無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 タグ:ライヴ ( 167 ) タグの人気記事   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 真心ブラザーズ『FEEL FINE TOUR』   

少し時間が経ってしまいましたが、先週の金曜日、久々の真心ライヴに行ってきました!!
復活後初のアルバムFINEを引っさげてのツアーファイナル@NHKホールは、超満員の3,500人で埋め尽くされてました。
むかーし、NHKホールの最後列で真心を観たことを思い出しつつ、今回は前から5列目なんていうグレートな席で鑑賞。
それだけでも気分はウキウキなのに、その日は「開演時間に間に合わない!」と勝手に思い込んで有給をとって休んでいた為、開演前に(いつもの)いずりん&やちと沖縄料理の夕飯を食べ、あまりの蒸し暑さにビール2杯飲んじゃって、そりゃーもうご機嫌だった訳です(笑)。
そんな訳で(?)、いつもよりかなーりテンションが高い状態でライヴが始まったのです。。

セットリストは確かこんな感じ。
  1. 少しもさめていない
  2. 東京ひとり
  3. 空にまいあがれ
  4. I'm in Love
  5. BABY BABY BABY
  6. スマイル
  7. メトロノーム
  8. 丘の上
  9. 紺色
  10. Rolling
  11. ハロー
  12. Step steady
  13. Dear, Summer Friend
  14. ENDLESS SUMMER NUDE
  15. 拝啓、ジョン・レノン
  16. 新しい夜明け
  17. 情熱と衝動
【アンコール1】
  1. 受けポジ
  2. どか〜ん
  3. EVERYBODY SINGIN' LOVE SONG
【アンコール2】
  1. RELAX~OPEN~ENJOY


私は5月のライヴハウスツアーには行っていないので、アルバムの曲は初めて聴いた曲がほとんどでした。
いやー、やっぱ生で聴くと印象違いますね〜。
どの曲も割と地味な感じがしていたんだけど、(当たり前だけど)迫力が違う!!
1で始まったのが意外といえば意外だったんだけど、「ああー、こんな曲だったんだー」とやっと実感できた感じです。
9のビバさんドラムがめちゃくちゃカッコ良かった〜♪
あんなに気持ちよくサクサク叩く人、他にはいないね。
しかし、8&9のロックンロールナンバー。
9の曲振りを桜井さんがしたのだけれど、「丘の上……じゃなくて紺色!」って……!!
今やったばかりの曲名をもう1回言い、言い直し、続行(笑)。
「一番やっちゃいけないことをしてしまった……3,500人の冷たい笑いが……」とか言ってる桜井さんに「よくそのまま行ったよね〜」とのんきなYO-KING氏。
まあね、Mの桜井さんはそれなりに楽しんでいたみたいなので、それはそれで良かった良かった(笑)。
しかし、この日の桜井さんの滑舌はボロボロだったですねぇ。。。
それもまたたのし♪

この日のライヴ、今までと違うなーと思ったことがあるんです。
客席が自主的に(もしくはホーンズの先導?で)手を振ったり、手拍子したりってことは多かったけれど、客に○○をやってほしいと言ってきたことはなかったんじゃないかなー?
10ではクラップ。
4拍子の1拍・2拍・3拍・4拍の2と4の部分で手を叩くのが「2,4のクラップ」。
4のところにはもともとスネアが入っていないから、クラップが入ってやっと曲として完成するのがこの曲なんだそうです。
YO-KINGさんの「音楽というのはぁー、3拍子以外は全部4拍子でぇー」というかなり簡略化された音楽講座で教わりました(笑)。
そのあとオマケとしてやってくれた11はその応用編。
3,500人分のクラップが鳴り響きます。
「ああー、これ、レコーディングしとけばよかった!」なんてYO-KINGさん言ってました。
この曲はリズムボックスにボーカル(YO)とギター(さく)が乗っかるだけなので、バンドの皆さんは手持ち無沙汰……でもただいるだけのはずがないんですよ(笑)。
Key:文明さんは、やっぱり踊りまくってました。。。ステキっす♪
17では「一緒に歌ってください!」とYO-KINGさん。
今までそんなこと言ったことなかったよねぇ。
3,500人の大合唱……鳥肌たっちゃった。
休止前よりももっと「客席と一緒にライヴを作る」という気持ちが強くなったのかな〜なんて思って、妙に嬉しかったな。
しっかり向き合って作ったというアルバムのツアーだからなのかな?
今までよりもYO-KING氏と桜井氏の関わりも強くなっているような気もしました。
YO-KING氏のギターと桜井氏の歌声の重なりだったり、コーラスだったり、ちゃんとかみ合って重なりあっていい味が出てる。
この一体感がなんとも気持ちよかったです。

定番の曲もやっぱり、全てがオカシクなるくらい、すごかった!!
真心のライヴ(しかもホール)で、こんなにジャンプしたり踊ったりしたのって久しぶりだったかもしれない。。。
特に本編最後のほうの13、14、15、16。
14が“ENDLESS”ってだけでもキャーキャー言ってたんだから、やっぱりオカシクなっていたんでしょうか(笑)。
久しぶりにこっちで聴いて、昔、ここでやった頃は「練習した……難しい」なんて言ってたよな〜、なんて思い出しただけでも興奮しちゃうよ。。
この日最大のクライマックスは、15、16かな?
15が終わって桜井さん、前に出て行ったまま動かない……燃え尽きた? 泣いてる?
そしてマイクを通さずに「MB'sと歌ってくれますか〜?」と問いかけて「新しい夜明け」だもん!!
今思い出しても胸が熱くなるよ(……だけどここでも噛んじゃったんだよね、彼は)。
16はもう、息が続かず苦しくなっても、歌い跳ねたよ(笑)。
楽しい!! 最高!!

