無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 SMALL BOYS『スモボと「紅葉サイリウムほたる祭!」2013』   

11/8(金)。
SMALL BOYS『スモボと「紅葉サイリウムほたる祭!」2013』に行ってきました。
場所は、もはやスモボの聖地?渋谷O-West。
a0023085_15320965.jpg
今回も前回の納涼サイリウムほたる祭!に引き続き、
前座に堂島孝平、西寺郷太、
DJに今立進(エレキコミック)と越田祐(Yes-man)。
この方々が、スモボの2人を盛り立てます(笑)。

19時開場とともに、順調に入場。
入口でイベントによくある「お目当てのアーティストは?」と聞かれ、スモボ以外いるのか!?と思いながら「SMALL BOYS」と答えたところ、私の次に入場した男性は「今立さん!」ときっぱり答えていて、軽く衝撃!!

前回は購入したサイリウムですが、今回はチケット代に含まれていたので、入口に置いてある箱の中から1本、もらっていきました。
緑=こぅくん色、ピンク=ニッシ色の2色のうちから1本。
ピンクが若干残りがちだったので、私はピンクにしましたよ、ニッシ。
a0023085_15321515.jpg
キラッキラのステッカーももらいました。
どこに貼ろうかなー?

中に入ると、コッシーのDJが始まっていました。
バリッバリのアイドル、っていうよりも、ちょっと懐かしめの好きな曲かけてる感じ?
吉川晃司とかフットルースとか、ニッシ寄りの選曲のような気が……あとでKOKOMOもかけてたしねぇ。
大きな音で曲聴きながら、ハイネケン飲んでるこの時間、至福です!(缶ビールは放置しない!←前回の教訓。)

この日は事前に「ガラスの重大発表」(←「ガラスの十代」オマージュですよね、、、ニッシ考案だと思う。。)があると告知されていたので、一体何だろう?ガラスってことは割れる?……か、解散!?なんて思いを巡らせたりしつつ、開演を待っていました。



19時半開演。
まず登場したのは、堂島孝平
アコギでひとりスタイルの堂島くんを観るたび、この人凄いな!カッコイイな!頼もしいな!楽しいな!と、改めて思ってしまう。
曲は、

01 センチメンタル・シティ・ロマンス
02 き、ぜ、つ、し、ちゃ、う
03 ないてんの わらってんの

の3曲。短いー!!!
センチメンタル・シティ・ロマンスでは、「枯葉ひとつ舞い落ちる夜に~二人は旅にでたのさ~」の部分を何度も何度も繰り返しては、「終わりそうで終わらないやつ!」と楽しそうでした(笑)。
歌の間に普通に喋っちゃってるって……数日前にも経験した気がする(キンプリDNA?)。

き、ぜ、つ、し、ちゃ、うはNONA REEVES MIXバージョンで。
サビあとに、LOVE TOGETHERDJ!DJ!POP TRAINのフレーズを無理なく(無理やり?)挟み込んだ!
自身の曲には絶対なさそうなPOP TRAINのサビを歌う堂島くんが、なんか好きでした(笑)。
何故か小沢健二の愛し愛されて生きるのさまで歌っちゃってから、きぜつに帰還。
盛り上がったー!

「もう1曲やっちゃう!?」と、最後にないてんの わらってんのを。
ギターをその場で録音して、その録音したフレーズを流しながらハープ吹いて、歌って、客席一番前のバーに足を乗せて、お客さんを煽る煽る!
録音したフレーズにギターを重ね、歌って……すんごいカッコよかった!
ソロのパワーを見せつけられました。

ちなみに、堂島くんの重大発表は「スモボの重大発表は何なのかは分からないけれど……今日は、ヘアジャム」ということでした。
ヘアジャム……ヘアジャムじゃない……松田翔太のあの言い方で、クリクリパーマを弄んでましたね、堂島さん(笑)。


