無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2014年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 SMA AWARDS 2014~輝く!日本エスエムエー大賞~   

4/19(土)。
SMA 40th第一弾イベント、『SMA AWARDS 2014~輝く!日本エスエムエー大賞~』に行ってきました。
このイベントは、特命係長、綾小路翔がプロデュース。
場所は、日本武道館。
a0023085_00035377.jpg
武道館、久しぶりだー!!
桜は散ってしまったけど、新緑がまぶしかったです。(日が陰ってしまって、寒かったけど、、)
a0023085_00035997.jpg
少し早めに着いたので、グッズの列に。
40周年本を無事ゲット。
ぱっと開いて、真心のいい笑顔が載ってたのを確認できただけで、買って良かったな、と!
あと、インタビューの回答のYO-KINGさんの欄で、モト取りました(笑)。
開場まで外で待つ間、バッチリ決めた氣志團ファンの方や、ツナギを着たりグッズを身につけたユニコーンファンの方などに自然に目が行ってしまった。
真心のライブ会場では、こういう光景はまずないから新鮮で……。
そして、氣志團ファンの親からはチビッコ氣志團が、ユニコーンファンの親からはチビッコユニコーンが生まれることを確認いたしました。

17時すぎに開場。
私たちは今回は、2階席の後ろのほう。
第一次先行、ちょっと考えちゃってスルーしたからまぁ、そんなもんかと。
ステージ左右、そして正面にも大きなスクリーンがあったので、良く見えてよかった。
あと、上から眺めると、フォーメーションとか照明とか、そういう見どころも増えるので、たまには良いかなと。

開場中のBGMは、ミッツィー申し訳 a.k.a DJ Michelle Sorryさんに特命係長が発注した、SMA 40thスペシャルメガミックス。
グッズ売り場でも流れたたんだけど、これ最高!!
古いものから新しいものまで、思わず歌っちゃうような曲がてんこ盛り。
このMIX、売ってくれたらいいのに!欲しい!!

アナウンス&オープニングアクトはAMEMIYA
草月ホールぶりだ!
この大役を受けて、緊張のあまり声がでなくなり、YAHOO!ニュースになったらしい。。

総合司会の徳光さんと渡辺満里奈登場。
徳光さんの司会っぷり、すげーね!
どんなに興味がなさそうなことに対しても、どんなに知らなかったことに対しても、よどみなく言葉があふれ出る。
そしてたまに出る“毒”光さん。
「弊社の内輪のイベントを、お金を払って観に来ていただいて……」っていうのは、軽いジャブね。

本日のハコバン、桜井秀俊とザ・キラーストリート・スライダース(仮)登場。
メンバーは
・桜井秀俊(真心ブラザーズ)/GUITAR/BAND MASTER
・ROLLY/GUITAR
・ハマ・オカモ(OKAMOTO’S)/BASS
・渡辺シュンスケ/KEYBOARD
・ASA-CHANG/PERCUSSION
・たちばな哲也(SPARKS GO GO)/DRUMS
・土岐麻子/CHORUS
・川畑 要 (CHEMISTRY)/CHORUS
と、超豪華!!
衣装が白のタキシード風スーツ。
土岐ちゃんはスパンコールが付いたロングドレスでセクシーでした。
バンマス……着せられてる感ハンパない!七五三感がかわいいよ。
上着が長い(燕尾服風)なのと、帽子がもう!!

ヒッパレ~ヒッパレ~♪っていう、ザ・ヒットパレードのテーマ曲で、お祭りスタートです。
そういや、バンド名、公募してたけど、結局(仮)のままなのね。。


SMAちゃんまつり、始まりますよ!
[PR]

by kazumi7311 | 2014-04-22 23:46 | Live Report

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 真心ブラザーズ『WE ARE SO GREAT!~俺たち、エライよね~』初日   

4/11(金)。
真心ブラザーズ ライブ・ツアー『WE ARE SO GREAT!~俺たち、エライよね~』初日、渋谷CLUB QUATTROに行ってきました。
そう、金曜なので、無駄にたくさん余っている有休を使って。

a0023085_23223631.jpg

【セットリスト】(たぶんこんな感じだったかと。)

01 消えない絵
02 高い空
03 Sometimes時々
04 Son of the Sun
05 ふっきれてる
06 マイ・バック・ページ
07 夕凪
08 LOW DOWN ROULETTESのテーマ
(M.C.ハマーのU Can't Touch Thisと見せかけての、MC小宮『倦怠期です』で自己紹介)
09 I'M SO GREAT!
10 OH MERCI
11 忠告
12 マイ・リズム
13 丘の上
14 紺色
15 人間はもう終わりだ!
16 明日はどっちだ!
17 スピード

EN
01 Welcome to the world(桜井ver.)
02 Keep on smiling

EN02
01 I'M SO GREAT!