アンコールでは「ごめん、ここしゃべるところじゃないけど、どうしても言わせて!! どこの地方だったか忘れたけれど、このツアーで初めて見つけたんだよ……エアギターでノッてる子を!!」とYO-KINGさん。
「あのエアギターの少年に捧げます!」とどか〜ん!!
途中、お客さんに「エアギター!!」と要求してました(笑)。
その結果、30%の人はやってくれたとか……そして桜井さんは「初めてだよ!! エアギターに触発されてアタマぐぁんぐぁん振っちゃったの!!」ということでした(笑)。
このブーム、続くのか!?
ダブルアンコールのRELAX~OPEN~ENJOYを聴いて、「あー、私、最近、RELAX~OPEN~ENJOYが不足してたなー」と自覚。
やっぱり私には真心が必要なんですね。。
最後の文明さんソロ、年々長くなってきている気がしますが、「いつ終わるのか? いつ終わるのか?」と待ち構えているメンバーもかなり面白いことに気付いてしまいました(笑)。

ということで、ものすごーく楽しんできました。
とにかく楽しい!! の一言に尽きます。
爽快ですよ〜♪
夏のフェスで観ることはできないけれど、このバンド(MB's)結成10周年記念企画なんていうスバラシクおもしろそうな企画が秋に待ってることが判明。
こりゃ、また行くしかないね!!
☆★☆真心企画第一弾!☆★☆
    〜MB’s 10th Anniversary SHOW〜
日時:10月1日(日) 15:00開場/16:00開演/21:00終演予定
会場:クラブチッタ川崎
出演:真心ブラザーズ、うつみようこ&YOKOLOCO BAND、衝和ショッキング
Jupiter's Pop Band、Suzy Cream Cheese、CENTRAL
料金:5500円(ドリンク別) ※8/12(土)チケット販売開始
【問】HOT STUFF 03-5720-9999 www.red-hot.ne.jp

[PR]

by kazumi7311 | 2006-07-04 01:23 | Live Report

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 こんなの取ってみた   

SHINJUKU LOFT 30TH ANNIVERSARY presents <SATURDAY NIGHT R&R SHOW 150 SPECIAL> supported by Weeklyぴあ

ROCK IN JAPAN FESに真心、ご出演ですねぇ。
「出ないはずないよなー」と思いつつ、3日間は行けないので、ヤマはって外れたらショックだし……と思ってチケは取ってなかったんですよ。
ああーやられたなーとガッカリしつつ、YO-KINGさんがソロでも出るのは意外な発見。
そろそろ真心、飽きてきちゃった!?
ま、もっと意外だったのはYAZAWAご出演だけどねー(笑)。
ステージは増えるし、出演者も増えるし、ここ数年はいわゆる大御所を呼んだりして……なんか微妙な感じです。
実際行っちゃえば思いっきり楽しめるんだけどね(^^;

「YO-KINGさんソロ」なんていうワードを見つけて、急にYO-KINGライヴが恋しくなってみたりして(笑)。
YO-KINGさんというより、グレートが恋しいっていうか……YO-KINGさんのライヴじゃグレート(フラワーカンパニーズのベーシスト、グレートマエカワ)ばかりを目で追ってしまう現象が、私たちの中では頻発しているのですよ!!
とにかく動きに釘付け! とにかく顔面に釘付けなのです!!
そんなことを思っていたら、サンキュー世界とかEVERYBODY NEEDS SOMEBODY NOWの大声大会(!?)とかが無性に恋しくなってきて……。

で、上のイベントのチケット、取っちゃったんですよ(笑)。
出演がGO!GO!7188 、フラワーカンパニーズ、YO-KINGってかなり濃いぃよね♪
ジメジメ嫌な気分の時にはもってこいのイベントかも!!
ちなみにこのイベント、3月にトモフスキーの魅力に腹を抱えて笑った(?)ライヴシリーズの、150回記念ヴァージョン、ということで、会場も広くてベテラン揃いなんですねー。
まだまだチケット、余裕あるみたいですよ〜。
ふふふ。楽しみだわ!!
●07.15(Sat) at SHIBUYA-AX
SHINJUKU LOFT 30TH ANNIVERSARY presents <SATURDAY NIGHT R&R SHOW 150 SPECIAL> supported by Weeklyぴあ
OPEN 17:00 / START 18:00
ADV 3500 / DOOR 4000
GO!GO!7188 / フラワーカンパニーズ / YO-KING

[PR]

by kazumi7311 | 2006-06-23 01:01 | Music

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ノーナ最高!   

