無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 タグ:ライヴ ( 167 ) タグの人気記事   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 堂島孝平×A.C.E. 2013ツアー「シンクロナイズド・きぜつ・SHOW」@日本橋三井ホール   

3/2(土)。
前日までの春の暖かさとは打って変わって、冬が逆戻りしてきたかのように北風が吹きすさぶ中、『堂島孝平×A.C.E. 2013ツアー「シンクロナイズド・きぜつ・SHOW」-A Crazy Entertainment SHOW 2013-』(長っ!)に行ってきました。
場所は日本橋三井ホール
a0023085_044174.jpg

今働いている場所とは同じエリアに属しているものの、滅多に行くことがない場所、日本橋。
近くには日本銀行、三越のライオンもすぐそばです。
歴史を感じる重厚な石造りの建物を見て、「これって、アレみたいだね。ギリシャ?の……パルテノン神殿的な?」と、アホ丸出しの会話をしながら目指すは、COREDO室町
a0023085_0442114.jpg
その4階が、ホールの入口になっています。

私はこのホールは、真心ブラザーズの弾き語りツアー以来2度目。
前回は地下(地下鉄駅が直結)から入ってしまったので、街の様子はあまり分からなかったのですが、この雰囲気の街の中で、バンドセットのライヴが行われて、しかもそれが壮絶にバカバカしい演出(褒め言葉です)だったりするなんて、最高すぎる!!……と思ってしまいました。
ある意味、勝ち組?(笑)

ホール自体もまだピカピカで、天井も高いし、音の響きがとても良かったです。
若干ステージが低くて、前方の客席には段差がないので、立ち上がってしまうと観づらいのが欠点といえば欠点。
やはりアコースティック仕様なのかしらん?
設備も、トイレがめっちゃ明るくて綺麗でたくさんあるし、ドリンクも、生ビールがエビス(!)だったり、ほかにも種類がたくさんあったりと、至れり尽せりな感じです。
ビール飲みたかったんだけどなぁ……開演まで5分しかなかったから、瓶入りのジーマにしちゃったんだけど、余裕で開演前に飲み終わってた(^^;

シンクロナイズド・きぜつ・SHOW、始まります!
[PR]

by kazumi7311 | 2013-03-03 21:58 | Live Report

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 地球三兄弟ツアー2013「ここほれ三兄弟」@渋谷区文化総合センター大和田さくらホール   

2/28(木)。
地球三兄弟ツアー2013「ここほれ三兄弟」、ツアーファイナルに行ってきました。
場所は渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール
a0023085_203138.jpg
セルリアンの真裏のゴージャスなホール、真心弾き語り以来2度目です。
この日は急に暖かくなって、会社帰りに駆けつけたら、かなりアツアツになってしまいました。
「さくら」ホールですからね、春を呼んでくれたのかしらん(^^;

ツアーファイナルは、3人だけのアコースティックライヴ。
ステージ上も、お客さんも、椅子に座ってくつろいで楽しみます。
さくらホール、天井は高いし、音響も良いし、椅子もふっかふかだし、とても良いホールだと思うんだけど、椅子の背が若干高いんだよね。
ふかふか椅子に深く腰掛けてくつろいでしまうと、椅子の背が視界に入って、ステージ上に見えない場所が出てきちゃう。
男性には良いかもしれないけど、チビッ子女子にはもう少し低いとありがたいんだよなぁ。

ゆるゆるで最高に楽しい時間がはじまります。
[PR]

by kazumi7311 | 2013-03-01 23:55 | Live Report

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 地球三兄弟ツアー2013「ここほれ三兄弟」@Zepp DiverCity TOKYO(2日目)   

2/17(日)、晴れ。
真心ブラザーズと奥田民生からなる新人バンド(笑)、地球三兄弟のツアーの、東京2日目に行ってきました。
a0023085_2311514.jpg
場所は、お台場です!
ガンダムです!
ライヴがあるときぐらいしか来ません(^^;
ガンダムの足元では、前回は松崎しげるがイベントやってたけど、今回はソナーポケットが握手会やってました。
黄色い歓声が上がってたよ。

会場はZepp DiverCity TOKYO
a0023085_2312033.jpg
この、台場駅側の入口に列が作られました。


チケットブース上のモニター。
a0023085_231253.jpg
3人の衣装は、これと同じっぽかったけど、若干違ったような気もする(^^;
名古屋や大阪ではオーバーオールも着てた、という話を聞いたんだけど……それも観てみたかったな。
Oしゃんの「牧場主感」がハンパなかったらしいですよ(笑)。

今回、真心関連では久々にスタンディングだったのですが、久々に入場してからフロアまで「小走り」しました(^^;
いや、だって、みんな小走りしてたからさー。
その甲斐あってか、私たちは1段高くなったバーのある場所をキープ、ステージからは若干遠かったけど、とても観やすかったです。
ステージ自体も高かったし、左右にはお立ち台もあったので、どこからでもそこそこ観やすかったんじゃないかなー?

ステージは、真心に比べると、セットが豪華!照明も派手!小道具も桜井さんのDIYじゃない!
さすがSMAの名誉顧問と顧問が揃ってるだけあるね(笑)。
そしてなぜか、センターのTHE EARTHだけ、フロント2人(上手:Oしゃん、下手:スパde SKY)よりも1段高くなっていました。
「THE EARTH押し」をステージセットからも感じ取れるという……アースいじられまくり、かつ、本人ノリノリなんだろうなぁ、という予想は容易いですね。
ステージ上手奥にはOしゃん用のドラムセットが用意され、輝く「the Three Earth's Bros」のネオンの下、伊藤くんドラムの後ろにも、登場口があります。

開演です!
[PR]

by kazumi7311 | 2013-02-24 23:33 | Live Report

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 「堂島孝平×A.C.E.」2013ツアー「シンクロナイズド・きぜつ・SHOW」-PRIMAL!-   

2/7(木)。
堂島孝平×A.C.E.」2013ツアー直前のライヴに行ってきました。
場所は渋谷O-WEST

2/10の仙台を皮切りに、ニューアルバム「A.C.E.2」お披露目ツアーに出る堂島孝平×A.C.E.。
今回は、アルバムから初披露の曲があったり、新しい企みを試してみたりと、ツアーの予行練習的な位置づけでもありつつ、ツアーとは別物の1回限りのライヴでもあるという、「ツアー行ってきます」ライヴ。
「ツアーで初披露、っていう曲も大事にしたい」ということで、選曲は今回用だったり、前のツアーをオープニングアクトとして一緒に回った住岡梨奈ちゃんがゲストとして登場したりと、スペシャルでお得感たっぷりのライヴでした。

【注意】
ツアーとは別物とはいえ、内容を知らずに参加したい、という方は、ここから先は読まずにおいたほうが良いかもしれません。

行ってきますライヴ、スタートです。
[PR]

by kazumi7311 | 2013-02-10 17:01 | Live Report

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 エレ片コントライブ『コントの人7』@草月ホール   

1/13(日)。
1年に1度のお楽しみ、エレ片コントライブ『コントの人7』(昼公演)に行ってきました。
今回の会場は草月ホール
一昨年ここに来たときは横の路地に面した入り口から入場したのだけれど、今回は大通りに面した正面から入りました。
a0023085_23384562.jpg
立派!
こんな立派なホールで、下ネタだらけのエレ片コントが繰り広げられるとは……ある意味ギャップ萌えを狙ったんだろうか?(笑)

