無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2009(その3)   

a0023085_17375.jpg

そしていよいよ、我らが(?)真心ブラザーズ
いずりん親子とは、何の打ち合わせもしていなかったのに、なぜか偶然出会っちゃいました!
奇跡!
「グラスステージなんて大っきいとこで、人集まるのかなぁ……心配だよねぇ」なんて話してたんだけど……なんかSuperflyの時よりガラガラなんじゃ……。
けど大型モニターに映し出された観客は、とんでもない人の波に見えました。
「カメラワークってすごい!」……いずりん、名言いただきました(笑)。
でも、最終的には結構いっぱいになってた気がするので、よかったよかった。

サウンドチェックの時、舞台監督さんが「じゃ次、寅ちゃん」「ヒデローちゃん」とかって、“ちゃん”付けで呼ぶのが、なんだか微笑ましかったわ。

本日はMB's10人フルメンバーでのご登場。
曲はいきなり拝啓、ジョン・レノンから。
わはは。
いつでもどこでも、やっぱり真心はステキだな。
サティスファクションも久しぶりに聞けてラッキー♪
1999年とか世紀末っていう歌詞、何もひねってなかったね。。
桜井さんソロの“パラッパッパッパッパー”に大爆笑してしまった(笑)。
気合入りまくってますねー。

新しい夜明けでは、大地を蹴ってジャンプ!!
4人でのどか〜んも、そりゃー大盛り上がり。
「短いから、早く来ないと終わっちゃうよー」って……確かに(笑)。
スピードでは、盛り上がりすぎて、ギターをアンプ(?)マイクスタンド(?)にこすり付けて弾いてた桜井さん。
曲中なのに「ギターがかわいそうでしょー!」とお怒りのYO-KINGさん。
自由だ~(笑)。
しかも最後に「安いほうのギターでやるんだもんなー」と暴露され、「言わないの!」とあせる桜井さん。
どんなにでっかいところでも、いつもの真心。

新曲Song of Youは、まだリリース前なのでノリ方の指導を……と、またまた桜井さんからの解説が(^^;
サビでのコール&レスポンスと、前奏で「“ででってーででっててー”の後に……もう弾いちゃいますけど……この後に、大地を揺るがすほど“どーん”って」
発音は「どーん」でいいのか!?(笑)
しかし、解説の甲斐あって、盛り上がったねー♪
夏フェスにぴったり。

空にまいあがれでは、「グラスステージごと、空にまいあがれー!」ってのはムリだけどさ、YO-KINGさん(^^;
でも桜井さんも言ってたみたいに、晴れちゃいましたね~。
小雨が降ってたのが嘘みたいに、キレイに晴れ!

コレ聞かないと夏じゃない!ENDLESS SUMMER NUDE
サビではキレイに腕が揺れてました。

最後はEVERYBODY SINGIN' LOVE SONGで、お祭りの〆。
桜井さん……またまた気合の入ったボーカル。
夏の野外で聞くこの曲は、キラキラ度が倍増です。

フットワーク軽く、トークも軽く。
気心知れたバンドが仲良くて。
20周年とか言ってるけど、こういうバンド、いいなぁ、って改めて思いました。
イエス、サティスファクション!

★真心ブラザーズ クイックレポート


休憩するといういずりん親子とはここで別れ、そのままエレファントカシマシ
最初の曲でアンプのトラブルでギターの音が出なくなってしまって中断されちゃったんだけど、それでも慌てることなく、他の曲をすっとやれるところは、さすがにベテランバンドです。
しかしベテランなのに、宮本さん、相変わらずの宮本さんっぷり!
激しい、激しい!!
声が枯れるんじゃないか?ってくらい、訴えかけてきます。
悲しみの果て今宵の月のようには、やっぱ名曲だよなぁ。
でも最後にガストロンジャーを持ってくるあたりが、エレカシっぽくてスキです。
このあたりのおっちゃんバンド、どこもカッコイイよねぇ。

★エレファントカシマシ クイックレポート
[PR]

by kazumi7311 | 2009-08-05 01:02 | Live Report

<< ROCK IN JAPAN F... ▲UP ROCK IN JAPAN ... >>