かなーり間が空いてしまいましたが、まだ生きてます( ̄▽ ̄)

昨日、今日は渋谷CHELSEA HOTELでのNONA REEVESのライヴに行ってきました。
24日に発売されたDVD『LIVE』発売記念ライヴだったのですが、「ライヴDVD『LIVE』発売ライヴってロシアの人形マトリョーシカみたいでややこしいから、3×3 TOUR FINALってことにしました」とのこと。
27日が3×3 TOUR -TOKYO STRIKES BACK-、28日が 3×3 TOUR -NEVER CAN SAY GOODBYE-
毎回言ってるかもしれないけれど、「今までで一番!?」というくらい、ホントにすごいライヴでした。
2日目、3曲目のDJ! DJ!での大合唱に、郷太くん、思わず「スゴッ!」って感じで笑っちゃってるくらいですもん(笑)。
「4曲終わったところだけど、これまでで一番イイライヴなんじゃないか!?」なんて発言もあり、客席も大興奮!
それからは「前半はすごく良かった……けれども! 家に帰るまでがライヴです!」「ここまでホント最高……でも! 気を緩めてはいけません!」なんて、遠足の例えでお客さんを煽る煽る(笑)。
アンコールでは「学校までは帰ってきました。でも! 家に帰る道で綺麗な花が咲いてるのを見つけました……っていうアンコールをお送りします」「家に帰ってきました。でも! 家の庭に綺麗な花が咲いてるのを見つけました……っていうアンコールをお送りします」なんて言ってましたね(笑)。
2004年のスフィンクスツアー(←アルバム発売が1ヶ月遅れたので、スフィンクスツアーだけどアルバム未発売だったね。。)大阪公演ごろから、ライヴを観られているけれど、お客さんからもパワーをもらっているようなライヴになってきて、それが今日、さらに次のステージに上がったような感じ」と郷太くん。
あの場にいれば、自然と踊りたくなるし、大きな声で歌いたくなるし、たまらない一体感があるライヴ。
こんなの知ったら、もうノーナを観ずにはいられないじゃないかー!!

アホみたいに大きな声で歌って踊った曲たちも、メロウな曲に聴き入ってうっとりして思わず泣いちゃいそうになった曲たちも、どれもこれも全部が良かった!
今回のライヴは、何がどうとかウダウダ書く必要がない気がします。
いくら書いても全然伝わらないし……。
「踊った! 歌った! 笑った! 楽しかった! ……ノーナ最高!!
これだけで十分です(笑)。

熱いライヴ会場から出ると、気持ちいい風が吹いてました。
汗かいて、歌って、心も体も解毒された感じ。
いやー気持ちいいね〜♪
岩盤浴とかゲルマとかもいいけど、ライヴでデトックスってのもアリですね(笑)。

今日は真心ブラザーズも渋谷でライヴだったのですが、そっちのチケット発売前に2日ともノーナの方に行くことにしちゃっていて、ちょっと後悔したこともありました(^^;
でも! 今日のライヴ、行けて良かったよーマジで良かったよー。
また明日から、がんばりますよー!

ちなみに24日発売のDVD『LIVE』は、2005年12月のHiPPY CHRiSTMAS東京公演が収録されてます。
クリアな映像と音にびっくりしちゃいますよ〜!
たった半年前のこの時のライヴも「すげー! もう最高!」と思ったはずなのに、3x3ツアーのライヴでそれ以上の感動をしちゃってますからねぇ。
もちろん、DVDより生がいいのは仕方がないですが、「NONA REEVESって誰? 外人?」と思う方、一度騙されたと思って観てみてください。
ハマっちゃうかもしれないですよー♪

【SET LIST】

3×3 TOUR -TOKYO STRIKES BACK- 2006.5.27(Sat)
NNRブレイクダウン〜サニーに捧ぐ〜
透明ガール
DJ! DJ! 〜とどかぬ想い〜
LOVE TOGETHER
 ☆ここで、汗をかく前のコマツさんが前に出てきてご挨拶(笑)。
I HEARD THE SOUND(PARTS 1&2)
プリズマティック・レイディ〜哀しみで目もくらみ
奇蹟
愛の太陽
HIPPOPOTAMUS
狛犬の詩
 ☆リードボーカルはコマツさん! ということで、郷太くんは真城さんと並んでお揃いの振り付きでコーラス。カワイイ。「オッケンオッケンオッケン」と連呼してたのが面白かった。
SOUL MEDLEY 2006
 ☆メンバーのフェイバリットをメドレーで3曲←後でHPで解説する、と郷太くんが言ってました。
 ☆メドレーが始まる前のMCで、メンバーの好きな曲がかぶるからささっと決まった、というような話で、
  郷「高校生のバンドとかだと、とりあえず楽器ができるヤツが集まって好みなんてバラバラだからさ、ジュンスカの後にボウイやって次は……」
  オッケン「憂歌団とか……」
 という、さすがな会話(?)が繰り広げられてました(笑)。
リズムナイト
ラヴ・アライヴ
I LOVE YOUR SOUL
NEW SOUL
 ☆サビ「愛し合い喜びを共に分かち合う〜♪」から、郷太くんマイク使わず。お客さんの声だけで十分なくらいの大合唱!
【アンコール1】
メモリーズ〜ひと夏の記憶〜
 ☆郷太くんの歌唱指導付き。
【アンコール2】
ボブ

