無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 エレ片コントライブ『コントの人8』   

2/9(日)。
1年に1度のお楽しみ、エレ片コントライブ『コントの人8』に行ってきました。
場所は、銀座博品館劇場。
a0023085_22223865.jpg
前日の記録的な大雪のため、銀座の街も雪景色!
レアな景色だわ~。
人出は若干少ない気もしたけど、相変わらず中国人観光客が元気元気!

交通の混乱も特になく、歩道も水たまりがある程度で、特に問題なく到着できてホッとしました。
何と言っても東京全12公演(!)の千秋楽ですからね。
思いっきり楽しみたいですからね!!

今回、文章にまとめるのはやめようと思ったんですけど、どう考えてもDVDにできないようなネタばかりだったので、備忘録として簡単に書いておこうと思います。

あまりのチケットの余りっぷりに、平日は特典として、エレキマネージャー上田の学生時代の自主制作映画「オーバー・ザ・レインボー」を開場時間に放映していたんですが、最終日は特典なし。
その代わり、エレキコミックの「エレベスト」とかが流れてました。
まぁ、平日特典はとてつもなくつまらないらしいので、どっちが良かったかは……微妙!!

開演前の恒例アナウンス、今回は仁さん。
とにかく下ネタとかひどいよ、っていうことを説明(^^;
「ここは治外法権ですから、大きな声で笑ってください」と言ってました。
右側~左側~真ん中と客席を分けたりしながら、拍手の練習なんかもしたっけな。





それぞれのコントの印象など(順不同です)。

ミラクルガール
永井真理子推し!!しつこいほどの永井真理子推し!!
なぜ永井真理子なのか、エレ片のコント太郎リスナー以外は全く分からないと思うけど、そんなのお構いなしに突っ走ってくれるのが、リスナーには嬉しかったな。
永井真理子のものまねをするだっつん、その後ろから登場する永井真理子本人役(?)のやっつん。
2人とも、前髪ぱっつんのショートカット、赤白ボーダーTシャツにデニム……まるでウォーリー!?
マイクで「ミラクルガール」を熱唱する2人の姿、あまりに普通に受け入れている自分にびっくり(笑)。
仁さんのTOSHIコスプレの突っ込みどころの多さもスルーされるほど、やっつんの「俺、永井真理子だから」っていう突っ走りっぷりが強烈だった!!
仁さんへのエレキ2人のツッコミがハンパない強さで、それが普段のエレ片っぽくて、全編アドリブみたいな感じでした。
仁さんそっちのけで、最前列の空席(ど真ん中2つと、下手2つ)をいじり倒すやっつんに、仁さん寂しそうだったな。
そして最終的に落とし穴に落とされる仁さん……。
「何回やっても怖い!」っていう心の底からの言葉。。。

オープニング・テーマは、今回もサイトウ "JxJx" ジュン作。
ピコピコしてて、カッコヨカッタ。
その音にのる映像も、相変わらずスタイリッシュ。
コントとオープニングのギャップもいいよね~。
なんか、自分の中で折り合いをつける感じ?中和されるというか……(笑)。

タワーマンション
タワーマンションの低層階に住む住人たちの集いの様子。
5階のやっつん、9階のだっつん、他には誰も住んでいない2階を買ってしまった仁さん。
卑屈さ全開!これぞエレ片の真骨頂!

リュージュのネタ(タイトル何だっけ?)
引っ越したばかりのだっつん宅に、リュージュの練習でやっつん&仁さんがソリに乗って突っ込んでくる。
ソチ五輪という時事ネタを、無理やり(?)限りなくくだらなく取り入れたコントでした(笑)。

劇団女優のネタ(タイトル何だっけ?)
アングラ劇団(集客25人)の主宰兼看板女優の仁さんと劇団員だっつん。
放送作家のやっつんに、いつも幕間に披露して大爆笑をとっているミニコントのネタ見せにやってきた話。
どブスの仁さんを「かわいい」と言わせるマインドコントロール(かわいいと言わないと針で刺される)がかかっているだっつん。。。
マインドコントロールって怖いよね~。
でもそれも、マインドコントロールされているという本人の自覚がなかったら、実は幸せなのかな~、とか。
ちょっとテーマが深いなぁ、なんて思ったり思わなかったり。
ただ、めちゃめちゃ笑った!だってホントに(見た目だけじゃなく)ブスなんだもん、仁さん!

