無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 真心ブラザーズとサンボマスター   

だいぶ時間が経ってしまいましたが、備忘録ということで……。
12月21日(木)、リキッドルームでの真心企画第3弾、サンボマスターとの対バンライヴに行ってきました。
ライヴの正式名称は『真心ブラザーズとサンボマスター 第1回年忘れ!2006 世界ロック選抜 東京大会』。
タイトル欄に入りきらないっつーの!
こんな長ーくて、「奇しくも関東近郊の2バンドが世界選抜に選ばれた(桜井談)」というめちゃくちゃふざけたタイトルですが、タイトル通り(?)期待を全く裏切らない、めちゃくちゃ面白いライヴでした。

セットリストはこんな感じ。
■真心ブラザーズ
  1. 情熱と衝動
  2. 空にまいあがれ
  3. この愛は始まってもいない
  4. 丘の上
  5. Son of the Sun
  6. 素晴らしきこの世界
  7. STONE~THANK YOU
  8. 拝啓、ジョン レノン
■サンボマスター
(サンボマスターのセットリストはとっても自信がないです……。順番も違うかも&抜けがあるかもです。)
  1. (これ、タイトル分かんないんですよねー)
  2. 青春狂騒曲
  3. 手紙 ~来たるべき音楽として~
  4. 歌声よおこれ
  5. 世界はそれを愛と呼ぶんだぜ
  6. 月に咲く花のようになるの
■世界選抜バンド
  1. 夜汽車
  2. 恋をしようよ(ルースターズ)
  3. 全ての夜と全ての朝にタンバリンを鳴らすのだ
■アンコール
  1. スピード

印象に残ってることをいくつか書いておきます。
  • とにかくサンボマスターファンが熱い!!
    かなりカルチャーショックを受けました。。。
    ずっと一緒に歌っちゃうの!? 聴かなくていいの!?
    「オッオッオッオッ」ってノルのね〜!?
    ずっと跳ね続けるのね……。
    一番後ろのイス席で観ていたんですが、座ってるだけでも汗かいちゃうほど暑かったし、お尻に振動が伝わりっぱなしでした。
  • 先に真心が登場。
    今日はMB'sからホーンズを除いた6人という珍しい編成。
    YO-KINGさんの衣装、10月と同じ紫色のナイロンジャケット。
    マブシイ(笑)。
    桜井さんはUネックのボーダーTなので、超なで肩が強調されまくってます。
  • ホーンズがいないので、やはりフォーク&ロック路線な選曲。
    久々に聴く素晴らしきこの世界に、かなりグッときた。
    前半の静けさと後半の荒々しさ。
    真心を初めて観たのはもう何年も前の12月だったのですが、時期的に重なるせいか、その時の衝撃をこの曲で思い出した感じ。
  • こちらも久しぶりのSTONE~THANK YOU
    「人間っていいなー」とCDでは歌っている部分、YO-KINGさん「クリスマス、だーい好き♪」ですから……。
    椅子から落ちそうでした(笑)。
  • Son of the Sunでは桜井さんがボーカル。
    11月のライヴ以来、桜井さんの歌に安心感が(笑)。
    サビでYO-KINGさんがハモるのが好きです、この曲。
  • サンボマスター。
    山口くん、客に毒づきながらも愛のある言葉を吐き続けてました。
    なまりが出まくったしゃべり口調が、説得力を持っちゃうんですねー。
    演奏は熱くて熱くて、客席もめちゃくちゃ暑かった〜。
  • そしてアンコール?3バンド目?の「世界選抜バンド」。
    真心2人とサンボマスター3人の5人編成。
    向かって左から近藤・桜井・YO-KING・山口、そして後ろに木内という立ち位置だったのですが、桜井さんとYO-KINGさんの位置がいつもと逆っていうのが落ち着かない感じ(笑)。
    5人並ぶと山口くんちっちゃーい!!
    小動物だ!
    そして桜井さんが妙に80年代アイドル風に見えるのはなぜ?
  • お互いの曲2曲ずつと、ルースターズの恋をしようよ
    桜井さんが日記で「大先輩、ルースターズの面々には絶対に見られたくない瞬間」とビビってましたが、いやいやコレはコレ。
    カッコいいっつーか……大爆笑でございました(笑)。
  • お互いの曲をやってたけれど、どっちが何処を歌っても、何の違和感も無かったのが不思議。
    あんまり似てない2組のような気もするけれど、根っこは一緒なのかもしれないな。
  • 山口くんはギターを置いてハンドマイクで歌う!!
    かなり珍しい光景らしい(3人じゃできないもんね)。
    客席に飛び込んでみたものの、行き場を失ってうろうろ……挙げ句「そっちまで行きたかったのにお前らがジャマなんだよ!」と逆ギレしてました。。
    を歌詞を見ずに歌ったらしいけど……ファンならもうちょっと歌詞入ってるんじゃねーの!?とイヤミな真心ファンは思ったり(笑)。
    ダブルアンコールスピードでは、早口の部分(ぐっすり眠って〜から)をYO-KINGさんと声を合わせて歌ってました。
    嬉しそうだなー。
  • この5人バンドで、やたらと桜井さんが頼もしく見えました。
    ギターもやっぱウマイよね〜。
    先月から桜井株が急上昇だな。
    山口くんに初対面で「桜井!」と呼び捨てにされても、負けるな〜(笑)。


いつもの感じとは全然違ったけれど、コレが対バンの楽しみですよ。
面白かった〜!!
10月、11月、12月と、めちゃくちゃ楽しい企画ライヴでした。
それはすべてご一緒したいずりんとも一致した意見です。
今年は真心ファンにとっては、アルバムも出たし、ライヴもいっぱい観れたし、ホントにシアワセな1年でしたー。
来年はYO-KINGさんのソロツアーが決定してるので、しばらくはソロ活動なのかな?
それはそれで楽しみだけど、やっぱり真心としてのライヴも来年も楽しみに待つことにします!
10年もファンだけど、まだまだこの先も好きでいそうな予感……。
[PR]

by kazumi7311 | 2006-12-26 00:35 | Live Report

<< NONA REEVES『ノーナ... ▲UP いつものクリスマス >>