3×3 TOUR -TOKYO STRIKES BACK- 2006.5.28(Sun)
NNRブレイクダウン〜サニーに捧ぐ〜
透明ガール
DJ! DJ! 〜とどかぬ想い〜
LOVE TOGETHER
スウィートネス
プリズマティック・レイディ〜哀しみで目もくらみ
HISTORY
 ☆久しぶりに聴いたら、泣きそうでした。。。
愛の太陽
HIPPOPOTAMUS
 ☆以前のライヴバージョンよりもあっさりした構成。ずっとPOPになって、私はこっちの方が好き。この曲の後、郷太くんの目が真っ赤だったのは気のせい?
狛犬の詩
 ☆今回も大騒ぎー! オッケンさんソロ、顔がニヒルにキマッてました(笑)。
SOUL MEDLEY 2006
 ☆メドレーは連奏、メモリーは記憶……と似た言葉を繰り出す郷太くんに大爆笑の真城さん(笑)。このメドレーの曲、どれもカッコ良かったな〜♪
リズムナイト
 ☆HIGEベース千ヶ崎学、ソロがめちゃくちゃかっこいい……だけどものすごい顔(笑)。真城さん大爆笑!!
ラヴ・アライヴ
I LOVE YOUR SOUL
NEW SOUL
 ☆いつも泣きそうになる曲。こんなに楽しいのになぜか切ない気分になるのは何故? わけもなくものすごい声で叫んでいた自分にびっくり。。。
【アンコール1】
メモリーズ〜ひと夏の記憶〜
 ☆今日も歌唱指導付き。「ナンナンナンナン……は万国共通で、Baby, I miss your faceはあなたの顔が観れなくて寂しい、あなたのことを想ってますっていう意味」と郷太くん。「LOVEっていう言葉は大きな意味での愛としては使ってるんだけど、I LOVE YOUという意味では使ったことがなくて、人間の感情の中で一番上にあるのは『想う』っていうことだと思ってる。その人のことを好きでも嫌いでも思うことは愛情があるってことだから、think of youっていうのを使うことが多い。そういう気持ちで歌ってください」と言ってました。ちょっと感動。
ボブ
【アンコール2】
パーティは何処に?
 ☆終わっちゃうことが寂しかったなー。パーティはここにあるよ!!

*********************************
ううーん、セットリストだけ載せるつもりが、結局いろいろ書き込んでしまった(^^;
これじゃ「ノーナ最高!」で十分なんて言えないじゃんねぇ(笑)。
[PR]

by kazumi7311 | 2006-05-28 23:04 | Live Report

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 NONA REEVES 3x3 TOUR 2006   

まるで週報のようなブログになっちゃってますねぇ。。。
最近のワタクシを例える言葉は……と考えて、「煮詰まったコーヒー」という言葉が真っ先に浮かんできて、自分でも呆れてしまっている今日この頃です(^^;
そんなまずいコーヒーを捨てて、おいしいコーヒーを入れるべく、向かった先は渋谷クラブクアトロ。
本日はNONA REEVESのツアー最終日でした。

先月の公演は、日程的には先になっちゃったけど一応追加公演ってことだったので、今日が本公演。
ミラクルな整理番号をゲットしていたので、ありえない近さでかぶりつきで観てきました!!
もうね、ほんとね、いつも言ってるから信用できないかもしれないけれど、ノーナ最高!!
めちゃくちゃ楽しいのはもちろん、感動して涙が出そうでした……いや、心の中では大号泣。
あの場所にいられて、ノーナの音楽が好きで、ホント良かった〜♪
ライヴが終わって、しばし呆然としてしまいまったくらい。。。
燃え尽き症候群(笑)。
帰りの電車の中でも、やたらと無口だったし……しゃべると言葉が不自由になってるんですよ(^^;
そして何度も何度も、ステージの光景がフラッシュバックしてくるんです。
これじゃリフレッシュどころか、逆に病気になってしまったみたいですけど(^^;
もう、何度でも言っちゃう!!
ノーナ最高!!

以下、要約すると「ノーナ最高!!」という長文 >>
[PR]

by kazumi7311 | 2006-04-16 23:00 | Live Report

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 伝説の真心野音(第2部)   

