無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ROCK IN JAPAN FES 2007(2日目)   

暑い暑い夏がやってきました!
夏、といえば、野外ライブ!
野外ライヴといえば……ひたちなか!
2年ぶり(4度目)に、出身地:茨城で開催されるROCK IN JAPAN FES 2007に行ってきました。
といっても、2日目の8/4だけだったのですが、それでも夏の野外で音楽を大満喫してきましたよ。

先行でチケットをとったのが3月。
まだまだ先だと思っていたのに、あっという間でしたね。
その間、大好きなSUPER BUTTER DOG主催のイベントのチケットが取れず、「ひたちなかにでも出てくれたらなぁ……」なんて言っていたら、まさかまさかのご出演!
私は予言者か!?



a0023085_2330914.jpgということで、いつものように前日に実家に戻り、当日は8時半ぐらいの電車に乗って勝田駅へ。
駅の横断幕を見ると「うわー、キタキタ!!」とワクワク感が高まります。
そこから「どこからこんなにバスと運転手さん集めたんだよ!?」というくらい、ひっきりなしにやってくるシャトルバスで、会場へ。


a0023085_23305569.jpgゲートをくぐると、そこは待ちこがれたフェス空間。
この独特な雰囲気がたまらないんですよねぇ。
そして迷わず、オフィシャルグッズの列に並ぶ私たち。
Tシャツなんて、そんなに着ないんだけどね。
マフラータオルなんて、この場でしか使わないんだけどね。
やっぱり欲しくなって買っちゃうんだよな〜(笑)。

でも、それにしても暑い……。
ただ立っているだけでダラダラ汗が流れ、凍らせて持ってきたペットボトルの飲み物も、あっという間に解凍されてしまいました。

しばらくアーティストグッズを見にいったり、ぶらぶらして過ごし、レイクステージへ。
お目当てのバタ犬の出番です!!
時間きっかりにメンバー登場。

ウワー!!ウワー!!ウワー!!ウワー!!ウワー!!ウワー!!
ヤバイ!!ヤバイ!!ヤバイ!!ヤバイ!!ヤバイ!!ヤバイ!!

うれしすぎるー!!
タカシくんは髪を赤く染め、いつものビミョウネファッション。
それが「ハナレグミじゃないんだぞ」って言ってるみたいで、それだけでも泣きそう(笑)。
メンバー5人が揃ってるだけでも、うれしくて大はしゃぎ。
だって、私、バタ犬観るの1年ぶりなんだもーん。
曲は最初からマッケンLOですよ!?
暑くてヘロヘロしてても、跳んじゃうでしょー(笑)。
で、コミュニケーション・ブレイクダンスがきて、O.Kがきて、新曲大安がきて、日々GO GOでなんと!ゲストにMummyDが登場!!
キャー!マボロシー!!
で、最後はセ・ツ・ナですよ!?
前奏キタだけで、感涙モノです。
池ちゃんのキーボードも最高だったよぉ。
足で弾いて、お尻で弾いて水飲ませてもらったり(笑)。
頭の中真っ白。
もうよく分かんないけど、楽しくて、切なくて、苦しくて(←体力なさすぎ)、私の大好きなバタ犬でした。
やっぱり持ち時間短いよぉ。
また絶対、また絶対、観るぞーーー!!