DJコッシーが再び登場、転換の時間を繋ぎます。
Negiccoのときめきのヘッドライナーかけてくれたー!!
ジェーン・スー作詞、西寺郷太作曲、演奏はNONA REEVESって、好きじゃない訳が無いじゃないか!
アガる!カッコよくて震える!!
欲を言えば、、、もうちょっと爆音でかけて欲しかったなー。


続いての前座は、西寺郷太

01 The Look Of Love
02 シルクロード・ウーマン
03 I Can Live Without U

弾き語りと言いつつ援軍を連れてくるでお馴染みの郷太くん。
今回はなんと!ヒックスヴィル中森泰弘さんが登場です。
「中森さん、カッコイイですよねー。スタイリッシュ!その靴、どこで買ったんですか?」なんて褒めちぎる郷太くんに、「やめてよー」と照れる中森さん。
意外にも、ステージ上での共演は、先日のマシロックが初、あの時は色々ありすぎだったので……ガッツリ一緒にやるのは、今日が初めてだそうです。

そんな2人なので、郷太くんはあえて何も言わずに「僕に歌ってほしい曲は?」と中森さんに選曲してもらったそうです。
1曲は、いわゆるスタンダードの曲。
「和田唱がスタンダードとか歌うのがカッコよくて!ちなみに、俺の周りにいる中で、和田唱、堂島孝平っていうのは、1人でギター1本で何でもできちゃって……カッコよくて凄いんですよ!一緒にやるの、嫌なんですよ!声かすれろ、とか思う(笑)」という郷太くん。

中森さんが選んだのがThe Look Of Love
この曲は、いろんな人がカヴァーしていて、「日本だとスカパラ」(中森談)がやってるみたいですが、この日は、ダスティ・スプリングフィールド版を元にカヴァーしたそうです(Twitterで郷太くんが言ってました)。
元はバート・バカラックの曲。
ビルボードでバカラックを観た郷太くん、バカラックの歌で「胸が潰れそう」と言ってたことから、ノーナのMr. Melody Makerができ、「君(=バカラック)は僕の好きな歌を唄うよ」と歌っているとか。
だから郷太くん、この曲を選んでくれたことで「中森さん、よく見てくれてるなぁ」と感動したらしいです。
まーとにかく、郷太くんのファルセットが美しいのなんのって!
なんて大人なカヴァーなんだ!後半との落差が激しすぎるでしょ!
秋だからかな?こういうしっとり系の曲もいいですよね。
ちなみに中森さん、ノーナ曲ではプリズマティック・レイディがフェイバリットだそうです(私もー!!)。

次は郷太くんのラジオTAMAGO RADIOの交通情報、天気予報のBGMとしてお馴染みシルクロード・ウーマン
このタイトル、何やねん?って真城さんには突っ込まれたそうですが……確かに(笑)。
夏頃にあてもなくたくさん曲を作っていた時にできたうちの1曲で、後にラジオで使うことになったそうです。
「DEPAPEPEみたいやろ?」なんて言ってたけど、ギター2本で、印象的なメロウな旋律っていうのは、「ぽい」といえば「ぽい」ですよね。
ラジオでかかってるから、ってわけでもないけど、リフのこの感じが、夕暮れ時に街路灯がぼんやりつき始めた街並みを抜けていく車の中で流れているような感じ。
私はとても好きです。

最後は、スヌーピー展のテーマ曲、I Can Live Without U
“Can't”ではなく“Can”なのがポイントで、「生きてはいけるけど、おもんない」という意味合いだそうですよ。
この曲を郷太くんが担当して、スヌーピー好きの堂島孝平が悔しがっていると、とても嬉しそうに報告していました(笑)。
CMの短いバージョンはここで観れますが、1曲の長いバージョンもぜひ聴けるようにしてもらいたい!
この曲もほぼほぼファルセットなんだけど、最初の曲とは全然違って、心がほっこりするようなとても可愛い印象の曲。
男の子も女の子もみんなで歌えるように作ったそうで、みんなでナナナナナーって歌いました。

