無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 真心ブラザーズ『俺たちは真心だ!ツアー』@渋谷CLUB QUATTRO   

12/23(火・祝)。
即完売してしまったプラチナチケットを手に、真心ブラザーズのクアトロ公演に行ってきました。
狭いところでステージから音も気持ちもダイレクトに伝わる、心震えるライヴでした。
もーホント、すごかった!!
言うならば季節外れの桜前線・狂い咲きって感じでしょうか。
ここのところの流れを引きずって、やはり桜井さんが“狂い咲いて”いました(笑)。

ツアー初日の水戸に行った妹・やち、横浜ブリッツに行ったいずりんから、だいたいの話を聞いて、「ドン引きしちゃったらどうしよう……」と心配もしていたけれど、やはり無用な心配だったね(笑)。
笑いすぎてお腹痛かった……。
「音楽のコンサートっていう枠を(どっちの方向か分かんないけど)超えちゃってる」というパフォーマンス。
来年20周年を迎える“いい大人たち”の全力の悪ふざけは、クリスマス色がちょっと加えられて、まさにクリスマスプレゼントでした。

----------ここから、ネタバレ注意!----------



革ジャン&タレサン姿で登場の2人。
本日はビバさん&イチローくんのリズム隊を従えた、4人編成でした。
まずはインスト曲ハワイに行きたいからスタート。
やばい、タレサン姿を見てるだけで笑える(^^;
Sometimes時々高い空の後に、「アルバム『俺たちは真心だ!』の曲をやる前に、ちゃんと音楽のライヴらしい曲もやらないと!」ということで、高い空、やるたびに名曲度がアップする情熱と衝動 とか、人間はもう終わりだ!マイ・バック・ページなどを立て続けに。
4人ならではの曲が聴けて嬉しい♪

そして問題(?)の宴会コーナーへ突入。
桜井さんもギターを置いて、シンセ? サンプラー? で、どこぞのプロデューサーっぽく真心のシビレ節
エフェクトがかかったYO-KINGさんの声と演奏が、カッコ良かったなー。
手持ち無沙汰になった桜井さんがずーっとジャンプしてる姿を見て、息が切れないか心配してしまった(笑)。

そして一番の問題作、サンライズBady!!!
桜井さん、自作の「桜吹雪」マシンを装着して登場。
歌いながら自らの手で桜吹雪の紙をセットし、スイッチオンで噴射!!
首をクックッと横に振ると、引っかかっている紙が中に入ってきれいに吹き出してくる、というワザを、長いツアーの間で習得したらしいです(^^;
そして今回はクリスマスってことで、白紙=雪を特別サービス(笑)。
とにかくおかしくて、ドン引きする余裕もなかったよ。。
歌うまいなぁ、と思ったら口パクだし!!
どんだけこの仕掛けに命かけてんだか……誰にも頼まれてないのに!!

で、今度は「B-BOY」ファッション(スカジャン&キャップ)で登場の桜井さん。
M.C. Sakuの今夜はラップでパーティー!!
なんと、ゲストで土岐さんまで登場!!
うわー、なんか笑ってる場合じゃなくて、すっごくカッコいいぞ!!
桜井さんのラップもうまいじゃん!!
で、やっぱYO-KINGさんの歌! 土岐さんのコーラス!!
本物だー!!
アゲアゲになってたら、なんと!! せいこうさんまで登場!!
わーわー!! 本物だーーー!!!
すっごいカッコいい!!
実は、せいこうさんのブログに書いてあったので、登場することは知ってたんだけど、こんなにアガるなんて!!
良いよ、良いよ、良いよ!!
やっぱ好きだー、この曲。
てっきり替え歌として披露されると思ってた「ご当地ラップ」は、最後にカンペガン見で披露されました。
うむ……何言ってるのかよく分かんなかった(^^;
アキバが何とかと言ってたような気がする。。
せいこうさんがラップしたところ、他の地方ではイチローくんがやってたらしいんだけど……息継ぎができなくて、大惨事になりかけていたらしい。。
それはそれで見てみたかった気もするな(^^;

そしてそのまませいこうさんと3人でトーク。
「ヒマラヤ」以来の3人。
当時は一緒に音楽をやろうともしてなかったのに、とうとう頼んじゃいました、と言ってました。
この3人は「ボケ=YO-KING」「ツッコミ=せいこう」「あきれ=桜井」という関係だったんだけど、今はボケとツッコミが入れ替わっちゃったようだ、とか。
せいこうさんと桜井さんでラップユニットやってよ、とYO-KINGさんの無茶振り。
無茶振りするなら名前付けて、というせいこうさんに、YO-KINGさん「じゃあ、○○(←忘れてしまった)やくざ」と命名……「それじゃあテレビとか出れないじゃねーか!」と怒られてました。
最近の桜井さんは、政治の話か下ネタしかしないので、媒体に弱い……なんて話もあり、とことん媒体に弱い大人たちなのでした。。

