無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 タグ:エレキコミック ( 5 ) タグの人気記事   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 YATSUI FESTIVAL! 2013(その3)andymori~TRF~DJやついいちろう~フィナーレ編   

その2から続きます。
やついフェス、そろそろ佳境に差し掛かっております。

O-EAST、メインステージのレキシが終わると、すかさずサブステージではお笑いコーナー第2部開始。
レキシでかなり消耗してしまったので、少し後ろに下がり、のんびり観ることに。
ここでは、三拍子、アナログタロウ、アルコ&ピース、どぶろっく、マシンガンズが登場。
アナログタロウのどうでもいい情報を教えてくれる80年代の歌番組の曲紹介、おもしろかったなぁ。
斉藤由貴はそんなにシマリスを飼いたかったのか!(笑)
去年は声だけしか聴けなかったどぶろっく、今年はガッツリ観ることができて嬉しかった。
人の想像力(妄想力)って、果てしないもんなんだな(笑)。


続いて、メインステージには、解散を発表しているandymoriが登場。
客電点いたまま演奏してるー!と思ったら、チューニングでした(^^;
まるまる1曲歌ってしまう人たち、初めて観たかも。。

andymori、私はやっつんがいなかったら出会ってなかったかもしれないバンドです。
やっつん主催のイベント(2011年の七夕ナイト)で1度ライヴを観て以来、2度目のライヴ。
会場の熱気がすごかった!フロアはまさにもみくちゃになってました。
素直なメロディが心に響きます。
クラブナイトは、やっつんたちがやってた週末Dinerのことを歌った曲だと知ると、響きがまた違ってくるような気がする。
いつもどおりおしゃべりしてる感じそのままなMCも、彼らっぽい。
ボーカル壮平くん、ハマカーンがとても気に入ったようでした(笑)。

andymori、(多分最後になっちゃうと思うけど)ライヴ観れて良かったな。
曲の短さも相まって、たくさんの曲を心に刻めたし。
それにひきかえ、レキシのおじちゃんは4曲……(^^;


続いて、お笑いステージ最後の、第3部。
Hi-Hi、アメリカザリガニ、ユリオカ超特Q、X-GUNのベテラン勢ぞろいブロック!
めちゃ笑った!!
このEASTのお笑いステージは第1部からずっと歌ネタが多くて、どの芸人さんも歌うまいなー!ってびっくりしてたんだけど、このブロックはアメリカザリガニが印象的でした。
声の高低差を生かすと、こんなことになるのか!!めちゃオモシロイ!!
ウケてたな~。
あとユリオカ超特Qが「三谷幸喜」に激似でびっくりした!!
カツラをかぶっただけなのに!!
そして、舞台袖ではやらないと言っていたというモノマネに敢えて挑んだ、X-GUN西尾さんのチャレンジ精神に敬礼!

お笑いステージ、大トリはエレキコミック!!
えええと、NHK BSプレミアムの撮影(7/20放送予定だそうです!)入ってるんですけど……なぜにヤリーのネタを!?
なぜに完全ド下ネタを!?
だっつん、カメラマンさんに「テープもったいないんで、止めちゃっていいですよ」って言ってました。
トリがまさかのオールカット!?……最高すぎる!!!


メインステージには、やっつんのDJセットの前に、新たにDJセットが登場。
長い金髪が観えるぞ……本物のDJ KOOだ!!
本物のTRFだ!!!
ミラーボールも回り、大音量でガンガンに盛り上げたところで、キタ!BOY MEETS GIRL!!
そしてYU-KIが登場、歌い始めた!!!
本物だーーー!!
YU-KIさん、「もっといけるでしょ?」とクールに上から目線であおる、あおる!
こういうお姉さまタイプ、新鮮だわー。
EZ DO DANCEでフロアの熱気は上がりに上がり、そしてsurvival dAnce ~no no cry more~で最高潮!!
地面が揺れた!!空間が歪んだ!!
体力が限界に来ていたと思ってたのに、ジャンプ出来ちゃう自分が不思議。
酸素が薄くて、観てる景色がストップモーションになってました。
この曲はDJやついの十八番ですからね!
やっつんが呼び込まれ、夢の共演が実現していました。

ものすごい熱気を残したまま、あっという間にTRF終了。
KOOさん、フロアのみんなの大満足の笑顔を写真におさめていってくれましたよ。


そして興奮気味のDJやついのプレイ。
が、しかし!時間が押しているので、いきなり湘南乃風睡蓮花でタオルまわして大盛り上がり!
DJやつい、新しいアルバムのジャケで着てる衣装だったんだけど、可愛いよね~これ!

