無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 真心ブラザーズ デビュー20周年特別企画 元祖 渋谷系(嘘) “タンデム”NIGHT   

シルバーウィーク初日の19日(土)。
混雑必至の夕方の渋谷に降り立ち、思うように進めない公園通りの坂を登ってたどり着いたSHIBUYA-AX
「今年は真心20周年を中心にして生きる!」と宣言したワタクシ、待ちに待った2日間の始まりです。

真心ブラザーズ デビュー20周年特別企画 元祖 渋谷系(嘘)

タイトルからしてふざけてますが、このふざけっぷりがまた真心らしくてステキ。
渋谷系がうらやましくて、入りたくてたまんなかった模様です(笑)。
初日は“タンデム”NIGHTと銘打って

※このLiveは“ふたり”縛りです。
 基本的にはYO-KINGと桜井秀俊のみの演奏となります。

と、執拗なまでにチケットに明記されているお楽しみナイト。
しゃべりまくってとんでもなく長くなることがたやすく予想できるこのライヴ、ちゃんと客席があるので余裕でお付き合いできましたよ。

いやー、それにしても、おもしろかった!!
笑いすぎてお腹痛かった!!
最初のほうは、進行表に「MC」なんて書いてないのに、1曲終わるごとにMC。。
1時間経過してたった4曲!!なんていうとんでもないペースに、「こりゃ終電コース?」なんて思ったりもしたけれど、あるきっかけ(後述)からサックサクペースアップで、終わってみれば2時間半。
もっと付き合えたけど……明日もあるしね!っていう、ちょうどいい時間だったかしら(笑)。

8月の夏フェス以来の真心。
近くで見るのは久々で、YO-KINGさんが髪切ってて、「か、かっこいい……」なんてつぶやいてみたり。
シンプルに2人だけで、ギターだけで歌う姿なんて、それこそ何年ぶり?
1曲目のGREAT ADVENTURE FAMILYで、ノックアウトされたことは言うまでもなく(^^;
あー、もうホント、ぐっとくるじゃないか!
初めて真心を観た頃のことも思い出したりして、泣きそうになってしまいました。
2番は桜井さん歌唱で。
いい歌だったなぁ。



普段は聴けないような曲あり、いつもはMB'sでも豪華アレンジの曲を2人だけで……っていう曲あり、そしてその合間を埋める(あれ?逆か?)ような爆笑MCあり、もりもり盛りだくさんの1夜。
なので、覚えてることをありったけ、書いておきたいと思います。

  • なつかしの「THE時代」の曲も2人スタイルでたくさんやってくれました。
    明日に取っておかなくても大丈夫?ってくらい(笑)。
    ただただ、だらだらなんて、初めて聴いたかも。
    他にも時計が急ぐけど僕は喜劇王荒川土手やら、名曲炸裂!
    特に時計が急ぐけど僕は喜劇王の名曲っぷりに感涙です。
    にしても、全然古臭く感じないのはなぜだろう。
    昔よりも、今のほうが素直に聴いて、素直に感動している気がします。

  • なんと、完全シークレットゲストとして、奥田民生さんが登場!
    椅子とマイクをスタンバイするスタッフにまぎれて、ふらーっとご本人登場です。
    「君らさー、終わらせる気あるの? 楽屋の雰囲気最悪だよ? いったいどんだけ待たせるのか、今日は何時に帰れるのか、ってさー」と、登場するなりお説教(^^;。
    そして、桜井さんの「テッシー先輩への挑戦状(真心の曲を1曲すべてライトハンド奏法で弾く)」にも、「あ、そう。それはテッシーに言ってくれる?」というそっけなさ(笑)。
    「ライヴを進める大役を担ってきている」という民生さん、とにかく先を急かしてました。
    3人でのセッションは、民生さんの名曲野ばらと、民生さんが真心トリビュートでカバーしてた空にまいあがれを。
    野ばら、久々に聴いたけど、ホントに名曲!
    YO-KINGさんが歌っても、何ひとつ違和感がなかった気がする……。

  • 民生さんがはけると、おもむろにスピードアップ(笑)。
    「せっかくお客さんとの距離が近いので、リクエストを募ろうかと……でもさっき、こわーい舞台監督に『リクエストは2曲!』って耳もとで言われた(^^;」と桜井さん。
    いろいろ声が上がってたけど、これからのセットリストやできる・できないを加味して、自転車に乗ってと、君と金さえあればをやってくれました。
    君と金さえあればは、歌詞をプリントアウトしたり、キーを思い出すためにCDかけたり、桜井さんによるコードレクチャーがあったりと、そりゃーもうてんやわんや(笑)。
    スペシャルだったなー♪

  • リクエストコーナーが終わると、2人目のゲスト、ムッシュかまやつ登場!
    「勝ち抜きフォーク合戦」の審査委員長として、真心を世に送り出したまさに生みの親であるムッシュ。
    かっこよかったなー!!
    名曲どうにかなるさと、真心のボブ・ディランカバーマイ バック ページをセッション。
    マイ バック ページ、たくさんリクエストあがってたけど、取っておいたのはこのためだったのね。
    リズムマシーンも使っていたんだけど、曲の最後のほうで、おもむろにリズムマシーンの前にかがみこみ、つまみを回すムッシュ……わ、手動でフェードアウト!!
    チャーミングなムッシュ、ステキでした♪