YO-KINGさん、「ツアーは初日が最高!」と、いつも以上にご機嫌。
ご機嫌すぎていつも以上にしゃべりすぎて……
「MC長すぎる!」という桜井さんからのツッコミ、初めて見たかも!?

YO「このメンバーでいっぱい練習してきました!」
桜「リズム隊、いいでしょー?」
ロックな感じでガツンとやりたいと大地くんに相談したら、真っ先に名前が挙がったのがハルくん。
桜「真心のベースは歴代異常発汗なんだよね」……確かにもう汗だくですが、理由はすぐ分かるよね(理由はのちほど)。
「いいよねー、ハルくん」と褒めるYO-KINGさんに、「イチローくんを褒めたことなんてないくせに!」と桜井さん。
「そんなこと言ってる桜井は、イチローくんに上から説教するくせに!」とYO-KINGさん反撃。
YO「若い2人、リハの覚えが早い!」
桜「ビバさんだって頑張ってる!」
YO「個人名を出すな!」
なんだかんだとMB'sの名前が出てくるあたり、仲が良いよねぇ。

同じ4人編成でも、おなじみのメンバーとは全然違う。
ガツンとくる。
スピード感ある。
フレッシュ。
おっさん2人も引っ張られてフレッシュ。

この日の服装はそれぞれ、
・YO-KING→赤いTシャツ、ベージュのパンツ
・桜井→ブルーの襟付きシャツにサーモンピンクのニット、ベージュのパンツ、オレンジのコンバースは中野と同じ
(真心2人、色合い的になんとなくお揃い感が……このシンクロ率の高さ!ついでに、YO-KINGさんのエレキと、桜井さんのアコギのストラップもすごく似てた。※厳密には、若干柄と色が違ってるみたいだけど。)
・大地→紫Tシャツ
・ハル→薄手のTシャツに紺のカーディガン、ストライプのデニム
なんか、舞台上が華やかでしたよ。明るい色合いで。

YO-KINGさん、ハルくんのカーディガンを触り、桜井さんのほうを見て「ニットに挟まれてる!」
「ライブハウスのロックなライブになぜニット?確実に暑いでしょ!?」とツッコミつつ、どんどん妄想が広がるYO-KINGさん。。
もちろんそれに乗っかっちゃう桜井さん。
YO「バンド名は"ザ・ニット"だな。夏フェスもニットで出ちゃう?」
桜「事情を知ってるのはここにいるお客さんだけしかいないから、その他大勢は“なぜ?”って感じだよね?どうせあなた、一言も触れないんでしょ?言われたらやる男だとも知ってる。。。」
お客さんから「死んじゃう!」と心配の声が上がり、我に返る桜井さん。
けど折れないYO-KINGさん、「ニットに襟だけ付けて下は裸に改良するとか。夏フェスのグッズはニット、タオルと見せかけてマフラー!」と、とても楽しそうでした。
YO「このツアーはずっとニットでやるとか」
桜「6月後半沖縄公演あるよ……」
ホントに死んじゃうから、ウケるためだけに頑張らないでね?(笑)
その後、ニットを脱ぐ脱がないのやりとりがあるも、ハルくんの「まだ行けます!」で脱げなくなる秀俊。。。
数曲後、薄手のTシャツが汗だくすぎて、むしろもう脱げない状態のハルくん。。。
桜井さんも、もう脱げない状況になってしまいました。。。

上機嫌すぎて間違えまくるYO-KINGさん。
スピードの一番の見せ場で噛むって。
大地くんをカモンダイスケって言ってた気がするし?