そういえば、ティト・ジャクソンとの初共作って言ってたのは、どっちの曲だったっけ!?
ティトが家に遊びに来た(!)時に、歌詞書いてよー、と言ったら書いてくれたらしいです。
英語ネイティブなんだからもっと難しい英語を使ってくれてもいいのに、“I am a boy, You are the girl, We are~ ”みたいな歌詞だった、と若干残念そうでした(笑)。
けど、みんなひとつの愛の上にいる、みたいなめっちゃいいこと言ってるんだけどね!とのこと。

中森さんとの2人舞台、シックで可愛くて、とてもいい感じでしたー。
後半との落差がホント半端ない!!


続いての登場は、今立進&DJコッシー
今回も「えー、私、エレキコミックというお笑いをやっていまして……」という低姿勢の自己紹介から入るだっつん。
「ご存知のとおり、ジャニーズが大好きでして……DJじゃなくてただ歌います!スモボのお2人はそんなジャニーズに曲を提供したりしてるのに、すみませんねぇ。けど2人の曲は歌いませんけど!へへへへ」と、ノンストップジャニーズカラオケ(笑)スタートです!
この日も待ち時間がとても長かったため、氷結ロング缶5本を飲んでコンディションを万全に整えていただっつん。
最初からご機嫌です。
みんながこぞってサイリウムを振り始めると、さらにご満悦。
曲は前回と結構かぶっていたけど、好きな曲ばかりなんだねぇ、と思わせるセットリスト。

TOKIO(LOVE YOU ONLY)→V6(Music For The Pepole)→関ジャニ∞(確か……ズッコケ男道)→光GENJI(ガラスの十代)→KinKi Kids(青の時代)→嵐(2曲あったけど……1曲はサクラ咲ケ)→News(weeeek)

これをノンストップで立て続けに歌うだっつん。
そりゃー酒飲んでなくてもバテるでしょー(笑)。
けど、最初のトキオで客層が同世代という安心感を得たためか、のびのびと楽しそうに歌っていました。
そしてこの日、誰よりも曲数歌ってるのはだっつん、という衝撃の事実!
入口で「今立さんを観に来た」と言ってた男性、間違ってなかった!!(笑)。
社長に買ってもらった(と思われる)ピンクのジャケットに、白Tシャツ&白パンツをロールアップしてる爽やかファッションのだっつん。
近くで観ると、この日の出演者の誰よりも背が高くてシュッとしているだっつん。
やたらとキメ顔を連発して、女性客に目線を送っていただっつん(多分焦点は合っていない……酔ってて)。
このアイドル祭りは、だっつんのための祭りだったのかも?
ただ、ガラスの十代の山本くんパート(美少年声のとこ)のキメ顔が、とても気持ち悪かったことは報告しておきます(褒め言葉)。


体力使い果たしてヘロヘロの酔っ払いのおじさん(笑)が去っていくと、フロアには危険日チャレンジガールズ!x SMALL BOYSのコラボ曲クラクラッ♡シンデレラが流れてました。
やついフェス以来、存在を忘れかけてたけれど、これもかっこいいよー!
「だっちーの話していい?」でどうしても笑ってしまうけれどもな!


2nd st.とともに、本日の主役SMALL BOYS登場!!
緑&ピンクのパーカーにサングラス、両手にサイリウム持ってドリフ的なダンスを踊っています!
この曲も無駄に音がカッコイイんだよなー(笑)。
こぅくんはフードをかぶって不良アイドルっぽい感じで。
真似してフードをかぶったニッシ、ピンクってこともあって、私はあるキャラクターを思い浮かべてしまい、もうそれにしか見えなくなってしまいました。
それは……たらこキューピー!!
可愛いけれども!!困った!!!

