無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 NONA REEVES 『“SUMMER MEMORIES”鎌倉&京都 2009』   

夏が終わってしまった……。

ライヴから早、数日。
夏が終わってしまった……という強烈な寂しさと切なさがないまぜになって、いまだに思考停止中。
口から出るのは、ため息ばかり。
これはきっと、

8月27日っていう、完璧な夏の終わりの日程と、
平日の少し空いてる海と、
去年や一昨年に比べてめちゃくちゃ涼しい気温と、
“メモリー”感を意識した選曲と、
久しぶりのライヴ(本業)で思いっきり歌う郷太くんと、
思いっきりドラムを叩くコマツさんと、
はにかむように歌うオッケンさんの姿と、
GOツアーでのバンド(ノーナ+シゲ)にトミタさんが加わった演奏と、
ライヴ後に砂浜で観た逗子の花火大会と、
そこにフラフラ現れた郷太くんと、
打ち寄せる波と、
花火と反対側に浮かぶ半月と、
何となく静かに花火を眺めるみんなの後ろ姿と、

……のせい。
こんなシチュエーションで、切なさと寂しさを感じずにいるには、どうしたらいいの!?
それをずるずる引きずる私。
困ったもんだよね。




もはや恒例となった、SUMMER MEMORIES(通称:サマメモ)。
今年は、逗子の音霊から場所を移しての、由比ケ浜のCABANON'09での開催。
音霊に比べて横に広くて見やすいし、ステージも広いし、鎌倉駅からも歩いて行ける立地も良いし、私はこっちの方が好きかなー。
しかもこの日は逗子の花火大会!
ライヴ終了後、湾の向こう側に上がる花火をバッチリ観ることができました。
花火も観れるようにと、ライヴ開始時間を早めてくれるなんて、粋ですよねぇ(笑)。

当日、有給休暇の残りが心配な私は、半休とっての参加。
1時すぎに妹:やちと合流する予定だったのに、東京駅ナカで迷い、時刻は2時近く。
なのに、ご飯食べてダラダラしすぎ、鎌倉の小町通りで休憩したりしてるうちに、開場時間には間に合わず(^^;
余裕の半休はどうしたんだ!?
でもさすがに平日の由比ケ浜、そんなにキュウキュウな感じではなく、ゆったり観ることができました。
にしても、3年目のサマメモ。
お客さんの装備も完璧でしたねぇ。
ビーサンに履き替え、首にはタオル。
荷物を入れるゴミ袋のような大きなビニール袋持参。
中には去年のうちわを持ってきてる人もいましたよ。

結構好きな感じのDJのあと、メンバー登場。
こうやってライヴ観るの、すごく久しぶりな気がする。
初恋とか二十歳の夏とか、ここで聴くのがホントにハマる!
透明ガールだって、今聴かないでいつ聴くの?
分厚いコーラスが無いところを、メンバーのコーラスとお客さんの声が補うようにして出来上がった曲は、感動的ですらあったなぁ。
感動的といえばメモリーズ!!
お客さんのコーラスが無いと成り立たないようなこの曲を体験できる幸せ。
壁がしっかり張り巡らされた室内とは違い、海の家の、限りなく屋外に近い空間では、声と声の重なりを確認しようとするなら、気持ちを込めなきゃいけない……そんな気持ちが重なって、泣けちゃうくらい綺麗でした。
デニーズ・ガールもここでしか聴けない!?
オッケンさんの歌、歌う姿も含めて大好きです(^^;
コマツパートは郷太くんも一緒に歌ってましたねぇ。

こんな甘酸っぱい曲と一緒に、A-haとかやっちゃうんだもんあぁ。
この振り幅すごいよ!
しかもめちゃくちゃカッコいいの!!
シゲの歪んだ音と、ツボを押さえまくったトミタさんの鍵盤と……カッコ良すぎて涙出そうでした。
GOツアーの4人の演奏でもぶっ倒れそうだったけど、トミタさんが加わって、いやー、スゴかった!!
トミタさんが大好きだというプリズマティック・レイディも、もちろんため息が出るような演奏で。
EMOTIONALも、素敵でした。
「部下も上司もなんでバカばっか!」は、お客さんも力入ってるように感じるのは私だけ?

