無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2010年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 スマートハット   

a0023085_2225671.jpg
パターンレーベルのスマートハットを作ってみました。
ワンピースを作った時のリネンのハギレと、裏地は花柄のブロードのハギレ、ポイントで付けたパイピングはキャスケット作った時の余り……と、材料費がかなりお安くなってます(^^;

表地は全面に硬めの接着芯を貼っているので、結構、かなり縫いにくかったです。。
やっぱりこういう細かい作業が必要な小物、私は苦手だー!!
でもなかなかカッコよくできたんじゃないかと、自画自賛してみる(笑)。

ただ、ちょっとデカイんだよねぇ。
内側にサイズ調整用の紐を付けることができるんだけど、めんどくさくて省略しちゃったのが敗因デス。
市販のサイズテープをまつりつけようかな、なんて考え中。
まぁ、大き目のままでも大丈夫っちゃー大丈夫なんですが。

リネンなので夏っぽいんだけど、色が濃い目の茶色なので、これからの季節にもOKかも。
9月も残暑が厳しいらしいので、せめて頭は紫外線を防ぐことにしようかな。
[PR]

by kazumi7311 | 2010-08-31 22:13 | Hand Made

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 NONA REEVES 2010 @Billboard Live TOKYO   

27日金曜日。
NONA REEVES 2010 @Billboard Live TOKYOに行ってきました。

2日経った今、「あれは夢だったんじゃないか?現実の出来事じゃなかったんじゃないか?」という思いがモワモワ~と浮かんでくるんですよ。
でもよくよく思い返せば、1曲1曲が鮮明に蘇ってきて、ライヴの場面場面が脳内で再生され始める状態。
ノーナのライヴもほかの人のライヴもいろいろ観てきたけれど、こんな感じは初めてで、ちょっと戸惑うくらいです。
まさに「真夏の夜の夢」のようなライヴでした。


ビルボードは1st、2ndステージの2ステージ制。
私は1stのチケットを取っていたため、開場時間が17時30分。
「これじゃー開場時間に間に合わないじゃないか!」という口実を(自分の中で)作って、金曜日は会社を休んだワタクシ(^^;
いつものことですか?(笑)。
郷太くんやスタッフさんからのメールには「オシャレしてきてください!」って書いてあったので、数日前から服を買いに行ったりコーディネートを考えて、そりゃーもう、楽しみにしてたんですよ。
何といっても、年に1度の夏のイベントだし、そういやワンマン、今年観てないし。
それなのに、会場で待ち合わせてた妹:やちが乗った電車が人身事故でストップ。
そして私が乗る予定の路線も、人身事故でストップ。
……結局、会場に着いたのは開演時間ギリギリでした(泣)。
それでも、(びっくりするほどお高い)飲み物やポテトなんかを頼んで、大人のライヴハウスの雰囲気を楽しむ時間はありましたよ。
会場はライヴハウスというよりも、まさにレストランの配置。
ステージと同フロアの席は、ホント、めちゃくちゃステージに近いのね!
私たちは正面のカウンター席だったので、上から見下ろす形でした。
いつもとは違う景色で、新鮮。
いつもは見えない楽器を弾く指先なんかをじっと見つめてしまいました。

19時。
メンバー(ノーナ3+真城さん、富田さん、シゲ、川口大輔くん)登場。
お揃いではないのかなー、シルバーっぽいグレーのスーツ姿で登場。
(真城さんは白×黒模様のワンピース)。
「ノーナはグレーのスーツっぽい(というか、今までスーツはグレーばっかりだよね?)」って予想してた通りで、笑ってしまう。
コマツさんのネクタイ、紫色にドット模様が目立ってた。
靴はコンバースだったよね?
郷太くんの靴はピッカピカに光ってた。
シゲは半端丈のパンツ、富田さんはハットにメガネ、川口くんはノーネクタイで赤いポケットチーフ?バラ?
オッケンさんは茶色の靴で、3人の中で唯一、最後まで上着を脱がずに演奏。
「思ってたより7倍ぐらい暑い」と言ってたのに、エライです(笑)。

曲はTUBE RIDERから。
ちょっと意外だったけど、この雰囲気にぴったりすぎて、ニヤニヤ笑いが止まらなかった(^^;
スウィートネスとかBAD GIRLとか、もうホント、この日のライヴのために作った曲なんじゃないかと思うほどのハマりっぷり。
郷太くんも「ここでやるために作った」と大ウソをつき、「10年前にはここ、できてなかった」と当然のツッコミを受けてたけど。
FRIDAY NIGHT (SOUL ON)でステージ後ろのカーテンがオープン。
窓の外に広がってるのは、ホンモノの摩天楼!
(けど一番に目に入ってしまったのは、中学校の校舎の屋上に書かれた学校名だったことはナイショ。)
雰囲気の良い落ち着いた会場、大きな窓から見えるビルの明かり、時折飛んでた緑色のレーザー光線。
そんなところで、ものすごく響きが良い音で、ノーナの曲を生で聴く。
「これって夢じゃないよね?」と何度も確認したくなるのも当然だよね。