そして第2部。
ここからはお馴染みMB'sの面々とお祭りライヴです!!
第2部のセットリストは
  1. JUMP
  2. 空にまいあがれ
  3. どか〜ん
  4. マイ・バックページ
  5. Son of the Sun
  6. 橋の上で
  7. 日曜日
  8. 愛のオーラ
  9. I'm in Love(←ここかなぁ?)
  10. COSMOS
  11. 拝啓、ジョン・レノン
  12. BABY BABY BABY(←ここかなぁ?)
  13. DEAR SUMMER FRIENDS
  14. RELAX〜OPEN〜ENJOY
---アンコール---
  1. 情熱と衝動
  2. EVERYBODY SINGIN' LOVESONG
って感じでした(一部、順不同だと思う。。)。
第1部が寒かった(←気候のことです、あくまでも!!)分、立ち上がって踊ってた第2部であったかくなりましたよ〜♪
春祭りーーー!!
WBCのイチローばりに「FUCK FUCK」言ってるなんてことをYO-KINGさんがしゃべってると、お客さん数名が「イ」「チ」「ロ」「ー」という文字をPL学園の応援っぽい感じで掲げていたんです!!
「え? なんで? タイミングよすぎる!!……あ、ウチにもイチローがいた!!」とベースの一郎くんに気付く真心。
しかも次に出された言葉が「ガンバレ」……面白すぎる!!
お客さん、良い仕込みっすよ(笑)。
そんなこんなでホント、客席もお祭りムードを盛り上げてました……今までとはちょっと雰囲気違ったな。

さらにお祭りムードを盛り上げていたのが、メンバーのダンス!!
Keyの文明さん、どか〜んでは出番が無いのになぜかスタンバイ。
そして激しくモンキーダンス!!!
その見事な踊りっぷりに、笑いすぎてお腹がイタイ。。。
水に潜るような感じで沈み込み、「どか〜んと」で大ジャンプ……髪振り乱して踊りまくる踊りまくる!!
思わずつられてモンキーしちゃった人も多数発生してました(笑)。
いやー、さすが打ち上げ会場からホテルまででんぐり返りして帰る人はすごい!!(笑)
ちなみにリハーサルではもっとすごいテンションで踊っていたらしい……最高!!

そしてひっそりとおかしな動きを見せていたのが、トランペットのオサムさん&ヒデローさんの2人。
いつも手拍子したり、手を振ったり、お客さんをあおってるホーンズの面々ですが、この2人、踊っているんだと思うんだけど、動きが微妙なんですわ(^^;
ちょっとドリフっぽくもあり、スピードスケートしてるようにも見えたり。
でもついつい目がいって、ついつい真似したくなっちゃうんですよ(笑)。
どこを観ても楽しい真心のステージ。
もうホント、笑い死にしそうなくらい笑ってましたね〜♪

MCでは生絞りCMでの裏話も聞けましたよ。
桜井さんのもみあげのQRコードは特殊メイクで、かなりの時間をかけて完成させたのに、天気が悪くなってその日は撮影中止になってしまった、とか。
桜井さんは、2作目にして「秀俊、スレたな」って思ってしまった、とか。
桜井さんは花見の場所取りをしていて、YO-KINGさんはバンド練習の帰りにメンバーとたまたま通りかかり、そこにみゆきさんがやってくる、という設定はすべてカットされた、とか。
次のバージョンでは、YO-KINGの顔オチだ、とか。
楽しみですわ〜♪

ニューシングルのc/wSon of the Sunは桜井さんがメインボーカル。
ここでは4人編成だったので、YO-KINGさんがギターとコーラス担当だったんだけど、「桜井さんにハモるYO-KINGさん」ってのが何だかとっても嬉しかった私。
なんでだろうね、不思議だけど。

橋の上では桜井ボーカルで。
そして今日もやっぱりやるのか……YO-KINGさんはこの曲で嬉しそうにドラム叩いてました。
ま、いつものように微妙っちゃー微妙なドラムだったんだけど、前より上達してるように聞こえたのは気のせい!?
桜井さんが歌う「橋の上で」は何度か聴いたことあるけど、YO-KINGドラムは初かしらん。
で、トランペット2本が加わり、何ともメロウな雰囲気のある曲になってました。
会場からは見えないはずの桜が見えるような気がしたよ。

ここから久しぶりな曲が続きました。
日曜日はCDで聴くより、ライヴで聴くと何十倍も何百倍もイイんですよー♪
レゲエには野外が似合うね。
ヒデローさんがパーカッションしてました。
愛のオーラもドキドキしたよ〜。
アルトサックス首藤さんもフルートデビュー!?してたけど、簡単な「タッタラ タッタラ」ってとこしか吹いてなかったのを見逃さなかったよ(笑)。
寅蔵さんのフルートソロの見せ場は奪わなかった、ってこと!?
しかしこの曲、名曲っすよ。
まぁ、歌詞はめちゃくちゃになってましたケド(^^;
有明レインボーステージのライヴを思い出します、個人的には。
だけどこの曲の後、YO-KINGさんが「愛のオーラで泣きそうになっちゃったわ〜」なんて言うもんだから、ちょっとブチコワシ感が……さすがですわ(笑)。
COSMOSもホントにホントに久しぶりで、前奏だけで泣きたくなってしまいました。
それぞれの曲に強烈な思い出がくっついているから、懐かしさと、また聴ける嬉しさがごっちゃになって迫ってくるんですよねぇ。
YO-KINGさんがまるで歌詞を読んでるかのように歌っていたのがちょっとおもしろかったです。
(実際には目をつぶって必死に思い出していた!?)