体力消耗して、バタ犬観て興奮しすぎたので、お昼ご飯へ。
やっぱりここは「みなと屋」に行かねば!
一昨年食べたハム焼き、うまかったもんね〜。
ところが今年は、みなと屋の場所が遠かった……。
私たちはほとんどレイク&フォレスト周辺で過ごそうと思っていたんだけど、みなと屋はグラスステージのほうの、DJブース裏。
だいぶ歩きました(笑)。
グラスステージでは、ちょうどウルフルズが熱演中。
こっちも観たかったんだよね〜。
せめてケーやんの笑顔を観たかったんだけど、時間の都合であきらめてみなと屋へ。
おおっ、さすが人気店、並んでるなー。
並んでいると、DJブースから大音量の音楽と大歓声が。
ちょうどエレキコミック:やついくんがDJを始めるところでした。
おおおー!!センチメンタルバスじゃん!!
おおおー!!太陽のkomachi(エンジェール)じゃん!!
おおおー!!1993恋をした〜おー君に夢中〜って、タイトルなんだっけ!?
並んでる人みんな歌って踊ってました(笑)。
無事に昼ご飯ゲットして、そのままDJブース前まで移動。
右手にハム焼き、左手にビール持ったまま、食べつつ踊るという暴挙に出る私たち(笑)。
恋のメガラバんときのお客さんの踊りっぷりはすごかったっす。
やついくん、楽しかったよ〜♪

再びレイクステージに移動して、斉藤和義の出番を待ちます。
フォレストのホフディランとめちゃくちゃ迷ったんだよね〜。
でも一緒に行った妹ちんが久しぶりのせっちゃんだったので、こっちを選択。
サウンドチェックで、メンバー本人たちが出てきちゃってるけど……もっとキャーキャー言ってあげて!(笑)。
それにしても、せっちゃん、カッコ良かったよ〜。
立ってる佇まいだけでも、ステキなんですよね。
バンドは前回のツアーの時と一緒で、モックンのドラムがスイカ柄だったのがかわいかった(笑)。
モックン、やっぱり、力強く、バタバタしてるような叩き方で、ドラム叩いてたよ。。
曲は歩いて帰ろう空には星が奇麗スローなブギにしてくれ歌うたいのバラッド、新曲ベリー ベリー ストロングだったかな?
スローなブギにしてくれの色っぽさったら、ねぇ(笑)。
自分の持ち歌にしか聞こえませーん。
そして、新曲は、アコギ持って攻めてる感じで、スキです、ああいうの。
前奏がめちゃくちゃカッコ良かったよ!!

そしてせっちゃんもあっという間に終わってしまい、今度はフォレストに移動してbonobosの出番を待つことに。
まだフルカワミキちゃんがやってたんだけど、妹ちんは森の中で昼寝、私はフラフラと散歩にでかけ、レイク方面でエレカシをちょっと観てきました。
ガストロンジャーとか今宵の月のようにとか懐かしいメロディが流れてきて、思わず吸い寄せられちゃったんだけど、宮本さん、全然変わんない!!
白シャツに黒パンツのいでたちも、髪型も(笑)、何より歌声が若い!
最近は全然聞いてないんだけど、こういうところで観ちゃうと、やっぱいいなぁ、なんて思ってしまいます。

そしてbonobos
ライヴは初めてだったけど、すごく良かった!!
ライヴ観る前より、かなり好きになってしまいました。
THANK YOU FOR THE MUSICから始まったんだけど、会場中が手拍子しながら揺れている心地よさ。
森の中で、夕方になりかけで、気持ちよいったらないでしょー!!
あとの曲名があんまりよく分かってないんだけど、でもね、すごく良かったんですよ。
あのシチュエーションにバッチリはまって、今思い出しても胸がきゅーんってなります(笑)。
妹ちんが言ってたんだけど、本番前のサウンドチェックで、朋ちゃんの「何から何まであなたがすべーて、にゃにゃにゃにゃにゃにゃにゃにゃにゃにゃにゃにゃにゃにゃーにゃ」って歌ってたんだって。
聞きたかったわ(^^;