会場に入ると、グッズ売り場には既に長蛇の列!
やはり、今回の目玉、危険日チャレンジガールズ!のまさかのデビューアルバムが大人気!
CD1枚につき1枚、3人のうち誰かひとりだけが写ったトレーディングカードを、くじ引きのように引くことができるという、まさにアイドルの販売手法(笑)。
私は「だっちー」で、一緒に行った妹は「セクシーJ」でした。
若干テンションの下がった私に、「交換する?」と申し出てくれた妹の持つカードを見て、「大丈夫!」と答えてしまった私を許してください(^^;

他にも、ラジオのコーナー「クソクロスワード」デザインのクリアファイルとトートバッグ、キケチャレ缶バッチなどがリーズナブルに展開されてたんだけど、何故か私は卓上カレンダーを買ってしまった!
スモボのがあるのに!
どちらかを会社で使うにしても、どちらもとても説明がめんどくさい2組……現在は家で2つ並んでます(^^;

恒例の、開演前の注意事項アナウンスはセクシーJ(片桐さん)が担当。
下ネタだらけの原稿を、噛みつつ笑っちゃいつつ、たどたどしい日本語のセクシーJとして読み上げてました。


BGMとして流れていたキケチャレアルバム曲がやみ、開演。
もうー!今回も、腹筋崩壊するほど、笑いました!
笑いすぎて、お腹痛くて、苦しかった!!
以前、ラジオで「嫌いな奴を膨らませてネタを作っている」と言ってたけど、身近にいそうな感じの、だけど絶対そんな奴いないよ!っていうおかしな人物がたくさん登場。
とにかく性格悪かったり、とにかくウザかったり……周りにいたら絶対嫌だ!と思いつつも、目が離せない変人たちばかり。
大好き(笑)。
後輩作家・川尻に、憧れちゃいつつ恨んじゃってるゴウさん発信と思われるネタもありました。。
個人的な恨みー(笑)。

あと、とにかくしつこいんだよね、エレ片は。
同じことを何度も何度も繰り返してると、なんだかおかしくなってくる不思議……。
力任せに肩パンチしたり、走り回り続けたり……みるみるうちに体力消耗していく様も、また面白くて(^^;
今回は特に、片桐さんが頑張っていました……体脂肪率28%の身体で!

毎回、やっつんの女装が可愛く見えてしまうという感覚の持ち主である私なんですが、今回はさすがに(^^;
あんなに顔が歪んでいたのは、性格の悪さの表現だったのだろうか。。。
だけど、5cmくらいのヒール靴を履きこなすやっつんの女っぷりは素敵でしたよ(笑)。


毎回、コントに負けず劣らず、腹筋を痛めつけてくれる幕間の映像たち。
今回はもう、片桐スペシャルと言っても過言ではないです。
繊細に揺れ動く片桐さんの感情に寄り添った作りの、エレ片キャンプドキュメント!
これ、ホント必見です!!
そしてラジオのスペシャルウィークでの、クリエイターでありアーティストである片桐仁ドキュメント。
あの日の本放送、そしてポッドキャストは、耳で聞くだけでもかなりの衝撃だったけど、スタジオはあんなことになってたのか!
この映像が流れた後のコントで片桐さんが登場した時のざわつきが半端なかったです(爆)。


頭で考えるような難しいことは一切なく、楽しくておかしくて面白くて爆笑してたら、あっという間に終演。
ホント、あっという間だった!
カーテンコールでは、片桐さんによる、猛烈にまくし立てるような勢いのグッズの宣伝が。
「在庫を抱えるのはもう嫌だ」そうです(笑)。
やっつんによると、前日、片桐家が観に来た動揺を引きずったままのため、こんなテンションになっているとか。
そりゃ、そうだよね……赤の他人の観客だって、あのざわつきだもん(笑)。
息子のタロウくんは「もう1回、父さんを観たい」と言っているそうだけど、何を確認したいのだろうか(^^;

席を立とうとすると、一緒に行った妹が、隣の席の人にえらい剣幕で注意を受けていた。。。
観てる時に「顔怖い~!」とか声に出していたのが迷惑だったらしいです。
私は全然気にならないし、自分も言っちゃってるし……そこまで大声出してるわけでもないし、自然に出ちゃうのを止めるのも難しいなぁ。
もしや、一切声に出しちゃいけないのかな……なんて考えてたら、その人に基準を聞いとけばよかった!とちょっと後悔(笑)。
いろんな人がいるんだな(メモメモ)。


会場では前回のDVD「コントの人6」が、なんと売り切れ!
ということで、渋谷タワレコに寄ったのだけれど……このPOP、「チケット即完」はあくまで、ゆっくりちょうどよく「即完」というエレ片ルールのことだよね!?
一般的には誤解を生みそう(笑)。
a0023085_23385019.jpg


そして最終的に、今年初のパンケーキでお腹を満たして解散。
いっぱい笑って、甘いもの食べて、幸せな休日でした!
a0023085_23385375.jpg


家に帰ってから、ずーっとキケチャレ流しっぱなしにして、呑みながらカレーを作ってた私……病気でしょうか(笑)。
新曲「危険日チャレンジガールズ!のテーマ」「ニコらス!」「君とチェリチェリ♥」「Silly Girl」……どれもいい曲!普通にかっこよくて困る!
もちろん既発の「We are 危険日チャレンジガールズ!」「Funky FUN!!!」は、狂ったように繰り返し聴いちゃってるほど大好き!
会場限定発売なのがもったいないくらいですよ。
こんなかっこいいのに「だっちーの話していい?」でどうしても大爆笑!
流石です。
a0023085_23385659.jpg
ちなみにこのCD、中ジャケの「やっりー」が可愛くて、また困っちゃうのですよ(笑)。
「だっちー」は普通に可愛いのだけれど、「やっりー」はポージングの勝利!(笑)。
ちなみに「セクシーJ」は……いろいろと強いです(^^;
[PR]

by kazumi7311 | 2013-01-15 01:43 | Live Report

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 NONA REEVES『ノーナとHiPPY CHRiSTMAS 2012』   

12/23(日・祝)。
毎年恒例のクリスマスライヴ『ノーナとHiPPY CHRiSTMAS 2012』@渋谷CLUB QUATTROに行ってきました。

このイベント、毎年クアトロでやり続けてなんと14回目!
そして私は2003年から参加してるので、なんと10周年(笑)!
10回目だというのに、やっぱり特別なこのライヴ。
リリースされたばかりの昨年のライヴDVD『HiPPY CHRiSTMAS/LiVE THiRTEEN』観てドキドキし、数日前から緊張し始める始末。
というのも、今年のノーナ、イベントは数多くあったけど、ワンマンは春のビルボード以来、そしてスタンディングのフルライヴは今年最初で最後!!
ヒッピーってだけでも特別なのに、そんな状況でテンションがおかしくならないはずがない!!
そんなに楽しみにしていたはずなのに、休みなのをいいことに、のんびりし過ぎて開場ギリギリに到着……そういう派です(^^;
いやー、それにしても、連休2日目の渋谷なんて、来るもんじゃないね!
人、多すぎ(泣)。