とにかく、1曲始まるごとに、1曲終わるごとに、ずーっと「はぁ、カッコイイ~」としか言いようがなかったです。
GIMME GIMMEもホントにカッコよかったな~!!
真城さんとの相性も、これ以上ないくらいピッタリなんだよねー。
Stillみたいにしっとりした曲も、こういう場所で聴くとまた格別。
重ねた唇の切ない感じも、また格別。
マイケル・ジャクソンのカバーHuman Natureは、泣けてくるほど綺麗だった。
今まで聴いた中で、一番透明で、一番綺麗だった。
後ろに飛んでた緑色のレーザー光線も、まるで演出かのようにはまってたな。
イスがある会場なので、こういうバラードが中心かと思っていたので、まさかHey, Everybody!をやるとは、うれしい誤算。
オッケンさん、跳んじゃってた!!
座ってたけど、椅子の上で完全に踊っちゃってたよね、みんな。

分っていたけれど、やっぱり時間は短くて。
本編最後はMIDNIGHT LOVEからTHE GIRLSICKへ。
これも超絶、カッコよかった~。
郷太くんの声の魅力に、改めて心をわしづかみにされてしまった。

アンコールはメモリーズ~ひと夏の記憶~、そして(HAPPINESS IS ON THE)TURNTABLES ONLY
時間がないのに(いつものように)ムダ話が長くなってきた郷太くんを、コマツさんが一喝してみたり、真城さんの笑い声でハッピーになったり、いきなり話を振られたシゲがまごついてたり、いつものお笑いポイントを外さなかったことも、評価高いです(笑)。
最後は郷太くんに促されてお客さんも全員立ち上がって、大合唱&ダンシング。
夏の思い出をはっきりくっきり焼き付けて、キラキラな夜が幕を閉じたのでした。


夏のイベントなので、夏っぽい曲が多くなるかな~と予想していたんだけど、アルバム「FRIDAY NIGHT」がハマりすぎるシチュエーションで、都会的でアーバンでキラキラでクリアで切なくて……っていう曲が多かった印象です。
あぁ、ホント、はまりすぎ!
完成度高すぎ!
時間が短いのが悲しかったけどね……分ってたけどさ。
こんなことなら2ndも申し込んどけば良かった(泣)。

1日経ってふと「あれ?あのライヴって夢じゃないよね?」って思って、2日経って「ホントに体験してきたんだよね?」って不安になって。
だけど胸の奥には、頭の奥には、ちゃんとあの光景が、あの音が、焼き付いている。
今まで体験したことないくらい、ステキなライヴでした。

次はヒッピー!


この日のレポートオフィシャルサイトにアップされてました。
うわ、記憶違いがたくさんあって恥ずかしい。。
《setlist》
1st
1. 渚のチューブ・ライダー
2. スウィートネス
3. 重ねた唇
4. Still
5. フライデー・ナイトはソウル・オン!
6. バッド・ガール
7. ヒューマン・ネイチャー(マイケル・ジャクソン・カヴァー)
8. ギミギミ
9. ヘイ・エヴリバディ!
10. ミッドナイト・ラヴ(Intro Jam) ~ あの娘にガール・シック

EC
11. メモリーズ ~ひと夏の記憶~
12. ターンテーブルズ・オンリー

[PR]

by kazumi7311 | 2010-08-29 23:34 | Live Report

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 曽我部恵一presents『HMV渋谷 おつかれサマーフェス!』   

曽我部恵一presents『HMV渋谷 おつかれサマーフェス!』に行ってきました!

