン万次郎」、桜井さんは「桜井門外の変」だそうです。
良かったねぇ(笑)。


福岡では、東京スカパラダイスオーケストラと、星降る夜にをセッションしたんだって!
ヒロトの声をYO-KINGさんに差し替えて、脳内で再生してみちゃったよ。
うん、ぴったり!
いいなぁ、聴きたかったなぁ。
真心曲は朝が来た!だったそうなので、大阪の弾き語りとは違う、豪華な曲になったんだろうな。

できることなら、全国、全部、行きたかったよーーー!!!


ライヴ終了後、友だちと2人、燻製の美味しいお店でプチ打ち上げ。
ビールが美味い美味い(笑)。
かなりぶっ飛ばして暑苦しく喋っていたけど、ホントに話が尽きませんでした。
はぁぁぁ、ホントにステキな大阪の夜になりました。
a0023085_14432325.jpg



ちなみに……
ホテルの近くにあった丸福珈琲店で、特製ホットケーキをいただきました。
懐かしい感じの、まさしくホットケーキ!
パンケーキもいいけど、ホットケーキも美味しいね~。
a0023085_14432720.jpg

結局、よく食っております(^^;
[PR]

by kazumi7311 | 2013-09-23 22:47 | Live Report

<< MASHIROCK FESTI... ▲UP 第6回したまちコメディ映画祭i... >>