大きすぎる期待を胸に臨んだ今年のヒッピー。
そんな期待に応えてくれるのはもちろん、予想をはるかに超えて、ものすごかったです!!!
いやもうなんか、楽しいとか、感動とか、そういうレベルを超えてしまって、幸せすぎて泣きそうだったとしか言いようがない。
とにかく多幸感が満ち溢れてるライヴでした。

また長くなりそうですよ……
[PR]

by kazumi7311 | 2012-12-24 14:14 | Live Report

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 レキシ『ツアー~今回は遺跡に行けるのですか?~』   

12/19(水)。
レキシのライヴ@赤坂BLITZに行ってきました。
a0023085_236143.jpg
サカスにはスケートリンク&クリスマスツリー!
今年初めてクリスマスっぽさを実感したかも(^^;

そんな華やかな雰囲気の中、チケットSold Outの会場は後ろまでギュウギュウ。
池ちゃんが「下北のちっちゃいライヴハウスみたい」って言ってたけど、まさにそんな感じ。
そして「下北のちっちゃいライヴハウスのつもりでやります」って言ってたとおり、ユルさはいつもどおり。
ずーーーっと楽しくて、ずーーーっと笑いっぱなしで、だけど音楽はカッコよくて、今回も最高の時間でした!

【レキシバンドメンバー】
Gt:DA小町(町田昌弘)
Piano&Cho:元気出せ!遣唐使(渡和久 from 風味堂)
Ba:ヒロ出島(山口寛雄)
Dr:蹴鞠chang(玉田豊夢)

【ゲスト】
ボーカル:東インド貿易会社マン(グローバー義和)
パーカッション:となりのトロ遺跡(朝倉真司)

齋藤谷津衛門(やついいちろう from エレキコミック)
Deyonna(椎名林檎)

今回はざっくりな感想を。。。
[PR]

by kazumi7311 | 2012-12-21 00:53 | Live Report

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 tvk 40th anniversary LIVE 2012~カモンカモン!赤レンガへ tvkに映るんだ~   

a0023085_23515342.jpg
10/21(日)。
tvk 40th anniversary LIVE 2012~カモンカモン!赤レンガへ tvkに映るんだ~に行ってきました。
出演者とタイムテーブルはこんな感じ。
13:40~ チャラン・ポ・ランタン (開場中アクト)
14:00~ nicoten (オープニングアクト)
14:50~ フジファブリック
16:10~ ユニコーン
17:30~ 真心ブラザーズ
スペシャルゲスト 南流石&流石組カナガワン★ダンサーズ
私的にめっちゃ豪華!!!

a0023085_23515078.jpg
昼ごはんでも食べようと、ちょっと早めに赤レンガ倉庫に向かったのですが、行列ばかりを見る羽目に(泣)。
「billsでパンケーキでも食べちゃう?」なんて思ってたのに、ランチタイムは満席で並ぶことすら許されず……無念。。
唯一空いてたお店も、ランチは終わってしまっていて、ご飯がわりにケーキセットなんて食べてました(^^;
ま、いいかー。美味しかったし。

a0023085_2351565.jpg
オープニングアクトが始まる頃に会場内へ。
会場内はこんな感じのブロック分けがされていました。
モニターが入口方面にあるので、ステージは若干海寄りです。

それにしても、天気が良すぎるくらい良すぎて、日差しが熱かった!!!
空気は涼しいんだけど、ジリジリ焼け付くようで、また黒焦げになったような気が……。
秋の日差しも侮れない!!!


ほぼオンタイムでステージは進んで行きました。
まずはフジファブリックの登場。
なにげに私、3人になってから初めて観ました。
RIJFでも音だけ聴いたり、他と被って泣く泣く断念したりと、タイムテーブルに泣かされ続けていたので、念願叶いました!
とはいえ、最近あまり聴いていなかったので、昔の曲に反応してしまった。。
とか銀河とかSurfer Kingとか!!
懐かしい記憶と共に蘇ってきました!!
テンション上がったー!!!
あと、夜明けのBEATとか、初めて生で聴いたけど、最初の「1、2、3」っていうカウント聴いただけでうぉーーーーって感じでした(笑)。

総ちゃんボーカルは素直で瑞々しくて、耳に心地よかったです。
演奏がガッチリしてて、かつフジファブリックぽさ全開なので、フジファブリックを観て聴いてる充実感でいっぱいでした。
ダイちゃんの鍵盤は、ダイちゃんでしかない音がしてたしなぁ。

流線形も良かったなー。
新曲Light Flightの、素直なバラードも心に沁みたよ。
思わず空を見上げてしまった。。。

演奏面ではめっちゃカッコイイのに、MCがホントにほころびだらけで(笑)。
後ろの席の人が「ボーカルの子、めちゃカワユスなぁ」と言ってた気持ちも分かる!
それでも「だいぶ慣れてきたよ」とは、フジファブリックのツアーにもよく行っている友人談。
あんまり上手くならないで欲しいなぁ(笑)。



日が傾き始め、涼しい風が吹き始めた頃。
総ちゃんに「すごい先輩たちが出てきますから」と言われ、登場したのはユニコーン
おっちゃんたち、今日は白いツナギで、胸に水引きと名前とが書いてあります。
横浜ってことで、あれ何だっけ?横浜銀蝿だっけ?(誰か教えてください……)の曲に合わせて、踊りながら登場!
体力をほぼ使い果たしたらしいです(^^;

【ユニコーン セットリスト】
レディオ体操
HELLO
WAO!
デーゲーム
BLACKTIGER
オレンジジュース
大迷惑
SAMURAI 5
Feel So Moon

こんな感じだったと思う!
会場内、とにかくユニコーンファンだと思われる方々が多くて、ツアーグッズの旗がひるがえりまくってました。
「あれ?こんなだったっけ?」と思うほど、キャーキャーいいながらメンバーの名前を呼ぶファン多し。
今でも現役アイドルなんだろうか?(笑)
最後にライヴ行ってから1年以上経つので、若干忘れてたところもあったけど、WAO!とかSAMURAI 5の楽しさ、思い出したー!!!
SAMURAI 5は、「なんてった?」の正解は「tvk40周年おめでとう!」だったんだけど、会場の微妙な雰囲気に、アベちゃん「何この雰囲気……祝いたくないのか?」と不安になってる場面も(笑)。
ま、とても盛り上がったんですけどね~。
盛り上がりといえば、大迷惑は祭り向き!鉄板!!
思わず拳振り上げつつ大声で歌っちゃうもん。
民生先生の、体力が残ってないなりの走りも良かったです(笑)。

日曜の昼下がりに聴くデーゲーム
リリース当時(高校生でした)は全然好きじゃなかったこの曲も、今では良さが沁みます。
オレンジジュースはかーっこよかったなー!!!
大人のバンドが出す音だ!
EBIちゃんボーカルのBLACKTIGER、犬の鳴き声のようなカウントを「皆さん、ご一緒に!」と誘われました(^^;
EBIちゃん、相変わらず可愛かったです。
そして一番、テンション高かった気がします(笑)。

ラストはFeel So Moon
生で聴くのは初めてだったけど、どっからどう取っても、ユニコーン節でした。
まだ明るかったけど、赤レンガ倉庫の上に白い月が出ていて、曲にぴったり過ぎて。
野外だと思わず空を見上げてしまうのは、私だけだろうか?