仕事も忙しくないし、こんな時こそ仮病使って早退?なんてつぶやいてたんだけど、ちゃんと定時まで働いてから駆けつけました。
(余談ですが、ちゃんと働いてたおかげで、会社に撮影に来てた超新塾のネタと、おかもとまりの鳥居みゆきと松野明美モノマネが見れてラッキーだったんだけどね……今日はお得な1日だ!)
駅はゆかた人口が多くて、「そっか、今日は神宮の花火大会だ!」なんて、そこでやっと思い出しました。
私にとっては、HMV渋谷 > 花火大会 なので、完全に忘れてました(^^;

仕事を終えて、店に着いたのが18時半すぎ。
すでに1FではDJで超盛り上がり!
そんな人ごみをかき分け、2Fに到着。
カジくんの声が聞こえる~でも姿は見えない~(泣)……てくらい、満員のお客さんでした。
ギター&ヴォーカル+フルート+パーカッション、という変則アコースティックセット。
懐かしい曲(ラ・ブーム~だってマイ・ブーム・イズ・ミー)や、デトロイトメタルシティの時にここでインストアをやった、という話から甘い恋人とか、大盤振る舞い。
HMV渋谷の思い出話(渋谷系との出会い、スウェーデンでのレコーディングにつながるきっかけ、餅つきして、神輿でタワレコまで練り歩いた……などなど)もしてました。
思い入れがあるお店がなくなるのって、やっぱり寂しいもんですよね。
モニターで確認したところ、カジくんは短パン着用、ギター抱えて跳んでた!
カジくん、年取んないねぇ。

次はトークセッション。
最初はボソボソしゃべってて聞き取りづらかったんだけど、だんだんガソリン(という名のビール)が燃え始め、最終的には「楽しい!今日は朝まで踊り明かそう!」という結論(?)に至る、という(^^;
でも、「HMV渋谷の閉店は、消費としての渋谷の終焉の象徴」っていう話は、納得してしまいました。
あと「いつもはCDの棚が置いてあるところをどけてステージと客席を作ってる、っていうのは、教室の机といすをどけてやってる学園祭みたい。だから楽しい」っていう話にも共感。
音が悪かったり、観にくかったり、天井に万引き防止の鏡がぶら下がってたり……この手作り感がなんともいい感じなんだよね。
まぁ出演者は超豪華だったりするのだけれど。

徐々に人が増え始めた20時前、NORTHERN BRIGHTのライヴ。
壁際に寄りかかりながら聴いていたんだけど、音の振動が体にビリビリ伝わってきて、気持ちよかったな。
たった3曲だったけど、なんだか高校の学園祭を思い出して、ニヤニヤしてしまいました。

続いて、沖井さんのソロプロジェクト、FROG。
ジャズっぽいアレンジのえらくカッコいい曲と、やっぱりえらくカッコいい、NORTHERN BRIGHT新井さんヴォーカル曲と。
もっと内にこもった感じなのかなー、と勝手にイメージしてたけど、結構(かなり?)好みな感じでうれしい誤算でした。

ホフ・ディランの時には、息苦しくなるくらいギュウギュウになってしまい、頼みの綱のモニターすら見えなくなってしまった……。
ベイビーはベージュ系のTシャツ、雄飛くんは黒(紺)系のシャツを着ていることは、かろうじて分かったかな。
とにかくね、曲よりもMCばかりが思い出される、っていう(笑)。
MCもさすがの息の合いっぷりで、いつまででも聞いていたい感じでした。
2人だけで登場し、遠距離恋愛は続く恋はいつも幻のようにデイドリームビリーバーと、名曲をギターと鍵盤で。
その間に「青森の『夏の魔物』っていうフェスに片道10時間かけて行くけど、持ち時間は今日と同じ20分!」とか、「渡辺くんの部屋は(今話題の)清水健太郎が元住んでた部屋」とか、「HMVからラジオの生放送をやったとき、放送する予定がなかったトーク部分が流れてしまったことに焦ったADが音声をブチッと切ってしまい、放送事故になった」とか、「神宮の花火も観たいけど、晴茂くんが出るサニーデイ観たい!……晴茂くん、今日が人生の花火みたいなもんだし」とか……いったいいつの間にこんなにしゃべったんだろうか?(笑)
ベイビーはブログ用に写真まで撮ってるし!
挙句、デビュー曲スマイルで雄飛くんが間違えまくり、「もうだめだ、だから飲むんじゃなかった」と言い始め、ベイビーが「じゃあまずコード練習から!」と「A~Dマイナー~」とか歌いながら練習し始め、最終的には4回目くらいでうまくいったのかしら?(笑)
後で登場したNONA REEVES郷太くんに「何回歌うっちゅーねん!」と突っ込まれてたわ。