この前のファンクラブイベント「極秘まつり」でのアンケートで、「サマメモでやってほしい曲」で人気があったという、シリアス・ラヴ
ライヴでやるのは初めてなんじゃないか、って言ってたけど……いい感じでしたよ。
私がリアルタイムで買った初めてのノーナのアルバムは「DESTINY」なので、この辺の曲聴くと、懐かしいです。
車の中で歌ったなー(笑)。

去年のサマメモ用に作ったTranceは、さすがにこの空間にはぴったり。
去年はあまりの暑さにトランス状態でしたが、今年はいい感じのトランス感に酔いしれました(笑)。
トランス感といえば、なんと言ってもHey, Everybody!が凄かった!
郷太くんの雄叫び(?)で始まって(しかもコマツさんに「もう一回やって!」と遊ばれて何回も叫んでた……)、ものすごいテンションのままの演奏。
頭オカシイ?ってくらいの空気、凄かった!!!
サビでも叫んでた郷太くん。
久々に歌える喜びが伝わってくるようだったよ。
LOVE ALIVEに至っては、もうよく覚えてないくらい歌って踊った!
下が砂浜で、想像以上に体力消耗して、足が吊りそうになってもおかまいなしよ(笑)。
にしても、お客さんのコーラスがハンパ無く上手くなってることにびっくり!
「きらめきだす……」の後は、声張らずにささやくように、ね(笑)。
で、1989とかもあるんだよ……反則だよねぇ。
私をどうしたいんだ!

アンコールでは、キラキラ☆でもやる、って言ってたマイケル・ジャクソントリビュートMAN IN THE MIRROR
綺麗なバラードでした。
ボサノバっぽいアレンジだったかなー?
けど、途中で郷太くんのマイクが入らなくなる、というトラブル発生!
「若いバンドも観に来てるから、こういうトラブルがあっても余裕で対処する姿を見せないと……14年やってますから!」なんて言ってた郷太くん。
悔しかっただろうなぁ。
NARCISSUSMAGICALで魔法にかけられた後、ダブルアンコール。
ギターを抱えて座る郷太くん(そうだ、座らないとギター弾けないんだっ!)、「8月なのでAUGUSTやりますー」と弾き語り始め、そこにみんなが加わって行く。
この曲もサマメモにハマる曲だよなぁ。
コマツさんの美声もしっかり聴けましたよ。
ホントはここで終了だったようですが……リベンジってことで、もう1度マイケルの曲を。
よかった、ちゃんとできて。
にしても、いい曲だな。


花火大会の始まる時間を考えてか、「粛々とお送りします」と言って、ほとんどMCらしいMCもなく、いい曲いっぱいの約2時間。
私はやっぱりノーナの曲が大好きで、ノーナのライヴが大好きなんだ、ということが分かりすぎるくらい分かりました。
マイケル関連で郷太くんが超売れっ子になって、テレビやラジオや雑誌で見かけることも多かったけれど、やっぱり私は、歌ってる郷太くんが好きです。
iPod壊れて音楽聴いてない時間が増えて、ノーナが不足気味だったこともあって、しみました。


ライヴが終わって外に出ると、湾の向こうに打ち上げ花火!
海と半月とライヴ後のDJと、砂浜に座る人影と。
私はこの光景、きっと忘れないと思いました。
そんな中、フラフラと登場し、特にキャーキャー言われる訳でもなく、普通にお客さんとしゃべってる郷太くん(^^;
それもまた、いい風景でした。

帰り道、既に抜け殻となった私たち。
「12月のヒッピーまで、どうやって生きてけばいいのー?」
「12月19日だったら、どうしても行けない(泣)」「じゃ、その日は避けて!ってファンクラブにメール送っといたら?」
とか言いながら、ため息をひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ……。
9月になったら、ちゃんと社会復帰できるように、がんばります(^^;
もう少し、あと1日だけ、余韻にひたらせてくださいー。

今頭の中を流れるのは、フジファブリック「若者のすべて」。
“最後の花火に今年もなったな 何年経っても思い出してしまうな”


■セットリスト(nonareeves.comより

初恋
二十歳の夏
EMOTIONAL

- MC -

デニーズガール
プリズマティック・レイディ
メモリーズ

- MC -

シリアスラヴ
JEFF
Trance

- MC -

AHA
Hey Everybody!
Do_It_ Again

透明ガール
LOVE ALIVE
1989

- EC -
MAN IN THE MIRROR
ナルキソス
マジカル
AUGUST
[PR]

by kazumi7311 | 2009-08-30 18:08 | Live Report

<< 8月 ▲UP 海! >>