すっかり日が暮れた頃。
民生さんに「あとは真心に任せた!」と言われ、トリに登場したのは真心ブラザーズ
地元横浜、tvk40周年のステージに、気合いが入りまくった桜井さん。
真っ青なアディダスのジャージを着てきたんだけど、すかさずYO-KINGさんにいじられ、「昨日、そこのワールドポーターズに買いに来た。横浜の海をイメージしてる」とカミングアウト。
とにかく気合い入りまくりで「勇み足」をたくさん踏んでしまうのを許して、と最初から言ってました。
YO-KINGさんも「ウチの相方を、今日だけでいいので、男にしてやってください!」とか言ってたな(笑)。
そして、まるで彼のために今日のイベントがあったんじゃないか?と思うほど、めくるめく(?)桜井祭りが展開されていったのでした。

【真心ブラザーズ セットリスト】
BABY BABY BABY
ENDLESS SUMMER NUDE

胸を張れ
横浜市歌(桜井&寅蔵・上石・ヒデロー)
炎の後半戦(50円玉) B/YO-KING、G/うつみようこ
空にまいあがれ
EVERYBODY SINGIN' LOVE SONG
拝啓、ジョン・レノン
Keep on smiling

鍵盤に小川さん(神奈川在住)が復帰しての、久々のMB'sフルメンバー(10人)!
やっぱ豪華だなー。楽しいなー。
野外の大きなステージで、ちょっと離れた場所から観るなんて、すごく久しぶりな気がして、初心に戻ったかのようでした。
有明レインボーステージとかね。(懐かしー!!!)
だけど、規模が大きかろうと小さかろうと、やってることが全然変わらないのが真心の良いところです。

YO-KINGさんも(いつものように)最初からご機嫌。
BABY BABY BABYの「君を確かめに~」のところで桜井さんを指差してました。
「君」で客席を指差すのはまだブームみたいだな、と思ってたけど、相方を指すようになるとは!
桜井さん「ありがとうございます」ってお礼言ってた(笑)。

メンバーが一旦退場。
残されたのは、桜井さんと、ホーンズ3人。
昔、横浜アリーナでダダ滑りしたという横浜市歌のリベンジ!
今回はさすがホーム(いろんな意味で)。
結構一緒に歌ってる人も多かったし、あったかく迎えられてました。
歌う前の口上がテロップで流され、6月6日は秀俊バースデーと無理やり関連をつけたりしてるところとかで、笑いが起きてたしねー。
しかもなんか、カッコよく聞こえちゃったし……リベンジ成功!?
そして後でYO-KINGさんに「モニターで観てたけど、自分に酔ってたねぇ。これほど自分に酔えるとは!俺に足りないのはこれだな、と気づいて、後半3曲で自分に酔ってみたんだけど、やっぱり全然レベルが違ったね!勉強させていただきました!」と言われてしまう桜井さん。
この顔、ぜひテレビでオンエアを!!!

それにしても、まさか50円玉までやるとは!!!
「超ホームなライヴでたまにやる宴会芸です」って、初見の方々に説明してたけど、客席のポカーン具合がハンパなかったです(笑)。
まぁでも、50円玉は、滑ってナンボですから!!!
一郎くんの滑舌の悪さと無呼吸ラップに、また笑い死にするかと!
首藤さんの動き、初めて観たお客さんに完コピされてましたから!
「上っとく?」とドラムセットが載ってる台にのぼり、3人手をつないでジャンプ!そして着地に失敗して転ぶ、っていう所まで、今宵も完璧でした(笑)。
友人と「ひどい、ひどすぎる!!!」と笑いあったのは、あくまでも最大限の賛辞なのですよ。
YO-KINGさんに、やれ、と言われたらしい50円玉。
プロデュサー、恐ろしす!(笑)

全力パフォーマンスゆえ、ここまでで声を枯らしてしまった桜井さん、「あとは盛り上げる曲ばかりなのに!」とYO-KINGさんに苦情を言われてました。
そして、青のアディダスも50円玉の制服:ピンクのスカジャンも脱いでしまったら、ただの白い無地のTシャツになってしまい、「ちゃんと考えておきなよー!無地って!」とYO-KINGさんに苦情を言われる桜井さん。
でも、そんなの関係ねー!とばかりに、超盛り上がる曲の連発!
なんかホント、ちょっと久しぶりな感覚だったな。
とかEVERYBODY SINGIN' LOVE SONGとか拝啓、ジョン・レノンとか、このシチュエーションで聴いたら、忘れてた感覚が呼び覚まされるような気がしました。
10人で、夜の野外のステージ、っていうのが久しぶりだからかな?

外でやるなら必ず聴きたい空にまいあがれ
すっかり夜になった空には、月と星が浮かんでました。
秋の夜風、気持ちよかったなぁ。
最後の曲Keep on smilingの名曲っぷりもまた上がってる!
スタンドマイクで、身振り手振りを交えて歌うYO-KINGさんが新鮮でした。
大好き、この曲。


アンコール。
ここはもうやはり、カモン! カナガワンを歌って踊るしかないでしょ!!!
南流石&流石組カナガワン★ダンサーズが登場、今日も南流石さんの衣装はド派手です(笑)。
「フレッシュなフジファブリック、脂ぎったユニコーン先輩を差し置いてトリを取らせていただくのにはワケがあったんです!」と桜井さんが説明してたけど、このイベント、各バンドごとにそりゃー楽しかったけど、カナガワンのための長い長い前フリだったと言えなくもないんじゃないかなー?と思ってしまいました。
会場の雰囲気もあったかかったなー。
カナガワン★ダンサーズによる振り付け指導&練習の後、いよいよ本番!

YO-KINGさん、今回は踊りながら歌うことにチャレンジ!
……のはずなんだけど、ぜーんぜん踊れてないです(笑)。
2番は桜井ボーカルだったので、ダンサーズと共に前に出てきて踊っていたら、(絶対やるだろうなとは思っていたけど)自分のボーカル部分でマイクに戻り忘れ、間に合わないというミス!
もうホント、萌えポイントが多すぎる(笑)。
とにかく楽しかった~♪
振り付け、1回やってると意外と忘れないものね(笑)。
a0023085_2352369.jpg
カナガワニだって、歩きにくそうだったけど、頑張って踊ってたよ。

そして祭りのシメは1分半のこの曲、どかーん!!!
わー、カナガワン★ダンサーズが、小川文明さんがいつもやってる踊りを完コピしてるー!!!
会場みんなで踊りまくりだ!!!
楽しすぎる!楽しすぎる!!楽しすぎる!!!