とにかくもう、暑くてダメだー、と思っていたところ、うちわが配られるというサプライズ。
気が利いています♪
そして、NONA REEVESの登場。
郷太くんは虫垂炎から復帰後初ライヴ♪
ますます会場が暑くなったよ!
今日はメンバーはノーナ3人+シゲ(B)+トミタさん(Key)。
もうトミタさんの鍵盤!久しぶりに聴いたけど、めちゃくちゃカッコよかったよー。
曲はDJ! DJ!NEW SOULHey, Everybody!HIPPOPOTAMUS、そしてスペシャルゲスト堂島孝平を呼び込んでI LOVE YOUR SOUL
NEW SOULでは珍しく「テンポ速いよー」と言われてたな、コマツさん。
オッケンさんはいい感じにぶっ壊れた感じが、なんともカッコよかったです(笑)。
曲を知らない人も多いだろうイベントでHIPPOPOTAMUSがあれだけ合唱になったのは、なんか嬉しいな。
音楽に対する気持ちを歌った曲だったからかな?
あ、いつもは真城さんが歌う「long time ago~♪」っていう部分、今日はコマツさんがまさかの裏声で披露!!
堂島くんはI LOVE YOUR SOUL2番を歌ったんだけど、改めて、郷太くんは声が高い(音域広い)と実感。
MCはホフに較べると格段に少なく、でもHMV渋谷への思い入れは十分伝わってきました。
あー、ビルボードが楽しみ!!

最後はサニーデイ・サービス
おおーーー!晴茂くん、おかえりー!!!
恋におちたら恋人たちNOW、そしてコーヒーと恋愛だったかな?
ソカバンでもソロでもなく、サニーデイの音が鳴ってるよ!
NOWなんて、懐かしいなぁ。
私が一番初めに借りたアルバムが『サニーデイ・サービス』で、この頃初めてライヴに行ったんじゃないかなー?
渋公で、曽我部さんが怒ってステージ袖に帰っちゃった、っていう衝撃のライヴ(^^;
コーヒーと恋愛の笛(?)も、相変わらず。
いろんなことを思い出しちゃった。

そして、全編終了。
「アンコールはないから」と言ってた曽我部さん、再度登場して「入場規制で入れなかった人たちのために、俺たち1曲やるから……帰って!」と。
ノーナの前くらいには、あまりの混雑で入場規制がかかってしまい、店の前には入りたくても入れない会社帰りの人たちがあふれていたそうです。
私も「ふらーっと寄って、ゆるーく観て帰ろう」なんて気持ちで立ち寄ったんだけど、予想外の大混雑にびっくりしました。
告知はあんまりされてなかったけど、ツイッターではいろんな人が情報流してたし、タイムテーブル見ただけで「絶対行きたい!何で平日?昼間観れないじゃん!」と思った人も多いのは確実だもんね。
それにしても、予想をはるかに超えた人の波でした。
「この人たちがみんなCD買えば、店がなくなることもなかったのに……」という会話はあちこちから聞こえてきたよ(^^;
ここでできる最後のイベントだからこそ、ここに思い入れがある人が観に来ているんだろうと考えたからこそ、曽我部さんは全員に楽しい思い出を作りたかったんだろうな。
ツイッター情報によると、最後の曲は若者たちだったみたいですね。

私が帰る頃、1FではまだSUGIURUMNのDJで大盛り上がりでした。
いいイベントだったなぁ。
このイベントの思い出とともに、HMV渋谷のことを忘れることはないと思います。
おつかれさまでした!

あ、ちなみに、ホフ・ディランのベイビーは「跡地でCDを手売りする」と言ってたっけ(笑)。


*************************

HMVのサイトに、この日のレポートがアップされてました。
http://www.hmv.co.jp/news/article/1008250025/
改めて、ステキな1日だったなぁ、と実感。

*************************
[PR]

by kazumi7311 | 2010-08-19 23:44 | Live Report

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2010(2日目) その4   

強い日差しもどこへやら。
すっかり日が傾いて、涼しい風も吹き始めたGRASS STAGE。
スピッツは何度か観たことあるけど、この日のシチュエーションが今までで一番良かった!
夕暮れとスピッツ。
もう、なんと言っても夏の魔物が聴けたことがうれしい!
「なにげにたくさんスピッツ聴いてきたんだなー」と、自分のことを振り返っちゃうくらい、懐かしい曲がたくさん聴けてうれしかった。
とか、実家に住んでたころ、車で聴きながら走った道の風景を思い出すよ。
でも、「スピッツはロックバンドですが、コール&レスポンスする曲がないので!」と「別れても~(別れても)好きな人~(好きな人)」をチョイスするあたり、なかなかツワモノですな。
GRASS STAGEに響く、ムード歌謡(笑)。
三輪さんも言ってたとおり、若くないっすねー、お客さん。
そんな若くないお客さんにぴったりなカバー、大沢誉志幸そして僕は途方に暮れる
元は全然違うのに、持ち歌のようにスピッツに合ってるなぁ。
ていうか、この曲、ホントにいい曲だ!
a0023085_14243717.jpg
最後は空も飛べるはず
泣けた。
こんな空の下でこの曲聴いたら、なんかわかんないけどいろいろこみ上げてくるでしょ?
私は大人になってからピアノを習ってた時期がちょっとだけあって、その時練習してたのがこの曲だったりしたので、余計いろいろ思い出してしまいました。
あー、良かった。
ホントに良かった。