  • いつもは豪華バンドで演奏される曲も、ギター2本だと新鮮。
    どか~んはやっぱり盛り上がるよね。
    「明日はやらないから、やっておくね」というサマーヌードはホントに新鮮。
    これもアリだね、アリ。
    ギターだけでバッチリはまってたのは情熱と衝動流れ星
    「流れ星は30代男子のミュージシャンとか文化人に人気がある」と言うYO-KINGさんに、「誰?誰?文化人、誰?」と執拗に追求する桜井さん(^^;
    その執拗さに負けたのか、YO-KINGさん「文化人……嘘をついていました」と謝ってたな(笑)。

  • 意外なところで、桜井さんの一世一代のラヴソングきみとぼくが、シンプルな演奏にバッチリはまってて、すごく良かった!
    だけど、突然桜井さん、曲の途中で「YO-KINGさんに(サビの)キレイだよ~って言ってもらいたい人、拍手!」なんて言い出して、お客さん大盛り上がり!
    立候補者多数!!
    突然、何の打合せもなくネタを振られたYO-KINGさん、「君はきれいだよ~♪」と歌いながらお客さんを指差し!
    「もう一回!」という桜井さんの掛け声で、また「きれいだよ~♪」!!
    めちゃくちゃ照れながら歌うYO-KINGさんに、こっちも照れました(笑)。

  • ひとつ、夢を実現したいという桜井さん。
    これまで、難しいコード進行の曲をサポートすべく、YO-KINGさんの後ろでギターを弾いてきたので、今夜くらいはYO-KINGさんのギターで、ハンドマイクで歌いたい!
    そんな夢をかなえる曲は、もはや桜井さんの十八番、BABY BABY BABY
    YO-KINGさん、しょぱなからギター弾けてないですけど……桜井さんのノリノリっぷりが邪魔した!?
    んもー、桜井さん、キメポーズ連発で、面白すぎるのなんのって……私を笑い死にさせる気か!
    無敵ですな。

  • 傷だらけの真心、あんな変化球アルバムの中にあるし、あんなふざけたジャケットのアルバムの1曲だけど、いい曲だなぁ、と改めて思いました。
    グッと来る。

  • アンコールは再び民生さん登場、先ほどのギスギスした雰囲気とは打って変わり、ビール片手にご機嫌です。
    「だって、後半、あからさまにスピードアップしたでしょ?」とのことでした。
    そんな民生さん、桜井さんへのツッコミが激しい!
    「その髪型、どうなりたいの?」と聞く民生さんに「代官山の美容院行ってるんで、間違いないっす!」と答える桜井さん。
    「ギターを肩にかけた時、後ろから見るとなで肩がすごい!」という民生さんの言葉で、ギターをかけて後ろを向く桜井さん……すげー、なで肩が際立ってる!
    テレビで「井上真央ちゃんが嵐の桜井くんに“なで肩はホントにムリ!”と言ってるのを見て、俺が悲しくなった」と桜井さん言ってたけど……私もその番組たまたま観てて、すぐに秀俊の顔が浮かんだよ。
    ん?「桜井」さんってなで肩なのか?
    曲は、桜井さんの2つ目の夢をかなえるべくノーメル賞ブギ
    真ん中の席に座った桜井さん、「CDでも民生さんにギターとコーラスで参加してもらってて、サビでは、民生さんとYO-KINGさんの二大“通る声”のコーラスにかき消されて、リードボーカルがほとんど聞こえない状態なんだけど……それをぜひ再現したい!」……って、真性のいじめられたい体質なんだね、桜井さん(笑)。
    PAさんもいつもより「盛ってた」ようで、完全にリードボーカルが聞こえないサビが展開されてました。
    良かったね?桜井さん。。。

  • ムッシュも登場して4人でバンバンバン
    客席も総立ちで、盛り上がったねー。
    最後は真心2人でRELAX~OPEN~ENJOY
    こちらも珍しい2人だけバージョン。
    シンプルでも、メッセージは力強いまんま、だけど漂ってくる感じでした。
    ダブルアンコールでは、「タンデムダンディ20」からサンドウィッチ
    明日への余韻を残しつつ、1日目は終了。



と、ホントに楽しい2時間半でした。
そうそう、真心が坂崎幸之助さんのイベントに呼ばれ、谷村新司さんとともにアリスのチャンピオンをセッションした時のお話。
これが一番のヒットだったねぇ(笑)。
「子どもの頃からアリスのファンで……」と言ったYO-KINGさんに、「チャンピオンの台詞(You're king of kings)はやっぱりYO-KINGくんが歌って!」と言ってくれた谷村さん。
しかしその時、桜井さんは「ヨーキングじゃなくて……なんかゴニョゴニョって言ってる……もしや?」と思ったらしい。
そしてなんと!
ライヴ後にYO-KINGさんが谷村さんにいただいたピックには……!!!
詳しくは、YO-KINGさんのめったに更新されないブログで!


1日目にして、この濃度!
濃い……濃すぎるよ。
だけどこの日の夜、当然のように買ってしまったスペシャルブックレット(直筆サイン入り♪)を隅から隅まで読みふけり、真心に浸かりながら眠りについたのでした。
ああ、シアワセ。


2日目に続く!
[PR]

by kazumi7311 | 2009-09-22 22:49 | Live Report

<< 真心ブラザーズ デビュー20周... ▲UP ひとあしお先に >>