無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 SUNKING 4th Anniversary SUNKING ON THE BLOCK LIVE!!!!   

5/6(火・祝)。
GWの連休最終日。
SUNKING 4th Anniversary SUNKING ON THE BLOCK LIVE!!!!

TSUTAYA O-WEST。
ロゴも変わった!!

a0023085_23351837.jpg
出演は……
・NONA REEVES
・堀込泰行
a0023085_23352044.jpg
開場とともに、Free Soul橋本徹さんのDJ。
Free Soulキリンジ発売記念、キリンジ&ノーナの曲をプレイ。
Free Soulシリーズでは、日本人ではノーナとキリンジしか出ていない。
郷太くんのソロ曲もかかってて、雰囲気最高!!

阿南くん、ごあいさつ。
相変わらず話が長い(笑)。
昔からの付き合いの泰行くんに出てもらえて嬉しい。
とんでもないメンツ(郷・泰・YUKIちゃんなど)でカラオケに行ったことが忘れられない……採点して遊んだら、泰行くんに勝ってしまった思い出があるらしい。


堀込泰行

01. If i loved you(Chad&Jeremy)
02. ビリー
03. Oh Oh Oh
04. 風を撃て
05. ジュビリー
06. All I Ask(The INNOCENCE)
07. Fire Bird
08. フェイバリット
09. どうでもいいさ

超満員のため、2階席解放。
上から見下ろしていたので、バンドメンバー全員がよく見える。
ノーナバンドに泰行くんが入る形。
小松&奥田、冨田、シゲ、真城。
小松さんの前髪がクルンクルンなのは、おそらく不可抗力なだけ。
オッケンさんは白いパンツにタッセルローファー(だよね?)。
冨田さんはイメージカラーの緑の靴下!眉間にシワを寄せてるなぁ(と思っていたのは、くしゃみと戦っていたかららしい。のちにTwitterにて)。

演奏。
小松さんのスネアの強さがハンパない。
キリンジの大ファンらしいシゲ、ベースラインがエモい。
泰行くんが完全にアコギのみ弾いていたので、エレキのオッケンさんのギターソロの見せ場がいっぱい!
左脚が上がる上がる!!
そして泰行くんの声は、本当に宝物だよね。
あの倍音の響きは鳥肌が立つ。
心の奥がざわざわして、昔の記憶が呼び起こされる気がする。

Fire Bird
バックの演奏のラウドさと軽やかなメロディのギャップが好き。

フェイバリット
冨田さんの鍵盤が奏でるイントロの音色だけでやられた!!

余談ですが、各々の譜面の扱い方に、性格が表れてた気がする。。。
小松:床に投げ捨てる。
冨田&奥田&シゲ:クリアファイル
真城:iPad
泰行:1曲終わるたび、後ろへ置きに行く。


kinkさんDJ。


NONA REEVES

01. WARNER MUSIC
02. Mr. Melody Maker
03. 夢の恋人(新曲)
04. マンドリン・ガール
05. パーティは何処に?
06. AS
07. Weee Like It!!!
08. 休もう、ONCE MORE

登場BGMはNew Kids On The BlockのHangin' Tough

阿南くんのあいさつも、兄が「弟の話が長くてすみません」と話すための前振りなのか?と思うほど、息ぴったりの兄弟。

オッケンさん、着替えて短パンに!!夏ですねぇ。

新曲夢の恋人、めちゃいい!!
この吹っ切れてるほどのさわやかさ、なにげに久しぶり!?
夏に屋外で聴きたい。

マンドリン・ガール
圧倒的支配力。
シゲのベースのうねり。

パーティは何処に?
座っているのがもったいない。楽しい!!
イベントでアウェイ慣れしてるからか、曲を知らない人をも乗せるのが上手い。
郷太くんが2階にも目線をくれたり手を振ったり、OKサイン出してくれたり……気配りさすが。
それに対して泰行くん、一度も上を見てくれなかったよね……。

AS
私の「泣きフラグ」曲。
近くにいた泰行ファンと思われる方からの「何これ、すげー!!カッコいい!!!」の声に、さらに泣きそうになってしまった。
そうなの、カッコイイんだよ!!分かってくれてありがとう!!!