DEAR SUMMER FRIENDSでは気が早いことに「夏がやってくるぞー!!」と叫んでたね、YO-KINGさん。
でも去年の5月8日の復活報告、8月のフェスでの感激、11月のツアー、12月の追加公演、そして今日の春祭り……ホント1年、早かった!!
こんなに時間が早く過ぎて行くんだから、夏なんてすぐそこだね。
暑くてまぶしい夏。
またあの感激を味わうために、夏の子どもになるに違いない。

このライヴで、爆笑と感動の「伝説」をまたひとつ作ってしまいましたねぇ。
YO-KINGさん自ら「伝説つくっちゃった」と言って去って行ったことだし、こんなに楽しい祭り、伝説にしてあげてもいいじゃん、って気になりました(笑)。
第1部のレアな弾き語りも、第2部のバンド編成も、変幻自在に形を変えつつ、お客さんを引きつけてしまう真心。
オッサンになったけれど、相変わらずベテランのどっしり感がなくて、そこがまた好きな理由でもあるんですよね。
今月はアルバム、そして6月にはNHKホールでのライヴ!!
夏になる前に、まだまだ楽しみが待っている〜♪

しかし、やっぱり野音はもう少しあったかくなってからの方がいいね。。。
[PR]

by kazumi7311 | 2006-04-02 23:30 | Live Report

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 伝説の真心野音(第1部)   

a0023085_22175743.jpg満開の桜の下を通り抜けて、たどり着いたのは日比谷野外音楽堂。
本日4月1日が今年の“野音開き”です。
その大役(?)を担ったのが、我らが真心ブラザーズ。
ライヴタイトルからして伝説の真心野音〜一夜限りのスペシャルワンマンですからね、気合いも感じられますよ(笑)。
YO-KINGさんもMCで言ってたけど、自分たちから「伝説」って言っちゃってるんだけどね。。。

「桜舞い散る中で、ビールでも飲みながら、お祭りライヴを楽しむぞ〜!!」なんて思ってたんですけど、4月1日って……寒い!!
桜は満開に近くて、お花見している方々も多かったんだけど、夜になるととにかく寒かった。。。
真冬は野音でライヴはやらない、っていう意味がよく分かりました(^^;
でも雨が降らなくてホント良かった。
雨女っすからね……一緒に行った妹ちんは(^^;

今回もいずりん、妹:やち、そして私の3人で会場へ。
出かける直前に自宅の洗面所の電球が切れ、購入した電球をバッグに入れたまま会場に入った私……危険物として取り上げられなくて良かったわ(笑)。
「寒いし、席も決まってるから、のんびり行こうか〜」なんてお茶してたら、かなりギリギリの到着になってしまいました。
席につくとほぼ同時に、ライヴスタート!!
ステージには譜面台とイスが置いてあり、「オープニングアクトがいるのかな?」なんて話していると、なんと!! 真心2人が登場。
第1部は昔の曲を2人で弾き語りのコーナーなのでした!!
まさかこんなコーナーがあるとは!!
びっくり&嬉しい〜♪
そんな訳で、立ち上がったお客さんたちも「座ったほうがいいよ……って、座るの、早っ!!」と突っ込まれてしまったとおり、真心ライヴでは珍しく着席して聴きました。
余談ですが、桜井さんが持ってきた楽譜のファイルに「わけあえてくりこせる」(by DoCoMo)って書いてあるのが気になって仕方なかったです(^^;
そんな気になるファイルを持ってきたのに、全く楽譜、観てなかったなー、桜井さん。
全部覚えてるなんて、すげー!!
YO-KINGさん「この日のためだけにいっぱい練習してきました!!」って自慢してたね、そういえば(^^;

曲順はあまり決めていなかったようで、「真心ははじめ2人で弾き語りしてた、っていう伝説があるけど、ほとんどやったことないよね。すぐベースとドラム入れたもん」とか「初めてこの野音のステージに立った時はCOCOと一緒で、秋葉系の人たちが結構あったかかったのを覚えてる」とか、そんな懐かしい裏話などをしながら「じゃあ……」って感じで進んでいきました。
第一部のセットリストは
  1. 荒川土手
  2. 軽はずみ
  3. 僕は喜劇王
  4. 聞いてる奴らがバカだから
  5. おぼろげな春
だったかな?
もう、いつ聴いたか分かんないような曲ばかり!!
でも意外と口ずさんじゃったりして、しっかり自分の中にとどまっているんだな〜、なんて思いました。
「俺も歌っていい?」と桜井さんが言った時、YO-KINGさんがなぜか「病気になった〜♪」(from Gotta Poisonと歌いだしたのには笑った!!
昔の雑誌のスクラップが楽屋に置いてあって、そこには桜井さんが坊主頭&ものすごく悦に入った表情で歌っている姿が映っていた(しかもモノクロ、ありえないフォントを使った紙面)らしく、かなりへんこんでいたという桜井さん。
多分悪口を歌ってる、とのことでしたが、初期の真心の歌詞、ものすごい毒っすよね(^^;
「こんな寒いのに来てくれてありがとう!!」なんて言いつつも、お客さんに対して「聞いてる奴らがバカだから」だからね……と思い、あえてこの曲をとばして次に行ったという桜井さん。
だけどそんな気持ちには気付かず、やってしまうYO-KINGさん。
心の底には愛があるんだ、とかなんとか言い訳してたけど……分かってますって(笑)。
15年前って、まじめなことが恥ずかしかったりする時代だったんですよね。
ストレートな歌詞よりも、当時、言いたかったことが伝わってくるような気がします。
おぼろげな春ではKey小川文明さんと3人で。
この曲は数少ないカラオケに入っている真心曲に含まれていることが多いとか。
うん、見たことある!!
ジョン・レノンが無くてこれがあることもあるなんて、間違えたとしか思えない、なんて言ってましたね。