サイリウム、みんなだっつんで出しちゃったため、肝心のスモボでは既に暗くなり始めてしまってました。。。
「みんな早いよ!15分って書いてあるでしょ?」とこぅくんに言われ、パッケージに「15分」と書かれていたことに初めて気づいた!!!
前回はもっと長持ちしたのになぁ……ごめんね、スモボ。

01 2nd st.
02 Anthem SB~Boys' Voices -Interlude-
03 COSMIC ACTION
04 PERFECT QUEEN
05 Selfish Girl(新曲)
06 ユー・アー・ザ・わん!
07 VIVA WIN!

こうやって並べてみると、納涼の時とほぼ同じ曲、っていうね。。
ただもう、PERFECT QUEENはやっぱり最高でした!
ケミストリー風に背中合わせに歌う、というオモシロとか吹っ飛ぶぐらいに、この2人の歌に鳥肌たてていました。

ユー・アー・ザ・わん!でのパペットも健在。
ニッシ、「手人形」ってなんすか(笑)。
この人形劇、「橋下徹にも守ってもらいたい、伝統芸能」(ニッシ)らしいですよ……こんな政治家の名前出すアイドルはいないですけど。。
その話から……
先日、岡村靖幸さんのライヴ後に楽屋に挨拶に行ったら、ライヴ後すぐなのに「郷太くん、政治家になれるよ」と言われたというニッシ。
以前、佐野元春さんのライヴ後に楽屋に挨拶に行ったら、ライヴ後すぐなのに「堂島くん、バナナ食べる?」と言われたというこぅくん。
……持ってるねー、2人とも!
大御所に可愛がられるのも、アイドルの才能ですね!

何と新曲も初披露!!
Selfish Girlは、キレッキレのダンスチューン!!
曲はニッシ&corin.さんの「にしこりコンビ」、歌詞はこぅくんが担当。
V6の曲を彷彿とさせるエッジの立ったこの曲、こぅくんが歌い出しだったんだけど、うまくリズムに乗れず……ニッシに「こぅくん、ズレてるで?」と指摘されてストップ!
corin.さんのビートは複雑で難しいらしいです。。。
「知らんわ!乗っかっただけだもん!」と逆ギレするこぅくん(笑)。
「知らん、って、お客さん誰も知らない曲なんだから……ちゃんと歌って!」とニッシに諭されていました。
しかし、キレッキレの曲のカッコよさも然ることながら、ちょっと甘めで切ないこぅくんの歌詞が乗ることによって、超絶カッコイイ曲になっちゃってました!
スモボ、いよいよ本気出しちゃったんじゃないの!?

そしてそして、「ガラスの重大発表」!!!
セカンドアルバム『SMALL BOYS II』、12.25発売決定!!
なんとこのアルバム、リードトラックを除き既に完成済み!!
「Twitterでもわんわん、とか言わず、作ってることは内緒にしてた」そうです。
未完成のリードトラックは、先ほど披露されたSelfish Girlで、な、なんと!featuring 藤井隆!!!
タカシが歌っちゃうの!?踊っちゃうの!?
最高すぎるーーー!!夢みたいー!!!
藤井さんがノーナも堂島くんも好きでいてくれたから、実現したそうです。
堂島くんは乙葉ちゃん曲も作ってたもんねー。
「これで少年隊フォーメーションができる!」と喜ぶニッシだけど……「とにかく月末のMV撮影までにはダンスを何とかしなくちゃ」と焦ってもいました。
なにせスモボは「歌は5だけど、ダンス0」だからね……。
2階席で、プロデューサー:タニーさん(谷口尚久さん)の横に、振付師の竹中夏海さんがいたような気がするんだけど……もしかして!?
「本気中の本気出して、これで世間にスルーされちゃったら、解散しかないな!まぁ、ホントは去年の今頃、解散してるはずだったんだけどね。」と言うこぅくん。
そんなこぅくん、アルバム発売前日の12月24日に「たまごレディオ」ゲスト出演!
クリスマスイブはスモボと一緒にパーティだね!(笑)。