a0023085_1425167.jpg
すっかり日も落ちて、トリのユニコーンを待ちます。
去年は復活の年で、武道館で聴けなかった服部が聴けてうれしかったっけ。
まさか今年も観れるなんて、ホント生きてるといいことあるね!
サタデー・ナイトにのせて登場したメンバー、ん?コスプレ?(写真参照
ヅラだし、ハンパ丈パンツだし、変なストールしてるし……チェック柄ってことはブリティッシュ?
あ、川西さんのバスドラもチェック柄だ!
どこまで本気で、どこまで冗談かわかんない感じが、ユニコーンぽいな!
アクエリアスのCM曲裸の太陽から始まり、エビちゃんが歌い、アベちゃんが歌い、テッシーも歌い、もうホント、ユニコーンワールド炸裂です!
民生さんが「できるかな?」とギターを弾き始めた命果てるまで
なつかしーーーー!
間奏のアベBが思いっきり半音ずれちゃって、みんなに頭下げてたのがまた、仲よさげでよかったです。
ヅラがズレる、っていうネタはここにかかってたのか!?
R&R IS NO DEADのかっこよさを、すべてを帳消しにしてしまう大真面目な悪ふざけ、大好きだよ~♪
あ、もちろんWAO!での大活躍も忘れられないよ。
「S・A・T・U・R・D・A・Y、WAO!」……スペルを間違えたのも、ネタですか?
絶対聴きたかったテッシーのオッサンマーチも聴けたし、絶対聴きたかったHELLOも聴けたし、1年に1度はユニコーンですね。
もちろん大迷惑の大合唱も忘れられないよ。
ハンドマイクで動き回る(といっても、吉川晃司とはだいぶ趣が違う……リサイタル?)民生さんが観れるのも、ここだけ!?
アンコールのヒゲとボイン
終わらないでーーー!このままずっと続いててーーー!
って思うくらい、楽しかった。
やっぱフェスはこれだから!!

a0023085_14321532.jpg
ユニコーン終了とともに打ちあげられた花火。
結構前の方で観てたので、ド迫力の花火を下から見上げる感じになって、すごくキレイでした。。
でも私ってば、初めて携帯で動画撮ったんだけど、設定を間違えてて5秒間ずつしか撮れなかった、っていうミスを。。
でも私の心の中には、今年の花火、しっかりと刻み込んできました。


今年はホント、のんびりゆっくり観れたので、すごくラクでした。
食べたいものはちゃんと食べたし!
寝たいときに寝たし!
いつもはLAKEとかFORESTのあたりをうろうろして終わることが多かったんだけど、今年はほぼGRASSのみ!
こんなに大物ばっかり観る年は珍しいです。
ラインナップもオーバー30向けなのか?って感じですけどね。
その中でも、唯一初めて観た吉川晃司が、すごく良かったです。
こんな機会じゃないとなかなか目にすることができないアーティストのステージ、これからはちゃんと観ておくことにします。

あと、今年は日差しがほんとに強かったけれど、日焼け止め+ファンデーション+サングラス+バスタオル、っていうカオナシのようなスタイルだったので、思ったほど日に焼けませんでした。
オススメです。
ヒール靴の人も見かけたけど、靴がかわいそうだった!
あとサンダル+トレンカの人は、トレンカ焼けが悲しかったです(^^;

いつもと同じように10時前ぐらいに会場に到着したんだけれど、来年はもうちょっと早い方がいいかも。
GRASSの1組目は完全に観れなかったし、グッズも2日目になると売り切れ続出してたし。
私もバスタオル、一番欲しかったのはゲットできなかったからね。。。

最終日じゃなかったので、去年と比べて、規制退場の帰り道も殺気立ってなくて良かったです♪
去年は「明日会社なのに、東京まで帰れないかも!」なんて人が多かったからね。。
私たちも22:32勝田発の電車で、のんびり帰ってきました。
(その1本前の電車で水戸まで行って、水戸のホームで座って待ってたんだけど。。)
意外と空いてて良かった~。
ボックス席で向かい合わせた人たちはユニコーンの大ファンみたいで、携帯でサイト見ながら、いろいろ喋ってたっけ。
でもその人たちの会話で一番覚えているのは、「この電車、駅と駅の間隔が新幹線並み」っていう言葉。
……え?それって、こだまだよね?のぞみじゃないよね?

