無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2013年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 真心ブラザーズ『王道真心 ジャパン・ツアー2013』@O-West   

4/19(金)。
真心ブラザーズの新ツアー、『王道真心 ジャパン・ツアー2013』の初日、O-Westに行ってきました。
a0023085_20562083.jpg
a0023085_20562356.jpg
「真心でWestって、競争率高い!狭すぎ!」と思った通り、チケットは完売!
一番早い先行予約で申し込み、無事チケットを確保した私ですが、「定時で上がっても開場に間に合わないかも」という心配から、会社を休みました(^^;
いつものことですか?(いつものことですね……)。
そして案の定、会場内は久々のギュウギュウ状態!
そんな中でも、私が抱えていた荷物を見て「荷物、ここに置いてもいいよー」と言ってくれる方がいたり(ありがとうございました!)して、私の回りだけだったかもしれないけれど、無茶せず楽しく観る雰囲気ができてて、なんだか居心地良かったです。


19時ちょっと過ぎに開演。
本日は、真心ブラザーズ(YO-KING、桜井秀俊)、ドラム:須貝直人(ビバさん)、キーボード:小川文明、ベース:上野一郎、の5人編成のMB's。
そうだよね、Westのステージに10人は上がれないもんね(笑)。
5人の時は、ソリッドでカッコイイ、ロックバンド色が強い真心が観れるので、それもとても好きです。

セットリストは多分こんな感じかと。
01. 空にまいあがれ
02. ENDLESS SUMMER NUDE
03. マイ・バック・ページ
04. 傷だらけの真心
05. 胸を張れ
06. All I want to say to you
07. FLY
08. 流れ星
09. メトロノーム
10. さるまわし
11. 花のランランパワー
12. 消えない絵
13. どかーん
14. Let’s 感動 ←このあたりの曲順があやしいです。。
15. 突風
16. 人間はもう終わりだ!
17. 素晴らしきこの世界
18. STONE
19. スピード

【EN1】
01. 拝啓、ジョン・レノン
02. Keep on smiling

【EN2】
さんぽ


今回のツアータイトル「王道真心」とは、宴会芸もラップもなく、西城秀樹もいない(←これは別バンドですね)ライヴということらしいです。
桜井さんは「俺がやってきたことは邪道だったのかー!!」とショックを受けたらしいですけど(笑)。
確かに、近年は桜井さんのオモシロがフィーチャーされることが多かったし、それはそれでめちゃくちゃ楽しかったけれど、今回のライヴは、かれこれ16年前に初めてライヴを観て、衝撃を受けて大好きになった真心がいた!っていう感じでした。


「今日はしゃべらない」と楽屋で言っていたらしいYO-KINGさんですが、ステージに立ったら嬉しくなっちゃって、結局いつも以上に嬉しそうにしゃべりまくっておられました。
「ヤバい、今日は長くなりそう!」とご本人が言ってたよ……まぁ、いつものことよね(^^;
でも結果的には、MC少な目、割と巻き巻きな感じで、2時間くらいのタイト目なライヴになりましたよ。

そして恒例、YO-KINGさんによる桜井さんのファッションチェック。
七分丈パンツを履いていた桜井さんに、「短いねー、乾燥機入れて縮んじゃったの?」と言うYO-KINGさんに、「新アー写でも七分丈履いてるよ!」と返す桜井さん。
そのアー写、知らない間にスネ毛をデジタル処理されてツルッツルになっていたらしいですよ。
処理しないとダメだと思われたことも恥ずかしいし、桜井さんが処理するように頼んだと思われるのも恥ずかしい、と(笑)。
YO-KING「そんなに濃くないよねー?」
桜井「いや、結構濃いんですよ。俺かトライセラの和田くんかっていうくらいに」
YO-KING「いない人の話しちゃっていいの?あ、でも向こうも言ってるかも…って、言わねーよ!桜井のことなんて気にしてないよ!」
なんていう、話が繰り広げられていました。


曲は、各年代の王道曲は外さず、でも久々の曲、珍しい曲、隠れた名曲などなど、バラエティに富んだ、ファンにとっては垂涎もののセットリスト!