こうして、楽しすぎるお祭りは、あっという間に終わってしまいました。
長い時間あの場所にいたはずなのに、それぞれがホント、あっという間でした。
それだけ充実してた、ってことかしら?
どのバンドも楽しかったし、最後のカナガワンも最っ高に楽しかったです!!!

そんな最高に楽しかったライヴの中でも、桜井さんのtvk愛の深さがひしひしと伝わってきました。
その思いがあってこそ、このイベントが盛り上がったんじゃないかなー?
「PUFFYと中村貴ちゃんが司会をしていた頃のsaku sakuにFAXを送って読まれたことはあるけど、ゲストにすら呼んでもらったことがない!でも司会の座を狙ってます!流石さんと一緒に。」と言ってた桜井さん。
今後の動きに注目ですね……だいぶ年齢層上がっちゃうけどな(^^;

唯一残念だったこと。
それは、飲食エリアが混みすぎてて、「昼間っから音楽聴きながらビール!」っていう至福の時を過ごせなかったこと!!!
トイレもびっくりするくらい並んでたし、食べ物買うのも行列だったし、最終的にはビール売り切れてたって言うし……。
もしまたの機会があるのなら、そのへんよろしくお願いします!


いやーしかし、天気にも恵まれて、ホントに良い休日になりました。
いつから私、こんなに晴れ女になったんだろう(笑)。
夜風も気持ちよかったな~。
a0023085_2352691.jpg
赤レンガ倉庫と月の組み合わせもステキです。

真心、次はいつになるか分からないけど、年始の中野サンプラザはやって欲しいなぁ。
新年会、やらなきゃダメですってば!
地球三兄弟が忙しくても、よろしくお願いします~(笑)。
[PR]

by kazumi7311 | 2012-10-21 22:02

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 NONA REEVES presents WAW 2012 -We Are the World-   

10/10(水)。
NONA REEVES主催のイベント、『NONA REEVES presents WAW 2012 -We Are the World-』@Shibuya O-WESTに行ってきました。
久々のWAWは、前回(正しくは前々回ですね。。)開催時のゲストGREAT3との2マン。
片寄さんは「前回出演してから9年半活動休止したので、また呼ばれたってことは、また休むことになるかも」と言い、郷太くんは「GREAT3が休んでたから、このイベントも休んでいた」と言い……。
「廃れかけたイベント」(by郷太)が復活するにはもってこいのゲストですね。

19時半開演だったので、19時開場だとばかり思い込んで「開場に余裕で間に合う!」と喜んでいたら、なんと18時半開場でした……。
なんか残念(^^;
GREAT3ファンの方も多かったからか、いつもよりも大人な方もちらほら。
男性率も高かった気がします。


10分押しで、19時40分スタート。
まずはGREAT3。
片寄さん、白根さん、そして再始動後加入したヤンくん。
ヤンくん、ベース始めて半年って、なんだそりゃ!?
「出たての頃のジョージハリスンみたい」って郷太くん言ってたけど、雰囲気あってかっこいいんだー。
絵になるって、こういうこと!?
口下手らしいんだけど、喋ると可愛いし、何よりベース弾きながらニコニコしてて、それがもうたまらん(笑)。
その3人に、サポートは、鍵盤が堀江博久さん、ギターが長田進さんのベテランチーム。
「休んでる間に大出世」と言われた堀江さんは、いつの間にあんなに白髪になったんだ!?
でもそれもかっこいい(先生!って呼ばれてたね)。
長田さんのギターは、しばらく聞かない間に、とんでもないことになってた!!
「味がある」とか「色っぽい」とか、言葉を重ねても表現するのは無理!
とにかくいい音。
長田さんそのもの、っていう感じがしました。
まさにスーパーギタリスト!!
ベース始めて半年のヤンくんと、超ベテラン勢が一緒に演奏してるバンドっていうのも、フレッシュだー。

片寄さんは、かっこいい人生をずっと歩いて来た「かっこいい」の貫禄がにじみ出てた(笑)。
GREAT3、前のイベントでも見逃していたので、バンドとしてちゃんと観るのは意外にも初めて。
「今作ってるアルバムからもやりたかったけど、時間がなくて準備できなかったから、昔のをやります」と、懐かしい曲をたくさんやってくれました。
Oh Babyとか、Fool & the GangとかDISCOMANとかLittle Jの嘆きとか、やってくれたよねー?(タイトルが合ってる自信がない……)
もっとオシャレ路線な音なのかと思いきや、かなりロック。
ドラムの白根さん、パワーヒッターだねー!
そこにまさに「ロック」な長田さんのギターが乗れば、そりゃ当然か。
片寄さんの歌が艶っぽいので、湿気がある濃密な雰囲気になるのも、また大人っぽくてかっこいいんだー。
ノーナは歌詞的にも、こうはならないんだよね。カラッとしてる。
夏に配信でリリースしたシングルレイディもやってくれたんだけど、これがまためちゃめちゃカッコよくて!!
このメンバーで作った11月に出るアルバム、これがまた最高らしいので、ワクワクしながら待ちます♪
夏フェスには出たけど、ライヴハウスでやるのは再始動後初!
片寄さん、「楽しい!」を連発してました。
観てるお客さん、全員楽しかったに違いない、濃密で楽しいライヴでした。


対バンイベント、2マンは特に、どちらもたっぷり観れるのですごく良いんですけど、やっぱりセットチェンジが長く感じちゃうんだよねぇ。
先週はサブステージがあったり、堂島くんとの2マンはほぼセットチェンジの必要がなかったり……最近そういうのなかったしね。。
でも前回前々回?)のWAWも、ここWEST(改装前だけど……)でそこそこの待ち時間があった記憶が……組み立てるの見てるの、楽しくはあるんだけど、30分はちと長いかな(^^;


21時10分頃、バック・トゥ・ザ・フューチャーのテーマに乗せて、NONA REEVES登場。
先週と同じく、ベースがスッティのノーナ7でした。
(ノーナ3、冨田さん、真城さん、いーちゃん、スッティ)

【セットリスト】
01 THE POWER OF LOVE
02 REVOLUTION
03 I WANT U BACK
04 重ねた唇
05 Just The Way You Are w/片寄明人
06 DAYDREAM PARK
07 Hey, Everybody!
08 DJ!DJ! ~ とどかぬ想い ~
09 LOVE ALIVE
10 NEW SOUL

【EC】
01 AUGUST


登場した瞬間から、とにかくご機嫌なのが手に取るように分かるメンバーたち。
あんまり“笑顔”っていう笑顔を見たことがないオッケンさんも、たくさん笑ってました。
郷太くんは、いつも以上にしゃべりまくり&シャウトしまくりだし。
「明日はレコーディングだけど、ギター録音の日だから!」と、最後には声がひっくり返るほどシャウトしまくってました。
楽しくて楽しくてたまらないのが伝わってきて、私も楽しかった!