人形劇団(タイトル何だっけ?)
これは絶対DVDに入れられないよね……ド下ネタ!!
小道具まで、ド下ネタ!
公園にやってきた父(だっつん)と息子(仁さん)が、人形劇(劇団員はやっつん1人のみ)を観る話。
右寄りだとか下ネタだとか、とにかくもう、地雷が埋まりまくり!
だけどこれも、めちゃくちゃ面白かった!!
辞めてしまった劇団員が作ったパペットは、手を入れると信じられないくらい痒いらしい。

ホームレス
市職員と公園に住むホームレス2人との攻防。

カフェ女子
これはねー、もうシニカルの極み!
明らかに、あるコンビのファンを狙い撃ち!?
オシャレカフェに集う女子がエレキ2人。
モード風(ツィッギーみたいな感じ?)なオシャレ店員と、カタギリーズ(人気ユニットらしい)の片桐役を、仁さん。
カフェはカレーで善し悪しを判断する(けど、置いてない!)、普通は絵本が置いてある(けど、なぜか実話ナックルズが置いてある……ありえない!)とか、カフェにこだわりがある「やちえ」。
毒舌なやちえが、オシャレカフェあるあるを言うたび笑っちゃうんだけど、私の「オシャレカフェ」への思いを言いあてられているようで、見えないところを針で刺されているような気分にも。
街で好きなタレントに会ってしまった時、めっちゃ話しかけたいし、めっちゃサインも欲しいんだけど、「プライベートを邪魔しちゃダメ」っていう変なプライド(?)が邪魔をする感じも……なんか分かる!(笑)
対する素直な「オシャレ大好き」女子役、大きな黒ブチ眼鏡にお団子ヘアのだっつんは、私にはどうしても徹子が見えてしまって困ったよ!!!
とにかくもうね、いろいろ思い当たる節がありすぎて、イタタタって感じではあったんだけど、それを全部笑い飛ばせた感じがするし、ちょっと自分が面白くも思えたのでした。
笑ったー!!!

全肯定人間
最後のコント。
同じプロジェクトを成功させた仲間なのに、出世した今立と、今や窓際に追いやられてしまった片桐。
今立の成功の陰に、何を言っても全肯定してくれるロボットがいたことを知った片桐は、そのロボット「全肯定人間」(やっつん)を借りることに。
どんなに卑屈なことを言おうと、どんな屁理屈を言おうと、怠けるための言い訳を言おうと、すべてを肯定して持ち上げてくれるのをいいことに、どんどん堕落していく片桐。
挙句、ホームレスになってしまい……というお話。
このコントのすごいところは、もはやコントなのかどうかも定かでないところ。
仁さんの屁理屈を、やっつんが見事に肯定的に評価するやり取りが面白いんだけど、同じ物事でも受け取り方によって全然違うアウトプットになるんだなぁ、とちょっと怖くもなりました。
何をやっても全て肯定され、受け入れられてしまうのなら、それだけ自分自身に厳しくならなければ、どんどんダメになっていく。。
最近「承認欲求」なんて言葉をよく目にします。
誰かに承認され、受け入れられているという実感を得ることは、とても嬉しいことだし、安心もしますよね。
でも、その承認の意味をどう受け取るべきか、どう次の行動に移すべきかは、自分次第なんだなぁ、なんて思いました。
まぁ、褒められて伸びる子を自任している私としては、あまりネガティブな意見を受け入れる度量がないのですが(^^;

そして、この最後のコントで、今までのコントが全て伏線になっていたかのように収斂していきます。
あのタワーマンションに住んでいたのは!
片桐がなってしまったホームレスって、あの「片さん」だったのか!
荷物を入れているのは、リュージュだ!
そのパペットは、手を入れると痒いやつだ!
……などなど、小ネタがザクザク放り込まれています。
こういうの、大好物!!
関係ないと思っていたものが、最後にはどんどん繋がっていくパターン。
あぁぁ、もう1回観て、伏線を探したい!!!



映像は今回も笑いっぱなし!!