ここでゲストにIMALUちゃんが登場、もちろん曲はSUSHI PIZZAの名曲マイティDISCO!!
私の隣の男性が「明るいよ」の振付けが完璧だったのにびっくりしたわ~(笑)。

ハッピー注入されまくったところに、今度はヒャダインさん登場!
新曲てんけてんけてん、「てんけてんけてん」の振付けで激しく踊り歌う2人!!
まさに踊り“狂う”とはこのことか!?
それにつられ、フロアも「てんけてんけ」の波!
何これ、めちゃくちゃ楽しい!!!
最初聴いたときはあまりピンとこなかったんだけど、何度も聴くうちに、このループ感にまんまとハマってしまった!!
目を閉じると、このときのやっつん&ヒャダインの踊り狂う姿が浮かんできます、今でも。
しかしこの曲、やってるほうは体力を消耗しまくるらしく、息を切らせたやっつん「フェスとかでは絶対無理!」と言ってました……どうなる?夏フェス!!


そしてフィナーレです。
残っていた出演者の方々がステージに続々と登場。
ワタナベイビーはお子さんが生まれたそうですよ!メデタイ!!
中村一義くん、氷結片手に、相当酔っちゃってご機嫌ですねぇ。
ビッケとカツマーレーは、浴衣着て風情ありすぎ(笑)。
こうやって集まってるのを観ると、「あー、この人も出てたんだ!」「あー、観たかったなぁ」と思う人ばかり!
これでもほんの一部なのにね。
どれだけ魅力的なんだ!?

最後は全員で、曽我部さん作の「やついフェスのサライ的な曲」、月が今夜笑ってるから、ぼくらそっと東京の空を見上げるを。
昨年10月に行われたDJやついいちろう PLATINUM DISCリリースパーティの最後に、出演者全員で歌い、ライヴレコーディングされたこの曲。
現在配信中ですが、この日は、やっつんのCDに封入されている引換券を持ってくると、限定CDとして貰うことができちゃったんですよ。
なんて太っ腹!!!
a0023085_0483810.jpg
8cmCDじゃないよ!まわりがスケルトンになってるんだよ!可愛い~♪

あれー?歌う人たちはたくさんいるけど、楽器がないぞー?カラオケかなー?……と思っていたのですが、やっつんが「演奏は曽我部恵一BAND!」と紹介すると、サブステージの幕が開き、なんとソカバン、サブステージに登場!!
最後まで楽しいサプライズ!

この曲は、ホントに、ホントに、ホントに、名曲。
今日の1日を思い返し、今ここにいる幸せを噛み締め、なんか泣けてきちゃいました。
そして月を見上げるたびに、この日の幸せな時間を思い出すんだろうな。
ベイビーが(知らないくせに)チョロチョロとフレーズを追いかけたりハモったりしてたのも、愛嬌ってことで(笑)。
幸せな気持ちで満ちあふれたO-EAST。
あぁぁ、なんて素敵な夜なんだ!!


そして長いようで、あっという間の1日が終わりました。
なんて!なんて楽しい1日だったんだろうか!!!
とにかくもう、どこにいても、何をしてても楽しくて。
もちろん、孤独なソロ活動かと思っていた私に声をかけてくれた、久しぶりに会えた友人にも、気づくと自然に話をしちゃってたそのお友だちにも、大感謝です♪

楽しすぎて、休憩するのがもったいないほどだったので、最終的には体力が限界を迎えたことは否めない。
飛ばしすぎました。。。
野外のフェスだと、待ってる間に地べたに座ってたり、昼寝だってできるんだけどね。
野外に比べて移動距離は格段に短いけれど、休憩を取りにくいのが難点だったかな。。
近くのお店にご飯休憩にでも行けば良かったんだけど……会場から離れがたい気持ちもあったんだよね。
どこにいても、どこで昼寝してても(笑)音が聴こえる野外フェスとの違いは、そこかもしれませんね。
でもさー、ホント、これでも絞りに絞ったんだよ?無理しないで観てたんだよ?
出演者が充実しすぎるのも問題なんだってば!(笑)。