この3人で、今度はせいこうさんの東京ブロンクス!!
これ、めちゃくちゃカッコイイ!!!
実は、せいこうブログで「やるよ」って書いてあったので、動画を探して見てみたんですよ。
動画でもカッコ良かったこの曲が、生で、かなりロックに演奏されると、かなり、かなーりカッコイイ!!
音源として欲しい!!
そしてやっぱり、せいこうさんは偉大だ……。

宴会モードを締めくくるどか~ん の後は、スピード All I want to say to you空にまいあがれとかでキュっと締めて。
初めて聴いた時に衝撃を受けた戦車でバカがやってくるも、かなりカッコ良かった!!
ビバさんのドラム最高!!
桜井さんのギター、改めて上手いなぁ、と。
2人のユニゾンも、CDより上手いんじゃないかと思ったけど……手持ち無沙汰なおじさんがヒラヒラ踊りながら歌ってるのが、かなり面白かったです。

再び呼び込んだ土岐さんと一緒に、今度は3人だけでENDLESS SUMMER NUDE
夏に土岐さん、カバーしてたんだよね。
「スピードとか人間はもう終わりだ!とか、カバーしてるの聴いてみたい」(YO)だとか、「(革ジャン&タレサン姿に混じるなら)革のつなぎとか着てほしかった……敵か味方か?みたいな感じでさー」(桜)「設定細かっ!」(YO)なんていうMC、土岐さん前にして舞い上がってる!?
ちょうどこの曲がリリースされた頃、学生だった土岐さん。
「どうなの? ど真ん中の世代が聴くと」(桜)
「桜井がいやらしーく計算しつくして、難しく難しく作った曲は、どうなの?」(YO)
「ちょうど、あすなろ的な感じで」(土岐) ←これも“世代”だよねぇ(笑)。
「でもこの曲、難しいよね? 俺がすごいって分かったでしょ、歌ってみて」(YO)
……結局「俺、スゴイ」発言になっちゃうところが、ステキですね。
3人でアコギ1本に合わせて歌う、ってのも、なかなか良かったですねぇ。
ただ、桜井さんが歌ってるところがハラハラしちゃって、土岐さんになると安心してる自分がいたんだけれど……。
桜井さんがフェイクしてるところを横で見ているYO-KINGさんが、めちゃくちゃニヤついていたのは見逃さなかったよ。

そしてそのまま、土岐さんコーラスで傷だらけの真心
こちらもホンモノだー!!
アルバムの中ではシリアスな部類に入るこの曲。
郷愁というか、甘酸っぱさというか、カラッカラな声でウエットな曲を歌う必勝パターンなんだよなぁ。
グッとくるんだよね。
始まる時に「YO-KING先輩!」「お、ああー」って、わざわざタレサンをかけてる2人も、ステキでした(笑)。
♪横浜は〜のところは、桜井さんによるご当地歌詞で。
また何やら、西武がどうの……と言ってたけど、聞き取れず(^^;
この部分の歌詞を聴いて、「拝啓、ジョン・レノンのPV?」と思ったのは、私だけだろうか?

こうして、本編終了。

アンコールは、まず2人で登場。
1月の中野サンプラザは10人編成で、全然今日とは違う内容、だそうです。
「まだメンバーにも言ってないけど、Swan on the cornerっていう、俺の声をたくさん重ねて録った曲があるんだけど」(YO)
「あー、あの気持ち悪いヤツね」(桜)
「気持ち悪いって……あれをMB'sのみんなでやろうかと思って。もしやってなかったら、あぁ、だめだったんだー、と思ってください。」(YO)
……だそうです。
楽しみだね!!
来年は20周年ということで、原点に返ってフォーク調の曲を……とを。
リズム隊を呼び込んで、拝啓、ジョン・レノン、そして最後にOH MERCI ~Echo,delay & tremoloを添えて~で宴は終わって行ったのでした。

こんな真心で今年のライヴが締められるなんて、しあわせだ。
スペシャルゲストとのとんでもないセッションも観れて、言うことナシのクリスマスです。
また来年、今度は10人編成で、一体どんなことになるのやら……。
楽しみすぎる!!
20周年も、楽しみすぎる!!
[PR]

by kazumi7311 | 2008-12-24 01:03 | Live Report

<< よいお年を ▲UP NONA REEVES『ノーナ... >>