Weee Like It!!!
テンポ速くなってる!?
サクサク気持ちいい。
ノーナの「バンド感」を感じる。

休もう、ONCE MORE
安心。これが足りなかった。


アンコール
キリンジor泰行くんとやってみてどう?
オッケンさん
ワーナー時代(同レーベルの同期)、キリンジのサンプル版をいち早く貰って聴いて、新しいコードを覚えたりしたことも。悔しくて、しばらくはキリンジを聴かないことも(あったとか、なかったとか)

小松&泰行
今回のライブのリハ後、2人で飲みに行ったはいいものの、30分ぐらいで2人とも正体不明に(酒弱っ!)
気付いたら、別の街、別の店、そして各々の家に。
けど気付いたら楽器がない!!
かすかなキーワードを頼りに、泰行くんが探し当て、翌日、それぞれ取りに行ったらしい。
その道すがらにすれ違い、思わずハイタッチしちゃったとか。
「SMAPの木村・中居世代だから、SMAPが頑張っているうちは頑張れる」っていう2人には、何の説得力もなかったのは言うまでもない。
本業は最高だからこそ、こんなエピソードも微笑ましいのですよね。。

各々の曲を1曲ずつ選んで、セッション。
郷太セレクト
SHOOTIN' STAR
まるっきりノーナじゃないか!!
オッケンギターが冴えまくるし、小松ドラムが気持ちいい。
何の違和感もないし、郷太くんが得意なディスコサウンドよね?
フェイクもまるっきり自分のもの。
ミラーボールもまわって、一気にダンスフロア!!

泰行セレクト
MOTORMAN
渋い選曲!!
ホントはWARNER MUSICやりたかったけど、全部ひとりで歌いたくなっちゃうから、あえて。
Free Soul聴いてセレクト。
ギターポップ的なのも好きで、自分では書けない明るい曲なのもいいな、と。
新しい魅力がたっぷりな仕上がり。
ボーカルディレクションは泰行くん。
「あの頃の話 あの娘の微笑み~」のところは、真城さん。
ステキボーカル3人揃い踏み!!!
軽い“ギターポップ”の印象だった曲が、太くて芯のあるグルーブで生まれ変わった。
ホントにカッコよかったなぁ。

We Can Work It Out
第1回ヤノフェステーマソング。
泰行・郷太作詞、郷太・奥田作曲。
サンキングで集まって曲を作りだすも、誰も歌詞を作りたがらない……。
郷太くんが作り出した歌詞を泰行くんがまとめて、完成。
キーが高いんだよな、この曲。
ヤノフェスでみんなで歌ってる姿を思い出す。
やたらとサビが頭に残って、たまにふと口ずさんでしまうこともあるくらい。
音源化されないかなー?それか、ヤノフェスでやってくれないかなー?

そういえば。
郷太くんが自分のバンドを「演奏者のみなさん」と呼んでしまい、「自分のバンドでしょ?」と泰行くんに突っ込まれる場面も。
「いや、最近、いろんなところで活躍しまくってるから、自分のバンドであって、自分のバンドじゃないような感じなんですよ。ボウイだったら……俺がヒムロックだったら、とっくに解散してますよ!!!」と郷太くんは言い訳?してました。
確かに、大活躍だけれども!それを言ったらあなたもね!?
そんなノーナですが、泰行くんは「ソロになって、いろんなバンドに入って歌う機会があったけど、ちゃんと“バンド感”があって嬉しかった」と言ってました。
その楽しそうなバンド感、ちゃんと演奏に出てましたよ。


相思相愛の2組の対バンイベント。
よい空気感で、とてもとても楽しかった!!
大好きな音楽に包まれることの幸せ!
SUNKING 4周年、おめでとうございます。
そしてまた、こんな幸せなイベントがあることを期待!!

[PR]

by kazumi7311 | 2014-05-07 23:13 | Live Report

<< NONA REEVES@Bil... ▲UP SMA AWARDS 2014... >>