いやいや、THE時代の真心の曲を聴ける機会なんて滅多にないので、超ラッキー!!
「オレも桜井も、昔より歌い方がすっきりしたね」とYO-KINGさんが言ってたけど、確かにその通り。
力みがなくなって、昔の曲も違う曲のように聞こえてきました。

約30分で第1部終了。
ここまででとにかく気になったのが、YO-KINGさんの今日のファッション(^^;
サングラスは昔からかけてる黒フレーム×薄いブルーレンズ、黒のスカジャン(THUNDERSTORM GREENLANDと背中に書いてあった←やち「グリーンランド土産!?」と予想)、赤のネックウォーマー、AXではいてたオレンジ色のパンツ、蛍光緑のスニーカー。。。
どんな色彩感覚よ!?
日に日に目が痛い(いや、いろんな意味で?)ファッションに拍車がかかってるんですけど……だれか止めてあげて!!
対して桜井さんは、Gジャンに白×細い黒のボーダーTシャツ、カーキのワークパンツ、緑のコンバースでした。
若いっすねー!!
ま、パンツの下は何はいてるのか分かんないですケド(笑)。

座って聴いてたので、とにかく寒かった〜(泣)。
YO-KINGさんが「この寒さじゃ下手なこと言えない」って言ってたからか? 前回の中野サンプラザよりもMCは短めでしたね。。。
あ、でも桜井さんが「毒がないと“ゆず”になっちゃうから……それかDEPAPEPEね」と言った時、「DEPAPEPEってなに? バンド?」と全く知らなかったYO-KINGさん。
会場中を「ええーっ」っと引かせてました(^^;
マイペースに生きているので、最近安田大サーカスのクロちゃんを観て「コイツおもしれー! 絶対売れるよ」と思ったとかなんとか……。
結構マニアックな芸人さん知ってると思ってたけど、最近はTV観てないのかな!?

「DEPAPEPEについて教えてくる」と桜井さんが言い残し、15分の休憩へ。
いやいや、DEPAPEPE知らないとソニーさんに叱られるんじゃないの!?

そして、第2部へ続く。。。
[PR]

by kazumi7311 | 2006-04-01 23:14 | Live Report

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 NONA REEVES ミニライヴ   

アルバムを渋谷店まで足を運んで買ったご褒美(!?)、本日はNONA REEVESミニライヴに行ってきました。
今日も開演ギリギリに飛び込んだんだけど、会場は割とゆったりとスペースがあって、なかなか快適でしたよ。
タダなのに、ドリンクまでもらえちゃって、得した気分。←モノでつられるわし(^^;
初めて「STAGE ONE」に足を踏み入れたんだけど、2本の大きな柱、あれツライっすね。
巨大な柱が2本もある為、全くの死角がけっこうあって、もったいないなー、と思いました。

19時を5分くらい過ぎた頃、メンバー登場。
先日のライヴと同じ、ノーナ×3、真城さん、千ヶ崎さん、トミタさんという構成でした。
1曲目は、「今、合図を送ったよ……合図……ってことで」(←郷太)Isley Brothersのカヴァー。
多分「Work to Do」だと思うんだけど……。
この前も同じ曲をカヴァーしてました。
続いてNNRブレイクダウン〜サニーに捧ぐ
この辺から私、顔が笑っちゃって笑っちゃって、普通の顔で聴いてることができませんでした。
始まりの予感にすごくワクワクして、圧倒されるような大きな音にさらされているのが楽しくて、やっぱり私、ライヴが好きなんだな〜って実感してしまいました。

続いて、本日のゲスト、堂島くん、妙な歌(絶対知ってるんだけど、思い出せない……)を歌いながら登場。
真城さん、大爆笑でしたね。
ノーナの演奏でこんがらがった夜のムード!!
先日、こちらもライヴで聴いた曲だけど、ハイプリとノーナでこんなにも違うのか!!とびっくり。
ドラマーは一緒だけど、ギターがね……やっぱオッケンさん、すごいわ。
ぎゅいんぎゅいんぎゅいん、って感じ。
気持ちいいくらい思い切りのいい暴れっぷりでした。
音響的なこともあるかもしれないけれど、ハイプリがスタスタスタッ、サクサクって気持ちのいい(軽めの)感じ、それに対して今日は一音一音がドスドス響いてくるような感じがしました。
意外な感じもするけれど、とっても男っぽかった!!