あぁぁ、なんてステキなフェスだったんだ!!
やっつん、ホントにホントにありがとう!!!
そしてお疲れさまでした!!!
来年のやついフェスも、楽しみに待ってていいよね?
[PR]

by kazumi7311 | 2013-06-25 02:31 | Live Report

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 エレキコミック第22回発表会『と、或る人が云っていた。』   

4/14(日)。
年に1度のお楽しみ、エレキコミックの単独ライヴ、「エレキコミック第22回発表会『と、或る人が云っていた。』」、東京公演最終日の昼の部に行ってきました。
a0023085_22384711.jpg
場所は本多劇場。
a0023085_22384651.jpg

小田急線の下北沢駅が地下になってから初めて行ったんですけど、まるで地下迷宮のようでした。
かなり地下が深いので、時間ない時なんかは焦っちゃいそう。
そして、いつも降りてた階段が無くなったために、方向感覚を一瞬失う、っていう(^^;

風がめちゃくちゃ強かったけど、とても天気の良い昼下がり。
ちょっと早めに着いたので、久々の下北沢の街をウロウロするのも楽しかったな。
もう少し早く来て、ランチするのも良かったかなー。
でも、やっぱり人が多すぎると思うのよ。。。


13時半開場とともに、会場内へ。
ロビーには今回もたくさんのお花がありました。
愛されてるねぇ。
会場内は、BGMでサニーデイ・サービスの『東京』が流れていました。
桜のジャケのこのアルバム、やはり春といえばコレですよ!懐かしいなぁ。
思わず一緒に歌ってしまう♪
ソカバンで聴き慣れちゃうと青春狂走曲のテンポがこんなに遅いのか!とびっくりしてしまった(笑)。

14時ちょっと前、「ススちゃんマン」こと今立さんによる場内アナウンスが。
ススちゃんマン……元ネタはタケちゃんマンな訳ですが、ゴロの悪さと気の抜けた発音により、絶妙なカッコ悪さを醸し出していて、ネーミングだけでも最高です(笑)。
平日のチケットの余りっぷりを解消するため、ススちゃんマンがお客さんの中から抱く人を選ぶ、というサービス(?)がラジオ内で提案されたのが始まり。
今回、土日は完売してるのに平日がかなり余っていたらしく、平日限定でボツネタをA4の紙に印刷して張り出すという平日サービスを考え出したやっつん。
(プランプランくん、と、ガウガウさん、と書き下ろしボツネタ、だったらしい。。)
そのサービスだけでは弱いので、ススちゃんマンが登場した、という訳ですが……結局、平日も超満員、当日券すら買えない人もいたらしいです。
日曜昼も、通路に折りたたみ椅子の補助席が出るほどの超満員!でした。
なのに、ススちゃんマンの設定は残っちゃったのね(^^;
抱く条件として、面白くなくても笑う、とか、在庫感を察知してグッズを買う、とか、うまいこといつもの前説になってました。
ちなみに、ススちゃんマンは男性もOKだそうですよ(爆)。
そして、「拍手の練習するよー」「女子だけ!」「男子だけ!」「全員で!」と、会場に一体感が生まれたところで、本編開始。

コント、めちゃくちゃおもしろかった!
最初から笑いっぱなしで、終演後にはぐったりでした。
今回はなんだかとても素直に笑っていたような気がします。
前説のおかげか、会場内もすごく暖かい雰囲気だったなぁ。
外だけじゃなく、室内まで春っぽいというか……セットもポスターと同じ柄の壁で、春っぽかったしね。
とても居心地が良くて、楽しくて楽しくて、時間が過ぎるのがあっという間で……2時間弱あるのに、「ええっ、もう終わり!?」と思ったほどでした。

タイトルチューン(?)の「と、或る人が云っていた。」は、意外な着地でびっくり&おもしろすぎ!
会社のユニフォームのTシャツにプリントしてまで大切にしていた、人生を変えた名言が、まさかあの人の言葉だったとは!
やっつんのオッサン役(このコントでは先生役)は、カツラ姿だけでも笑ってしまうのはなぜだろう。。

あと強烈だったのは、ケガ山!
これはやっつんの化け物っぷりがお見事!
何しろ居るだけでおもしろい!酷すぎる!!
そして動きがもう最高!!びよよよーん、って何アレ!?
倒れたりするのでお尻に分厚いパットを入れてたやっつん、そのバランスが悪すぎる姿ですら、めちゃくちゃおもしろかった!
笑ったわー!!