1曲目のTHE POWER OF LOVE
冨田さんの「ズンチャンズチャンズチャンチャズンチャ」っていう鍵盤(→謎?)が強調されてて、アナログ感あって好きな感じ。
REVOLUTIONからのI WANT U BACKで、脳内麻薬が噴出してるのを感じてしまった。
クラックラして、ふわっふわして、お腹の下から楽しいっていう気持ちが湧き出していて、爆発しそうだった!!
久々の重ねた唇、これを持ってくるあたり、大人仕様なイベントってことかな。


片寄さんを呼び込んでの、Just The Way You Are
1996年に渋谷公会堂で行われた「トリプル・トリッパー」というイベントで、GREAT3、PLAGUES、THEATRE BROOKがセッションしてるのを、郷太くんは客席で観ていたという、思い出の曲だそうです。
PLAGUESは他の組だったから歌ってないよ、とツイッターで深沼さんが言ってたけど。。)
「当時この曲は(ダサさ方面で)ヤバかったけど、今、ヒューイルイス1曲目にやってるんだもんなー」と片寄さんに言われた郷太くん。
「ノーナは何でも早いんです!」と答えてました(笑)。

郷太くん、真城さんと片寄さんの間で歌うのも伝説になっちゃう、って言ってたけど、2人の呼吸はまさに阿吽の呼吸。
雰囲気あるんだよなー。
そこに郷太くんが加わると、どんどん話に花が咲いちゃって、ずーっと聞いてても飽きない感じでした。
「お馴染みのあの話する?」と、片寄さんが語ったのは、高校生の時の、真城さんとの出会い。
真城さんが【手裏剣柄】のスパッツを履いてるのが気になって声をかけた片寄さん。
真城さんに「千鳥格子柄よ!」とバシっと叩かれて、それから仲良くなったとか。。
……なんか私でも聞いたことがあるような、ホントに有名な話だわー(笑)。

あと、「Chocolat&Akitoの片寄さんは怖くないけど、GREAT3の片寄さんは怖い。電話で誘うとき、手が震えた」という郷太くん。
真城さんも「GREAT3再始動してからは、ツイッターでも話しかけないようにしてる」とか(笑)。
「サンボマスターの子たちに会った時も、ブルブル震えられちゃったんだよねー」という片寄さん。
やっぱオーラが違うんだろうか!?……なんとなく、分かるような気がしなくもないけどね。

もちろん、曲も良かったです♪
片寄さんと郷太くんの歌は全然違うけど、重なるとすごくいい感じ。
メンバーを見回して、頭を下げたり頷いたりする片寄さんに、嬉しそうな笑顔を向けるメンバー。
真城さんと片寄さんのハーモニーも、こりゃまた絶妙。
片寄さんがはけてから、「ヤンくん来なかったな……片寄しか来なかった」と残念そうな真城さんが可愛いかったです(笑)。


ここからはノンストップダンスタイム!!!
DAYDREAM PARKHey, Everybody!だけでも、顔が歪むほど笑いながら踊って頭クラクラなのに、先週のやついリリパと同じくDJ!DJ!がサビ前に「チャチャチャチャチャチャチャッ」っていうラテン調のフレーズが入って、サビで爆発する準備をさせてくれるバージョン。
これ、めっちゃアガるわー!
で、LOVE ALIVEになだれ込んだら、息もできないほどの高揚感!!
郷太くん、「恋人たち……タッチタッチタッチ」では、オッケンさんの肩にタッチしてました(^^;
「エクスペンダルズ!最強の傭兵部隊ーー!」とメンバー紹介。
冨田さんに「もっと!もっと!」と、いつもより長いソロを要求。
「これがグルーヴやー!!!」って、シャウトする郷太くん……最高のグルーヴやー!!!

そして最後は、これも久々、NEW SOUL
この光景を忘れなければ大丈夫。
拳を掲げて、みんなの祈りが大きな力になる。
そんなことを恥ずかしげもなく言いたくなっちゃうこの曲。
めちゃくちゃ楽しすぎて、また泣いちゃいそうでした。


アンコール。
「ノーナTシャツ、ショコラさんに可愛いっていわれましたー!」と、グッズの宣伝に余念がない郷太くん。
夏フェス限定だったバッグも追加生産したそうで、これまた可愛いんだけど……袋ばっかり集めても仕方ないので我慢です。。
あと、ファンクラブ向けCD「フロクリ11」も発売すると言ってたけど……私、届いてないんだよな。。
お問い合わせしてもスルーされ続けちゃってるし……と、若干ブルーな気持ちになってしまった(^^;

そして最後の曲、AUGUST
今日もまた、小松さんの甘い声が~(笑)。
オッケンさん、最後のギターソロで飛んでた!!!
それを観れただけでも、このライヴの充実度が分かる気がしました。
やってる方も、心底楽しかったんだろうなー。
そんなライヴ、心底楽しくないはずがないじゃないか!!!


ということで、めちゃくちゃ楽しかったです。
GREAT3も、もっとちゃんと聴こう!
歳を重ねて、昔よりももっとずっと好きになる予感がします。

ノーナもニューアルバムのレコーディング中。
ホントに、ホントに待ちわびているんです!
期待して待っているので、早く……とはもう今さら言わないので、最高のモノ、よろしくお願いします!!!
12月のヒッピーで、聴けたら嬉しいなぁ。

そしてまた、次のWAWにも期待!!!
[PR]

by kazumi7311 | 2012-10-10 23:45 | Live Report

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 DJやついいちろう『PLATINUM DISCリリースパーティ』   

a0023085_23104550.jpg
10/3(水)。
DJやついいちろうPLATINUM DISCリリースパーティ@Shibuya O-EASTに行ってきました。
出演はこんな豪華な方々!
  • DJやついいちろう
  • NONA REEVES
  • 曽我部恵一BAND
  • SCOOBIE DO
  • Negicco
  • THE ポッシボー
  • エレ片
  • 危険日チャレンジガールズ!
  • HIDEBU & DJ UEVA
  • ヤリーパコパコ&ヒデキーパミュパミュ
  • シトラスラベンダー
エレ片以降はメンバーかぶりまくってます(^^;

10月から職場が変わり、平日夜なんてどうなることやら……と思いつつ、「危険日チャレンジガールズ!feat. Negiccoの新曲が聴けるよ!ノーナも出るよ!」と、郷太くん本人からツイッター上でプッシュされ、行けるかどうか全く分からない状況でもチケットを押さえてしまった私。
だけど、天は私を見放さなかった!(笑)
なんと今度の会社、水曜日はノー残業デーだって言うじゃない!
……ということで、雨の中、ちょっと前までの通勤経路を辿り、前の会社の目の前を通って、O-EASTに向かったのでした。
やっぱりまだ、こっちの方が安心感がある(^^;