サマーヌード、5人バンドなのにENDLESS SUMMER NUDE
しかも桜井さんがアコギだなんて、バンド編成では初めて観たかも!
小川さんの華やかな音、一郎くんの見せ場の多いベース、そしてビバ節炸裂のドラム!
5人ならではのエンドレス、かっこよかったです。

マイ・バック・ページは、やっぱり真心バージョンが落ち着くなー。
けど、若干サビの言葉ののせ方が新バージョンに引きずられるYO-KING先生……さすがです(笑)。

傷だらけの真心はとにかく胸熱!!
企画色たっぷりのアルバムの中にあるし、タイトルもこんなだし、ジャケ写もあんなだけれども、実は大名曲だと思ってます、私。
桜井さんが歌う2番もいいんだよねぇ。
昔のPVのことを歌ってるんじゃないかと、ファンは思っちゃうんだよねぇ。

YO-KINGさんの口笛で始まる胸を張れは、5人バンドによく似合う!
歌詞がまたいいんだよねぇ。
素直に元気がもらえて、背中を押されているような気がしました。

All I want to say to youのイントロが始まった瞬間、会場の熱量が一気に上がったのは、気のせいではないはず!
無条件に楽しくなって、飛び跳ねたくなっちゃうこの感じ!
大好きだー!!


ここでサックっとメンバー紹介。
大きなトピックスとしては……ビバさん、最近似ているのは「アウンサンスーチー」だそうです!
確かに似ている!!

ステージが近いので、メンバーひとりひとりの表情までよく見えたのですが、みんな心から楽しそうに演奏してるんだよねー。
ビバさんのアドリブに気づいて、YO-KINGさんがビバさんと笑い合ってたりするのなんて、遠いとなかなか気づかないしねー。
メンバーが仲良く楽しくしてる姿を見ると、楽しさ倍増です。


王道、と言っておきながら、20年ぶり(?)で披露されたさるまわし
私はライヴで初めて聴いた!
「Mercy, mercy, mercy」のカヴァーなんだけど、ダジャレのみで原曲の「Mercy=悲しい」っていう歌詞の意味は全く関係ないそうです。
「さるまわし」の悲哀と掛けててさすが!と思っていた桜井さん、20年以上経って初めて勘違いに気づいた瞬間でした(^^;
「1つ自慢していい?真心のワンマンのチケット代には僕の自慢話を聞く料金が入ってるから。あのね、当時と同じキーで歌うんだけど、今の方が声が出ている!」とおっしゃるYO-KINGさん。。
桜井さん、「じゃあ、もっとチケット代安くなるんじゃ……」と至極真っ当なことをおっしゃってました(笑)。

花のランランパワーは5年に1回くらいのペースでやってるね、とのこと。
アニメ版のコボちゃん主題歌で、8センチの短冊CDのジャケもコボちゃんだったので、2人もアニメ版スタッフに描いてもらったそうです。
そんな話から、「8センチの短冊CDって、中古屋でどんくらいの値段?怖くて自分のは見たことないんだよねー」と告白するYO-KINGさん。
CD屋でも「ま」行は避けて通るらしい……意外!!
桜井さんは、「真心はどのくらいの幅かなー」と、真心の置いてあるスペースの幅だけチェックするらしいです。
やっぱり気になりますよね(笑)。

紅白でめでたいので(YO-KINGさんのTシャツが赤白ボーダーでした。。)誰でも知ってるめでたい曲を!と、どかーん!!
が、しかし、YO-KINGさん、出だしを間違える!
バンドメンバー、全員ズコーーーッ!
見事なコケっぷり!
クレイジーキャッツやドリフターズみたいで楽しい、とYO-KINGさん。
さすが、Mr. 前向き!!
「ビバさんがあんなにシャンシャンシャンシャンって鳴らしてくれてたのに!さるまわしは間違わないのにどかーんで間違うって、すごいよ!」と桜井さん。
そういえば最初に「今日はノーミスでやる」ってYO-KINGさん言ってたのよね……自分で自分に呪いかけちゃったのかしら!?
仕切りなおして2度目はもちろん成功!盛り上がりがハンパない!!
小川さんのダンスもキレキレ、お客さんもみんなモンキーダンスしてました。
鉄板の楽しさ!!

