無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2012年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 フロントニット使いブラウス   

a0023085_17474974.jpg
毎度お馴染みFilerの、
フロントニット使いブラウス 40天竺ボーダー+60/1ローンキットを作りました。
作った途端に梅雨が明け、死ぬほど暑くなってしまって登場機会はないかと思ってましたけど、ここ数日の感じだとちょうどいいですね。
長袖なんだけど、生地がめっちゃ薄いので、夏にさらっと羽織るのが良いかも。
袖もロールアップできるしね。

作業はかなりスムーズに進んだんですけど、自分でもびっくりするような失敗が!!
ミシンで縫って糸を切る時、袖口の布まで一緒にチョキンって!!!
流石にこれは凹んだ……凹んだよ。。。
幸いロールアップできるデザインなので、ほつれないように繕って、ロールアップせずに着てはいけないという自分ルールを課すことで、とりあえずOKにしてしまった(^^;
あと、オフショルダーなので袖付けは簡単だったんだけど、なーんか脇の下の部分に変なシワが入っちゃって……フロントだけニット素材なので、伸びちゃったかなー。

a0023085_17475162.jpg
バックに付けた紐がかなり良い働きをしてて、これがあることで、スッキリ着ることができますねー。
流石だ。
爽やかな雰囲気のブラウス、真夏にもいっぱい活躍してくれそうです。
[PR]

by kazumi7311 | 2012-07-17 17:48 | Hand Made

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 エレキコミック 第21回発表会『有様』   

7/15(日)。
年に1度のお楽しみ、エレキコミックの単独ライヴ、昼の部に行ってきました。
a0023085_23394584.jpg

会場は銀座博品館劇場
近所に勤めてたことがあったけど、中に入るのは初めて。
入口に立派な看板がかかるんだねー。
a0023085_23394825.jpg

今回も張り切って先行予約でチケットを取ったため、どエライ至近距離で鑑賞してきましたよ。
汗やらツバやらが飛び散ってるのを、肉眼でしっかりと捉えられる距離。
臨場感たっぷり!

昔働いていた場所の近くっていう安心感からか、時間読みが甘くて、会場に着いたのは開演10分前!
自分でもびっくり(^^;
ものすごい数の花が飾られたロビー(やっつん人脈が多そうだったー)を通って、ギリギリ着席。
すると間もなく、今立による読まされてる感100%の、「有様」をまぶした開演前アナウンスが。
いつものグッズ押しもあったけど、水筒は残念ながら売り切れて、注文を受け付けてる状態でした。
チケットといい、グッズといい……最終的にはいつも無くなっちゃうのよねぇ(^^;

コントは、ベテラン役者のコント、やっつんの歌にだっつんが突っ込むコント、青春バカコントなど、シリーズものもありつつ、新しいキャラのコントもありと、盛りだくさん。
どれも、期待を裏切らないバカっぷり!!
いつもどおり、笑って笑って、あとに何も残らない清々しさよ!
中2男子の修学旅行のような、小学生の休み時間のような、頭を通さず笑っちゃう感じというか。
親は見せたくないかもしれないけれど、子どもは大好きだろうなぁ。
子どもの頃に観てたドリフターズにも通じるものがあるかも。
あと、特に面白くないことも、しつこく、しつこく繰り返されると、なんだか可笑しくなってくるのって、これはもしや、「面白いの向こう側」(エレ片6/23のポッドキャスト参照)なのか!?
完全に術中にハマってる(^^;

ベテラン役者のコントは、やっつんのまさに熱演が「汗とツバのバケモノ」(by今立)状態だった訳だけど、熱演ゆえか、シュール系にも足を突っ込んでるような感じで、ちょっと新しい気も。
サウナのコントは、ラジオで言ってたエピソードが元になってたよねー……オナラって鉄板だな(笑)。
最初のコントでは、遅れて来たお客さんに「早く席に着いて!」と言いながら状況を説明するやっつんとか、予想外に衣装が取れてしまってしばし呆然とするやっつんとか、さらにその取れた部品(?)が次のコントでステージ奥に転がってたりとか、まさにライヴならではで楽しかった♪
あとはやはり、今立に青春バカ男をやらせるとピカ一だわねー(笑)。

幕間の映像は、恒例のCMパクリシリーズ(グッズ販促用)とか、やっつんが流行らせようとして失敗した「てんけてんけ」ダンスを流行らせよう計画とか、ファミコンチャレンジとか、UEVAの実力確認とか、こちらも盛り盛り。
CMネタでは、オランジーナの川尻さんと、今立敦子の不細工さがツボでした(笑)。
どれもDVDに入らないかもなぁ、もったいないなぁ。
今回は、ネタすらも、DVDに入らないんじゃないかなぁ、と心配になるものもあったりして……なおさら、ライヴで観といてよかった!


そんなこんなで、笑いすぎて疲れきって、ライヴ本編終了したのですが、この日はアフタートークが!
……というか、ほぼ毎回、アフタートークがあったんだけどね、今回。
初日はテーマ曲を作ってる曽我部恵一さん、13日の金曜日は稲川淳二さん、土曜は片桐仁さん、日曜夜は小林賢太郎さんという豪華ラインナップの中に、日曜昼は「UEVA」さん(^^;
エレキコミックのマネージャー、上田氏は「KREVAのラップなら日本一」と豪語、やっつんにうまく乗せられて、映像でもラップを披露、そしてアフタートークにまで登場することになってしまったのでした。。
午前中に「KREVAにしてくれ」とオーダーして髪を切り、勝手にTシャツを作り、サングラスをスタイリストさんに借り、勝手にエレ片の仁さんコーナーで使ってる曲のバックトラックを用意したマネージャーって。。。
なのに、挙動不審っぷりが半端ない!
今立に何か言うたび、やっつんの後ろに隠れてしまうUEVA。
ため息はCO2ってさー、そんな歌じゃなかったよねぇ……もう普通にKREVAが聴けなくなっちゃったじゃないか!(笑)
爆笑させていただきました(^^;
「アンケートでは、調子に乗るので一切無視で!こんなチーフマネージャーなので、仕事が増える訳がない」なんて言ってたけど、こんなのも抱えちゃってるエレキがイイよなぁと思います。


今回も、テーマ曲は曽我部さんが作ってるんだけど、オープニングもエンディングも、めちゃくちゃいい曲!!!
カッコよすぎる!!!
夏の1日にぴったりすぎる。
不穏な空気も連れてくるようなオープニング、レゲエっぽい(だったよな?)エンディング。
エンドロールのバックにオフショットが映し出され、曽我部さんの曲が流れると、あんなにバカなネタで大笑いしていたのに、それが大事な思い出になったような気がするから不思議。
ちょっと泣いちゃいそうな切なさだったよ。
あーーー、この曲、どっちも音源欲しい!!!
これまでのテーマ曲集、CD出たら絶対買うんだけどなぁ。


a0023085_2339527.jpg
終演後、ご飯でも食べようと、銀座は混んでそうだったので、休日は閑散としている汐留方面へ。
アンパンマンもご健在でした。
ご飯食べて、ガラガラのスタバでコーヒー買って、カレッタ前のベンチでおしゃべりしてたら、べったりとしてるけど涼しい風が吹いてきて、思わぬところで夏の夕暮れを満喫。
今年の夏を振り返った時に、思い出しそうなシーンでした。

なんか、いい夏の1日だったな。
[PR]

by kazumi7311 | 2012-07-16 23:25 | Live Report

▲UP