恒例の「やっつんだっつん」では、アホなやっつんに引きずられ、結局辱めを受けるのはだっつん、っていうこれまた恒例の図式が(^^;
やっつん、しつこかったなぁ(笑)。
そして今回は、やっつんが歌い踊る姿が観れました。
「ローラースケートに乗りながら歌い踊るアイドル」風(あくまで、風、ですよね。。)の曲にのせて、歌って踊って仮装して(?)。
設定は全くかっこ良くないんだけど、仮にもアイドルなので、どことなくスタイリッシュに感じてしまったのは私だけ!?
やっぱりやっつん、動きがキレキレだしねー。

やっつん扮する父親に才能がないことを宣告され、今後の処世術を教わる息子だっつん……では、やっつん、めちゃ笑っちゃってましたね。
至近距離で死角に入ってスっと消えるって……そりゃ笑っちゃうよな!
その他にも、巨大iPhoneとか、結婚相談所とか、どれもこれも、小ワザも小道具も絶妙で、笑ったわー!!
今回、固有名詞とか商品名とかたくさん使ってるから、ちゃんとDVDにできるのか、とても心配なところではあります。。


映像はいつものように、ほぼほぼDVDには入らないだろうな。。
CMシリーズは、お馴染み「安心戦隊 ALSOK」が強烈だったな、やはり。
人の多い公園でロケしちゃってて、休憩時間に子どもにいじられてたり、やっつんがコスチュームのまま愛犬こぶしを散歩してたり……なんていうオフショットも、エンディングで流れてたりしました。

歌舞伎町で大人気という「ロボットレストラン」のロボットに、昨年のピューロランドに続き、やっつん発案の「てんけてんけ」を伝授する企画では、「てんけてんけ」より何より、エロいコスチュームのお姉さんを夢中で見つめるゴウさんの顔が印象的でした(笑)。

高校時代、サッカー部5軍の補欠キーパーだったエレキコミックマネージャー上田と、サッカー素人エレキ2人のPK対決映像では、上田の人としてのヒドさしか心に残りませんでした(笑)。

ラジオ「エレ片のコント太郎」で、綺麗になりたい今立(と、今立を綺麗にしたい片桐)のために、男の美容情報を募っている「シャコってビューディー」のコーナーに寄せられた、「ワニの糞を塗るとニキビが治る」という投稿。
それを実際に試してみて、効果を検証する……という気合の入った映像もありましたよ(^^;
頭が下がります(笑)。


曽我部さん作のオープニングとエンディング曲。
今回もステキだったなー。
特にエンディング、笑って笑って笑い疲れて、面白くて楽しくて時間があっという間に過ぎてしまって、充実感でいっぱいのところに、曽我部さんの優しい歌声が聴こえてきて。
超バカバカしいコントを観て大笑いしてたのに、エンディングのオフショット映像を観ながら、なんだか涙ぐみそうになってしまいました。。


カーテンコール。
「アンケートお願いしますね……って、『おもしろかた』くらいしか書く事ないと思うけど……しかも『かった』の『っ』が抜けちゃってたりするんだよ」なんて言ってた2人。
うん、おもしろかった!!それだけで十分だよね。
そして「こんな内容(下ネタ、しかも小三レベル)のため、今回は男が多くて。女性ファンの方が多いと思ってたけど、TシャツもLとLLが早々に売り切れちゃって、Sが余ってる!」なんて話も。
Tシャツ、今回は絵柄がかなり渋かったので、女子向けではなかったかもしれないよね……けど、拍手の練習した時も感じたけど、客席の男性率、かなり高かったです。
男からしても、信頼できる存在なのかしらねぇ?


と、いつものように、笑い疲れて終了。
下ネタいっぱいだけど、くっだらないことばかりだけれど、とにかくおもしろかった!!
何も考えずに笑ってばかりいられることの、なんと幸せなことか!
大好きだー!!