そして新曲消えない絵
宇宙兄弟の主題歌ですね。
この5人の感じがこの曲にぴったり!
「売れちゃうんじゃないのー?」と、好感触にご満悦のYO-KINGさん。
そしてまさかの「(今大人気の)○○くんのポジションに行きたい」「その椅子、譲ってー」発言に驚愕&大爆笑!!!
無邪気なんだか、計算高いんだか(^^;
「めちゃくちゃモテそう!」「黒ラベルのCMで、あの位置にすっといる訳でしょ?目指してよ」と桜井さんも満更でもない感じでございました。

突風も久しぶりにライヴで聴いて、こんなにカッコ良かったかと!
胸をかき乱されるとはこのことかと!
バンドアレンジも最高でした。

久々のFLY
YO-KINGさんの高音を全身に浴びて、くぅぅぅ、たまらん、と(笑)。
この頃の曲は、(活動休止っていう)苦目の思い出もセットになっちゃうからね、、、ちょっと悲しくもなるけれど、逆に今、真心としてやってくれてる幸せを噛み締めてしまう。
人間はもう終わりだ!にも同じことが言えるけど、それよりも、先日のボストンマラソンの爆破テロのこともあって、9.11のことを思い出していました。
そしてこの日は、
バカばっかりでどうしようもねぇ、人間はもう終わりか?と問いかけ、
いろいろなことが起こっている素晴らしきこの世界で、日常を生き、
STONEで生きてる喜びを爆発させる、
という、わざとやってるとしか思えないような曲順になっていたんですよね。
歌詞に詰まったYO-KING哲学を、分かりやすい言葉で投げつけ、音楽の力で納得させてくれる。
そんな思いを強烈に感じつつも、「石!」って叫ぶくだらなくて最高に楽しいやりとりとか、そいうところが真心の最高なところ!!
スピードの「だるい感じー!」っていうYO-KINGさんのひと声で、きゃぁぁぁー!ですよ!!心拍数ハンパないですよ!!
そしてあの疾走感。
昔よりも音が重くなってる分、迫力を持って迫ってきて、カッコイイことこの上ない!!
ここ数年の定番、「Heyヨーチ」を客に言わせるの、いいよね(笑)。
たまにはヨーチって言いたいし(爆)。
楽しくてくだらなくてカッコ良くて胸に突き刺さって、、、生きてる実感をくれるんだよなぁ。
だから好きなんだよ!真心、大好きなんだよ!


アンコール。
桜井さん「まさに王道の曲やります」と、拝啓、ジョン・レノン
YO-KINGさんのアカペラ部分、小さいハコで間近で聴くと、息づかいまで聴こえるようで、かっこよさ100倍!
最後は、Keep on smiling
桜井「現在出ている最新アルバムの~」
YO-KING「勝訴ね。帯が『魂の地獄突き』って、絶対売れない!方向性間違ってる!」
桜井「そのアルバムの中でビデオ撮ったのが頭の中!絶対売れない!」
なんて会話も繰り広げられていました(笑)。
♪Keep on smiling~Keep on smiling~Keep on smiling~笑ってよう~
この曲を聴くと、あぁ頑張ろう、笑ってれば大丈夫、ってすごく思います。
軽くて明るいメロディだからこそ、心がフッと楽になる。
大好きです。


あっという間に、今後の告知も何もないまま、あっさりアンコール終了。
名残惜しいお客さんの熱烈アンコールに応え、珍しく!ホントに珍しく!2人が出てきてくれました!
アコギを持つ2人。
「本当のアンコールだから、何やろっか……さんぽってできる?」とYO-KINGさん。
桜井さん「もちろん!」と、これまた珍しいさんぽ
軽やかに歌って、軽やかに去って行きました。
お客さんからは「ありがとう!!」っていう声が飛んでました。
何やろうかな、と迷うフリしつつも、さんぽ即決だったYO-KINGさん。
そうだね、今日からツアーが始まるんだもんね。
軽やかにさんぽするように、全国を回るんだろうな。
なんだかとても、真心らしい選曲だな、と思いました。


流石にO-Westは狭かったけど、めちゃステージと近い上に、何度もステージ前方に出てきて歌い、ギターを弾く2人。
まさに手が触れそうな距離で!!
いやぁ、ホントに幸せ。
これがライヴハウスの醍醐味!
一緒に行った長年のライヴ友達ですら、この状況に「カッコいい!って思っちゃった」と言ってたくらい、レアな状況でした。
いやーもう、登場した時の感動っぷり、ヤバかったです!
アコースティックツアーの時も、かなり間近で観たはずだけど、今回はもうホント、ヤバかったです!!

