無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 mona rock caravan '05   

昨日は会社帰り、新宿からりんかい線直通電車に乗ってお台場:Zepp Tokyoへ。
mona recordsのイベント、「mona rock caravan '05」に行ってきました。
Zeppでのライヴと、そのあとオールナイトで2階レストラン跡でのライヴやDJなど、という2本立てイベントで、mona recordsゆかりのミュージシャンがたくさん出演しました。
ホントはオールしたい気持ちが強かったんだけど、私たちはライヴだけ観て帰ってきました(泣)。
だけど、ライヴもすごくおもしろかった!!
みんな自由すぎる(笑)。
ビール飲んで笑って踊って、最高の週末でしたよ。

特に気になったのが、やっぱりSAKEROCK
ハマケンのキャラ、忘れることは難しいです。
登場したその姿、波平か、カトちゃんそのまんまですから。
手にはトロンボーン。
しゃべり方は……挙動不審!?(笑)
だけど奏でる音楽は、不思議と心が穏やかになるような温かさ。
そのコスプレ(なの?)の必要性が全くないのにやってしまってる感が、とってもイイ!!

続いての登場、BANK$のライヴにもハマケン登場。
BANK$Tシャツを着ていたんだけど、かなりサイズが大きくてある意味“B・BOY”。
曲に合わせて歌いだすと「渋谷が大好き」とか「一緒に住みたい」とか自由すぎる言葉で歌い、最後の言葉は「ハチミツ大好き」だもんね……。
気になってしかたないです。
そんな(?)BANK$のライヴは、これまためっちゃ楽しくて。
雄飛くん、やっぱ好き。
初めて観たんだけど、また行きたい!!
私の目の前で狂ったように踊り狂ってる女子がいて、身の危険を感じて横に避難したけどね(笑)。
会場内を自由に行き来できるほど贅沢なZeppの使い方をしてるイベント、他にはないね〜♪
快適、快適。
出てくるミュージシャン、みんな「客が少ない」というのをネタにして楽しんでました(笑)。

しょっちゅう観てるNONA REEVESも、広い会場で観るのは新鮮でした。
しかも、一番前で観てしまった♪
いつも自由な郷太くんだけど、登場SEのマイケル・ジャクソンの曲を「この曲のサビは“鼻の穴”って聞こえるんだ!! だからそこまで聴いて!!」とかなり長いことひっぱってました(笑)。
確かに“鼻の穴”にしか聞こえない!!
会場大爆笑……そんな雰囲気で、1曲目はクールなI WANT U BACKって……(^^;
シングル透明ガールの初披露もあり、嬉しかったな。
CDでは郷太くんと土岐さんが「60人ぐらい歌ってる」ので、よりCDっぽく聴きたい人はコーラス部分を歌って助けて! これも夏の思い出、みたいなことを言ってました。
Zeppでそれなりの人数で盛り上がったのも今年の思い出、とも言ってたかな(^^;
まーでも、透明ガールは難しそうだったなー。
次に聴くときはまた印象が変わってるのかな〜?
ちなみにノーナのセットリストは
・I WANT U BACK
・YOU ARE THE 'NO.NINE' OF MY LIFE
・TURNTABLES ONLY
・透明ガール
・DJ! DJ!
・RHYTHM NIGHT
だったかな?
RHYTHM NIGHTは、以前新しいメロディを思いついた、と言って追加された部分に、さらに新しいパートが追加され、ものすごく長い曲に変身(笑)。
それもまたカッコ良かったけどね。
ライヴでどんどん変わっていくこの曲、大好きです。

最後のトリは曽我部恵一バンド。
すごくカッコ良かった!!……と言っても、終電の関係で途中で抜けちゃったんですけどね。
久しぶりに観たけど、やっぱり好きだと思いました。
演奏はむちゃくちゃパンクで、ギターとかもむちゃくちゃ激しいし、歌い方も激しかったりするんだけど、優しいんだよね。
声の終わるあたりの「ふわっ」とした感触に、特に彼らしい優しさを感じます。
人柄がでてるのかなー。
もっとたくさん聴きたかったけど、ちょっとだけでも十分満足です。

そんな訳で、非常に贅沢なZepp Tokyoのステージ、めちゃくちゃ楽しかったです。
「楽しかったけど……来年もあるかなー。。。」と心配ではありますが、場所を変えてもまたやってほしいな。
今度はぜひ最後までいたい。
なーんか、快適な空間だったんですよねー。
mona recordsにも遊びにいこうかな。
[PR]

by kazumi7311 | 2005-09-03 23:59 | Live Report

<< たまには読み返してみる ▲UP 笑いが止まらん…… >>