ファッチューチョン
エレ片が選ぶ三大美食にも選ばれた「ファッチューチョン」(中国のスープらしい)。
「美味しんぼ」の中でしか知らないその美食を実際に作ったら美味しいのか?を、マネージャー上田宅(上田クッキングスタジオ)で実験。
面白いんだけど……そういう意味で外さないんだけど……上田がフィーチャーされすぎてるのがちょっとムカツクのはなぜ!?
エレ片3人が来る前にはスーツ着てたくせに、慌てて寝起き演技をするとか。
自炊の形跡はないのに、冷凍庫にフカヒレが入ってるとか(笑)。
何で漫画の間に○○隠してんの!?とか。
でもやっぱり、腹抱えて笑いましたよーーー!!!
見た目的には「……」な手作りファッチューチョンでしたが、素人が見よう見まねで作ったにも関わらず、飲んでみると美味しかったみたいです。
そうだよね、だって材料費2万円近く使ってるんだもんね……。
試してみよう、という気には全くならないお料理映像でした(笑)。

エレ片カードゲーム
新しいカードゲームを作って遊んでみた、のコーナー(販売企業募集中)。
5枚のカードが配られ、隣の人とカードを交換して、ICHIROカード、SUSUMUカード、JINカードのうちの1種類を手元に5枚揃えた人の勝ち。
勝者は「質問カード」をめくることができ、誰のカードを揃えたかによって得点が異なる、というもの。
その質問(だっけ?)の内容は……
●犬カード……ICHIROカード、JINカードなら+10点、SUSUMUカードなら-30点(元カノのバレリーナと別れた時に、愛犬も連れていかれてしまったから)
●おもらしカード……言わずもがな?
●聖家族大和路カード……仁さんの主演映画ですが、、、
などなど。
エレ片リスナーには大爆笑のエピソード満載!!めちゃくちゃ面白かった!!!
けどこのゲーム、1回やったら飽きちゃうかも?なんて思ったり、思わなかったり。

サバイバルゲーム
エレ片&作家の6人でサバゲーをやってみたらこうなった、っていう爆笑の記録映像。
もうこれ、おもしろすぎる!!
地味地味チーム(今立、ゴウ、小川)対 悪ふざけチーム(やつい、片桐、川尻)っていうチーム分けからしておもしろすぎる。
堅実なはずの地味地味チームが、一撃で敗れるところとか、さすがです。
悪ふざけチームの作戦の数々がまた凄まじくて!!
阿修羅とか、千手観音とか!!ふざけすぎ!!
機関銃を2台持ちした仁さんが早々と撃たれ、丸腰で走る川尻とか!!
「千手観音」作戦を繰り出すも、一番後ろで守られているはずの仁さんが遅れたために先に撃たれ、もちろん前の2人もめった撃ちされる、とか!!
今思い出しても吹いちゃうよー。
でも、ところどころに挿入される、サバゲー装備のイメージショットの3人は、なんだかカッコ良かったです(笑)。

仁ちゃんの夏合宿 腹筋1回できるかな?
昨年2013年8月14日、赤坂サカスで行われた公開収録の目玉企画。
仁さんが腹筋1回できたら、応募してきたリスナーの中から自分好みの1人を選んでキスができるというアレです。
私もこの場で観てたんですが……寄りで観ると、想像以上にひどいことになってたんだな(笑)。
ズルの仕方も、あからさますぎる!!
最高に面白かった!!
何度でも楽しめるね、コレ(笑)。


そして最後のカーテンコール。
今回、種類がとても多いので、物販の紹介が激しい!
音源ダウンロード付きTシャツ、3人それぞれなので、売れ行きは気になるのかしら。。
あとバレンタインデーの名古屋への誘導がハンパなかったです(でも結局満席だったんでしょー!?)
「ラジオも聴いてください、ラジオが終わっちゃうと、このライブもできないので」ということを仁さんが説明しようとしたんだけど、びっくりするくらい分かりにくくて本気でびっくりした!
エレキ2人に野放しにされてる感じも、とてもエレ片っぽくて良かったな~♪

3人が帰っていくも、拍手鳴りやまず。
アンコール2回目、出てきた3人「もう帰ろうとしてたよ」と、やっつん既に着替えてました。。
「せっかくだから1回引っ込むから」と、トリプルアンコール状態に。
最後の「また会いましょう!」っていうセリフ、「もう1回呼んで!」のフリかと思ったんだけど、拍手止まっちゃった……どうだったんだろう!?


とにかく今回も、コントも映像も大満足!
顔が痛くなるほど、腹筋鍛えられちゃうほど、大笑いしてきました。
今までにない新しさを受け取ることもできて、更にエレ片大好きになってしまいました。
ラジオもコントも、これからも聴き続け、観続けていきますよ!


そして、やついフェスのフライヤーもらいました。
こちらも楽しみすぎる!!!
a0023085_22224228.jpg

[PR]

by kazumi7311 | 2014-02-09 22:17 | Live Report

<< 真心ブラザーズ『今年も中野で会... ▲UP ドロップショルダーカットソー(... >>