あとやっぱり、私は『真心ブラザーズ』が大好きだ!っていうことを再確認しました。
そりゃあ地球三兄弟だって楽しかったけど、ここまで嬉しくて楽しくて泣いちゃいそうで元気出て心が軽くなって…ていうのは、やっぱり真心じゃないと!
そしてハンドマイクで歌うYO-KINGさんが好きです(笑)。
王道真心、初めて観たときの感動を思い起こさせるような、まさに私が大好きな真心ブラザーズでした。
5月の中野サンプラザが待ち遠しい!!!


余談ですが、YO-KINGさん、床に置いてあるギターの切り替え用スイッチに躓きまくっていたことを付け加えておきます。
ハンドマイクがワイヤレスだったので、床は広そうだったのにね、必ずコテッっと躓く、っていう。。
可愛すぎる(笑)。
[PR]

by kazumi7311 | 2013-04-21 21:02 | Live Report

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 エレキコミック第22回発表会『と、或る人が云っていた。』   

4/14(日)。
年に1度のお楽しみ、エレキコミックの単独ライヴ、「エレキコミック第22回発表会『と、或る人が云っていた。』」、東京公演最終日の昼の部に行ってきました。
a0023085_22384711.jpg
場所は本多劇場。
a0023085_22384651.jpg

小田急線の下北沢駅が地下になってから初めて行ったんですけど、まるで地下迷宮のようでした。
かなり地下が深いので、時間ない時なんかは焦っちゃいそう。
そして、いつも降りてた階段が無くなったために、方向感覚を一瞬失う、っていう(^^;

風がめちゃくちゃ強かったけど、とても天気の良い昼下がり。
ちょっと早めに着いたので、久々の下北沢の街をウロウロするのも楽しかったな。
もう少し早く来て、ランチするのも良かったかなー。
でも、やっぱり人が多すぎると思うのよ。。。


13時半開場とともに、会場内へ。
ロビーには今回もたくさんのお花がありました。
愛されてるねぇ。
会場内は、BGMでサニーデイ・サービスの『東京』が流れていました。
桜のジャケのこのアルバム、やはり春といえばコレですよ!懐かしいなぁ。
思わず一緒に歌ってしまう♪
ソカバンで聴き慣れちゃうと青春狂走曲のテンポがこんなに遅いのか!とびっくりしてしまった(笑)。

14時ちょっと前、「ススちゃんマン」こと今立さんによる場内アナウンスが。
ススちゃんマン……元ネタはタケちゃんマンな訳ですが、ゴロの悪さと気の抜けた発音により、絶妙なカッコ悪さを醸し出していて、ネーミングだけでも最高です(笑)。
平日のチケットの余りっぷりを解消するため、ススちゃんマンがお客さんの中から抱く人を選ぶ、というサービス(?)がラジオ内で提案されたのが始まり。
今回、土日は完売してるのに平日がかなり余っていたらしく、平日限定でボツネタをA4の紙に印刷して張り出すという平日サービスを考え出したやっつん。
(プランプランくん、と、ガウガウさん、と書き下ろしボツネタ、だったらしい。。)
そのサービスだけでは弱いので、ススちゃんマンが登場した、という訳ですが……結局、平日も超満員、当日券すら買えない人もいたらしいです。
日曜昼も、通路に折りたたみ椅子の補助席が出るほどの超満員!でした。
なのに、ススちゃんマンの設定は残っちゃったのね(^^;
抱く条件として、面白くなくても笑う、とか、在庫感を察知してグッズを買う、とか、うまいこといつもの前説になってました。
ちなみに、ススちゃんマンは男性もOKだそうですよ(爆)。
そして、「拍手の練習するよー」「女子だけ!」「男子だけ!」「全員で!」と、会場に一体感が生まれたところで、本編開始。