下北沢から渋谷パルコミュージアムへ。
片桐仁 感涙の大秘宝展~粘土と締切と14年~」に寄ってきました。
ちょっと寄ってくる、くらいの気持ちだったのに、入場待ちの列が階段の下まで伸びているほどの大盛況!
a0023085_22384824.jpg


混雑に負け、ちょっとお茶して時間を潰すことに。
a0023085_22384783.jpg
なんか、こんなふうにケーキ食べながらコーヒー飲んでおしゃべりするの、すごい久しぶりな感じだな。
女子っぽいー(笑)。

1時間ほど経って再び会場へ。
日曜17時半でも、入場待ち&会場内はノロノロ状態でした。
スマホでYouTubeの音声ガイダンスを聴きながら見てまわる仕様だったけど、混雑しすぎててペースが合わず、聴くのは断念。
家で思い出しながらゆっくり聴くのもアリですね。
各作品にはボリュームたっぷりの本人による解説文が付いているので、それを読むだけでも精一杯だしね。
残念ながら仁さんは作業していなかったけれど、便器に盛られつつある作業中の作品は目撃してきました。
それにしても、これだけの作品が一堂に会していると、圧巻ですね!!
細かい造形まで間近で見ることができるので、いろいろな角度から眺め回してました。
ホント、すげーなー!
基本、気持ち悪い系だけど、どことなく可愛げがあるものもあったりなかったり(笑)。
あ、タロウくんの夏休みの宿題として提出した作品も展示してあったけど、あれは完全に小学生の作品ではありません!(断言)


ということで、大充実のエレ片な休日でした。
良い春の1日だったな~♪
[PR]

by kazumi7311 | 2013-04-16 00:51 | Live Report

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 エレキコミック 第21回発表会『有様』   

7/15(日)。
年に1度のお楽しみ、エレキコミックの単独ライヴ、昼の部に行ってきました。
a0023085_23394584.jpg

会場は銀座博品館劇場
近所に勤めてたことがあったけど、中に入るのは初めて。
入口に立派な看板がかかるんだねー。
a0023085_23394825.jpg

今回も張り切って先行予約でチケットを取ったため、どエライ至近距離で鑑賞してきましたよ。
汗やらツバやらが飛び散ってるのを、肉眼でしっかりと捉えられる距離。
臨場感たっぷり!

昔働いていた場所の近くっていう安心感からか、時間読みが甘くて、会場に着いたのは開演10分前!
自分でもびっくり(^^;
ものすごい数の花が飾られたロビー(やっつん人脈が多そうだったー)を通って、ギリギリ着席。
すると間もなく、今立による読まされてる感100%の、「有様」をまぶした開演前アナウンスが。
いつものグッズ押しもあったけど、水筒は残念ながら売り切れて、注文を受け付けてる状態でした。
チケットといい、グッズといい……最終的にはいつも無くなっちゃうのよねぇ(^^;

コントは、ベテラン役者のコント、やっつんの歌にだっつんが突っ込むコント、青春バカコントなど、シリーズものもありつつ、新しいキャラのコントもありと、盛りだくさん。
どれも、期待を裏切らないバカっぷり!!
いつもどおり、笑って笑って、あとに何も残らない清々しさよ!
中2男子の修学旅行のような、小学生の休み時間のような、頭を通さず笑っちゃう感じというか。
親は見せたくないかもしれないけれど、子どもは大好きだろうなぁ。
子どもの頃に観てたドリフターズにも通じるものがあるかも。
あと、特に面白くないことも、しつこく、しつこく繰り返されると、なんだか可笑しくなってくるのって、これはもしや、「面白いの向こう側」(エレ片6/23のポッドキャスト参照)なのか!?
完全に術中にハマってる(^^;

ベテラン役者のコントは、やっつんのまさに熱演が「汗とツバのバケモノ」(by今立)状態だった訳だけど、熱演ゆえか、シュール系にも足を突っ込んでるような感じで、ちょっと新しい気も。
サウナのコントは、ラジオで言ってたエピソードが元になってたよねー……オナラって鉄板だな(笑)。
最初のコントでは、遅れて来たお客さんに「早く席に着いて!」と言いながら状況を説明するやっつんとか、予想外に衣装が取れてしまってしばし呆然とするやっつんとか、さらにその取れた部品(?)が次のコントでステージ奥に転がってたりとか、まさにライヴならではで楽しかった♪
あとはやはり、今立に青春バカ男をやらせるとピカ一だわねー(笑)。

幕間の映像は、恒例のCMパクリシリーズ(グッズ販促用)とか、やっつんが流行らせようとして失敗した「てんけてんけ」ダンスを流行らせよう計画とか、ファミコンチャレンジとか、UEVAの実力確認とか、こちらも盛り盛り。
CMネタでは、オランジーナの川尻さんと、今立敦子の不細工さがツボでした(笑)。
どれもDVDに入らないかもなぁ、もったいないなぁ。
今回は、ネタすらも、DVDに入らないんじゃないかなぁ、と心配になるものもあったりして……なおさら、ライヴで観といてよかった!