にしても、このフェスはホント、快適ですよー。
トイレもキレイだし、夜までちゃんとトイレットペーパーが補充されてるなんて、スバラシイ。
ゴミひとつ落ちてないし、ゴミが捨てたくなったらすぐ近くにゴミ箱があるし、ゴミ箱が山盛りになって入れられないなんて事もないし。
何万人も集まるフェスで、このクオリティはすごいと思う。
「野外ライヴがあるから行こうよー」と軽いノリで出かけた2000年夏。
あれから行かないと寂しくなって、いつの間にか「夏はひたちなか」が当たり前になってしまった2010年。
実家から近くて、快適で……これからもまた「夏はひたちなか」なんだろうな。

後日、フジロックに行った子から、「フジは夜ずっと雨だったけど、楽しかった。やめられないな!」っていうメールをもらって、激しく同意。
雨だろうと猛暑だろうと、フェスは楽しいよー♪
私の夏に、フェスがあってよかった。
[PR]

by kazumi7311 | 2010-08-14 16:30 | Live Report

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2010(2日目) その3   

a0023085_1423630.jpg
ハングリーフィールドに戻ってくると、お昼時のためか、どこも結構並んでました。
とりあえず、塩豚丼と汁なし坦坦麺をゲット(私はしっかりビールもゲット)し、木陰にレジャーシートを敷いてランチタイムです。
坦坦麺は見た目以上にピリっとした後味で、私は結構好みだったな。
ビールもうまーい!!
アリの襲撃にあったけど!田舎育ちは負けないのだ(笑)。

a0023085_14231237.jpg
腹が満たされると、まぶたは重くなるものです。
あー、トータスやってるなー、あー、ビールの歌だー、なんて子守唄を聴きつつ、昼寝タイム。
うーん贅沢♪
エレカシ観る~?」なんて言ってたはずなのに、結局子守唄として聴くことに(^^;
「今年はあんまり攻めてない選曲だねぇー」なんて言ってたけど、ガストロンジャーはきっちりやってたね。
妹の「観なくても、どんなだったか分かるわぁ。髪モジャモジャにして喋ってる宮本とか、引っ張られちゃってシャツはだけちゃってるギターの人とか。。。」発言に激しく同意した私。
クイックレポート読む限り、大正解だったっぽいね(笑)。

長い休憩からようやく復帰。
今年は「その日に出演したアーティスト名+日付」のスタンプが会場の数箇所に置いてあって、せっかくなので探しにいくことに。
「会場をくまなく歩かせるために、絶対一番遠いところにあるんだよ!売り場で言えばマグネットだよ。」っていう予想は的中。
GRASS STAGE出演者のスタンプは、茶屋ビレッジの奥にありました。
……茶屋ビレッジに来ちゃうと、何か食べたくなるのが人のサガ(?)。
帰り道ではコーヒーフロート手に持ってたような……。
このコーヒー、ちゃんと1杯ずつ淹れてくれてて、かなり美味しかったですよ。
女子度が高いカフェの出店だったので、そういう点でも◎かしら(笑)。
帰り道では、毎年のフラッグに書かれたアーティストたちのサインを眺めたりして、いなくなっちゃったバンドを惜しんだりしてました。。。
にしても、もはや落書きだよねぇ、サインっていうよりも(^^;

a0023085_14232495.jpg
「今年こそは絶対食べる!」と宣言していたハム焼き。
今年も絶好調に長蛇の列だったけど、並んでみたら意外とサクサク進んでくれて、食べることができました!!美味いよー、おいしいよー♪
並んでいるところは、DJブースがよく見えるなかなかの特等席。
しばらくするとソカバンが登場!!
……と思いきや、あの声、あのシルエットは、やっつん!?
DJしてるのは……曽我部さんか。
でもかかってるのはシーズン・イン・ザ・サンとか勝手にシンドバットだから……やっつんチョイス?
関ジャニとか嵐とか、誰もが知ってる大ネタ炸裂!
並んでる人も、ハム焼きゲットした人も、通路を通っていく人も、みーんな歌って踊ってました♪
あー、楽しいなぁ。
次の時間が迫っていなければ、最後までいたのに!
プリンセスプリンセスのDiamondsで、「ちょっと昔のノリだよー」と言ってるやっつんの声をバックに、当然歌いながらその場を去ったのでした……。
[PR]