そして、少し急ぎ気味でレイクステージに移動して、スネオヘアー
ひとりでアコギを持って登場、「リベンジリベンジって、何回やらせる気だよ!?」なんて最初から暴言吐いてましたね。。
曲はheadphone musicの弾き語りから。
ゆっくりになった分、ものすごく長い曲になってました(^^;
でもスネオさんの弾き語りも初めて観たので新鮮。
なんか何度も観てるような気がしてたけど、実際ライヴ観るのは初めてだったんですよね。。
2曲目からはメンバー登場。
キーボードは「鶯嬢Tシャツ」を着たシュンちゃんでした。
やっぱり髪型がスネオ、もしくはふかわりょうみたい。。。
暑くて倒れそうなスネオさんは、休憩のため、MCが結構多めだったんだけど、言うことが思いつかないのか暴言を吐いてなんとか場をつないでいる感じ……ラシイね。
でも最後の打ち上げ花火の時のMCで、地元(新潟)で震災が起きたにもかかわらず、こういうときだからこそと行われた花火大会で、みんなを励ますことが出来るような曲を作りたいと思った、という話を照れを隠しながら話したスネオさんは、なんかすごくホントのことを言ってる気がして、カッコ良かったな。
スネオさんも、もっとたくさん聴きたい曲があったんだけど、あっという間に終わってしまった……。

その後、フォレストでちょっとだけRYUKYUDISKOを観ました。
自然に踊ってしまいますねぇ、疲れてんのに。
なんか激しく踊りまくってる人が多かったです。
激しく踊ってたかと思うと、すぐ休憩……みたいな。
無理は禁物ね(笑)。

a0023085_23314394.jpgそして、レイクに戻って、夕飯に上海焼きそばやらロコモコやらを買い込み、私は本日最後のビールでいい気持ち(笑)。
日が暮れてきて、照明が映えるいい雰囲気になってきました。
この時間帯、奇麗ですよー。
すっかりリラックスして待つのは、レイクステージのトリ、DOPING PANDA
「アイアムロックスター!」と言いながらメンバーが登場すると、お客さんが前の方に走り込む走り込む。
あっという間にスタンディングゾーンは満員、そして曲が始まると踊りまくり!!
私たちは後ろのほうにいたんだけど、お客さんの踊りっぷりを観てるだけでも圧倒されちゃいました。
初めて観たけど、ボーカルFurukawa、よくしゃべるなー(笑)。
かなりなビッグマウスっぷりで「見たことないゾーンにまで連れてってやる!」と言ってたけど、いやいやすごかったっすよ。
アゲっぱなしだもん。
演奏もめっちゃうまかったし、すげーバンドでしたよ。
ただ後ろのほうで座ってると、同じビートを刻み続けているので、爆音の中かなり気持ちよく眠気が襲ってくる。
爆音が気持ちいいなんて……贅沢だなー♪
そしてみんな踊りっぱなし、上がりっぱなしのまま、ライヴ終了。
ドーパンコールが鳴り止みませんでした。

で、私たちも全ライヴ終了。
ううう、名残惜しいなぁ。
ううう、短かったなぁ。
もっとたくさん観たかったー!
金と体力とスケジュールが許せば、3日間ずっといたかったー!
だって楽しいに決まってるもん!!
……なんて思いつつ、グラスステージの終演=花火を待ちました。

動画はこちらへ

あああ、終わってしまった……。
夏が終わってしまった……。
そんな寂しい気持ちになってしまいますね、やっぱり。
また来年も、ここに来れることを祈って。

そして今日、オフィシャルのクイックレポートを全部読みました。
それだけで涙が出そうになったのはなぜだろう?
観ることが出来たライヴ、観ることが出来なかったライヴ。
どっちを観ても、フェスの空気を感じて、何とも言えない、切ないようなうれしいような懐かしいような気分になってしまうんですよ。
もうこれは恋なのかしら?
恋しちゃってるのかもね、フェスに。


※文中、ステージ分けやタイムテーブルの説明は省略しています。
分かりにくいかと思いますが、知りたい方はオフィシャルサイトでご確認を……。
[PR]

by kazumi7311 | 2007-08-06 02:09 | Live Report

<< 暑すぎる!! ▲UP 京都1泊2日の旅(ありがとう編) >>