そんなこんなで、笑いすぎて疲れきって、ライヴ本編終了したのですが、この日はアフタートークが!
……というか、ほぼ毎回、アフタートークがあったんだけどね、今回。
初日はテーマ曲を作ってる曽我部恵一さん、13日の金曜日は稲川淳二さん、土曜は片桐仁さん、日曜夜は小林賢太郎さんという豪華ラインナップの中に、日曜昼は「UEVA」さん(^^;
エレキコミックのマネージャー、上田氏は「KREVAのラップなら日本一」と豪語、やっつんにうまく乗せられて、映像でもラップを披露、そしてアフタートークにまで登場することになってしまったのでした。。
午前中に「KREVAにしてくれ」とオーダーして髪を切り、勝手にTシャツを作り、サングラスをスタイリストさんに借り、勝手にエレ片の仁さんコーナーで使ってる曲のバックトラックを用意したマネージャーって。。。
なのに、挙動不審っぷりが半端ない!
今立に何か言うたび、やっつんの後ろに隠れてしまうUEVA。
ため息はCO2ってさー、そんな歌じゃなかったよねぇ……もう普通にKREVAが聴けなくなっちゃったじゃないか!(笑)
爆笑させていただきました(^^;
「アンケートでは、調子に乗るので一切無視で!こんなチーフマネージャーなので、仕事が増える訳がない」なんて言ってたけど、こんなのも抱えちゃってるエレキがイイよなぁと思います。


今回も、テーマ曲は曽我部さんが作ってるんだけど、オープニングもエンディングも、めちゃくちゃいい曲!!!
カッコよすぎる!!!
夏の1日にぴったりすぎる。
不穏な空気も連れてくるようなオープニング、レゲエっぽい(だったよな?)エンディング。
エンドロールのバックにオフショットが映し出され、曽我部さんの曲が流れると、あんなにバカなネタで大笑いしていたのに、それが大事な思い出になったような気がするから不思議。
ちょっと泣いちゃいそうな切なさだったよ。
あーーー、この曲、どっちも音源欲しい!!!
これまでのテーマ曲集、CD出たら絶対買うんだけどなぁ。


a0023085_2339527.jpg
終演後、ご飯でも食べようと、銀座は混んでそうだったので、休日は閑散としている汐留方面へ。
アンパンマンもご健在でした。
ご飯食べて、ガラガラのスタバでコーヒー買って、カレッタ前のベンチでおしゃべりしてたら、べったりとしてるけど涼しい風が吹いてきて、思わぬところで夏の夕暮れを満喫。
今年の夏を振り返った時に、思い出しそうなシーンでした。

なんか、いい夏の1日だったな。
[PR]

by kazumi7311 | 2012-07-16 23:25 | Live Report

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 エレキコミック第20回発表会『NaNoNi』   

6/4(土)。
エレキコミック第20回発表会『NaNoNi』、4日目の夜の部に行ってきました。

しつこいほどのラジオでの宣伝の甲斐あってか、全公演ソールドアウト!
ロビーにはたくさんの花が飾られ、会場でしか買えない「豪華20回記念パンフ」には長蛇の列。
パンフは開演前にこの日の分は売り切れで、グッズのTシャツもXSしか残っていない状態。
大人気ですな(笑)。

今回はTBSラジオ先行でかなり早い段階でチケットを確保したせいか、なんと一番前の席!!
かぶりつきです(^^;
唾飛ばしてセリフを言い合っているのが見えたり、だっつんの微妙な表情が見えたり、やっつんの重厚な矯正器具を横から見てその厚みにびっくりしたり、肩パンチの強烈さにおののいたりと、普段は見えないものまで見えちゃって大満喫です。
近すぎちゃって、テーブルの上の小道具が見えなかったり、映像がとんでもなく近かったので首が痛くなったりなんていう贅沢な悩みはあったけど、最前列、いいもんですねー♪