コント、めちゃくちゃおもしろかった!
最初から笑いっぱなしで、終演後にはぐったりでした。
今回はなんだかとても素直に笑っていたような気がします。
前説のおかげか、会場内もすごく暖かい雰囲気だったなぁ。
外だけじゃなく、室内まで春っぽいというか……セットもポスターと同じ柄の壁で、春っぽかったしね。
とても居心地が良くて、楽しくて楽しくて、時間が過ぎるのがあっという間で……2時間弱あるのに、「ええっ、もう終わり!?」と思ったほどでした。

タイトルチューン(?)の「と、或る人が云っていた。」は、意外な着地でびっくり&おもしろすぎ!
会社のユニフォームのTシャツにプリントしてまで大切にしていた、人生を変えた名言が、まさかあの人の言葉だったとは!
やっつんのオッサン役(このコントでは先生役)は、カツラ姿だけでも笑ってしまうのはなぜだろう。。

あと強烈だったのは、ケガ山!
これはやっつんの化け物っぷりがお見事!
何しろ居るだけでおもしろい!酷すぎる!!
そして動きがもう最高!!びよよよーん、って何アレ!?
倒れたりするのでお尻に分厚いパットを入れてたやっつん、そのバランスが悪すぎる姿ですら、めちゃくちゃおもしろかった!
笑ったわー!!

恒例の「やっつんだっつん」では、アホなやっつんに引きずられ、結局辱めを受けるのはだっつん、っていうこれまた恒例の図式が(^^;
やっつん、しつこかったなぁ(笑)。
そして今回は、やっつんが歌い踊る姿が観れました。
「ローラースケートに乗りながら歌い踊るアイドル」風(あくまで、風、ですよね。。)の曲にのせて、歌って踊って仮装して(?)。
設定は全くかっこ良くないんだけど、仮にもアイドルなので、どことなくスタイリッシュに感じてしまったのは私だけ!?
やっぱりやっつん、動きがキレキレだしねー。

やっつん扮する父親に才能がないことを宣告され、今後の処世術を教わる息子だっつん……では、やっつん、めちゃ笑っちゃってましたね。
至近距離で死角に入ってスっと消えるって……そりゃ笑っちゃうよな!
その他にも、巨大iPhoneとか、結婚相談所とか、どれもこれも、小ワザも小道具も絶妙で、笑ったわー!!
今回、固有名詞とか商品名とかたくさん使ってるから、ちゃんとDVDにできるのか、とても心配なところではあります。。


映像はいつものように、ほぼほぼDVDには入らないだろうな。。
CMシリーズは、お馴染み「安心戦隊 ALSOK」が強烈だったな、やはり。
人の多い公園でロケしちゃってて、休憩時間に子どもにいじられてたり、やっつんがコスチュームのまま愛犬こぶしを散歩してたり……なんていうオフショットも、エンディングで流れてたりしました。

歌舞伎町で大人気という「ロボットレストラン」のロボットに、昨年のピューロランドに続き、やっつん発案の「てんけてんけ」を伝授する企画では、「てんけてんけ」より何より、エロいコスチュームのお姉さんを夢中で見つめるゴウさんの顔が印象的でした(笑)。

高校時代、サッカー部5軍の補欠キーパーだったエレキコミックマネージャー上田と、サッカー素人エレキ2人のPK対決映像では、上田の人としてのヒドさしか心に残りませんでした(笑)。

ラジオ「エレ片のコント太郎」で、綺麗になりたい今立(と、今立を綺麗にしたい片桐)のために、男の美容情報を募っている「シャコってビューディー」のコーナーに寄せられた、「ワニの糞を塗るとニキビが治る」という投稿。
それを実際に試してみて、効果を検証する……という気合の入った映像もありましたよ(^^;
頭が下がります(笑)。


曽我部さん作のオープニングとエンディング曲。
今回もステキだったなー。
特にエンディング、笑って笑って笑い疲れて、面白くて楽しくて時間があっという間に過ぎてしまって、充実感でいっぱいのところに、曽我部さんの優しい歌声が聴こえてきて。
超バカバカしいコントを観て大笑いしてたのに、エンディングのオフショット映像を観ながら、なんだか涙ぐみそうになってしまいました。。