ラジオでもポッドキャストでも、途中から「エレ片フェス」って明言しちゃってたとおり、エレ片チーム(エレキコミック&ラーメンズ片桐仁、作家のゴウ&川尻、エレキマネージャー上田)が大活躍!
「18時の開場からDJ始めて、開演までミュージカル?演劇?をやる」とポッドキャストで言ってたとおり、私が着いた18時45分頃には、サブステージで演劇が佳境を迎えていました(^^;
既にお客さん後ろまでびっしりで、場内大爆笑!
2階でのんびり観ようかな、と思ったら、2階はシャッターが降りてて、関係者席のみになってました……やっぱりチケット、「即完」じゃなかったからな(^^;

その壮大な演劇は、内容的には基本、ポッドキャストで繰り広げられたお話どおり。
DJをしていたやっつんが、クサイ国のクッサクッサー大王(川尻)の呪い?で4枚のMix CDに封印され世界にばらまかれてしまい、勇者イマダチが救出の旅に出る。
×××クッサー(ゴウ)やブラッククッサー(片桐)との戦いを経て仲間になり、協力してクッサクッサー大王に勝って、やっつんの救出に成功。
……したかに見えたが、再びCDが会場内(狭いっ)にばらまかれ、イマダチの旅は続くのであった。。。

舞台装置も衣装もない状態で、役者の演技力だけで勝負する、脚本・演出のやっつんが言うところの「つかこうへい的演出」まで実現!
まず出てくると、自分の衣装の説明をする、っていう本末転倒なことになってました(笑)。
ラジオの原ディレクターも×××クッサー女王役で声の出演を果たしていましたよ。

ここまでで開演前(^^;
ちょっとしか観れなかったのが悔やまれる……カンカンカンって口で言いながら見えない剣で戦ってたり、ゴウさんがクサ団子(お腰につけたくさい団子……まさかの桃太郎オマージュの話なのです。。)をエロく食べるのを観ての悲鳴とか、(会場入ったばかりで)音だけしか聞けなかったんだよなぁ。
しかし、開演前でこの充実度!すごいぞ!!


メインステージ、トップバッターは、出演が直前に発表になったSCOOBIE DO
久しぶりだー!!!
シュウくん、相変わらず煽る煽る!
モビーのアフロが真ん丸だ!

【セットリスト】
1 トラウマティック・ガール
2 おんな
3 ミラクルズ
4 TIGHTEN UP
5 Back On
6 夕焼けのメロディー

シュウくんが「DJやついいちろうPLATINUM DISCに入ってるTIGHTEN UP」って言ってて、そうだ、これはエレ片フェスじゃなかった!と思い出した、っていう。。。
「ミュージシャンじゃないのに4枚も出してる」とも言ってたな。
とにかく煽って煽って、踊らせて躍らせて、あっという間に会場の温度が上がった!
さすがスクービー。
Back Onでフロント3人がクルクル廻るのも、やっぱカッコいいや。
短い時間だったけど、完全にテンションが上がりきった状態になってしまいました。
はー、楽しい!!


メインステージが転換中の繋ぎとして、サブステージでは演劇の続きが行われていきます。

「7時過ぎに来た人に説明すると~」と勇者イマダチがあらすじを説明してくれてたんだけど、だんだんめんどくさくなってきて投げやりになっていくのも、見所のひとつでした(笑)。
まず登場したのが、HIDEBU & DJ UEVA。
あれだけ「つかこうへい的演出」だったのに、「出演者」としてクレジットされている人たちは、しっかり衣装を着てなりきっています。
UEVA(エレキコミックマネージャー)、前に観たときよりも更に、いろんなものをこじらせてる感じでした(^^;
HIDEBU(片桐仁)はなぜか、カープの帽子を被ってた。
一応、HIDEBUとUEVAのフリースタイルラップ対決、ってことだったんだけど、何故か「お父さん」についてのリリック対決に。
HIDEBU、小6の頃に飲み屋にパパを迎えに行った時の悲しい話を披露していました。。。
そしてなぜか、1枚目のCDをもらってしまうイマダチ。。。


次はアイドル、THE ポッシボー
今回の出演者の中で唯一、全く予備知識がないアイドルちゃん。
衣装から覗くお腹の腹筋がすごくキレイで見とれてしまったよ(笑)。
元気いっぱい、かつ、ポジティブ、かつ、キレキレのダンス、かつ、舞台慣れしてんなー!!
19歳とは思えないほど、しっかりしてるわぁ。
ファンの方々も大勢いらしていたみたいで、コール&レスポンスも完璧。
この日は、メンバーの橋本愛奈さんの20歳の誕生日だったそうで、やっつんがバースデーケーキを持って登場。
その時、サイリウムを付けてお祝いしてください!と、有志の方たちが入口でお客さんにサイリウムを配ってました(そして帰りに回収もしてました)。
すごいね、こういうの!
初めて、ファンの熱い思いを身近に感じた気がしました。
彼女たち、ツイッターとブログをやっていることをめっちゃ強調していて、その後登場する曽我部さんが「ツイッターもブログもやってるので!」と真似っこしていました(笑)。


サブステージ、続いては、ヤリーパコパコ&ヒデキーパミュパミュ。
ヤリー(やっつん)のライヴを、彼女の大ファンのヒデキー(ゴウ)と、通りがかりのイマダチが観ている、という設定。
もちろん、ヒデキーは「ゴウゴウ、オレ、ゴウ」と言いながら登場(^^;
ヤリーは、エレキの発表会の時のネタをやってました。
○○に見えちゃう……もう、伏字ばかり、下ネタばかりだよ(笑)。
そしてヤリーが胸に入れていたので汗だくになってしまった2枚目のCDを、イマダチゲット。


メインステージ、続いては曽我部恵一BAND

【セットリスト】
1 キラキラ!
2 トーキョー・ストーリー
3 ロックンロール
4 テレフォン・ラブ w/ やついいちろう
5 青春狂走曲 w/ やついいちろう
6 魔法のバスに乗って
7 STARS

ソカバンも、やついフェス以来かな?
めちゃくちゃ良かった!!!
熱くなって、歌ったり叫んだり飛び跳ねたり。
トーキョー・ストーリーで思いっきり叫んだり。
テレフォン・ラブで大声で歌ったり。
ロックンロールで曽我部さんが太鼓(っていうか、ドラム?パーカッション?)叩いてて、そのグルーヴ感もとても心地よかった。
魔法のバスに乗ってが胸にしみたり。
ソカバンって刹那感があって、それがなんか愛おしくなっちゃうんだよな。
ヤリーも参加してる写真が曽我部さんのサイトに載ってるー!!
そして曽我部さん、アイドルに負けじと(?)ライヴ終わりに物販に立ったのでした。


続いてのサブステージは、シトラスラベンダー。
これはエレ片コントの人6のネタだよね?
思いっきり綴りを間違う「サタデーナイト」と、aikoリスペクト曲を披露。
やっぱり、だっつんツッコミはキレキレでした!
そしてここでも、3枚目のCDをゲットする勇者……集めるの、簡単すぎじゃね!?(笑)