by kazumi7311 | 2010-08-14 14:26 | Live Report

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2010(2日目) その2   

a0023085_1422527.jpg
GRASS STAGE到着。
氣志團ちょっと観たかったんだけどなー、もうすっかり終わってました(泣)。
でも、しばらく待つと「BE MY BABY BE MY BABY~」と、イントロが!!
あれ?氣志團登場じゃないよな……って、本物じゃん!
吉川晃司、歌い始めた!!
本物だ!本物だ!
BE MY BABY~」の大合唱が起こってる!
吉川の振りをマネする男子多数(笑)。
うわー、モニカを、生で聴ける日がくるなんて、ベストテンとか観てた小学生の私には想像できないよー!
生・シンバルキック観れた!!
この日は「吉川って、きっといいヤツなんだろうなぁ」っていうセットリスト。
みんなが知ってる曲ばっかりだもん。
にくまれそうなNEW FACEとか、RAIN-DANCEがきこえるとか、どれも懐かしい。口ずさめるよ。
せつなさを殺せないを聴きながら、私たちは泣く泣く次の会場へ移動したんだけど……。
なぬ?クイックレポートによると、最後は恋をとめないでだったのぉぉ!?
娯楽といえばボーリングとカラオケしかなかったド田舎の高校生だったころ、カラオケに行けば必ず、男子の誰かが歌ってた曲だよ。
思い出だよ、青春だよ(笑)。
Don’t stop my love~って歌いたかったなぁ。
でもでも、ホント、観れて良かった、吉川晃司!!


吉川晃司を途中で切り上げて向かったのはSEASIDE STAGE。
去年からできたらしいのですが、私は初めて行きました。
結構遠いのね(^^;
でもこぢんまりとしたステージは、客席との距離が近いし、観やすいし、なかなか良かったです。
……とかいいつつ、真っ先にハロハロカキ氷で涼を求めるオバちゃんです(^^;
a0023085_14225732.jpg
生き返るね!
さかいゆうくんのライヴは、7月のインストア以来。
タマフルのスタジオ生ライヴがめちゃくちゃ良くて、その勢いでインストア行って、ライヴ終わって帰ろうとしたら握手会の列に飲み込まれ、握手するからには何か言わなきゃ、と言った一言が「ロックインジャパン行くので、観にいきます!」だったのです。
曜日と時間合わないかもねー、なんて思ってたのに、言葉に出すとホントになるものなのね。
言霊の存在を意識しました(笑)。
この日はバンドスタイルで。
あ、サポートギターは竹内センパイだ!
うわーい、なんかうれしい♪
ライヴはホント、すごく良かったです。
どれも良い曲なことを再確認。
ロックフェスだけに、シャウト多めのロッキンな歌声も良かったな。
ストーリーの「始めよう ROCK IN JAPANのストーリー」ってのは、もはやお約束?
ラビリンスでは、自分の歌声を即興でサンプリングしてどんどん重ね、分厚いコーラスにしていく、っていう神業を披露。
コーラス用のマイク、誰の前にもないから、多分やるんだろうなー、と思ったらやっぱり。
天才だ。
最後のTRAINの前には「ヤジが多い!次バラードだから(静かにしてっ)」なんて感じで、しっかり客をいじってましたね。
それで「お前らと一緒ならどこへでも~」って歌われたら、ねぇ(笑)。
すっかりトリコです。
にしても、あー、やっぱり短いなぁ。
ワンマン行きたくなっちゃうじゃないか!

……とか言いつつ、まずは腹ごしらえです。
[PR]

by kazumi7311 | 2010-08-14 14:23 | Live Report

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2010(2日目) その1   

もう1週間も経ってしまいましたが、来年のための備忘録として。

8月7日(土)、今年もROCK IN JAPAN FESTIVALに行ってきました!
今年はラインナップ的には金曜のほうが好みだったんだけど、都合により土曜日に。
結果的にはかなり楽しめたので、逆に良かったかな?なんて思います。
だってー、「土曜日はオーバー30向け?」みたいなアーティストがズラッと勢ぞろいしてるんだもん(笑)。
曜日によって住み分け、っていうのもアリかもしれないですねー。

ということで。
金曜日は出勤時にはフェスグッズを持参、駅のコインロッカーに入れようとしたものの、大きいほう(400円)にしか入らずガックシ(笑)。
それでも明日のことばっかり思い浮かべてはニヤつきながら仕事を終え、夜には茨城の実家へ。
すでに常磐線の車内には「前泊するの?」って感じの人たちもいたりして、テンションアップ!
私のiPodも、ユニコーンさかいゆうを奏でてて、準備はOKです。
でもそんなことより気になったのが、隣の人が持ってるキャリーバッグが、私と全く同じだったこと!
そして降りる時に、同じ車両にもう1人、同じキャリーバッグが見えたこと!
恐るべし、3minuites happiness(笑)。