カーテンコール。
「アンケートお願いしますね……って、『おもしろかた』くらいしか書く事ないと思うけど……しかも『かった』の『っ』が抜けちゃってたりするんだよ」なんて言ってた2人。
うん、おもしろかった!!それだけで十分だよね。
そして「こんな内容(下ネタ、しかも小三レベル)のため、今回は男が多くて。女性ファンの方が多いと思ってたけど、TシャツもLとLLが早々に売り切れちゃって、Sが余ってる!」なんて話も。
Tシャツ、今回は絵柄がかなり渋かったので、女子向けではなかったかもしれないよね……けど、拍手の練習した時も感じたけど、客席の男性率、かなり高かったです。
男からしても、信頼できる存在なのかしらねぇ?


と、いつものように、笑い疲れて終了。
下ネタいっぱいだけど、くっだらないことばかりだけれど、とにかくおもしろかった!!
何も考えずに笑ってばかりいられることの、なんと幸せなことか!
大好きだー!!


下北沢から渋谷パルコミュージアムへ。
片桐仁 感涙の大秘宝展~粘土と締切と14年~」に寄ってきました。
ちょっと寄ってくる、くらいの気持ちだったのに、入場待ちの列が階段の下まで伸びているほどの大盛況!
a0023085_22384824.jpg


混雑に負け、ちょっとお茶して時間を潰すことに。
a0023085_22384783.jpg
なんか、こんなふうにケーキ食べながらコーヒー飲んでおしゃべりするの、すごい久しぶりな感じだな。
女子っぽいー(笑)。

1時間ほど経って再び会場へ。
日曜17時半でも、入場待ち&会場内はノロノロ状態でした。
スマホでYouTubeの音声ガイダンスを聴きながら見てまわる仕様だったけど、混雑しすぎててペースが合わず、聴くのは断念。
家で思い出しながらゆっくり聴くのもアリですね。
各作品にはボリュームたっぷりの本人による解説文が付いているので、それを読むだけでも精一杯だしね。
残念ながら仁さんは作業していなかったけれど、便器に盛られつつある作業中の作品は目撃してきました。
それにしても、これだけの作品が一堂に会していると、圧巻ですね!!
細かい造形まで間近で見ることができるので、いろいろな角度から眺め回してました。
ホント、すげーなー!
基本、気持ち悪い系だけど、どことなく可愛げがあるものもあったりなかったり(笑)。
あ、タロウくんの夏休みの宿題として提出した作品も展示してあったけど、あれは完全に小学生の作品ではありません!(断言)


ということで、大充実のエレ片な休日でした。
良い春の1日だったな~♪
[PR]

by kazumi7311 | 2013-04-16 00:51 | Live Report

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 NONA REEVES presents WAW -We Are the World- 2013   

3/31(日)。
NONA REEVES(注:リンク先、音出ます)主催のイベント、『NONA REEVES presents WAW -We Are the World- 2013』に行ってきました。
会場はShibuya O-EAST
この日はお隣のDuo、向かいのWestでもライヴがあったようで、周辺は大混雑!
珍しく開場が30分ほど遅れたこともあって、なかなかしんどかった(^^;
しかも真冬に戻ったかのような寒さだったんですよね……ダウン着てるのに寒かった(泣)。
でも、NONA REEVESのニューアルバム『POP STATION』発売後、初の東京ライヴ。
期待に胸を膨らませて、ワクワクする気持ちを抑えきれなかったです。

a0023085_15388.jpg
出演者は
  • NONA REEVES
  • 堂島孝平
  • SMALL BOYS
  • 一十三十一
の4組。
……なんだけど、(SMALL BOYS以外)すべてのバンドのドラム&ギターは、小松さん&オッケンさんコンビ。
一十三十一バンドではさらに、鍵盤が冨田さんなので、セットチェンジが簡単です(笑)。
そう考えると、共通点がありそうな感じがするけれど、よく考えると、かなりジャンルが入り乱れてる感じも。。
一十三十一ちゃんとスモボ……なかなかに遠いよね(笑)。

WAW、始まるよ~!
[PR]

by kazumi7311 | 2013-04-01 00:00 | Live Report

▲UP