メインステージにはNegicco登場。
この日のための新衣装は、白と緑のネギをイメージしたものだそうです。
「こんにちネギネギ」「こんばんネギネギ」と挨拶する2人に対して、kaedeちゃんだけ超フツーのテンションで喋ってるのがまたイイですね(笑)。
会場には、エレ片3人ももらった、あの「ネギライト」が光ってました。
ホントにネギに見える!!!(笑)
それにしても、Negiccoの曲はなんていい曲なんだ!!!
アイドルソングとかそういうジャンル関係なく、ホントにカッコイイ。
私は圧倒的なスタイルしか知らなかったんだけど、もっと聴きたくなっちゃった。
その圧倒的なスタイルでは、ネギを会場に投げ込む3人。
夕飯にしてください……とのことだったけど、渋谷をネギ持って歩くのも、なかなかレアな体験になるわね。
そして、ステージ上の3人に合わせて、ファン同士も肩を組んでのラインダンス!
すごいね、盛りだくさん!!
曲が良いだけじゃなく、こんなにもお楽しみがいっぱいの曲なのか!
Negiccoちゃん、応援したくなっちゃいました。


そしてサブステージも最後のパートに。
再び、「つかこうへい的演出」での寸劇スタート。
……なんだけど、なぜか仲間はずれにされて泣きそうになる仁とか、クッサ大王川尻のスニーカーの臭いを嗅がされ、本気で涙を流す今立とか、脱線に脱線を重ねてるとしか(^^;
最終的には4枚目のCDも手に入り、やっつん救出成功。
メインのセッティングが終わらなかったので、カーテンコールでそれぞれが役について語ったり、ゴウさんのエロい団子の食べ方再演があったりで、最後はもうグッダグダ。
でも、めでたし、めでたし、で、この壮大なお話は終わったのでした。
ホント、壮大だったわー(笑)。


メインステージ、最後はNONA REEVES
ノーナ、6月以来だなんて、私としてはだいぶ空いちゃってました。
そうか!これが足りなかったのか!と気づいた訳です。。
この日のメンバーは、ノーナ7。
今回はベースがシゲじゃなくてスッティ(27歳・丑年)、そして真城さん、冨田さん、松井くんの7人。

【セットリスト】
1 YOU GET WHAT YOU GIVE
2 WHERE IS THE PARTY?
3 DJ!DJ! ~ とどかぬ想い ~ w/DJやついいちろう
4 LOVE ALIVE
5 AUGUST

今回も、コール&レスポンスは郷太くんが丁寧に説明してました。
1曲目がいきなり英語詞のカヴァー曲で、知らない人はちょっとポカンだったかも……なんだけど、どんどんフロアの温度が上がっていくのが分かるようでした。
DJ!DJ!のやっつんは、うろうろしてただけだけど、そうだ、ラジオのDJでもあるんだな!
サビ前で、ラテンっぽいリズムが挿入されていて、なんか新鮮!と思っていたんだけど、これはLOVE ALIVEの前フリだったのかな?
そのLOVE ALIVE、イベントでこんなに持ってくか!?っていうくらい、ものすごい盛り上がってました!
なんか嬉しい気持ちも相まって、本気で「イエス!」ってピースしたい感じ!
最後は、「エレ片の片桐くんのラーメンズの相方の小林賢太郎くんの舞台の~」っていう、近そうな遠そうな説明を経てのAUGUST
どうしても小松さんの甘い歌声に釘付けになってしまうのは、許してください。
短い時間だったけど、めっちゃ充実した時間でした。
ノーナ、補給しました!
そして郷太くんも、曽我部さんに負けじと物販に立ったのでした。


会場左右のスクリーンには、危険日チャレンジガールズ!の紹介VTRが映し出され、いよいよキケチャレ新曲発表のお時間。
最初のコンセプトとはだいぶズレてるよね……みんな忘れてる「ますんく」の存在(笑)。
FUNKY FUN!!!はちらっと流れるだけでも、歌っちゃってる人多かったな……そして何故かサセ丸で起こる笑い(^^;

そしてついに!
危険日チャレンジガールズ!feat. Negiccoのニコらス!初披露!!!
かっこいいぞー!!!
Negiccoちゃんたちのキュートな歌声とダンスに、最高にわちゃわちゃしたパーティ感。
「ニコらス!」「よろしくおねがいします!」って大きな声で叫んだよ!
あと「ニコラス・ケイジ」も(笑)。
最終的には、スクリーンにニコラス・ケイジが映し出され、仁さんに「似てるー」って言う、っていう。。。
そのくだらなさが最高!!
めちゃくちゃエレ片っぽいわー。
1月のリリースが待ち遠しい!!!


最後は、出演者全員でのセッション。
曽我部さんがこの日のために曲を提供してくれ、さらにそれをライヴレコーディングしてリリースしてしまう!っていう、とんでもなくスペシャルな企画。
こんなメンバー、この日限りだし、それにお客さんも一緒に歌えるなんて、ホント、最高だー!!
しかし、主役のやっつんは、なんと11時からの生放送があるなんて……。
時、既に10時すぎ……サビだけちょっと練習して、1発本番で録音スタート。

演奏はソカバン、他の出演者たちは、ヴォーカリストたちはそれぞれソロあり、バンドメンバーたちは、スタンドマイクに向かって歌います。
小松さんとオッケンさんが1つのマイクに向かって歌う姿がちょっと可愛い。
小松さん、オーバーアクション気味に手を振ってる……ノリノリじゃないか(笑)。

同じ空を見上げた~♪ 東京の空を見上げた~♪
このサビのところ、みんなで歌いました。
ひょえー!!なんかすごいの取れちゃったんじゃない!?
ホント、感動的な瞬間だったな。
来てよかった。


なんと、アンコール!
時間が全然ないのに、DJやついいちろう、戻ってきました!!!
1曲だけ、と言って、小室さん公認のアノ曲survival dAnce ~no no cry more~!!!
ちゃんとしゃがんで、復興しましたよ!!!
1階の後ろまで、全員がしゃがんで立ち上がって手を振る光景、壮観でした!!!
楽しすぎ!!!
「なにこれ?」とか言ってる人たちも、どこか楽しそうだったな~。
そういえばこれ、DJやついのイベントなのに、DJしてるの、これ1曲しか聴いてないな(笑)。


サブステージで余興(?)があったので、休憩なしで4時間半!!!
全く飽きずに、ずーっと楽しさが持続する、とんでもないイベントでした!
身体はすごい疲れてるのに、楽しさが上回っちゃってて、もっとずっと観てたい!!!って思いました。
この後すぐ生放送だなんて、やっつん、働きすぎだよ(^^;

最後の最後、なんとやっつんから重大発表!!!
来年2013年6月22日、2回目になる「やついフェス2013」開催決定!!!
さらに規模を拡大し、渋谷の街をジャックするとのこと。
やっつん「次はTMネットワーク呼びたい」って言ってた(笑)。
もう、楽しみでしかない!!!


【追記】
ナタリーのレポには写真がいっぱい!
思い出し笑い……にやにや。ぷぷぷ。
[PR]

by kazumi7311 | 2012-10-05 00:19 | Live Report

▲UP