開演前の注意事項のアナウンスも本人たち自ら。
「物販を買ってください」を執拗に挟み込んでたけど、すでに売り切れちゃってるからね(笑)。
カーテンコールでも物販押ししてたんだけど、仕方がないので「パンフと似ている三国志くんを買ってください。初日に10冊サインして、3冊くらいしか売れなかった……」とやっつんが言いだす始末。
もっとたくさん作れば良かったよね(^^;


コントの内容は、安心のエレキコミッククオリティ。
くだらない!しょーもない!何も心に残らない!!
だけど、笑って笑って、おなか痛いし、苦しいし……このまま死ぬのか!?死んでしまうのか!?ってくらい笑いました。
オチなんて、割とどーでもいいのかもしれないね。。
確実に、テレビ向きではないんだよねぇ。

私たちが観た回にDVDの撮影が入っていたんだけど、そのまま映像化できるのか!?っていうセリフがあったりして……そこはモザイクとPが入っちゃうかもなー。
予期せぬところでお客さんがレスポンスしちゃったりして、それも見どころになるかも(笑)。
DVDにはしにくい、ってやっつんは言ってたけれど。
エレ片ラジオで言ってた「お財布事件」がモチーフになってそうなコント、無茶ぶりされるやっつんの微妙なモノマネ、だっつんが生き生きと楽しんでるパート、そして「パンティ」……あー、早くDVDにならないかなー。

そして幕間の映像もまたすごかった!!
やつい家のクソコンポは予想以上にクソすぎて!!
WelcomeからGood-Byeまでの間隔が短いなんてもんじゃない。
なんであれをいまだに使い続けているんだ?DJやついいちろう……。
物販を売るためのCMは、思いっきりいろんなCMのパクリで。
チャン・グンソクのマッコリのCM、正気では観れませんよ、もう(笑)。
消臭力のCMを見るたび、思い出してはニヤニヤしちゃう。
そしてなんといっても、KARAですか(^^;
KARAももう、正気では観れません。。。
キーワードは
腹!ワキ!落ち着け!「ヘイ」のキレ!
ですかね(笑)。
あーでもこの辺はDVDには入らないんだろうな・・・。

オープニングとエンディングは曽我部さんの曲「NaNoNi」。
やつい作詞のこの曲、パンフにも付いていたんだけど、すごくいい曲なのよ、これ。
曽我部さんの曲とオルガンの音が印象的な演奏がステキなのはもちろん、歌詞もいいのよー。
甘酸っぱい感じだわ。
映像も公園で白い服着て……さわやかだったなー。
まぁ、コントの内容とは全く関係ないけどね(^^;


ということで、「えー?もう終わりー?」と声に出しちゃったくらい、あっという間の2時間。
「疲れたー!!!」って言い合うほど、笑い疲れて帰ってきました。
いい夜だったなぁ。
たくさん笑ったせいか、深夜のエレ片ラジオの途中で意識がなくなって、ぐっすり眠ることができました。


▼パンフはラーメンズ2人の文章や、曽我部さん、バカリズム、キングオブコメディとの対談、作家陣対談などのほか、テーマ曲CDまで付いて大充実。
なぜか「キンコメはモノクロ」と、映像で強調されてたね(^^;
a0023085_1551450.jpg


▼プレゼントのクリアファイル。
パンフ同様、今までの発表会のフライヤーが描かれてます。かわいいな。
a0023085_1552042.jpg

[PR]

by kazumi7311 | 2011-06-06 01:50 | Live Report

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 さいきんわたしは   

急に、すっかり秋ですね。
「暑さ寒さも彼岸まで」ってのは、昔から変わらないってことでしょうか?