翌日は(昨年の自分のブログを参考に)8時30分ごろの電車に乗って、いざひたちなか!
今年は最寄り駅の隣まで妹:やちが車で行ってくれ、そこから常磐線に乗りました。
久々にみたぜ、獅子頭。。。
車内はフェス行きの人たちで大混雑。
そんな人ごみの中、地元の中学生の会話が耳に入ってきたんだけど、「では誰が好き?」ランキングをつけてました。(一番人気は大野くんだったよ。)
「あー、中学生はいつの時代も変わらんねぇ」なんて思ったのもつかの間、「ニコ動観たらさー」なんて会話も。
サイバーです、最近の中学生は。
明星とか買わんのかね(笑)。
a0023085_14195567.jpg
そんなこんなで、勝田駅到着。
今年はバスのチケット(往復750円)は、空き地に立てたテントで売ってました。
感動するほど、バスがくるー。

a0023085_1420573.jpg
会場に着くと、グッズ売場へ直行。
スゲー人だ!
そして、今年は暑い!!
風があるところや日陰はそうでもないんだけど、グッズ売場はテントに阻まれて、風がない。
スタッフの皆さん、お疲れ様です。
けど……今年のグッズ販売、時間かかったなぁ。
販売カウンターに人が少なかったのか、だいぶ待たされた印象。
まぁ、いいんだけどさー、他が良すぎるフェスなだけに、ちょっと残念。

Tシャツと日よけ用のバスタオルをゲットして、荷物をクロークに預け、やっとステージへ!
途中、PARK STAGEでザ50回転ズのライヴが始まり、「2日目最初だけど、50回転ズで盛り上がって、倒れてとっとと帰りやがれ!」的なMCが聞こえてきました。
うー、フェスだ!テンションあがってきた!(←遅い?)
a0023085_14201261.jpg
そんなPARK STAGEがよーく見える特等席がこちら。
今年はジブリとコラボしていたらしく、ジブリとのコラボTシャツが売ってたり、会場のいたるところにジブリのオブジェが登場してたりしてました。
どこもすっかり記念撮影スポットになってたんだけど、このハウルの城(だよね?)の近くにはベンチが置いてあって、PARK STAGEもバッチリ見える。
ただ、日差しはハンパなかったっす(^^;

あれー?だいぶ時間たったのに、まだ誰のステージもちゃんと観てないじゃん(笑)。
でもそれでも十分楽しいのはなぜ?
a0023085_1520532.jpg

[PR]

by kazumi7311 | 2010-08-14 14:21 | Live Report

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 夏の恒例行事   

ぼちぼちつぶやいたりしてたのですが、8/7(土)、ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2010に行ってきました。
いやー、暑かったけど!黒焦げになったけど!楽しかった~♪
絶対観たい出演者が数少ない日だったんだけど、逆にのんびりできて快適でした。
食べたい物食べて、昼寝して、また食べて、ライヴ観て、また食べて……(笑)。
念願のハム焼も食べられたしね。

忘れないように書いておきたいこととか、写真とかあるので、あとでちゃんとまとめます。
1年に1回のことって、覚えてないことも多いので、来年役に立ったりするんだよね。
毎年、何時頃の電車に乗ればいいのかは、自分のブログを見て確認してます(笑)。
ツイッターでつぶやくのは実況にはいいけど、残しておきたいことはちゃんとまとめないとダメね。

あうー。明日仕事行くの、だるーい!
[PR]

by kazumi7311 | 2010-08-09 02:06 | Live Report

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 涼しげブラウス   

a0023085_17313948.jpg

アイロンの熱さに打ち勝って、やっと涼しげなブラウスができました(^^;
レシピは3度目の登場レース付きギャザーブラウスをちょっとアレンジ。
胸元のレースは共布で代用、襟まわりのレースは省略(笑)。
袖も半袖にしてみました。
生地はユザワヤで確か2m980円だったかな?
ホントは別の形で作りたかったんだけど、生地が足りなかった。。
でもこっちも使い勝手が良いので、アリかしら。

今回は3回目だし、さすがにサクッと作れる予定だったのに、袖を裏返しに作ってしまったり、縫い代を倒す方向を間違えたりと、いつもの通りやらかしてしまいました。。
でも型紙の補正(って言っても半そでにしただけ)から始めて、4時間ぐらいだったかな?

夏のバーゲンで何も買わなかったので、早速着ます♪
[PR]

by kazumi7311 | 2010-08-01 17:26 | Hand Made

▲UP