そんな期待大!のアルバムから、1曲試聴することに(普通に、みんなで聴きました)。
その曲とは……ハリウッド・レイディ、お前に!!!
今回のアルバムは、「にしこりコンビ」と「ドアラちーむ」に分かれて曲を作ったそうなのですが、こちらは「ドアラちーむ」作。
なぜドアラなのかというと……堂島&ARAKI(STOROBOY)のタッグだからだそうです(ニッシ命名)。
STOROBOYは堂島くんが声をかけた注目の若手バンド。
それなのにニッシが「俺が発掘した」とうそぶき、2人で手柄を取り合いしていました。。。
この曲、デビッド・ボウイとかプリンスとか、80'sのちょっと怪しげな魅力が詰まった音がしました。
こっちも本気出しちゃってるんじゃない!?
2ndアルバム、めちゃくちゃ楽しみ!!!

そんな重大発表もありつつも、最後のVIVA WIN!でフェードアウトしていく2人。
今回も、ニッシが(わざと)曲が終わりそうになるまでステージに残っていたため、無音になってからVIVA WIN!走りで帰っていくハメになったこぅくんでした。。。


アンコールは、スモボと中森さんが登場。
中森さん、緑色のサイリウムを持って登場。
付き合いが長い分、こぅくん派のようですよ(笑)。
曲は、中森さんの伴奏でSparkling Vacation
2003年に作られたこの曲。
10年前もここWestで聴いたことを思うと、感慨深いものがありますねぇ。
2人のハーモニーが美しくて、中森さんのギターの音色も素敵で、聞き入ってしまいました。

WアンコールはEarth ☆ Peace!!
「ちっきゅう!ちっきゅう!」の掛け声も、「イェーイ!」も、楽しいよね!
この声も、Westで録ったよねぇ。
冗談抜きで、Westはスモボの聖地だ!!!
客席が360度ある円形ステージを想定してか、斜め後ろのライトに向かって手を振り「見にくくてごめんねー!!!」と声をかけるこぅくん。
もうホント、この人のなりきりっぷり、振り切りっぷり、かっこいいわ!!
最後はWinkの決めポーズでフィニッシュ……今更気づいたけど、コズアクもアース☆ピースも同じポーズで終わるんだな(笑)。

そして今回も急遽、お客さんの声を録ることに。
「ワン」「ツーーー」の2声、どこで使うのかな~?
こちらも楽しみ♪

挨拶をして帰る時、何故かサングラスをかけ直してカッコつけ直すこぅくん。
ラストワードは「LOVE & ジーンズ」!!!
キムタクで去っていかれました……最高だ!!!


ということで、めちゃくちゃ嬉しい重大発表に歓喜の声をあげてきました(笑)。
Selfish Girl、生で観たら、かっこよすぎてぶっ倒れるんじゃないかと、今から心配だわー。
スモチャレのクラクラッ♡シンデレラはお蔵入りなのかなぁ、と心配だったんだけど、この曲もなんと!次のアルバムに入るそうです!
わーわーわー!!!
郷太くんが「言い忘れた」って(笑)。
アルバム、楽しみすぎるーーー!!!
ちなみに、セカンドアルバムの詳細はスモボのオフィシャルサイトにも。
え、演歌!?兄弟湾!?
カオスな予感でいっぱいです……。

そういえば、去年の仕事納めの日は、スモボ忘年会に行ったよなー。
今年の師走も、(イベントあるかどうかは分からないけれど)スモボと一緒に過ごすことになりそうですね。
楽しい年の瀬になりそう!!
[PR]

by kazumi7311 | 2013-11-09 23:55 | Live Report

<< 袖山タックカットソー(後ろレー... ▲UP YO-KING『YO-KING... >>