京都旅行という(私にとっては)一大イベントを終え、かなりの勢いで室内で活動中です。
活動中といっても、DVD観たり、マンガ読んだり、ラジオ聴いたり……まぁ、いつもどおり、ぐうたらしてます(笑)。
twitterやり始めて、日常のあれこれをブログにまとめることもなくなっていたので、たまには書いておこうかな。

  • エレ片リスナー歴は長かったのに、今年になってから急にイベントやライヴに行きはじめた私。
    やはりエレ片リスナー歴が長い妹が急にハマりだした影響が大きいのですが。
    そんなわけで、ここ数カ月で、過去のエレ片やエレキコミックのコントライヴのDVDを一気に観ていました。
    もうそれが面白いのなんのって!
    観れば観るほど、やつみは可愛くみえてくるし、今立の青春バカっぷりがおかしくなるし、仁さんは不気味だし。
    特典映像も最高!
    「ふざけ登山」は名作! 「きんぽとん童子」は癖になる!

    そんな時に、キングオブコント決勝ですよ!
    もうなんか、こんなにドキドキしながらコント観たことないよ、ってくらい母のような気持ちで見守ってしまいました(^^;
    そして「8位先輩」っていう結果……「何であんなに笑わないんだよ!」と会場の空気を罵りたくもなりましたよー(泣)。
    でも土曜のエレ片ラジオ生放送を聴いて、エレキの面白さ、たくましさ、芸人さんたちの優しさにちょっと胸が熱くなってしまいました。。
    やっぱ大好き!
    私と同じような気持ちの人がたくさんいたことを、twitter(ハッシュタグは#elekata)見てうれしく思いました。
    あの時間帯、熱かったな~。

  • エレキと言えば、久々にスペシャの番組で大笑いしていますよ。
    爆裂エレキングダム!!」。
    録画してもらってたのをまとめて3か月分くらい観たんだけど、途中で止められなくなって数日間で一気観(^^;
    ちょっと「スペ中」観てた感覚に似てるなぁ。
    最近は自分の好きな音楽だけを聴いちゃって視野が狭くなってた気がするんだけど、スペシャ観るといろんなバンドを知ることができて楽しい♪
    怒髪天は別として、SISTER JETはイベントで観たことあるけどあんなキャラだと思ってなかったし、9mmはちょっと知ってたけどあんなソフトなイメージなかったし、凛として時雨OKAMOTO'SNICO Touches the Wallsも名前しか知らなかったし、黒猫チェルシーはボーカルの子が映画出てたな、くらいしか知らなかったし。
    祥太郎子ちゃんは名作よー。
    国王はもうね、常にあんな感じだから(笑)。
    年齢もキャラもバラバラな大臣をまとめる、今立の仕切りと、やっつんのあったかさがいい感じです。
    あー早く続きが観たい!

  • 22日は、さかいゆうライヴ@渋谷クラブクアトロに行ってきました。
    後ろのほうにいたので、ちらっとしか姿が見えなかったけれど、相変わらずの歌声に圧倒されてしまいました。
    タケのギター、カッコ良かったけど、もうちょっとでっかい音で聴きたかったかな(^^;
    ブギーバックのカバー、かっこよかった!
    How Beautifulの弾き語りもステキでした。
    ナタリーに詳しいレポが載ってます~(手抜きで失礼。。)

  • 久々に真心ブラザーズがラジオやってるのを聴いたよ。
    THE BAWDIESのROYくんの代打のRADIPEDIA
    桜井さんの文明からの取り残されっぷりや、相変わらずのドジっ子ぶり。
    桜井さんと一緒だとノビノビしすぎてるYO-KINGさん。
    いいっすね~♪
    ベストヒットSMAは行けないけれど、それぞれのソロライヴは行きますよ!
    けどやっぱり真心のライヴが観たい、ってのはワガママかしら(^^;

  • 君に届け」最新刊の12巻、買っちゃいましたよ(^^;
    ニヤニヤしながら読んで、とても幸せな気持ちになりました(笑)。

  • ちょいとあたらしいことを始めようかと思っているんだけど、ダラダラしすぎて何も進んでない!
    契約でちょっと揉めてるのが、やる気が出ない原因?……なんて言い訳してみる(^^;
    はやくすっきりしたい!

  • 急に秋になっちゃったから、キットで買ってある薄手のコートがまだ完成してないよー。
    急がねば!


ということで、ぼんやりした日々ですね、いつもどおり。
こんなことやってると、あっという間に年末なんだろうなぁ。
年末までには、なんとかいろいろすっきりしたいところです。

とりあえず、来週は桜井秀俊ワンマンライヴ!
何が飛び出すのか、楽しみだー!
[PR]

by kazumi7311 | 2010-09-27 02:38 | Daily Life

▲UP