登場BGMがMCハマー。
この曲、10周年の時にスペシャで復活したヒマラヤスペシャルで、スタッフからの「桜井さんは独特の舌鼓音をたてる」というタレこみ情報を受け、YO-KINGさんが「桜井さんの舌鼓音」として挙げた曲。
そんな思い出深い曲に合わせて、自己紹介のコーナー。
ひとり4フレーズは言うこと!AB型です、乙女座です、など。
大地くんに「星野源くんとかレキシとかで鍛えられてるでしょ?」と言うYO-KINGさん。
そしてこのバージョン、MCハマーと見せかけて、MC小宮の「倦怠期です」だった!!
リハしてていちばん楽しかったけど、次からはなくなってるかも?と。
桜井さん、次の曲用に持ったアコギで頑張ってた。
それに対してYO-KINGさん、普通にうまく弾けてない……微妙に音階がずれて気持ち悪い(^^;
でも楽しそうだった!
MCのどこかのタイミングでやることは決まってたけど、どこでやるかはキング次第のこの曲。
……次の曲が全然こんな感じじゃない!!
「先にM10やる?照明さん大変なんだよね。。よし、みんなI'M SO GREAT!の準備して!」とYO-KINGさん。
「俺ギター違う!アコギだとかなりパワーダウンだよ!!さっきのアコギでの頑張りは何だった!?」と桜井さん(笑)。
ツアー初日から曲順入れ替えてワタワタしてるのを観れたのも、お得!

全体的に、とにかくネタが古いYO-KINGさん。
MC小宮、日東駒専、響の「どうもすみません」などなど。
響とはSMA40周年で対談したらしいですよ……言っちゃっていいのかな?と言いつつ教えてくれました。


このツアー、とにかくレア曲いっぱい!!
ふっきれてる……隙間がある曲が好きだ。
夕凪……よみうりランドを思い出した。
高音が気持ちよく出てる。
『夢の日々』からの曲が最近多いような気がする。
一回りして、消化された感じなんだろうか?

お客さんから「アルバムでないのー?」の声。
「桜井の生まれてからのアルバム46冊ボックスセット。生まれる5年前BH5年(Before Hidetoshi 5年)からスタート。」と言いだすYO-KINGさん。
「人の両親で下ネタ言うのはやめて!」と懇願する桜井さん。。

本編最後までニットを通した桜井さんとハルくんの2人、固い握手と抱擁。
秀俊、熱中症になるかと心配したよ。。

そんな秀俊を珍しく間近で観覧。
顔で弾くといえば……の、百面相を堪能。
ギタリストの指はカッコいいよなぁ。
演奏に安定感あったなー。うまいんだよなぁ。安心。


アンコール。
ローダウンルーレッツTシャツの秀俊。
YO「Tシャツの世界はどう?」
桜「自由!」
YO「何でシャツとニットだったの?」
桜「20歳くらいのキース・リチャーズがこんな格好でロックなライブをしてたのがカッコ良くて。」
YO「あなたいくつ?」
桜「今年46。」
YO「そもそもキースじゃねーから!桜井だから!」
桜「憧れるくらいいいじゃないかー!」

Welcome to the world。桜井歌唱。
もはや、Tシャツの世界へようこそ、としか聴こえない。。。
Keep on smilingは、それぞれのソロあり。


客電ついても拍手鳴り止まず。
もっとやってーの声。
珍しく出てきてくれた!
しかも全員で!
出てきてくれても2人かと思ってたのに!!
「やるけど……組んだばっかのバンドだから、曲がない。」というYO-KINGさん。
「ダブルアンコールがあったって、絶対言わないで!」って念押ししてました。
そして曲は、I'M SO GREAT!
今日聴いた気がするー!
ものすごい盛り上がり!I'M SO GREAT!の大合唱。
YO-KINGさんも歌わずに客席にマイク向けてる。
みんなが一丸となって大声で叫ぶこんな曲、真心では(意外と)今までになかったかも。
自分が声に出して歌うことで体に入ってくる言葉。
自分が肯定できる気がする。
歌うことで幸せになれる気がした。


ライブハウスで、近い距離でやってくれることのありがたさ。
間近に体感できる幸せ。
25周年でも、こんなにフレッシュ。
Low Down Roulettes、最高だ!!

[PR]

by kazumi7311 | 2014-04-12 23:19 | Live Report

▲UP