郷太くん、堂島くんがステージ上に揃い、さっそくMC(笑)。
お互いを「DじまKへい」「NでらGた」と呼び合ってます(^^;
郷太くん、「堂島くんが出てった時に自分より歓声が大きかったから、鍵付きの日記帳に今日は“堂島 死”って書く」と言うと、
堂島くん、「あ、デスノートね……ていうか、それだけで殺されちゃうんだ(^^;」。
……つまり、「限りある時間」と言いつつも、やっぱり今日もMCが長いのでした(笑)。

続いては、郷太&堂島(エボニー&アイボリー)でスパークリング・ヴァケーション
久しぶりだー!!
2人仲良く歌う姿、なんだか微笑ましかったです。
楽しそうだねぇ。
2人とも背、ちっさいな(^^;
歌う前に言うのをやめた「作ってるときは気付かなかったけど、この曲、ホモっぽいよね……見つめ合って“stay with me”とか言ってるし……」というお話、歌う前に言わないで正解よ(笑)。

堂島くんが一回はけて、LOVE ALIVE
「今を生きてる人〜!! 死んでる人ー!」とか聴かれても……ノリづれぇー(笑)。
けど曲にはのれるよ〜♪
お祭り騒ぎで楽しいくて、すんごい暑かった!!
贅肉揺らして運動した気分ですわ(笑)。
曲の最後の方から聴いたことあるフレーズが出てきて、I LOVE YOUR SOUL
このつなげ方、好きだな〜♪
そして堂島くん再登場、なんとI LOVE YOUR SOUL歌ってるじゃないですか!!
キーが高いんだよね……がんばって歌ってました(笑)。
もう、ホント楽しい!!
楽しそうに演奏してるから、こっちまで楽しくなっちゃうよ〜。

今度は郷太くんが堂島くんのLucky SADを熱唱。
昨日40回聴いて、さらに寝る時も「睡眠学習」してきたそうです。
「聴き過ぎだよ!!」と堂島くんに言われてましたが(^^;
郷太くんが「女の子って……」という歌詞を歌ってるのが新鮮でした。
絶対書かないよな、そんな歌詞(これも意外な気もするけど……GIRLかLADYになっちゃうのね、きっと。)
頭の上を手で引っ張るような動きで一生懸命音程を取ってるのが印象的でした。
そしてここでも、オッケンさんのギターが炸裂!!
カッコ良すぎて笑っちゃったよ(←間違ってる!?)。
堂島くんに肩車されて、さらに激しく弾いてました。
……しかし、終わった後、「足つっちゃったよ」とのご報告(^^;
3回ぐらい肩車されたことがあるけど、それはすべて堂島くんだったそうです。
担ぐほうの堂島くんは「今まで担いだことある人の中で、オッケンが一番活きがいい」と言ってました。
そしてオッケンさんは「カツオくん」と呼ばれるハメになったのです(笑)。

最後は全員でボブでお別れです。
たった1時間だったけれど、ものすごく密度の高い、楽しいライヴでした。
曲数は少なかったけれど、MCも含めてライヴですから。。。
MC、今回は(も?)グダグダでしたけど、口数は多かったんですよねぇ。
コマツさんに「グダグダだなー」と苦笑されると、郷太くん「郷太のGと堂島のDでグダグダだから!!」と切り返すぐらいですから(^^;
そういえばジャニーズの話もしてたなぁ。
郷太くんが今日は「目で殺す」と言ったのがきっかけだったかな?
「大沢樹生(元・光GENJI)が色紙に書く言葉なんだよ。他のメンバーが“夢を信じて”みたいなことを書いてる横に、習字みたいにうまい字で!!」とのこと。
ちょうど(?)オッケンさんがミッキーマウスのTシャツを着ていて「だからミッキー着てたの!?」なんていじられることになってました。
そのTシャツが水色だったので、後半、「大丈夫? ミッキー(汗で)青くなってるよ!!」と堂島くんに心配されてたな(^^;
KAT-TUNがデビューって話では、郷太くん、「俺は基本的にジャニーズ好きだからさー、5年くらい前からお金がなかったりすると“俺、カネナシ君だから”(←亀梨くんとひっかけてる)と言ってたけど、今はもう言わない」とかなんとか。。。
堂島くんという話題を振ってくれる相棒がいて、とってもイキイキしてましたね、郷太くん(笑)。
だけど、堂島くんがメンバーと親しそうにするとちょっとジェラシーを燃やしてるようにも見えました(^^;
「俺と、ノーナを一番好きなのは俺」と言ってるくらいですからねー。
お客さんにも「俺を愛して!!」なんて言って、堂島くんに「そういうの、アリなの!?」と突っ込まれてましたけど。
どんだけ自分好きなんだよ!?(笑)。

今日もまた間に合わないんじゃないか!?と心配だったんだけど、がんばって急いだ甲斐がありました!!
これがタダなんてホント得した♪
「3x3かsmilesを買った良識ある人たち」の中に入ってて良かったよー。
やっぱりもっとたくさん、たっぷり、ライヴで聴きたい!!
……ので、4月、ノーナのツアーファイナル、楽しんできます♪
[PR]

by kazumi7311 | 2006-03-27 23:46 | Live Report

▲UP